「ポルシェ」の検索結果(598件)

記事

モタスポ見聞録 Vol.18 F1はなぜ人気がなくなったのか

モータースポーツはこの先どうなってしまうのだろうと、心配になることがある。「トップ」を自認するカテゴリーはドライバーのレベルがトップであるだけでなく、車両を構成する技術もトップだと自認してきた。F1がそうだ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.190 2018年...

  
180

ROLLING 50's VOL.120 遊戯の終わり

16歳から絶え間なく関わり続けている「乗り物・改造遊戯」、つまりチューニングという行為。しかし最近では、二輪・四輪共に、その行為の意味が大きく変わっている。もしかしたら数年後には、その言葉自体が死語になっているのではと思うこともあるくらいだ。text:大鶴義丹 [aheadアーカ...

  
55

フランス人はなぜ日本が好きなのか?

インバウンドの外国人ツーリストの国籍別割合で、フランス人が増えているそうだ。筆者が数年前に帰国した頃、日本の観光情報を外国語発信するなら、西欧言語では英語以外にフランス語も揃えた方がいいですよと、方々で売り込んでも、まったく相手にされなかったものだが。text:南陽一浩 [ahe...

  
667

埋もれちゃいけない名車たち vol.73 涙目の歴史的モデル「ポルシェ・タイプ996(911)」

〝Life〟という字ヅラを見て何を想うかはもちろん人それぞれ。〝人生〟というホロ苦いヤツに想いを馳せて一杯飲みたくなった人もいれば〝暮らし〟を思い出して明るい気持ちになったりメゲそうな気分になったりする人だっているだろう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.1...

  
924

日産GT-R50 by イタルデザイン

今年7月12日、イギリスの自動車の祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、陣太鼓のような爆音とともに激走する姿を見せた日産GT-R50 byイタルデザインに一体どんな意味があるのだろう?text:今尾直樹 [aheadアーカイブス vol.190 2018年9月号...

  
189

なぜポルシェのエンジン音に惚れる人が多いのか

ポルシェのイメージリーダーであり、アイデンティティともいえる「911」のファンは多い。リアエンジンによる独特のハンドリングも評価ポイントだが、水平対向6気筒エンジンが奏でるサウンドも911ファンを魅了する。フェラーリなどのエキゾチックなサウンドとは趣が異なり、メカニカルノイズを含...

  
1879

ホンダ NSXがマイナーチェンジ!ひと足早く公道試乗してみた

メーカー希望小売価格2,370万円(税込)という高価なスーパースポーツ、ホンダ NSXがマイナーチェンジを実施した。といってもマイナーチェンジが発表されたのは2018年10月25日で、実際にデリバリーが始まるのは2019年5月となっている。こうしたスケジュールは、NSXが少量生産...

  
29992

私の永遠の1台 VOL.22 ポルシェ 911(993)

私にとっての「永遠の1台」はポルシェ911。そして本当に抜群のタイミングなのだが、私はその長年憧れ続けた〝空冷〟を、つい先日手に入れたばかりである。text:山田弘樹 [aheadアーカイブス vol.182 2018年1月号]

  
804

ル・マン24h トヨタ初優勝の舞台裏

第86回ル・マン24時間レースが6月16日~17日に行われ、中嶋一貴、F・アロンソ、S・ブエミがドライブするトヨタ8号車が総合優勝を果たした。2位に入ったのは小林可夢偉、M・コンウェイ、J・M・ロペスが組む7号車で、トヨタのワンツー・フィニッシュだった。トヨタは1985年に初めて...

  
101

なんでもこいの万能車!ステーションワゴンまとめ(輸入車編)

国内メーカーのステーションワゴンが、ミニバン人気押されて減少する一方で、ヨーロッパではいまだ人気を保っており、各メーカーがステーションワゴンをラインナップしています。そんなスタイリッシュで実用性の高い、輸入車のステーションワゴンをメーカー別に紹介しましょう。文・立花義人

  
3670

日産元エンジニアが推測する、次期型GT-Rの姿

R35型のGT-Rが登場したのは2007年12月のこと。市場ではそれから11年が経とうとし、次期型の噂もチラホラと出始めていますが、それらはあくまでも噂の域。次期型の影すら見えていません。はたして次期型GT-Rはどんな姿で登場するのでしょうか。文/写真・吉川賢一

  
2276

ROLLING 50's VOL.117 温故知新を卒業

10年近く大事に愛でていた「スズキの旧車バイク」を手放してしまった。これは私のバイクライフの中では、人生で言うところの協議離婚レベルに大きな出来事である。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.187 2018年6月号]

  
117

モタスポ見聞録 Vol.10 レースの未来を背負う フォーミュラ E

フォーミュラE(FE)のシーズン4(2017/18年)が'17年12月2日に香港で開幕した。'18年7月末にかけて、11都市で14戦が開催される予定だ。'17年限りで世界耐久選手権(WEC)から撤退したポルシェや、'18年限りでDTM(ドイ...

  
79

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.106 ディーゼル車規制の本質

2月末、深刻化する都市部の大気汚染を受け、ドイツの連邦行政裁判所が、各地方自治体が古いディーゼル車の乗り入れ規制を行うのは合法だという判断を下した。このニュースは日本でも大きく報道されたので覚えている人もいるだろう。問題は、ほとんどが「古い」という部分を抜いて伝えていたこと。その...

  
1516

Rolling 40's VOL.115 モーターショー三昧

ここ半年で、東京モーターショー2017、東京オートサロン2018、東京モーターサイクルショー2018と、三つの大きなモーターショーを見に行った。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
83

スバルに搭載されているビルシュタイン製ダンパーって何が良いの?

乗り味を決めるのに重要な部品の一つが、ショックアブソーバー。なかでも、スバル車が多く装着しているのがビルシュタイン製のダンパーです。このビルシュタイン製ダンパーは、どんなところが良いのでしょうか?文・赤井福

  
39435

バイエルンの青い空 〜人はなぜBMWに魅かれるのか

現在は不明ながら、E36型3シリーズ、ということは1990年代の後半だと思うけれど、開発中のBMW車の主にハンドリングについて(だったと記憶する)、最後の最後にオッケーのサインをするMr. BMWがいた。エンジニアでありながら運転のうまいひとで、スキッドパッドでドリフトしまくって...

  
949

ジュネーブショーとEVの新境地

ジュネーヴ・ショーでの日産自動車は、驚くほどのEV押しだった。目立つエリアにあるのは電池とモーターで走るクルマばかり、プレスカンファレンスで最も華々しくアナウンスされたのは2018-19シーズンからフォーミュラE選手権に参戦すること、そして同じフロアのどこからでも見えるくらい目立...

  
680

埋もれちゃいけない名車たち vol.68 本当の名車になれるか、ユーストカー市場に期待「フォルクスワ...

今回の巻頭特集のテーマの中にある〝世代〟という言葉を目にしてふと思ったのは、〝いかなる世代に対しても説得力を持つクルマがあるとするなら、それこそ名車中の名車だろう〟ということだった。……さて、果たして存在するものだろうか?text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.18...

  
3978

ランボルギーニの初代SUV「LM002」って知っていますか?

ランボルギーニの「LM002」というモデルをご存知でしょうか?近年、ポルシェ カイエン、ベントレー ベンテイガなど、高級SUVが人気を博し、ついに今年、ランボルギーニもウルスを市場に送り込みました。このウルスから30年以上前、ランボルギーニが販売していたスーパーSUVが、LM00...

  
3332
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives