「マツダ ロードスター」の検索結果(102件)

記事

BMW Z4 コンセプトモデル公開!新型Z4とスープラに共通点はあるのか?

2016年に生産が終了したBMW Z4の次期型コンセプトモデルが、2017年度のペブルビーチ・コンクールで公開されました。BMWが発表した内容とは、どのようなものだったのでしょうか?

  
1917

ガソリンとディーゼルのいいとこ取り!? マツダ次世代エンジン『SKYACTIV-X(スカイアクティブ...

スカイアクティブ テクノロジーで躍進を続けるマツダ。競合を凌駕する新しい技術が注目を集めています。それが次世代エンジンのSKYACTIV-X(スカイアクティブ エックス)。いったい、どのようなエンジンに仕上がっているのでしょうか?

  
9101

300万円のセカンドカー…あなたなら何を買う?

セカンドカーを持てるというのは、環境はもちろん金銭面でも非常に恵まれたことでしょう。スポーツモデルであれ、SUVモデルであれ、実用性といった枷から逃れ、なんでも自由に選ぶことができます。もしも300万円あったら、あなたはどんなモデルを購入しますか?

  
5211

トヨタとマツダが資本提携!具体的になにが変わる?

2015年より協業関係にあったトヨタとマツダが、2017年8月4日に業務資本提携に踏み切る発表を行い、自動車業界を揺るがせています。今回の資本提携で、トヨタ車とマツダ車にどんな影響があるのでしょうか。

  
4013

レストアとオーバーホールの違いは?

2018年からマツダでは、初代NA型ロードスターのレストアサービスを開始します。発売より28年、いまなお2万3,000台が現役で、これからも乗り続けたいとのファンの声に応えたものです。こういった古い車の修理をする場合、レストアとかオーバーホールとかの用語を目にすることがあると思い...

  
4361

スープラ次期型、東京モーターショーで発表される可能性はあるのか?

数年前より囁かれている新型スープラの話題。出そうでなかなか出ない、もどかしい状況が続いています。2017年秋に予定されている東京モーターショーで、その姿を現すのでしょうか?

  
4073

ロードスター、レガシィ、セルシオ...激動の1989年生まれの名車7台!

1989年といえば、昭和天皇崩御、天安門事件、ベルリンの壁の崩壊、NHK衛星放送開始など、激動の年でした。そして、日本はバブル真っ只中!自動車業界にとっても、伝説の名車が次々と登場した黄金時代です。今回は、そんな1989年に登場し、世界を圧倒した7モデルを振り返ります!-----...

  
14326

コレクションの価値が上がる車10台を発表!1位は日本のあの車!

愛車を手放す時、少しでも高値で売れれば…と、誰しもが思うことでしょう。ヒストリックカーなどになると、ワインのように経年とともに価値が高騰していくケースが多くあります。さて、アメリカのウェブサイト「Motor1.com」が“将来のために購入しておくべき2017年の10台”を発表した...

  
42037

マツダ CX-3にガソリンエンジン仕様を追加!低燃費が求められる今、なぜ?

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIVE-D」を搭載し、トルクフルな走りと高い環境性能で評価されているマツダCX-3に、2017年6月よりガソリンエンジン仕様が追加されることになりました。その真意とは何でしょう?

  
10844

2000GTや117クーペ等…中身を最先端にして、復活してほしい外見の車4選

自動車技術の向上は目覚ましいものですが、一方であの頃のクルマは良かったなぁ、という意見も多く聞かれます。その理由のひとつに、デザインの変化があげられますが、それにはクルマにとって大事な安全上の理由が多々あります。今回は、それでも復活してほしいと思うデザインに優れたクルマをピックア...

  
20067

若い世代にオススメするなら、あなたはどの車にする?

2017年現在、若者のクルマ離れが囁かれていますが、メーカーはどうにか若い世代を獲得するべく、そういった世代をターゲットにしたモデルを多くリリースしています。もしあなたが若い世代にクルマの購入を相談されたら、どんなモデルを勧めますか?

  
7995

東京モーターショー2017で発表!? 期待の国産車5選

2017年は、2年に1度開催される東京モーターショーの年です。今年はフェラーリやランボルギーニの参加が見送りで、やや寂しいショーになりそうと思っていましたが、その分?国産メーカーが張り切っています。筆者が期待している、東京モーターショー2017出展車5台を紹介します。本当に出展さ...

  
10711

ソフトトップのオープンカーが減っている?その理由とは?

PHVやEVの社会への浸透スピードは非常に速く、BMW i8のようなスポーツカーにまで浸透してきています。そのi8に、ロードスターモデルの追加が発表されました。ルーフはハードトップです。最近、ソフトトップのオープンカーが少なくなりましたが、なぜなのでしょう?

  
10450

クジラ、だるま、てんとう虫にブルドック…これ全部わかりますか?

クジラ、ダルマ、てんとう虫、シーラカンス、ブルドッグなど、1980年代までは実に多様な車種が、それぞれの車種の特徴を見事に表す愛称が使用されていました。しかし2017年現在ではランクルぐらいでしょうか?自動車の愛称を年代別にご紹介しながら、その変遷や愛称が使われなくなった原因を考...

  
30053

【車好きインプレ】マツダ CX-3の走りは?G-ベクタリングコントロールの効果に注目!

発売以来、改良が入るたびにインプレッションしているマツダ CX-3。日本国内でも、ライバルが増えてきたコンパクトSUVクラスで、クリーンディーゼルを積んでいます。今回は、CX-3 2017年モデルに試乗し、話題のG-ベクタリングコントロールをチェックしました。なお、動画中の価格を...

  
3565

718ボクスターとエリーゼ…買うならどっち?

ユーノス ロードスターの登場がきっかけとなった、世界的なライトウエイトオープンカーブーム。いまだに根強く支持され、各メーカーでは少なからずそういったモデルとラインナップしています。そのなかでもポルシェとロータスからは、2.0Lクラスミッドシップオープンが、ほぼ同じ価格帯でリリース...

  
9509

デザインと機能性の融合。GARAGE VARYの提案する快速HONDA S660

「より良いものをより高いクオリティーで」を基本理念に、常にユーザーニーズに即したエアロパーツを作り続けてきたガレージ・ベリーの名前は、マツダ・ロードスターや欧州車ユーザーには、つとに有名。その製品は、デザイン、仕上げともに多くのリピーターを生んでいるという。そんなガレージ・ベリー...

  
7796

ドリフトのキーとなる荷重移動とは何?

自動車が駆動輪を備えた移動物体である限り、どうしても発生するのが荷重移動です。荷重移動を上手にコントロールすることで、ショーファードリブンのような穏やかで上質な運転も、ドリフトのような激しいスポーツ走行も可能となるのです。今回は荷重移動について、簡単に紹介しましょう。

  
12415

デザイン派のマツダが誇る人気13車と中古価格|気になるマツダの株価は?

2017年はロータリーエンジン誕生、満50周年です。ロータリーエンジンを実用化したのは、おなじみのマツダ。広島市に本社を置くマツダは戦前から続く老舗メーカーです。そんなマツダ株式会社の歴史を振り返り、人気のマツダ車をご紹介。株価動向から今後のマツダを予想してみました。

  
3332

R32 GT-R、スープラなど…2万円程度で乗れるって知ってましたか?

スポーツカーといえば、性能はもちろんユーザー満足度も高くなければなりません。そのため、生産コストがかかり、販売価格も高くなる傾向があります。さらに、古い車の場合だと、性能を維持するためのコストが一般的な乗用車とは比べものになりません。しかし、自分の好きなときに安価で好きな国産スポ...

  
30781