「ボルボ」の検索結果(148件)

記事

メルセデス GLAクラス、BMW X2など。新型レクサスUXのライバル欧州車は?

フラッグシップのLXを筆頭に、プレミアムSUVのRXと、扱いやすい大きさが魅力のNXという3タイプのSUVをラインナップしているレクサスに、「クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー」をコンセプトに掲げ、新しく仲間入りをはたしたモデルがUXです。欧州のCセグメントに合致するUX...

  
1131

2018年、自動車業界を賑わせたクルマ3選!

ボルボ XC40が日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、ボルボが輸入車史上初の2連続受賞となったことは記憶に新しいところ。しかし、例年以上に新型車が多かった2018年、クルマ業界を賑わせてくれたのはそれだけではありません。そこで、2018年を盛り上げてくれたクルマを3台、ピックアッ...

  
6452

カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボ XC40に乗ってみた

第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーをボルボ XC40が受賞した。昨年度のXC60に続く2回目の受賞で、連続受賞は輸入車としては初めてという。正直言ってぜんぜん興味がないクルマだったけど、どんなクルマかと思いディーラで試乗してみました。試乗車はT5 AWD R-D...

  
2115

私が乗って選んだカー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 ベスト5はこれだ!

第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーをボルボXC40が受賞した。昨年度のXC60に続く2回目の受賞で、連続受賞は輸入車としては初めてという。そのXC40とはどんなクルマか?が気になったこともあったので、次のクルマを選ぶついでに試乗してみました(その試乗記はこちら)...

  
3925

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.108 白と黒のボディカラーが55%

モータージャーナリストの大先輩である故徳大寺有恒さんはクルマの色にとてもこだわる人だった。僕が「クルマ買い換えたんですよ」と話しかけると、まず最初に「で、色は何にしたの?」と聞かれたし、ご自分のクルマについても「今度○色の××を買ったんだよ」という説明のしかたをされた。徳大寺さん...

  
1223

なんでもこいの万能車!ステーションワゴンまとめ(輸入車編)

国内メーカーのステーションワゴンが、ミニバン人気押されて減少する一方で、ヨーロッパではいまだ人気を保っており、各メーカーがステーションワゴンをラインナップしています。そんなスタイリッシュで実用性の高い、輸入車のステーションワゴンをメーカー別に紹介しましょう。文・立花義人

  
4503

採用車増加中!ヘッドランプウォッシャーの使い方

最近の快適機能で各車がこぞって採用しているのがヘッドランプウォッシャー。その名前の通り、ヘッドランプを洗浄するための機構なのですが、はたしてどのような状況下で使えばいいのでしょうか。また、採用している車が増加している理由とは?文・CarMe編集部

  
11225

“スーパークリーン”なXC40

「ファーストエディション」300台が瞬殺で(!)ソールドアウト。センセーショナルなデビューを果たしたのはXC40だ。一目見たそのときから、激売れの予感しかなかったけれど、予感的中。だって、きっとXC40を買った人は、毎朝、毎晩、ドアを開けるたびに繰り返し愛車に恋をするだろうって、...

  
6488

国産車なのに輸入車という不思議なクルマ6選

日本を拠点とする自動車メーカーの販売しているクルマを「国産車」と呼んでいるが、グローバル化が進む昨今、国産ブランドであっても海外で作られていて、じつは輸入車というモデルは少なからず存在している。はたして、どのようなモデルが『じつは輸入車』なのか、6モデルをピックアップして紹介しよ...

  
8949

目指せ!カントリージェントルマン VOL.9 勇敢な先駆者に思う

アクアラインの直線路でボルボの先進安全・運転支援システムであるインテリセーフの出来に感心していたら、ウーバーの事故のニュースが飛び込んできた。完全自動運転の実証実験中にテスト車輛が女性をはね死亡させたというのだ。text/photo:吉田拓生 [aheadアーカイブス vol.1...

  
398

2005年からプレイバック!歴代ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞車【画像】

気づけば2018年もあと数ヶ月。毎年、4月に発表されるワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは、該当年の1月1日の時点で販売されている車を対象にナンバーワンが選ばれます。2019年の受賞車は大いに気になるところですが、ここでは、これまでワールド・カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた歴代の車...

  
2975

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.162 XC60がトップを射止めた理由

大本命だったリーフが日産の完成車検査問題で辞退し、大混戦となった日本カー・オブ・ザ・イヤー。トップの座を射止めたのはボルボXC60だった。この結果を受け「納得いかない」といった声も聞こえてくる。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.182 2018年1月号]

  
494

目指せ!カントリージェントルマン VOL.8 北欧寄りの風

季春が目前に迫り、森の動植物が動き出している。これが雪に閉ざされた長い冬の終わりであれば大いに歓迎したいところなのだが、神奈川県の平均気温は全く低くない。生半可で安楽な冬が終わり、うだるような暑さと湿気が迫ってくる恐怖心の方がはるかに大きいのである。text/photo:吉田拓生...

  
1046

日本人好み!? いま、勢いが止まらないボルボのラインナップ

かつて優れた安全性能で有名だったボルボですが、現在の人気をけん引している要因は圧倒的に優れたデザイン性。北欧に伝わる神話からインスピレーションを受けたハンマー型のヘッドライトや、洗練された印象のショルダーラインなど、大人の雰囲気を醸し出す新デザインが、世界でも高い評価を集めていま...

  
2885

新世代ボルボの快進撃

賢明なる読者諸兄であれば、新世代ボルボの快進撃をきっとご存知のことと思う。XC90以降、右肩上がりの販売台数がそれを如実に物語る。昨年はミッドサイズSUV XC60が日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、現在、本国から日本国内販売分に割り振られる新モデルはすべて完売、バックオーダー...

  
7128

直5、V12、水平対向…少数派だけど、熱烈なファンが多いエンジンレイアウト4選

少数派だけど、ファンが多いエンジンレイアウトがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、あなたはどのエンジンレイアウトがお好きですか?

  
7437

電気式、シールドビーム、HID、LED…ヘッドライトの進化

自動車のスタイリングは、時代とともに変化していくもの。当然、夜間に前方を明るく照らすヘッドランプも例外ではありません。1900年代のはじめに電気式ヘッドライトが生まれてから今日まで、日本ではどのようにヘッドライトが進化してきたのでしょうか?

  
13824

バックミラーがダッシュボード上についていた車5選

1960年代、ダットサン フェアレディやヨタハチといった車では、よく見ると室内のバックミラーがダッシュボード上に取り付けられていました。その理由は、取り付け部の強度を確保するためだったのだろうと想像できますが、その他にどういったクルマがダッシュボード上にバックミラーを装着していた...

  
6013

ヘッドライトにワイパーがついていた車5選

自動車のワイパーは、雨天時にガラスに付いた雨滴を払う重要なパーツです。このワイパーを無くし、なおかつフロントウインドウが雨に濡れないような機構を作ることができればノーベル賞ものと、昔からいわれています。それほどシンプルで大切なパーツなのですが、そんなワイパーがヘッドランプについて...

  
10407

羊の皮をかぶった狼!? 速そうに見えないけど速いクルマ5選

フェラーリやポルシェのような派手な外見は持ち合わせていないけれど、ほんの少しフェンダーが膨らんでいたり、エクステリアやインテリアの意匠がわずかに違っていたりと、ただならぬオーラをまとった特別なセダンやハッチバック。それらは、いつの時代にも存在し「羊の皮をかぶった狼」として、クルマ...

  
17155
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives