「マイルドハイブリッド」の検索結果(32件)

記事

新車100万円台から買えるSUVのコンパクトカー5選

クロスオーバーSUVが注目を集める昨今ですが、いずれも高めな車両価格がユーザーには悩ましいところ。でも、コンパクトなSUVであれば、100万円台の予算で手に入れることができます。今回は、そんなリーナブルなクロスオーバーSUVにスポットを当ててみましょう。文・山崎友貴

  
8557

エコで燃費に良いのに!アイドリングストップが好まれない理由

燃費向上、環境に優しいという理由で、近年広く普及している「アイドリングストップ機能」。しかしこの機能を好まないというドライバーも多いようです。各メーカーが広く採用しているのに嫌われてしまうのは、どんな理由があるのでしょうか。文・吉川賢一

  
39247

新型フォレスター発表。注目すべきは、進化した中身

スバルは、先のニューヨーク国際自動車ショーで、フルモデルチェンジした新型「フォレスター」を発表しました。第4世代の旧型フォレスターのデザインを踏襲しつつ、現行型「インプレッサ」から導入された「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用し、カテゴリでトップクラスの衝突安全...

  
3769

【河口まなぶの眼】新型フォレスター、見た目はキープコンセプトでも総合力は大幅に向上している

現地時間28日(日本時間3月29日)のNYIAS(ニューヨーク・インターナショナル・オート・ショー)で、スバルは同社の基幹車種フォレスターの新型モデルを発表した。文・河口まなぶ

  
6808

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.93 キーワードは“余白”

もう半年以上経ったからここで紹介してもいいだろう。昨年の夏、ある雑誌の取材でカーデザイナーの和田 智さんと対談をした。日産自動車を経てアウディに移籍し、先代A5をはじめとする数々の名車を世に送り出した。現在は独立しフリーのカーデザイナーとして活躍している。text:岡崎五朗 [a...

  
1037

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.56 奥深いタイヤの奥

僕が出演しているテレビ神奈川の自動車番組「クルマでいこう!」には、紹介するクルマの○と×をボードに書くコーナーがある。ごくたまに「×なし」というたいそうよくできたクルマもあるが、そういうケースは年に一度あるかないかで、たいていは×が付く。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブ...

  
31

今年も支払い時期がやってきた!自動車税をおさらい!

平成30年度分の自動車税納付書が、皆さんのお手元にも届いたことでしょう。毎年4月1日時点での自動車の所有者や使用者に対して課税されます。この自動車税について、おさらいしておきましょう。

  
16805

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.80 リーフ vs 180SX

日産リーフのCMが話題になっている。'80年代後半から'90年代にかけて高い人気を誇ったスポーティークーペ「180SX」とリーフを競争させ、リーフが180SXをぶっちぎるという立て付けだ。なんでこんなCMを流しているのだろう、とあっけにとられた。そこで日産の担...

  
190

納得の大ヒット!スズキ クロスビーの魅力

2017年末の発売以来、順調な販売を記録しているスズキ クロスビー。SUVとワゴンのクロスオーバーというカテゴリーは、多くの人の心を掴んでいるようです。今回は、その魅力が何なのかを検証します。

  
34922

豹、大蛇、コウモリなど…動物の名前がついた車8選 part2

Part1で紹介したように、動物の名前を車名にしたモデルは、意外と多くあります。今回は、さらに8台のモデルを紹介しましょう。

  
7464

軽自動車で燃費がいい車はどれ?トップ10

2017年にもっとも売れた軽自動車は、ホンダのN-BOXで約21万台。乗用車は、プリウスの約16万台でした。軽自動車の人気の背景には、安い税金や狭い場所での取り回しに良さに加えて、燃費の良さがあげられます。そこで、2018年2月現在の軽自動車低燃費トップ10を調べてみました。

  
68704

あんなものやこんなもの。 座席の下に収納できる車5選

現代のクルマはあらゆる箇所に収納があり、インパネやドアポケットはもちろん、シート下に収納スペースを設けたモデルもあります。車内に散らかりがちな荷物や、同乗者にはあまり見られたくないものなどを目立たず仕舞うことができる座席下収納は、使い勝手の良さがポイントです。しかし、すべてのクル...

  
10541

マイルドハイブリッドって、なにがマイルドなの?

広瀬すずさんが出演するスズキ 新型ワゴンRのCMで、認知度が高まった”マイルドハイブリッド”。初めて採用したのは、2001年に発売された直6エンジン最後の11代目トヨタ クラウンです。マイルドとは優しい、穏やかの意味。いったいなにが、マイルドなのでしょうか?

  
21859

予算250万円以内でファミリーカーを探しているあなたへ!購入検討すべき車7選

クルマは走る楽しみだけでなく、実用品としての側面が重要でもあります。つまり、ライフスタイルにあわせてチョイスする必要があるわけです。子供を連れて500km以上離れた田舎に帰省をしなければならない、高齢になった両親の送迎をする、奥様のショッピングに使うなど、さまざまな用途がファミリ...

  
26256

スズキもSUV市場に本格参入!? 新型XBEE(クロスビー)ってどんな車?

2017年初頭から噂になったハスラーワイドの存在。同年の東京モーターショーでコンセプトカーとして出品された、XBEE(クロスビー)がその正体。12月25日には、店頭での販売が開始されました。注目のクロスビーとは、どんな車なのでしょうか?

  
10329

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.91 テスラの行動力

カリスマ経営者であるイーロン・マスク率いるテスラ。「未来のために世の中のクルマを電動化する」という明確なビジョンを掲げ、一充電あたりの航続距離594km、0-100km/h加速2.7秒、無料充電サービス、通信を使った機能のアップデート、オートパイロットなど、次々とサプライズを提供...

  
1718

日本にはワゴンRがあります

「軽自動車と聞いて、どんな形のクルマがパッと頭の中に浮かびますか?」街角でこんな質問をしたら、たぶんほとんどの方が「ワゴンタイプ」を思い浮かべるのではないかと思います。text:竹岡 圭 [aheadアーカイブス vol.174 2017年5月号]

  
2278

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.98 踊らされることなかれ

このところ目に付くEVに関する話題だが、大手メディアの記事でも事実誤認があったり、誤解を招くような書き方になってたりすることが多い。たとえばフランスとイギリスが「2040年にガソリン車とディーゼル車の販売禁止を決定」という話題。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol...

  
1299

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.99 ダイソンのEV参入

このところEVの話題で持ちきりの自動車業界。先日のフランクフルトモーターショーではドイツメーカーを中心にEVのコンセプトカーが大量に展示され話題をさらっていた。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.179 2017年10月号]

  
1518

市販車初の自動運転レベル3搭載!新型アウディA8はどんな車に?

2017年7月に発表された新型アウディA8が、10月5日より欧州で販売が開始となりました。日本導入は2018年の予定です。あらためて、新型アウディA8と世界初搭載の自動運転レベル3の概要を紹介します。

  
11538
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives