「ミニバン」の検索結果(478件)

記事

日本で根強い人気!四角い箱型の国産車6選

クルマのエクステリアデザインには、コロッとした丸いカタチや、ウェッジシェイプなど、さまざまです。そのなかで、日本で根強い人気となっているのが”四角い箱型”なのではないでしょうか。子供にもわかりやすいカタチは、そのまま親しみやすさと言い換えても良いもので、それゆえに人気があるのでし...

  
12517

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.18 甥っ子の巣立ち

ずっと楽しみにしていたはずなのに、いざ実現すると歓ぶよりもうろたえてしまった出来事。それが、甥っ子の運転免許取得である。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.190 2018年9月号]

  
91

市街地で差が出る!? 運転が難しい車の特徴5つ

特定のクルマについて「運転が難しい」という表現を使うことがある。多くのケースでは、シビアな運転特性でスポーツ走行させるにはスキルが必要という意味合いで使われているという印象もあるが、本当に気にすべき「運転の難しさ」は違うところにあるのではないだろうか。ここでは、市街地走行で感じる...

  
38758

新しいキャンプの教科書:第7回「車載別の積み込み例」

前回、車への「荷物の積み込みテクニック」をピックアップしましたが、使用する車種によっては積載スペースがことなるのは当然です。今回は車種別の積み込み例をご紹介します!

  
712

クルマのボディ側面下にある"逆三角マーク"。これってなに?

クルマのボディの側面、ドアの下部、スカートと呼ばれる箇所に逆三角形のマークがあることを知っていますか?車種によっては、矢印の場合もあります。普段は、それほど必要ではないマークですが、じつはとても大事な役目を担っています。このマークは、なんのためについているのでしょうか。文・吉川賢...

  
3088

ディーゼルにスポーツ性はあるか

ディーゼルエンジンにスポーツ性はあるのか!? これは面白いお題だ。つまり一般的なイメージでいうとディーゼルは「燃費がよい」けれどガラガラうるさくて、「ガソリンエンジンより遅い」エンジン。ここ数年でマツダが「SKYACTIVE-D」を売り出し、ユーザーの半数近くがこれにシフトしたか...

  
754

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.108 白と黒のボディカラーが55%

モータージャーナリストの大先輩である故徳大寺有恒さんはクルマの色にとてもこだわる人だった。僕が「クルマ買い換えたんですよ」と話しかけると、まず最初に「で、色は何にしたの?」と聞かれたし、ご自分のクルマについても「今度○色の××を買ったんだよ」という説明のしかたをされた。徳大寺さん...

  
790

新型デリカD:5は王者アルファード/ヴェルファイアの牙城を崩せるか!?

いまやメッキグリルを前面に押し出した迫力あるフロントマスクがミニバンの定番になっていて、SUVや軽自動車などほかのジャンルにも波及している。高速道路で後方から迫ってくると、思わず道を譲りたくなるこうした顔つきになった三菱自動車の新型デリカD:5。ど迫力フェイスと言えば、現在のミニ...

  
3044

新型デリカD:5、全面改良ではなくビッグマイナーチェンジの理由と魅力とは?

2007年1月に発売された三菱自動車のデリカD:5がビッグマイナーチェンジを受け、2018年11月21日から予約受注を開始した。発売は2018年度内(年内という表現をしていないことから2019年1月〜3月というのが想像できる)としていて、実質的には約12年ぶりの大幅改良といえる。...

  
34410

平成とともにさようなら。2018年に後継モデルに受け継ぎ、名前の消えたクルマ4選

2018年も数多くのニューモデルが登場した。三菱 エクリプスクロスのような完全なブランニューモデルもあれば、トヨタ クラウンのように歴史を重ねたフルモデルチェンジもあった。その一方で、名前の消えてしまったモデルも少なくない。ここでは改元に合わせるかのように、2018年に名前を変え...

  
2047

なんでもこいの万能車!ステーションワゴンまとめ(輸入車編)

国内メーカーのステーションワゴンが、ミニバン人気押されて減少する一方で、ヨーロッパではいまだ人気を保っており、各メーカーがステーションワゴンをラインナップしています。そんなスタイリッシュで実用性の高い、輸入車のステーションワゴンをメーカー別に紹介しましょう。文・立花義人

  
3761

車内にカーテンつけっ放し。これって車検通るの?

ミニバンやSUVが人気の昨今、車中泊ブームの影響もあり、車内のプライバシーを確保するため、愛車にカーテンを取り付けるユーザーが増えてきました。しかし、カーテンを取り付ける位置には厳格なルールがあるのをご存知でしょうか。ここでは、違法改造にあたらない”カーテンの取り付け方法”につい...

  
1662

【キャンプの達人】車への上手な収納・積み込み<積載>の方法(後編)

キャンプに行くときは積み込めたのに、帰る時には何故か入らない…。これは初心者キャンプのよくある話ですね。前回お送りした、『キャンプ道具の上手なまとめ方(前編)』に続く第二弾として、今回は上手な車の積み込み(積載)方法を3つのポイントに分けてお届けします。文・中道 麦

  
4445

RクラスやGLクラスなど…いつのまにかカタログ落ちしていたメルセデスのクラス4選

ユーザーニーズが多様化し、メーカーもそれに呼応したクルマ作りを行っている現在、メルセデス・ベンツもその例にもれず、コンパクトカーからフルサイズセダン、SUV、さらにはミニバンなど、さまざまな車種をラインナップしています。そのラインナップが増加する過渡期に生まれたなかには、ひっそり...

  
1485

なんでもこいの万能車!ステーションワゴンまとめ(国産車編)

90年代に一大ブームとなったステーションワゴン。最近はミニバン人気に押されて、販売車種も少なくなってしまいましたが、セダンの走りに使い勝手の良い荷室を組み合わせたステーションワゴンは、旅行やアウトドアにもとても便利な万能車です。今回は、国産車のステーションワゴンをメーカー別にご紹...

  
6309

採用車増加中!ヘッドランプウォッシャーの使い方

最近の快適機能で各車がこぞって採用しているのがヘッドランプウォッシャー。その名前の通り、ヘッドランプを洗浄するための機構なのですが、はたしてどのような状況下で使えばいいのでしょうか。また、採用している車が増加している理由とは?文・CarMe編集部

  
10990

セリカカムリやシビックシャトルなど、2つの車名が1つになったダブルネームの車たち

今も昔も「看板の車名+サブネーム」を付けた例は、国産車に限らず数多くある。世代により異なるだろうが、ビッグネームにサブネームを付けてブランド力の向上、知名度維持を図る例はいくつもある。逆に、そのクルマのキャラがビッグネームに引きずられて曖昧になり、絶版になったり、「独立」したりと...

  
14499

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.15 パパと娘とロードスター

「いつか」は突然にやってくる。免許を取って初めて買ったクルマが初代ロードスターだった夫は、それから20年以上、個人所有だったり仕事のレポート車だったりと、何かしらの形で2代目・3代目のロードスターにも乗り続けてきた。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.187...

  
947

ドアパンチしそうで怖い!ドアの開放角度って調節できるの?

ドアが強風にあおられたり、不注意でドアを大きく開けてしまい隣のクルマにドアパンチをしてしまった経験はありませんか?これは、ドアの開く角度と大きさ、隣のクルマとの距離が関係しており、ドアの開度をあらかじめ狭く設定しておけば、ドアパンチを引き起こす可能性が低くなります。では、ドアの開...

  
2191

不自由の中の楽しみ!車中泊の基礎テクニック4つを教えます

アウトドアレジャー派やニューファミリーの中には、車中泊をしている人が多くいます。「車で寝るなんて…」と言う人もいますが、工夫をすれば想像以上に快適に寝ることができます。今回は車中泊の基礎テクニックをお伝えしたいと思います。文・山崎友貴

  
43734
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives