「マツダ RX-7」の検索結果(61件)

記事

BRZ、レヴォーグ、C-HR…息子にはどんな国産車に乗って欲しいですか?

ご子息のいるクルマ好きの方は、おそらく最初のクルマ選びにもコミットしたくなるでしょう。自分の若い頃を思い起こせば、やはり魅力的なスポーツカーなどをチョイスさせて、あわよくば自分も…なんてことも考えるかもしれません。しかし現実的に考えると、どうなのでしょうか。

  
13739

ドリフトのキーとなる荷重移動とは何?

自動車が駆動輪を備えた移動物体である限り、どうしても発生するのが荷重移動です。荷重移動を上手にコントロールすることで、ショーファードリブンのような穏やかで上質な運転も、ドリフトのような激しいスポーツ走行も可能となるのです。今回は荷重移動について、簡単に紹介しましょう。

  
10147

デザイン派のマツダが誇る人気13車と中古価格|気になるマツダの株価は?

2017年はロータリーエンジン誕生、満50周年です。ロータリーエンジンを実用化したのは、おなじみのマツダ。広島市に本社を置くマツダは戦前から続く老舗メーカーです。そんなマツダ株式会社の歴史を振り返り、人気のマツダ車をご紹介。株価動向から今後のマツダを予想してみました。

  
1322

R32 GT-R、スープラなど…2万円程度で乗れるって知ってましたか?

スポーツカーといえば、性能はもちろんユーザー満足度も高くなければなりません。そのため、生産コストがかかり、販売価格も高くなる傾向があります。さらに、古い車の場合だと、性能を維持するためのコストが一般的な乗用車とは比べものになりません。しかし、自分の好きなときに安価で好きな国産スポ...

  
29009

いまさら聞けない!! マツダのロータリー神話ってなんですか?

ロータリーエンジンを長年に渡り生産、そして進化させてきたのは世界でもマツダだけです。また、実用化だけでなく、モータースポーツシーンでもその性能を証明してきた歴史があります。これは、マツダの技術力と日本のモノづくりのスピリッツが込められている証であり、「神話」と言って差し支えないも...

  
19297

RX-7やスープラは過去のおっさんカー!? 20代男子が憧れるクルマとは?

現在、40歳前後の方にとって、若いころの憧れのクルマといえば間違いなくスポーツカーだったことでしょう。そうしたクルマが魅力的に思える時代でもありました。一方で、現在の20代の男子が憧れるクルマはどのような車種なのでしょうか…?

  
37710

16年間放置されたRX-7…搭載されたロータリーエンジンは果たして息を吹き返すのか?

長年動かさなかったクルマは、さまざまな箇所に劣化が押し寄せるもの。まずエンジンを始動することすら困難な状況になります。今回は、ベルギーで16年間放置されていたRX-7の顛末を紹介したいと思います。

  
25302

頭文字D仕様と湾岸ミッドナイト仕様…果たしてどちらが速いチューニングなのか?

クルマでのバトルをテーマにした漫画は、いつの時代も存在するものです。中でも近年大成功した作品として、「頭文字D」と「湾岸ミッドナイト」の2つが挙げられます。それぞれカスタマイズしたクルマ達が躍動するストーリーですが、チューニングカーとして考えると、どちらの作品の方が速いチューニン...

  
28924

【東京オートサロン 2017】マツダ車のチューニングに拘りをみせるKNIGHT SPORTS

一瞬、MAZDAのブース!?と見紛うほど、レッドのマツダ車で彩られていたのがKNIGHT SPORTS。マツダ車チューンのパイオニアとしての誇りを感じるブースでもありました。

  
3953

昔は頭文字Dのような峠でレースが頻繁だった?!なぜ今は少なくなってしまったのか?

80年代から2000年代初頭あたりまでは所謂「走り屋」という人々を見かける事ができました。そこから着想を得たのが「頭文字D」であるのは言うまでもないわけですが、2016年現在、そのような峠でのドリフトや街道レーサーまがいの事を行う人種は減っています。これはなぜでしょうか。

  
23261

10年、20年後も、"RX-7やスープラはよかった"と車好きは語るのか?

バブル期~2000年代初頭まではスポーツカーも現在より多くラインアップされていました。恐らくその頃乗っていたよ、という方も多い事でしょう。翻って現在、スポーツカー復権の兆しはあるものの、ラインナップは正直まだ寂しいのが正直なところ。私達はかつてのスポーツカーたちに思いを馳せ続ける...

  
14713

国産スポーツカーとMの決定的な違い

いま、国産スポーツカーが大きな盛り上がりをみせています。日産GT-R、フェアレディZ、レクサスRC F、トヨタ86/スバルBRZ、マツダ・ロードスターなどなど、徐々に選択肢の幅が広がっていましたが、ハイブリッドスーパースポーツ 新型ホンダNSXが日本でも2016年8月に受注を開始...

  
5249

ロータリーエンジン、なぜマツダのみが作り続けるのか?他社が作らない理由とは

マツダの新車販売が好調です。「魂動」コンセプトの美しくアグレッシブなデザイン、世界一クリーンなディーゼルエンジンなどが理由として考えられます。そしてロータリーエンジンの存在がマツダのスポーツイメージを強めています。他メーカーはなぜロータリーを生産してイメージ造りに役立てないのでし...

  
31353

NSXやフェアレディZ…なぜ日本のパトカーではスポーツカーが採用されにくいのか

ドバイなど最近はスーパーカーのパトカー採用ニュースもよく聞きますが、日本ではスポーツカーのパトカー採用は少なめな印象です。実際はどうなのでしょう?

  
20715

発売はいつ!? RX-8の後継車"RX-9"の開発を正式決議、搭載されるエンジンは?

2012年にロータリーエンジン搭載のスポーツカーマツダ RX-8の販売が修了して早4年。復活や開発中止の不確定情報が繰り返されていましたが、去年の東京モーターショー2015で「RX-VISION」が公開されたことから、ロータリースポーツの復活が濃厚となってきました。「RX-8」の...

  
29177

カスタムカーは「大人の色気」!?時代に左右されないカスタムに挑むOHNO CAR CRAFT

東京オートサロン2016に、NBロードスターをベースにした美しい赤いカスタムスポーツカーが出展されていたのを覚えている方もいるでしょう。そのクルマの名は「NAOMI」。制作したのはOHNO CAR CRAFT。「世界でたった1台、自分だけのクルマを」そんなクルマ好きの夢を叶えるシ...

  
10403

日本で再び増えてきたターボ車…一方、先行していたヨーロッパは?

排ガス規制でかつてのハイパワーターボの多くが一斉消滅後、めっきり減っていたように思える国産ターボ車ですが、ダウンサイジングターボの波がようやく日本に到達して最近はターボ車が増えています。しかし、その分野で先行していた欧州は、既に次のステップへと進んでいました。

  
5453

マツダ FD型RX-7が最後となったリトラクタブルヘッドライト。あの人気を取り戻す次の一手とは?

リトラクタブルヘッドライトと聞いて胸が高鳴る人はアラフォー以降の証。リトラが廃止されて久しいですが、懐かしむ声や復活を望む声も。どうしてリトラクタブルヘッドライトに人気があったかを考えてみると、次の展望が見えてきます。

  
33085

【完全版】新型ホンダ シビックそろそろ日本で公開くるか!? 車種情報・燃費・中古価格はいくら?

ホンダ シビックといえば、ホンダ車を代表する車です。その車の中古相場、燃費、維持費、走行性能など全ての情報を網羅した記事になります。もしホンダ シビックの中古車購入を検討している方は、ぜひお役立てください。また、2016年3月にタイでの生産•販売が開始されたホンダ シビックの新型...

  
30756

RX-7(FD3S)を走らせないのはスポーツカー殺し!?

最後のマツダ RX-7(FD3S)の生産が終了してから今年2017年で15年が経ちます。法律で定められた部品保管期間はとうに過ぎ、部品供給はメーカー次第になっています。それでもなお、RX-7は走らせた方がいい。なぜかと言えば、走るために生まれてきたからです。

  
72318