「ミニバン」の検索結果(263件)

記事

運転席からの視界や価格の安さなど…昔の自動車の良かったところは?

ドライバー歴が長い人や、単に憧れている人…いろんな人が「昔のクルマの方が良かった。」と言います。そこには、「あの頃の方が良かった。」という愚痴だけでは済まない事情もあったりするのです。

  
6846

2ドアと4ドア、ボディが強いのはどっち?

クルマのボディは、2ドアと4ドアではどっちが強いの?たまにこんな質問を耳にします。巷には多種多様なボディ構造のクルマがありますが、はたして皆同じなのでしょうか?今回は、ボディ剛性について考えてみましょう。

  
7462

イルミネーションの季節!クリスマスに乗りたい車5選

もう11月も半ば。街はイルミネーションに溢れ、クリスマスムード一色です。イルミネーションを楽しむなら、どんなクルマで行きますか?23区在住の筆者の独断と偏見によるオススメ5選を紹介します。

  
6565

走行中、背もたれはどこまで倒すと違反になるのか?

タイトな室内空間の2シーター車でなければ、ほとんどの車は仮眠ができるくらいシートをリクライニングさせることが可能です。通常運転する際のシートバック(背もたれ)の角度は、オーナーの体格によりそれぞれだと思いますが、運転時、シートバックはどこまで倒してOKなのでしょうか?

  
9707

JPN TAXIは、マイカーとして購入できるのか?

東京モーターショー2017で次世代タクシーとして披露されたJPN TAXI(ジャパン タクシー)。車内は広く利便性が高い出来で、タクシー業界だけに使わせておくのはもったいないぐらいです。このジャパン タクシーを、個人のマイカーとして購入することは、できるのでしょうか?

  
17181

赤信号待ちで停車中、車外に降りて運転手の交代は違反になるのか?

赤信号や高速道路上で、車が停車している際に運転手を交代する。車を運転する方なら、一度くらい目にしたことがあると思います。なかにはやったことがあるという方もいるかもしれませんね。しかし、よく考えれば路上で運転手が交代しているわけですから、何か道交法にひっかかるような気がします。どん...

  
10035

ミニバンから軽まで、多くのユーザーが欲しいアルミホイールを突き詰めたドルフレン・フィニートに注目

ホイールのデザインは、複雑になるほど難しく、シンプルになるほど没個性的になります。ドレスアップを前提としたカスタムでは、できれば似ているものがない個性の強さと、野暮にみえない洗練されたデザインが求められます。そんなワガママなオーナーの期待に応えるホイールを紹介しましょう。

  
3925

なぜハイエースは中古車でもあまり値落ちしないのか?

日本を代表するワンボックス、トヨタのハイエースは世界中で人気のクルマです。そのため中古車市場でも、常に高値で販売されています。その人気の秘密はどんなところにあるのでしょうか?

  
8019

標準で10インチ!? 小さいタイヤを装着する車4選

最近はコンパクトカーやミニバンであっても、17や18インチといったホイールを履いていることが珍しくありません。なかには大径ホイールを装着している車も見受けられます。しかし、昔の車を見てみると、ホイールはかなり小さかったことに気付かされます。そんななかでも、小さかったのが10インチ...

  
9737

騒音エネルギーを32%低減。史上最高の静粛性を誇るプレミアムタイヤ『ヨコハマ ADVAN dB V5...

走行時、エンジン音の少ないHVやEVの需要がふえるにつれて、タイヤにはより高い静粛性が求められるようになっています。そんな時代のニーズに答えるため、横浜ゴムの高性能タイヤブランド「アドバン」から、史上最高の静粛性を実現したプレミアムタイヤ『ADVAN dB V552(アドバン・デ...

  
1766

信じられない!30年前の人々には想定外の車6選

トヨタのアルファード/ヴェルファイアなどに代表される高級ミニバンというジャンルが確立されたのは、2000年代以降。30年前には、ファミリー1BOXこそあったものの、高級車 =セダンというイメージは誰もが認めるところでした。それが、たった30年(アルファードの発売から20年弱)でこ...

  
21043

誕生から6年、プリウスαはなぜモデルチェンジしないの?新型の発売は、2018年?

プリウスのミニバン版、プリウスαは、誕生から6年が経った現在、ベースとなったプリウスが新型にバトンタッチしたにも関わらず、古いシャシーのまま販売されています。そろそろフルモデルチェンジしても、良いのではないでしょうか?

  
13913

ジムニーやハイラックスなど…こんな車で生活したら楽しそうな車5選

今やファミリーカーの主役の座を務めるミニバン。多人数乗車可能な車種としては、これ以上ない便利さですが、クルマには他の楽しみもあるはず。そこで今回は、こんな車で生活したら楽しそう!なクルマをご紹介します。

  
19513

あなたの車は大丈夫?リセールバリューの低い車の共通点とは?

車を購入する際、多くの人は燃費や性能、居住性や積載量など、さまざまな要素を勘案して決めています。それでも生活環境や家族構成が変わったりすると、乗り換えを考えなければなりませんし、その前に飽きてしまうかもしれません。そう!愛車を手放す時がやってきます。そんな時に備えて、リセールバリ...

  
7386

WRXやマークXなど…しっかり4人乗れるスポーティーカー5選

自分だけ乗るのであれば、好きなクルマを買いたいものですが、家庭持ちの場合、家族全員が快適に乗れる、という制約がつきます。しかし、普通のミニバンでは飽き足らないというユーザーは少なくありません。そこで今回は、2017年10月現在、新車で買える「スポーティーカーなのに4人がしっかり乗...

  
11627

1,000万円も!? 車好きは愛車のチューニングに生涯いくらかけるのか?

カスタマイズやチューニングは、車の楽しみ方のひとつです。その目的は、自己満足のためだったり、ライバルよりも速く走るためだったりと人それぞれ。またそのレベルも人それぞれです。そのためには、当然、チューニング費用もかかってくるわけで…。

  
5189

【全文書き起こし】CR-Vが新型で復活!ホンダの走りは、EVでも実現できるのか?東京モーターショー2...

「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という想いから生まれるホンダプロダクツ。オートバイのカブから、ジェット機まで、すべてが前述した同じテーマで設計・製作されています。なかでも今回発表されたEVコミューターコンセプト、NeuVは、AIや自動運転技術により、身近なパート...

  
2853

オートザム クレフやルネッサ、キャバリエなど…日本メーカーの知る人ぞ知る車5選

日本の自動車メーカーからは数々の車種が販売されていますが、不人気車で終わったクルマも少なくありません。ここでは1990年代に販売された知る人ぞ知る5種を紹介します。傾向として見えるのは、多チャンネル化の弊害です。かつてカタログに載っていたこんな車種を、覚えていますか?

  
4932

自動車のフロントガラスが曇る原因とは?

台風も過ぎ、街はすっかり秋が深まりました。冬将軍の到来も間近です。これからの寒い季節、自動車に乗るとフロントガラスが曇りませんか?ミニバンに多人数乗車なら、なおのこと。どうしてフロントガラスは曇るのでしょうか?

  
15049

街中で乗るスポーツカーのメリットとは?

一時はエコカーに駆逐されたかに見えたスポーツカーですが、ここ数年復権の兆しが見えます。利便性を捨てても走行性能を重視するスポーツカー、これを街中で乗った場合、どんなメリットがあるのでしょうか?

  
16213