「ミシュラン」の検索結果(48件)

記事

バックミラーやMTなど… 近い将来消えるかもしれないクルマの技術5選

自動車に関する技術は、近年、めざましい発展を遂げています。特に自動運転化を見据えた技術開発は、自動車メーカーだけでなくさまざまな業種が参入し、クルマが社会において、さらに大きな役割を果たすことを目指して行われています。今回は、自動車の技術開発にともなって、近い将来消えてしまうかも...

  
14715

ブリヂストン、ミシュラン…タイヤメーカーのビッグ3は?

自動車の影の主役とも言える、タイヤ。タイヤがしっかりしていなければ、満足できる走りは実現しません。世界のタイヤ業界は、どのような構図になっているのでしょうか?タイヤ界のビッグ3(スリー)と、それを追従するメーカーを紹介しましょう。

  
19216

プジョー 308に試乗!乗り心地などを評価!〜フランス人のセンスを満喫〜

今回試乗したのは、2014年11月から日本国内販売が開始された、プジョー308です。グレードはベーシックの「Allure(アリュール)」。前回の記事では、内外装デザイン、エンジンについて見ていきましたが、今回は、動力性能やハンドリング、乗り心地など、動的観点から308を解剖します...

  
4346

プジョー 308に試乗!インテリア、エクステリアに注目!

プジョー308は欧州Cセグメントに属するモデルです。現行型は、2014年11月に日本国内の販売を開始。2016年には、1.6リッターと2リッターの「BlueHDi」クリーンディーゼルを投入。それに1.2Lのガソリンターボを加えた3機種が、現在のエンジンラインナップとなっています。...

  
3107

BBS RE-Xをポルシェマカンに装着 モータージャーナリスト五味康隆氏の評価・インプレッションは?

BBS初のSUV向けアルミホイール「RE-X」が発売され、数ヶ月。各メディアでの発表への反響は非常に多く、大きな期待が寄せられています。しかし、高価で知られるBBS鍛造ホイールです。購入検討には色々な判断材料が必要かもしれません。そこで、CarMe編集部ではモータージャーナリスト...

  
7006

タイヤの騒音低減!高級タイヤが採用する「インナータイヤアブソーバー」とは?

今から10年ほど前、タイヤメーカーから「インナータイヤアブソーバー(振動吸収装置)」という技術が登場しました。これは、路面の継ぎ目を乗り越える際に鳴る、「ドン」という空洞共鳴音を低減することを目的に開発されたものです。どんな技術なのか、今後の普及の可能性についても考えてみました。...

  
3824

性能に満足できなければ、タイヤ代は返します。前代未聞のタイヤ保証を実施するメーカーとは?

日本には大手タイヤメーカーが4社もあり、世界でも珍しいマーケットを形成しています。それだけに、国産タイヤへのシンパシーが非常に高い傾向があり、海外製においては、欧州製タイヤは認めつつもそれ以外は・・・と言ったところ。しかし、グローバルな視点でタイヤマーケットを見てみると、多くの日...

  
10774

オフロード車のタイヤの扁平率がとても高いのはなぜ?

昨今のクロスオーバーSUVは、オンロードユースを前提に設計されていることもあり、タイヤは低扁平のロード用タイヤを装着しているものがほとんどです。その一方で、FJクルーザーやランクル、パジェロなど、オフロードの得意なクロカン系SUVのタイヤは、サイドウォールが分厚い高扁平率です。な...

  
16658

ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

タイヤの側面が白くなっている、または白いラインがぐるっと丸く入っているタイヤのことを「ホワイトウォールタイヤ」「ホワイトリボンタイヤ」と言います。クラシックカーなどでは現在も見かけるホワイトリボンタイヤですが、これはドレスアップの一種なのでしょうか?それとも?文・加藤久美子

  
29492

愛犬家のためのリアルガイド わんわんミシュラン

わが家に大型犬のゴールデンレトリーバーがやってきた2000年代初頭。しかしその頃、犬連れのドライブはストレスの連続だった。まだ高速道路のサービスエリアにペット向けの設備、施設などなく、犬と入れるカフェ、犬と泊まれる宿もごく少なかった時代。text:青山尚暉 [aheadアーカイブ...

  
749

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.05 初シーズン終了

フォーミュラE(以下FE)の最初のシーズンが終わった。FEが画期的だったのは、電気自動車のレースを本格的に行ったことだ。FE登場以前のレースは、化石燃料でエンジンを動かし、爆音を発しながらサーキットを駆け回るのが普通だった。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.1...

  
269

オンナにとってクルマとは Vol.32 Pシュランの三ツ星は…!?

とあるウェブサイトのお仕事で、バックで駐車場に入れるときのポイントを、運転が苦手な女性に分かりやすく簡潔に教える、というコンテンツに掲載する言葉を考えた。3コマの画像にそれぞれコメントをつけるもので、これがかなり難しい。入れたい駐車スペースに対して、バックをはじめる前段階から説明...

  
305

オンナにとってクルマとは Vol.38 足元の王子様

つけたまま眠れる天然素材のファンデーションが登場したり、お湯だけで落とせるマスカラが大ヒットしたり、現代の女性たちはナチュラル志向が進む傾向にある。肌や身体にダメージを与える可能性のある添加物を排除し、自然の力だけで優秀な効果が得られるものを歓迎する。text:まるも亜希子 [a...

  
209

EVのF1開幕元年 “Formula E”とは何か

テレビ朝日が公式練習から予選、決勝までを地上波、BS、CSの3波一体の総合編成でフルカバーすると発表し、話題を振りまいているのが2014年から始まる「フォーミュラE選手権」だ。text/photo:世良耕太   [aheadアーカイブス vol.134  2014年1月号]

  
224

新品タイヤにある、赤と黄色の丸いマーク。これってなに?

もうすぐ春。現在、冬用タイヤにしている方々も、3月にはそろそろ夏用タイヤに交換の時期。なかには、これを機に新品タイヤに履き替える方も多いかもしれませんね。その新品タイヤには、黄色と赤の丸いペイントが施されています。それぞれどういった目的でペイントされているのでしょう?

  
95281

前編・ネクセンオールシーズンタイヤ N blue 4Season を自動車ルポライターフナタンが体当...

ここ最近、話題を集めつつあるオールシーズンタイヤ。その名の通り、春夏秋冬一年を通してどんなシーズンでも使用できるタイヤということで、冬になったらスタッドレス、春が来たらサマータイヤと毎回交換をしてきた筆者としても、交換の手間とタイヤを保管するスペースを削減できるとあって常々気にな...

  
8297

ひこうき雲を追いかけて vol.45 インチダウン

昨年の11月にユーザー車検でDS3の継続検査を通した。その際、ディーラーでブレーキパットとフルードを交換し、ついでにクルマ全体のチェックもしてもらった。特に不具合もなかったが、「タイヤはよくてあと半年ですね」とのことだった。text/photo:若林葉子 [aheadアーカイブス...

  
332

満を持して日本進出を果たしたネクセンタイヤ 世界中の車両メーカーで純正採用されるタイヤ「NEXEN」...

2017年3月に新しいタイヤメーカーが日本進出を果たしました。みなさんは「NEXEN Tire(ネクセンタイヤ)」というメーカーをご存知でしょうか。じつは世界では有名、日本では知る人ぞ知るタイヤブランドであるのです。この記事では、メーカーの歴史と強みに触れてみたいと思います。

  
16742

なぜタイヤは黒一色なの?今後カラータイヤの時代はくる?

約130年の歴史があるゴム製タイヤ。その間、白色や飴色の時代があったものの、現代でタイヤと言えば、乗り物を問わず黒色と相場が決まっています。なぜ黒以外の色が付いたタイヤは、流通していないのでしょう?

  
10524

SEMA2017で見つけた!びっくり!すごい!日本車一挙紹介

2017年10月31日から開催されたSEMAショー2017にて、今年もたくさんの日本車カスタムカーが出展されました。その中から選りすぐりのカスタムカーをご紹介しましょう!

  
22854
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives