「メルセデスAMG」の検索結果(52件)

記事

欧州車って何だ。

「ヨーロッパのクルマは素晴らしい」「欧州車は日本車に比べて個性的だ」「日本の自動車メーカーは欧州メーカーを見習うべきだ」など、日本の自動車事情を語るときに必ず欧州車が出てくる。欧州車は日本車に比べて何が良いのか。欧州車は本当に日本のクルマより素晴らしいのか。欧州に50年以上在住す...

  
142

荷室スペースの広さが自慢!おすすめステーションワゴン5選【輸入車編】

ステーションワゴンは、日本では商用バンを乗用車化した車種であるのに対し、欧米では旅行の際に多くの荷物を載せるために使用される車種として発展してきました。そんなバックボーンのためか、欧州のステーションワゴンは、どことなく大旅行を想起させます。そんな欧州生まれのステーションワゴンを紹...

  
3024

プレミアムブランドにまで派生したクリーンディーゼル

ここ1年で日本で購入できる欧州ブランドのディーゼル車の選択肢は飛躍的に増えた。一度は死んだ日本のディーゼル乗用車市場を復活させた立役者はメルセデス・ベンツにBMW、そしてマツダ。そもそも欧州と日本では排気ガス規制が違うが、現行のポスト新長期規制(日本)とユーロ6(欧州)は、かなり...

  
29

メルセデス シルバーアローの伝説

メルセデス・ベンツの基礎を築いたカール・ベンツは1886年、パテント・モトール・ヴァーゲンを完成させた。これが世界初のガソリン自動車である。その8年後、1894年にフランスで行われた世界初の自動車レースに、最初の量産モデルであるヴェロで出場している。text:世良耕太 [ahea...

  
412

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 vol.50 消えた大音量サウンド

F1が「音」に揺れている。「うるさいから静かにしろ」と騒がれているのではない。「静かすぎて迫力に欠けるので、もっと大きくできないか」と議論されているのだ。どうしてこんな事態になったのだろう。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.139 2014年6月号]

  
374

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.79 TNGAの第一号車

TNGAとは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの略。トヨタが推進する「もっといいクルマづくり」の中核を担う技術であり、その第1号車が新型プリウスとなる。プリウスを皮切りに、今後TNGA適用モデルが次々とデビューし、2020年には生産されるトヨタ車の半数、約500万台が...

  
865

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.49 チームメイト同士の闘い

F1はドライバーが腕を競う競技であると同時に、チームの技術力を問う戦いでもある。'13年まで4連覇したレッドブルがいまひとつ精彩を欠く一方、メルセデスAMGが他を圧倒する速さを見せつけているのは、チームの技術力の差だ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol...

  
142

BMW M8 グランクーペ が担う役割

BMWのスーパーサルーンとなる「M8 グランクーペ」のコンセプトカーが、ジュネーブモーターショー2018に登場しました。BMW M7の上に位置するフラッグシップMとしてM8に課せられた役割は『人々を惹きつけること』。今回は、このM8 グランクーペをみていきます。

  
1833

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.35 予測不能の2013年シーズン

2013年のF1シーズンは3月17日のオーストラリアGPで幕を開ける。以前は一度開発したマシンを複数年にわたって使い続けるのが一般的だったが、それでは競争力を保てなくなり、1980年代頃からはシーズンごとに新型を設計するのが通例になっている。text:世良耕太 [aheadアーカ...

  
142

メルセデスAMG GTに4ドアクーペが登場!ライバルは、パナメーラ?

メルセデスAMGは、ジュネーブモーターショー2018において、メルセデスAMG GT 4ドアクーペを初公開しました。この4ドアクーペは、2ドアのメルセデスAMG GTの派生車種として開発されました。どういった特徴があるのか見ていきましょう。

  
7092

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.40 F1界のドンがもたらしたもの

F1界のドンと称されるバーニー・エクレストンはいつも、パリッとした白いワイシャツを着ている。ネーム入りのそのシャツがクリーニングに回されることはない。なぜなら、毎日新しいシャツに袖を通すからだ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
272

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.41 メルセデスとマクラーレンの明暗

メルセデスAMGが好調なのとは対照的にマクラーレンが不調だ。メルセデスは2009年までブラウンGPというチームだった。ブラウンだったのは1年だけで、’08年まではホンダだった。ホンダは’09年に向けたマシンをほぼ開発し終えていたが、本社の判断によりF1撤退を決めた。text:世良...

  
108

1週間無料でメルセデス・ベンツに乗れる!? どんなサービス?

2018年1月19日、メルセデス・ベンツ日本は新車オーナーの限定サービスとして『Share car Plus(シェアカー・プラス)』を発表しました。メルセデス・ベンツの新車オーナーであれば、週末を含む約1周間の間、希望するメルセデスの車両を貸し出してくれるというのです。

  
3920

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.52 エンジニアのチーム体制

シーズン開幕以来、メルセデスAMGの快進撃がつづいているが、トラブルと無縁というわけではない。第9戦イギリスGPでは、スタートからトップを快走していたニコ・ロズベルグ車にトラブルが発生した。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.141 2014年8月号]

  
116

エンジンとオイルは一体。 “ビスポーク”でつくられるエンジンオイル

ファッション用語に「ビスポーク」という言葉がある。「注文服」のことで、専門職が顧客の体を採寸しながら要望を聞き取り、顧客好みの服を仕立てていく。ビスポークと対になるのはレディメイド、すなわち既製服だ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.141 2014年8月号]

  
416

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.53 リカルドの意外な躍進

2014年シーズンはメルセデスAMGが圧倒的に強く、同チームに所属するニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンを中心にチャンピオン争いが展開している。だが、そこに割って入るドライバーがいる。しぶとい走りが身上のフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)?それとも同じくフェラーリのキミ・ライ...

  
170

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.57 最速タイム≠ワールドチャンピオン

F1が世界最高峰のレースシリーズなのは、自他ともに認めるところだ。何が世界最高峰なのかといえば、マシンづくりに投入されている技術が常に最先端を行っており、「そこまでやる?」と、あっけにとられるようなレベルのオンパレードだからである。text:世良耕太 [aheadアーカイブス v...

  
305

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 vol.55 その時、鈴鹿で何が起きたのか

取材者などが受け取るパスにはずっと以前から、「モータースポーツは危険です」を意味する英文が印刷されている。取材者といえども油断しないようにとの戒めだ。といって危険を放置しているわけではない。危険を承知しているからこそ安全に対する意識は高く、対策は徹底している。それでも、不運が重な...

  
152

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.01 TVの外の記者会見 

開幕戦オーストラリアGPの表彰式と、上位3名のドライバーが出席した記者会見は見ものだった。表彰式が一段落した後、その場でインタビューを行うのは近年の慣例だ。現役を退いた開催国出身のドライバーがインタビュアーを務めるケースが多い。開催国出身ではないものの、開催国でとくに人気のあった...

  
108

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.10 ルノーの決断と覚悟

ルノーが’16年シーズンからF1に帰ってくる。ずっといるじゃないか、との指摘もあろうが確かにそうだ。ルノーは’15年シーズン、レッドブルとトロロッソにパワーユニットを供給していた。じゃあなぜ「帰ってくる」という表現をするのかというと、ワークスチームとして帰ってくるのである。tex...

  
237
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives