「マークⅡ」の検索結果(20件)

記事

なぜマークⅡからXに?!Xに込められた意味とは?

トヨタの高級セダンであるマークXは、マークⅡの後継車種として登場しました。マークXというネーミングに込められた意味を知る前に、まずは先代のマークⅡの名前について抑えておきましょう。

  
6716

月5万円から?!マークXはいくらから買える?

プレミアムミドルセダンとして根強い人気のあるトヨタ マークX。上質で上品なオトナのセダンとして、特に男性ユーザーに圧倒的な指示を得ています。マークXは、月々どれくらいの支払いで手にすることができるのでしょうか?

  
1005

そもそもスポーツセダンとは何か?脱オジサン車?

2ドアのスポーツカーに乗りたいけど、家族の目が冷たいから乗れない…そんな人はスポーツセダンをチョイスするのでしょう。ところで、スポーツセダンとはどういった車なのでしょうか?

  
7667

「JZX100 マークII」でD1を駆ける個性派、「齋藤 太吾」選手とは?

近年、新たなモータースポーツカテゴリとして認知された「D1グランプリ」。派手なドリフトテクニックを競う華のある競技であり、参戦車両も多様。あの「マークII」でトップ争いに挑む選手もいるのです。

  
5353

ライバルセダン、トヨタ「マークX」とスバル「レガシィB4」を比較!買うならどっち?

ハイソカーとして絶大な人気を集めたマークⅡをルーツとするミドルクラスの高級スポーツセダン、トヨタ「マークX」と、水平対向エンジンと卓越した4WDシステムで安定した走りを堪能できるスバル「レガシィB4」。それぞれの概要をまとめてみました。

  
10018

スカイラインやマークⅡに搭載されていたセミトレーリングアームは何が良かったのか?

自動車のサスペンション形式は、様々です。シンプルなものでは、コンパクトカーなどに多いトーションビーム式が有名です。また、高級車用には、ダブルウィッシュボーンやマルチリンクなど…。その中の一つにセミトレーリングアーム式というサスペンション形式があります。これはどのようなサスペンショ...

  
11314

マークⅡの海外仕様車「クレシーダ」とはどんな車だったのか?

クレシーダをご存知でしょうか。その名前からしてクレスタ同様マークⅡの姉妹車であることは想像しやすいかもしれませんが、あまり耳慣れない車名かもしれませんね。なじみの薄いクレシーダ、それもそのはずマークⅡの海外仕様車そのものでした。

  
16450

ジャガーのデザイナーによるレストモッドで「マークⅡ」が現代に復活!価格は6000万以上か!?

ジャガー・マークⅡはジャガーファンのみならず、自動車好きに広く知れ渡る往年の名車。そして今でも高い人気を誇る「人気車」でもあります。これまでもレストアメーカーである「ビーチャム」などが、現代の技術を用いてこのクルマを現代のファンの元に届けていましたが、今回はさらに本格的になるよう...

  
4626

【2015年12月4日公開】映画「007 スペクター」に登場する車種は?過去作品にはトヨタ 2000...

今年の12月に007シリーズ24作目となる最新作「スペクター」が公開されます。車好きにとっては、007と言えばやはり気になるのがボンドカーという感じでしょうか。今回は、最新作「スペクター」に登場する車たちと過去に登場したボンドカーを振り返ってみたいと思います。

  
21085

スペアタイヤは何キロ走れるのか?ランフラットタイヤのメリットとは

ランフラットタイヤにパンク修理キットと、スペアタイヤの装備義務が無くなってから色々な選択肢が増えてきました。また、一時期に比べると、安全性の事などもあり、バックドアにスペアタイヤを装着する車が減ってきたようにも感じます。さて、そんなスペアタイヤですが、一概にスペアタイヤと言っても...

  
32073

クラウンやセドリックの激安中古車…それって本当にお買い得?

中古車情報を見ているとどうしても目がいってしまう「激安物件」。しかもそれがクラウンやセドリックなどの高級車だったりすると「本当に大丈夫なの?」といった気持ちにさせられてしまいますよね。事故車じゃないか、メーター戻していないか…そんな想像もしてしまう激安高級車ですが、実際はどうなの...

  
52101

キャバレー?スナック?...バブル期を駆け抜けた高級車たちのインテリアはちょっと浮世離れ?

お金に余裕ができ、その象徴として80年代のクルマはどんどん高級化をエスカレートさせました。しかしその中でもインテリアセンスに対する考え方は、まだ「何をもって贅沢か」という基準も曖昧。「センスの良さ」よりも派手でとにかく「わかりやすい」贅沢のカタチをただただ追い求めていました。これ...

  
48236

BMWの直6エンジン、シルキーシックスは何が良いのか?

現代の自動車技術の中で淘汰されつつあるものの一つとして、直列6気筒エンジンがあります。BMW製直6の「シルキーシックス」という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。長年BMWは、なぜ直列6気筒にこだわり続けたのか。また、BMWの直列6気筒の持つ魅力とはどんなところに...

  
50378

R32スカイラインに負けた!・・・トヨタが90系マークⅡで採った戦略、ツアラー誕生の経緯とは?

1980年代後半から1990年代前半にかけての日産自動車の勢いは素晴らしいものがありました。生み出される製品のデザイン、性能ともに高い評価を得て多くのユーザーの共感を得ていた時代です。とくにローレル、セフィーロ、スカイラインの三台はその中心的な存在で、LクラスFR車として走りの良...

  
28204

【完全版】なぜマークⅡはマークXへ?スペック・燃費・中古価格まとめ

かつて、トヨタにはマークⅡという上級ファミリーカーが存在し、バブル景気に沸いた頃には「ハイソカー」と呼ばれ中流層のハートを掴み、販売ランキングの上位を争うような売れ行きを示しました。しかし時代とともにマークⅡはその勢力を弱め、2005年、新たにマークXに改名しリニューアルを図るこ...

  
59663

スカイラインGT-Rのライバル車、トヨタ チェイサーはなぜ未だに人気なのか?

日産 スカイラインはスポーツサルーンとして不動の地位を築き上げました。なかでもGT-RはR32型を中心に熱烈な支持を得ています。しかしトヨタも黙ってはいませんでした。同じクラスのチェイサーはもともと俊足サルーンという位置付けでしたが、ターボエンジンの搭載やキャラクターの明確化など...

  
37023

プラットフォーム共通化するメリットとデメリットとは?

最近、「プラットフォーム共用」という言葉を耳にする機会が増えました。同じメーカー内ではもちろん、違うメーカーどうしでも共用して新型車を開発することがたびたびあります。新しいところでは、マツダ新型ロードスターとプラットフォームを共用したFIATグループのスポーツカー(当時アルファロ...

  
10059

ミラエボにチェイクⅡ?こんなにあります顔面スワップ車

以前紹介した日産シルエイティ。日産180SXの車体にシルビアのフロントを接合した顔面スワップ車です。しかし顔面スワップ車はこの他にもまだまだあります!今回はシルエイティ以外の顔面スワップ車を見ていきましょう!

  
48036

広い年代層に支持された中古マークXが買い時!その理由とは

マークⅡからのモデルチェンジで生まれたトヨタ「マークX」。高級感を漂わせつつも決して高くなく、若者よりも大人が乗るイメージがあるクルマです。今回はそんな中でも、よりお求めやすい中古のマークXについてご紹介していきます。

  
18468

これも日本文化の1つ?今ドリフトが世界で熱い!

今回はドリフト走行についてです!元々はレース競技でスピンしないためのテクニックとして使われていたドリフトですが、今はその技術を活かしてパフォーマンスとして行われることもあります。過去から現在に渡ってドリフトはどんな変遷を辿ってきたのでしょうか?

  
5770