「マツダ CX-5」の検索結果(42件)

記事

BMWもSUVカブリオレ発売!? 今後SUVカブリオレは主流になるのか?

現在、世界的な人気となっているのがスタイリッシュSUV。クーペと見紛うようなクールなデザインが魅力でもあります。そんななか、今年度中のデビューが確実視されているBMWの「X2」に、カブリオレも用意される…という噂があるのです。

  
4596

新型CX-5!ガソリンとディーゼルどちらを買うべきか?

日本を代表するディーゼルSUVといえば、マツダのCX-5を挙げる人は多いでしょう。日本のみならず世界で評価されているエンジンでもありますね。近年、ディーゼルエンジンの注目度が高まっているため、ガソリングレードの存在は、その陰に隠れがちです。さて、新型CX-5はガソリンとディーゼル...

  
8614

購入価格は高いけど、維持費が安い!? お買い得なクルマ6選

クルマを所有するうえで、一番気になるのが維持費です。現実的なことを考えれば、車体価格よりもウェイトが重いともいえるでしょう。今回は、それなりの車体価格ながら、維持費が軽い、そんなお買い得なクルマを見ていきます。

  
29210

ウクライナ警察アウトランダーPHEVを採用!?その理由とは?

三菱商事は2017年1月27日、MMCウクライナを通じて、ウクライナ警察向けにアウトランダーPHEVを635台受注したと発表しました。もちろんPHEVならではの圧倒的な環境性能が評価されたこととはいえ、なぜアウトランダーをチョイスしたのでしょうか?

  
5677

アウトランダーを意識した!? 新型RVRのスペックはどう変わる?

2017年現在の三菱ラインナップに生き残っているSUVモデル「RVR」。人気のカテゴリーでもあり、三菱としても浮上の契機としたいモデルなのではないでしょうか。そんなRVRがマイナーチェンジを敢行。イメージを刷新しています。

  
6908

新型CX-5、予約受注台数9,000台超え!好調な理由とは?

デビューしたばかりの新型マツダCX-5の受注が好調です。メーカーの月間販売目標2,400台に対して、発売前に9,000台以上もの予約受注が入っているそうです。その理由とは何でしょうか?

  
10048

新旧CX-5比較!何がどう変わった!?

2017年2月、フルモデルチェンジとなったマツダ CX-5。クリーンディーゼル「SKYACTIVE-D」を引っ提げ登場し、鮮烈な印象を残したのが2012年のこと。それから5年の歳月を経て、新型はどのような進化を遂げたのでしょうか。

  
12638

フォルクスワーゲンがティグアンで唱えるSUVのあり方とは?

VWのラインナップは非常に充実しており、Aセグメントのup!からゴルフ等が筆頭となるC、パサートのDセグメント、さらには、トゥーラン、トゥアレグといったミニバン、SUVもラインナップするなど、まったくもって隙がない状態。そして現在人気のコンパクトSUV市場に、勝負をかけているのが...

  
5317

マツダ アテンザの国外名はMazda 6だった

マツダ アテンザは欧米では「Mazda 6」という車名で呼ばれています。日本での車名と海外での車名が異なる例は珍しくありませんが、「Mazda 6」はどのような経緯で車名がつけられたのでしょうか?

  
6451

アテンザとアクセラのフロントグリルがそっくり!そのマツダの戦略とは?

「魂動デザイン」を導入したマツダは、生まれ変わったようにそのクルマづくりが高く評価されています。もちろん、マツダは以前から特徴あるクルマづくりを行っており、急に品質が向上したというわけではありません。しかしそれだけ好印象のメーカーに躍進した理由の一端はやはり、”デザイン”なのでは...

  
7823

【東京オートサロン 2017】マツダが自信を持って送り出す新型CX-5…ロードスターカップカー仕様も...

東京オートサロンはカスタムカーの祭典でありますが、近年ではメーカーも新型車発表の機会ともしてるのは周知のこと。マツダブースでは新型CX-5が、メインステージに鎮座していたのです。

  
4015

「魂動(こどう)」から考える今後のマツダデザインの方向性は?

デザインテーマ「魂動(こどう)」を取り入れてから、マツダのクルマづくりは大きく変わったといえます。折しも新型CX-5も発表され、ますます進化を続ける「マツダデザイン」。今後の方向性は…?※一部誤った表現があったため修正致しました。(2017年1月11日)

  
3864

CX-4の販売は中国のみ?!日本で発売はされないのか?

現在マツダが日本で販売しているSUVはデミオをベースにしたコンパクトSUVのCX-3と、ワンサイズ上のモデルにCX-5があります。アメリカではCX-9というモデルもありますが、北米市場を意識したモデルのためボディサイズは全長5,065mm、全幅1,930mmとかなり大きめ。正直日...

  
7154

マツダ、新型CX-5を世界初公開!2017年2月より日本発売決定!

マツダは2016年10月28日、同年11月18日から27日まで開催されるロサンゼルス自動車ショーにおいて、新型「マツダ CX-5」を世界初公開することを発表しました。新型CX-5は、今マツダがもつデザインと技術の全てを磨き上げ、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させたクロスオーバー...

  
3017

ランクルやプリウスαなど…リセールバリューが最強の車7選

買うなら好きな車を選びたい!という方は多いと思いますが、いざ、新車に買い替えようとした際、不人気車で値段が付かない…なんてことはないとは言えません。先のことも考えて、少しでもリセールバリューが良い車に乗りたいと思いませんか?今回は買取・下取りで良い値段がつく車7選をご紹介します。

  
2907

2.0LガソリンエンジンモデルのCX-3は日本に導入されることはあるのか?

2016年6月6日、北米マツダが小型クロスオーバーSUV、CX-3の2017年モデル投入を発表しました。北米仕様は日本には無い2リッターガソリンエンジンを搭載していますが、このエンジンは日本のCX-3には搭載されないのでしょうか?

  
11678

2017年にアテンザがフルモデルチェンジ!?|現行アテンザの特徴と中古価格は

ここまで4~6年のモデルライフで3代目まできているアテンザに、2017年頃フルモデルチェンジという情報が出てきています。マツダが誇るSKYACTIVEもそろそろ第2世代に進化してもいい頃、果たしてどこまで変わるでしょうか?

  
24593

SUVライバル車対決!スバル フォレスター対マツダ CX-5…経済性と走行性能は?

国内市場において、いま最も人気のあるクロスオーバーSUV。スバルのフォレスターとマツダのCX-5は、ともに動力性能を重視することによって、ライバルとの差別化を図っています。今回は、両車の価格・燃費の経済性と、エンジン・4WDシステムの走行性能を比較をしてみましょう。

  
11229

力強く走りたいならヴェゼル!? ヴェゼルの中古価格とおススメグレードは?

最近人気急上昇の、小型SUV市場。小型SUVという市場は以前から存在はしていたものの、2010年頃から自動車会社各社から様々な魅力的な小型SUVが発売され、人気を博しています。そんな中、2015年上半期 SUV新車登録販売台数で、1位を獲得したのがホンダの「ヴェゼル」です。各社か...

  
7952

MPVやプレマシー等…なぜマツダはミニバン事業から撤退するのか?

マツダのスカイアクティブテクノロジーをアイコンとした新世代商品群が軒を並べるのに連れて、ミニバンが取り残されている…と感じた方は少なくないはず。そして、先日、マツダはミニバン事業から撤退するというニュースが飛び込んできました。これまでのラインナップから立ち位置を振り返ると見えてく...

  
18068