「ポルシェ パナメーラ」の検索結果(28件)

記事

BMW M8 グランクーペ が担う役割

BMWのスーパーサルーンとなる「M8 グランクーペ」のコンセプトカーが、ジュネーブモーターショー2018に登場しました。BMW M7の上に位置するフラッグシップMとしてM8に課せられた役割は『人々を惹きつけること』。今回は、このM8 グランクーペをみていきます。

  
1663

埋もれちゃいけない名車たち VOL.11 ポルシェの絶滅危惧種的意欲作「PORSCHE 924」

〝ポルシェ〟という名を持ちながら歴史に埋もれそうなクルマなんてあるの?と疑問を抱く方もいらっしゃることだろうが、「ある」と答えるしかない。text:嶋田智之  [aheadアーカイブス vol.127 2013年6月号]

  
2120

メルセデスAMG GTに4ドアクーペが登場!ライバルは、パナメーラ?

メルセデスAMGは、ジュネーブモーターショー2018において、メルセデスAMG GT 4ドアクーペを初公開しました。この4ドアクーペは、2ドアのメルセデスAMG GTの派生車種として開発されました。どういった特徴があるのか見ていきましょう。

  
6712

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.87 名称の統一化

細かな違いはあるにせよ、横滑り防止装置の基本的な仕組みと目的はどれも同じだ。しかし、VSC(トヨタ)、VDC(日産)、VSA(ホンダ)、DSC(ダイハツ)、ASC(三菱)、ESP(スズキ)など、各社バラバラの名称を与えている。原稿を書く際はメーカー表記に従い固有名を使うのが原則的...

  
1542

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.57 温暖化とタイヤ分布図

2013年の世界の平均気温は1891年の統計開始以降2番目に高い値となった。地球は確実に温暖化してきているのだ。その影響を思わぬ形で受けているのが日本のタイヤメーカーだ。これまでスタッドレスタイヤは冬場の北海道と、南半球のニュージーランドで開発していた。ところがニュージーランドの...

  
448

ポルシェ、ミニミニ大作戦を再現!? 無事に金塊を運び出せるか?

2018年1月にポルシェが公開した動画「GOLD RUSH」が話題を呼んでいます。2台のオートバイに先導されながら、3台のパナメーラ ターボ スポーツツーリスモがロンドン市街を走行。向かうのは、ロンドンの宝飾店街ハットンガーデンにある金のディーラーです。いったい、どんな動画なので...

  
3762

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.04 ル・マンを読み解く

83回目を迎えた伝統のル・マン24時間レースは、復帰2年目のポルシェが過去6年連続でル・マンを制しているアウディを退け、勝利を手にした。「ポルシェはスポーツカーのブランドだ」という事実を、「ポルシェといえばカイエンやパナメーラ」と認識している国(主に新興国)の人々に向けて発信する...

  
136

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.94 ミニのあり方

モデルチェンジの度に、一部の人から「こんな大きいクルマ、ミニじゃない」と言われ続けてきたミニ。たしかに、全長3m、全幅1.4mのクラシック・ミニと比べれば、現代のミニはかなり大きい。けれど、50年以上前と現代では衝突安全基準も違うし、ユーザーニーズも違う。ましてや、クラシック・ミ...

  
1453

【東京モーターショ2017】新型カイエンやパナメーラ スポーツツーリスモなど…ポルシェ 画像まとめ

2017年10月25日、東京モーターショー2017が開催されました。ポルシェは、アジア初披露の新型カイエンや日本初披露のパナメーラ スポーツツーリスモなどを出展。ここでは、ポルシェの画像をまとめました。Photo:S.Kamimura

  
4847

【全文書き起こし】新型カイエン、アジア初披露!ポルシェが描くスポーツカーの未来とは?ポルシェジャパン...

2017年10月25日、東京モーターショー2017会場で開催されたポルシェはのプレスカンファレンス。ポルシェジャパン代表取締役社長の七五三木氏は、新型カイエンのアジアプレミアムとパナメーラ スポーツツーリスモの日本プレミアムとともに、これからのポルシェが描く未来のスポーツカーのロ...

  
4152

車に詳しくない方でも見て欲しい!ポルシェのラインナップ

ポルシェといえば高級スポーツカーの代名詞的な存在。いざ車を買おうと思っても、なかなか視野には入ってこないかもしれません。それでもやはり洗練されたスポーツ性能やデザインは、多くのクルマ好きが憧れるところですし、現在はエントリー(といっても高額ですが…)モデルのラインナップも充実して...

  
10756

ポルシェはなぜ"4灯式ライト"を採用しているのか?

スポーツカーにとって必要な要素のひとつに、個性的かつ存在感のあるフロントマスクデザインが挙げられるでしょう。それがポルシェなら、丸型ヘッドランプのトップ部がそのままフロントフェンダーの峰を形成する独特のデザインにあらわれています。この丸型ヘッドライトは、時代とともにデザイン、機能...

  
38141

マセラティ ギブリってどんな車?スペックや中古価格は?

マセラティ ギブリは、初代が1966年~1973年、2代目が1992年~1997年に販売された2ドアモデル。現行型は、2013年に登場した3代目モデルにあたります。この3代目ギブリのトピックは、マセラティ100年の歴史のなかで、初のディーゼルエンジンモデルをラインナップしたことで...

  
4738

新車登録台数ルノー68%増、ポルシェ62%増…、輸入車にシェアを奪われていってるのはなぜ?

日本では新車が売れていません。といってもバブル期を基準にした場合ですが…。あの頃は日本国内だけで、500万台もの新車が販売されていました。ところが、いまではその半分の250万台と激減しています。そんな厳しいマーケット状況でも、メキメキと確実に販売台数を増やしている自動車メーカーが...

  
22521

カーシェアのクルマがまさかのポルシェ パナメーラ!? ポルシェのドッキリに反応さまざま

2016年頃から話題になりつつあるカーシェアリング。海外では非常に大きな市場になっていますが、日本ではまだまだ認知が少なく、普及は少ない状態です。今回ポルシェは、カーシェアリングをする数グループに、ありがた迷惑!?とも思えるドッキリを仕掛けました!

  
7033

820馬力の911ターボ!? 独ゲンバラの驚異のチューンとは?

RUFと並び称される、ポルシェのチューニングメーカー「ゲンバラ」がスイスのジュネーブモーターショー2017にて、また凄まじいモデルを発表しました。

  
18852

ポルシェ パナメーラのグレードに存在する"ツーリスモ"ってなに?

新型が日本にも投入されるポルシェの4ドアセダン、パナメーラ。セダンとはいえ、そのポルシェ然としたスタイリングで話題のモデルですが、2017年モデルチェンジから”ツーリスモ”なるグレードが追加されました。”ツーリスモ”とは、どんなモデルなのでしょうか。

  
6383

同じパナメーラで1,400万円以上の差!? この差はなに?

新型がリリースされるポルシェ パナメーラ。高級セダンとして独特の存在感を放っているモデルですが、グレード間の価格差がなんと1,400万円以上にもなるのです。この差はいったい何なのでしょう!?

  
28183

ポルシェ初のワゴンも!? パナメーラってどんな車?

ポルシェ初の4ドアセダンが、パナメーラです。911を筆頭に、スポーツカーイメージが強いポルシェですが、こうしたセダンタイプを用意しているのも興味深いところ。パナメーラは、一体どういった車なのでしょうか?

  
13606

マツダ アテンザの国外名はMazda 6だった

マツダ アテンザは欧米では「Mazda 6」という車名で呼ばれています。日本での車名と海外での車名が異なる例は珍しくありませんが、「Mazda 6」はどのような経緯で車名がつけられたのでしょうか?

  
14343
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives