「メルセデス・ベンツ」の検索結果(414件)

記事

会話するクルマが登場!! 新型メルセデス・ベンツAクラスにAIを積んだ対話型インフォテイメントシステ...

メルセデス・ベンツAクラスが4代目にスイッチした。Aクラスといえば、初代と2代目は、衝突安全性を確保し、EV化やFCV化も見据えた「サンドイッチコンセプト」と呼ばれる二重フロア構造を採用。先代の3代目から現在のロー&ワイドのスポーティフォルムに一新。4代目はスポーティ路線をさらに...

  
5058

【悲報】特別な電子制御が「運転が下手になる」クルマにしてしまう!?

クルマ好きの会話で「運転がうまくなるクルマ」という表現がある。マツダ ロードスターなどは、その筆頭格といえるクルマだが、車両側のバランスが良いためベーシックな運転技術を学びやすいという意味合いで使うことが多い。文・山本晋也

  
3225

月給30万円からの輸入車生活。新車でどんな輸入車が買える?

「月給30万円からの輸入車生活」ここでは、税引き後の手取りが30万円、ボーナスは60万円ずつ年2回。さらに既婚者は、金銭面以外の問題も発生してきますので、条件は独身子供なし。新車にこだわって考えてみましょう。文・山里真元|日本スーパーカー協会 事務局 ライティングGT代表ライター

  
1366

メルセデス・ベンツが直6エンジンを復活させた理由

2017年、メルセデス・ベンツは、新型のS450で直列6気筒エンジンを復活させました。ダウンサイズが主流となり、小排気量の3気筒や4気筒をベースに使うモデルが増えているなか、なぜ直列6気筒を復活させたのでしょうか?元ディーラーマンの視点から考えてみました。文・赤井福

  
1934

世界に冠たる高級車ブランドの地位へ、キャデラックCT6【試乗記】

第一次世界大戦と第二次大戦を挟んだ時代、キャデラックは世界最上級の高級車ブランドの一角を占めていた。高級車という分野においては極めて重要な「格式」という要素について、この時代のV-16ないしはV-12エンジンを搭載したキャデラックに匹敵し得るアメリカ製ブランドは「パッカード」くら...

  
3397

直5、V12、水平対向…少数派だけど、熱烈なファンが多いエンジンレイアウト4選

少数派だけど、ファンが多いエンジンレイアウトがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、あなたはどのエンジンレイアウトがお好きですか?

  
6676

大きさや地域で差が出る、希望ナンバーの人気の数字とは?

平成9年8月に施行された「希望ナンバー制度」。これにより、ナンバープレートの4桁の数字部分を選択できるようになりました。そんな希望ナンバー制度ですが、実際にどんな数字が人気なのでしょうか?

  
2832

メルセデス・ベンツ、BMWなど…日本で人気の輸入車メーカー、トップ5

日本車はその品質や燃費性能、耐久性の高さなど、海外でも非常に高く評価されており、世界中の国で日本車が走っています。それに対し、日本人にとって輸入車は、ダイナミックなデザインや高級な車内装備、高速走行時の安定感の高さが魅力で、一度は乗ってみたいと憧れる人も多いでしょう。今回は、日本...

  
9535

ミニバンやコンパクトカーにも!? D型ハンドルを現行で採用しているクルマ5選

D型ハンドルとは、完全な円形ではなくアルファベットのDのような形をしていることからその名がつきました。直進方向にハンドルを持つと直線部分が下になり、元々はドライバーの空間が狭いレーシングカー用のハンドルでした。しかし近年ではスポーツカーやミニバンなどにも幅広く採用されています。そ...

  
7536

いよいよ新年号!平成元年に誕生した名車5選

「平成」の元号が終わるまであともう少しです。この30年余りの間に、クルマは大きく変革し、さまざまな名車が誕生しました。今回は、平成の始まりと同時に誕生した名車たちを紹介していきます。文・赤井福

  
8824

トヨペット コロナが初採用!大流行したハードトップは、なぜ消滅した?

1965年にトヨペット コロナが、日本車として初のハードトップボディを採用しました。その後、ハードトップボディは大流行し、クラウンやセドリックなどの高級車からブルーバードやカローラなどの大衆車まで、広く採用されました。それほど人気を博したハードトップですが、なぜ消滅してしまったの...

  
3413

逆スラントノーズのカッコ良いクルマ5選

「逆スラントノーズ」を知っていますか?現在は、一部のモデルで採用されているデザイン手法ですが、1960~70年代にはとても流行しました。ここでは、1970年代から現在まで、筆者の印象に残っている5台をピックアップしてみました。文・立花義人

  
6401

スーパーカーの証?ガルウィングを採用するメリットとは

ガルウィングドアとは、上下方向に開閉するドアが「カモメの翼」に似ていることからその名がつきました。スーパーカーと言えばガルウィングといったイメージもありますが、ガルウィングを採用することによるメリットは、スタイリング以外に何があるのでしょうか?文・山里真元|日本スーパーカー協会 ...

  
3206

運転する?いやくつろぎたい!ラグジュアリーなインテリアの輸入車5選

近年の車は走行性能や安全機能の充実はもちろんのこと、インテリアの装備についても各メーカーが趣向を凝らしています。そんな贅沢なインテリアのなかでも、もはや車ではなく部屋であるかのような、ラグジュアリーな空間をもつ輸入車たちを紹介しましょう。文・山里真元|日本スーパーカー協会 事務局...

  
4551

バックミラーがダッシュボード上についていた車5選

1960年代、ダットサン フェアレディやヨタハチといった車では、よく見ると室内のバックミラーがダッシュボード上に取り付けられていました。その理由は、取り付け部の強度を確保するためだったのだろうと想像できますが、その他にどういったクルマがダッシュボード上にバックミラーを装着していた...

  
5015

最強を謳うメルセデス・ベンツの4ドアクーペ AMG GTの凄さ

AクラスからSクラスまで、フルラインナップを誇るメルセデス・ベンツ。その頂点に君臨するAMG GTに、待望の4ドアモデルが登場しました。これまでクーペとロードスターのみだったAMG GTが、実用性の高い4ドアを導入したことで、いったいどのような変化が生まれるのでしょうか。モンスタ...

  
2962

【樽見祐佳の“女子流”】「やっぱりガソリン車が一番!」は本当?テスラ モデルXで味わった別次元のドラ...

ウェアラブルデバイスが現実世界に登場したのは今より少し前のこと。マンガやアニメのなかでは長い間待ち焦がれたそれも、実際使えるようになれば素早く私たちの生活に溶け込み、あっという間にそれが当たり前になっていった。テスラにも近しいキャラクター性を感じる。シンプルで機能的な内装、車の脳...

  
1956

ヘッドライトにワイパーがついていた車5選

自動車のワイパーは、雨天時にガラスに付いた雨滴を払う重要なパーツです。このワイパーを無くし、なおかつフロントウインドウが雨に濡れないような機構を作ることができればノーベル賞ものと、昔からいわれています。それほどシンプルで大切なパーツなのですが、そんなワイパーがヘッドランプについて...

  
8986

これでキャンプに行きたい!VWの「グランドカリフォルニア」ってどんなクルマ?

今年の夏も各地でキャンピングカーを目撃しましたが、ドイツのVW社が新型のキャンパーを発表しました。もはや伝統ともなったVWの「カリフォルニアシリーズ」、その最新版とライバルであるメルセデス・ベンツの最新キャンパーをご紹介します。文・山崎友貴

  
18101

お隣の国、韓国でいま一番売れている車はなに?

日本ではほとんど見かけないけれど、欧米では知名度が高い、韓国の自動車メーカー。ヒュンダイ、キア、韓国GM、サンヨン、ルノーサムスンなどの乗用車メーカーがあります。欧米への販売台数も着々と伸ばしている韓国メーカーですが、韓国国内では、いったいどんな車種が売れているのでしょうか。文・...

  
2628
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives