「マフラー」の検索結果(233件)

記事

オイル漏れの修理代っていくらかかるの?

クルマは、乗っていても乗っていなくても経時劣化をします。特にオイルは年数が経つと、車体の下からポトポトと滴ることがあり、気づかずにそのまま走ってしまうと、エンジンを痛めてしまう原因にも…。そうならないためにも、オイル漏れの原因、対処法、そして気になる修理代について知っておきましょ...

  
570

【樽見祐佳の“女子流”】「やっぱりガソリン車が一番!」は本当?テスラ モデルXで味わった別次元のドラ...

ウェアラブルデバイスが現実世界に登場したのは今より少し前のこと。マンガやアニメのなかでは長い間待ち焦がれたそれも、実際使えるようになれば素早く私たちの生活に溶け込み、あっという間にそれが当たり前になっていった。テスラにも近しいキャラクター性を感じる。シンプルで機能的な内装、車の脳...

  
1404

コラムシフト、フォグランプなど…いつしか消えそうな自動車の装備たち

これまでに登場したクルマの装備には、時代によって淘汰され、無くなってしまったものも少なくありません。今回は、最近の電動化、自動化によって今後消えていきそうな装備、高性能化によって不要となった装備などを紹介していきます。文・赤井福

  
3247

クルマの下から水が垂れてるけど、大丈夫?

車を停車して、しばらくすると車の下に水溜まりができていることがあります。多くはエアコンの排水ですが、じつは車からのSOSかも知れません。SOSに早めに気づくことで、車の故障を回避することができます。今回は、水溜まりの正体と、発見したときの対処法について解説しましょう。文・吉川賢一

  
5033

もはや別次元!? 世界の個性派スーパーカーメーカー4選

「スーパーカー」その言葉を聞くだけで思わず胸が高鳴るのは、私だけではないでしょう。世界中の車好きも、そうでない人も、走っている姿を見れば思わず見入ってしまう、そんな魅力を持つスーパーカーたちですが、じつはフェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンなど誰もが知っているメーカー以外にも...

  
12887

7万円のオンボロ軽自動車にZERO-1000 パワーチャンバーをワンオフ制作!適合外でも装着できる?...

家族持ちでクルマイジリから遠ざかっているファミリーカー乗りから、今絶大な支持を集めているスポーツエアクリーナー、パワーチャンバーをご存知でしょうか?マフラー交換と違い、アクセルを踏み込まなければノーマル時と変わらない音量。そして、お父さんのお小遣いでも買える価格設定が功を奏し、ヒ...

  
4531

絶滅の自動車用空冷エンジン。その魅力はなんだったのか

現在の自動車用エンジンは、例外なく水冷式です。過去には、空冷エンジンを積んだ車も多く存在していましたが、時代とともに淘汰されてきました。しかし、そんな時代だからこそなのか、空冷エンジンにこだわるマニアも多くいるようです。今回は、そんな空冷エンジンの魅力について紹介していきます。文...

  
4004

エンジン自慢?あえてエンジンルームを魅せるクルマ6選

普段はボンネットのなかに収まり、外からは見ることができないエンジン。自動車を構成するあらゆるパーツのなかでも、もっとも重要なもののひとつです。そんなエンジンをあえて外から見えるように工夫されたミッドシップの車たち。エンジンさえも演出の一部としてスタイリングに取り入れた、こだわりの...

  
6899

無限が作るシビック あえてType Rを外すHONDA直系ワークスブランドのこだわりとは? 試乗会レ...

無限のシビックと言えば…… 誰もが想像するのはタイプRでしょう。しかし、その前に発表されたのがハッチバック。スポーティなクルマには乗りたいけれど、タイプRほどでなくてもいい…… そんなユーザーに訴求するアイテム構成となっています。

  
7542

車の「外気温度」の温度計ってどこにあるの?

自動車のインパネやセンターディスプレイに表示される「外気温度」は、文字通り、車外の気温を表示しています。ただし、自動車は熱の塊と言ってもよく、滅多な位置にセンサーを設置すると、外気温度を正しく計測できません。では、外気温度を計測するセンサーはどこに取り付けられているのでしょう。

  
15029

自動車のマフラーの構造とは?どういう役目があるの?

ときには存在感を消して乗員が快適に移動することに貢献し、またあるときには迫力あるサウンドでドライバーの心を鷲掴みにするマフラー。普段は目につきにくいところにあるため、役目や構造について謎な部分もあります。今回は、マフラーがもつ特徴や役割について紹介します。文・吉川賢一

  
6169

アフターファイヤーはなぜ起きるのか?

レーシングカーが走行中、マフラー付近から「パーン、パーン」という爆発音や、排気管出口から火炎が出るような現象を”アフターファイヤー”と呼びます。なぜこのアフターファイヤーは起きるのでしょうか?また、なぜ市販のクルマでは起こらないのでしょう?文・わんわんエンジニア

  
16573

たかがオートバイされどオートバイ

オートバイに乗る人は不思議だ。クルマと違い、生活に必要なものではなく、背負うリスクも他の趣味に比べて極端に大きい。なのに、オートバイに乗る人は趣味の域を超えてオートバイにのめり込む。オートバイに興味がない人からみると、その価値に意味を見出すことは難しい。「どうして、オートバイなん...

  
317

東出昌大&新田真剣佑出演!映画『オーバードライブ』に登場する競技車両のスポンサーは?

ラリー競技に参加する兄弟を描いた今話題のモータースポーツ映画『オーバードライブ』。その劇中に登場する競技車両には、さまざまなスポンサーステッカーが貼られています。どんなメーカーが、スポンサードしているのでしょうか。

  
2312

マイ・ファースト・ラブ

クルマやバイクに興味を持ったきっかけはそれぞれだけど、初めてクルマやバイクにときめいた気持ちはみんな同じだと思う。それは子供の頃に夢見たスーパーカーでも、免許を取って最初に運転したバイクでも、大人になって理想のクルマが見つかったときであっても。text:嶋田智之、丸山浩、竹岡圭、...

  
1042

クルマやバイクに文学はあるのか 前編

これまでに多くの人がさまざまな言葉を用いてクルマやバイクに関わることを表現してきた。それはクルマの乗り味だったり、バイクがもたらすフィーリングであったり、技術の解説だったりと幅広い。ときにその言語表現は、読む側の心の奥に入り込み、その人の人生にまで影響を与えることがある。今回と次...

  
639

クルマやバイクを芸術に高める

芸術という言葉を定義することは難しい。芸術とは精神的、感覚的な渇望を鎮める表現活動であり、個人の価値と技術によって生み出されるものだからだ。そしてその個人の表現活動が誰かを感動させ、社会に意味や価値を持たれて初めて芸術と呼べるようになる。text:伊丹孝裕、山下敦史 [ahead...

  
396

真ん中の世代 BORN IN 1964

遡ること50年前の昭和39年、西暦1964年は、平和とスポーツの祭典である東京オリンピックが開催され、新幹線が開通するなど、日本にとって大きな転換の年となった。戦後からの復興、メイド・イン・ジャパンの技術力、高度経済成長等々。日本のクルマ産業の発展は、この年からの歩みによって作ら...

  
2204

定番とは何か

スタンダード、オーセンティック、トラディショナル、そしてクラシック。どれもクルマやバイクのことを表現するときによく使われる言葉だ。言葉の意味はそれぞれ微妙に異なるけれど、どの言葉も一様にそれが「定番」であることを表している。定番がなぜ存在するのか、なぜ人は定番を求めるのか。クルマ...

  
777

あの金属製のゴツいバンパーはなぜ消えた!? 近年のバンパー事情

ひと昔前のバンパーといえば、金属製のいかめしい作りでしたが、最近のバンパーはいろいろと様相が変わってきましたよね。今回は、バンパーの歴史とともに、近年のバンパー事情について紹介していきます。文・吉川賢一

  
4644
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives