「マフラー」の検索結果(280件)

記事

トヨタCHR/C-HRモデリスタの価格はいくら?【見積もりを貰ってみた】

2016年12月にトヨタのコンパクトSUVのCHR/C-HRが新発売されましたね。元々スタイリッシュなイメージのあるこの新型SUVですが、人気のカスタムパーツブランドのモデリスタ(MODELLISTA)の専用パーツを装備すると、さらに洗練さや高級感が強調された外装デザインに…。C...

  
554

誕生から30年を迎えたマツダロードスターをオートモビルカウンシル2019にてチェックした!

オートモービル カウンシル2019に出展したマツダのブースは、まさにロードスター、一色。歴代のロードスターはもちろんのこと、初代の「プロトタイプモデル」や日本初公開となる、初代をベースとして製作された「クラブレーサー」を合わせて全6車種の展示となりました。今回はヘリテージをテーマ...

  
1122

希少カラー、カスタム……街中で愛車の存在感を際立たせる3つの方法!

誰もがランボルギーニ・ウルスのような圧倒的な存在感を放つスーパーモデルやスーパースポーツカーに乗れれば、あえて際立たせる必要はないだろうが、そうはいかないのが現実。90年代のようなカスタム、ドレスアップ全盛時代が過ぎ去った今、街中で愛車の存在感を際立たせる方法とは?文・塚田勝弘

  
7256

新型ハリアー ターボ車の外装画像レビュー【専用装備は何がある?】

高級感のあるデザインが人気のトヨタのSUV新型ハリアー(HARRIER)が2017年6月にビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。ハイブリッド車やガソリン車など既存モデルのデザインや装備も大きく進化をしましたが、一番のトピックは、ターボ車が新たに追加された事ですよね。私...

  
470

エスクァイアのモデリスタのパーツってどんなものがあるか調べてみました!

ディーラーの純正オプションのモデリスタパーツを使い、エスクワィアのエクステリアをカスタムすることが可能です。もちろん純正部品なので、保証も含め安心に使用することが出来ます。2017/8/23

  
611

アクアのデザインがお洒落になった気がしませんか?エクステリアが僕らを魅了する

トヨタアクアのエクステリアをチェックしました。2017/8/24

  
709

【ノーマルモデルとの違いは?】新型カムリの人気カスタマイズ車”モデリスタ”を見てきた

日本よりも北米で人気が高いトヨタのセダン車新型カムリ(CAMRY)が、2017年7月にフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。新しいプラットフォーム”TNGA”を採用して新しいデザインに生まれ変わったこの新型モデルですが、他のトヨタ車と同様にカスタムモデルのモデリスタを用意...

  
13562

新型シビックタイプRの外装比較!ハッチバックとはここが違う!

2017/10/26

  
1653

新型スイフトスポーツ外装比較!標準モデルと違う点は?

スイフトスポーツは、ノーマルのスイフトと表情がかなり異なります。デザイン比較やフロントマスク比較をしてみれば一目瞭然です。この記事では、ノーマルのスイフトとスイフトスポーツの違いについてご紹介します。2017/11/8

  
13295

新型カローラ外装レビュー【フロントのデザインに変更点が!】

2017/11/24

  
548

新型レガシィ アウトバック外装レビュー【 ライトが動いて夜道の見やすさがアップ!】

2017年9月にマイナーチェンジが発表された、レガシィ アウトバック。今回の記事では、見た目や機能の変化について、お伝え致します。※画像はすべてアウトバックリミテッドです。2017/12/12

  
1641

新型日産スカイライン200GTt Type P 外装画像インプレ【先代モデルとの違い&変更点は?】

現行の日産スカイラインは13代目のV37型。日産が海外で展開する高級車ブランド、インフィニティのQ50としても販売されている車で、2014年に誕生したモデルです。このV37スカイライン、デビューから3年目の2017年12月20日にマイナーチェンジをしていました。今回、マイナーチェ...

  
60475

マツダ CX-8 XD L Package外装画像レビュー【標準車とのデザインの違いをチェック!】

2017年にデビューしたマツダの3列シートSUVのCX-8ですが、見た目は他のマツダと同様のデザインなのでしょうか?写真とともに似ている点そうでない点含めて説明していきます 2018/4/24

  
30301

“R”の称号を受け継ぐ、新型シビック TYPE-Rの走りは!?

クルマ好きなら一度は耳にしたことがあると思われる”TYPE-R”という名称。ホンダのクルマの高性能バージョンに与えられるこの名前は、ホンダ特有の高回転NAエンジンと、赤いエンブレムの代名詞として知られています。そのTYPE-Rの新型は、ついにVTECエンジンにターボを追加したエン...

  
1594

【冬キャンプの防寒マニュアル:個人装備編】極寒のアウトドアでも寒さを克服

防寒を制する者は冬キャンプを制する。釣りと山岳、そして幾多の野宿経験から得たノウハウをベースに、冬の厳しい環境下で自由を手にする防寒マニュアル【個人装備編】をお届けします。文・アウトドアライター&クリエイター夏野 栄

  
1119

忘れられないこの1台 vol.65 KAWASAKI GPZ900R

1986年、映画『トップガン』が流行った時代。映画の主人公トム・クルーズが乗る黒赤のGPZ900Rニンジャに憧れた人は多いと思う。僕はまだ小学生でバイクには縁が無く、兄が乗る400㏄ニンジャしか知らなかった。text:佐野新世 [aheadアーカイブス vol.143 2014年...

  
663

たかがオートバイされどオートバイ

オートバイに乗る人は不思議だ。クルマと違い、生活に必要なものではなく、背負うリスクも他の趣味に比べて極端に大きい。なのに、オートバイに乗る人は趣味の域を超えてオートバイにのめり込む。オートバイに興味がない人からみると、その価値に意味を見出すことは難しい。「どうして、オートバイなん...

  
3953

車齢10年、10万kmを超えたらとくに注意したいメンテナンス部分は?

車齢10年、あるいは10万kmを超えたら日本人だと結構走ったなと思うかもしれない。日頃からの丁寧なメンテナンスや乗り方(走らせ方)によっては、まだまだ元気に走るはずだし、わが国では過走行とされる日本車や、売りに出された重機などが海外で活躍しているという話を聞くと、まだまだ現役で走...

  
15038

NISMOのコンプリートカーはダテじゃない

日産自動車のクルマ作りがおもしろい。いや、日産自動車のスポーツ系モデルがおもしろいことになってきていて、これからもっと楽しい方向に行くんじゃないか?という期待感がグッと膨らんできている、という言い方が正しいだろう。text:嶋田智之 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス...

  
1161

一瞬で車内を暖める方法は?

寒い日がまだまだ続く2月。いまのクルマは一発でエンジンが始動するのが当たり前とはいえ、冷え切った運転席に座り、車内が暖まるまでは辛いもの。一瞬とはいわなくても早く暖める方法はないのだろうか。文・塚田勝弘

  
4105
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives