「ボルボ」の検索結果(42件)

記事

日本車では日産ノートだけ!? 現行スーパーチャージャー車7選

ひと昔前は、スポーツカーの代名詞となっていたスーパーチャージャーとターボチャージャーですが、現在は環境性能を高める補機として注目されています。その主流は、VWに代表されるダウンサイジングターボですが、各メーカーにはスーパーチャージャーによって環境性能を高めているモデルもあるのです...

  
12850

なぜ、トラックやバスのハンドルは、乗用車より大きいのか?

どんなクルマにとっても必須のパーツが「ハンドル」です。ハンドルは基本的に円形のデザインになっていますが、その大きさはさまざま。そのなかで、非常に大きいのがバスやトラックのハンドル。なぜ大きいのでしょうか?

  
11697

新型S90、3グレード展開中!! コスパの良いグレードはどれ?

18年ぶりの復活となったボルボのフラッグシップ「S90」。2017年から日本でも販売がスタートし、北欧仕込みの洗練されたデザイン、そしてボルボの培ってきた安全性能をふんだんに盛り込んだ魅力的なモデルとなっています。気になる価格、そしてコストパフォーマンスに優れたグレードなど、チェ...

  
4290

空飛ぶレンガと呼ばれたボルボ…その思想は新型S90でも健在なのか? 

北欧のボルボ、と聞いてまず連想するのは"頑丈で安全"、そして”角ばっている"というイメージかもしれません。そのスタイルからは、かつては「空飛ぶレンガ」と称されたこともありました。その思想は、最新のS90でも健在なのでしょうか。

  
5142

18年ぶりの復活!? 新型S90はどう変わったか?

数少ない北欧ブランドの自動車メーカー、ボルボ。近年その独自性をもった北欧らしいデザインのモデルで復活の狼煙をあげています。そのボルボが、フラッグシップセダンといえるS90を18年ぶりに復活させたのです。

  
3863

全幅1,900mm超えのシボレー カマロ。日本で最適な全幅はいくつ?

シボレー カマロをはじめ、アメリカ車の多くは全幅1,900mmを超えています。また日本で人気の輸入SUV、ボルボ XC90やBMW X5なども全幅1,900mm超がほとんど。なかには、2メートルを超える輸入車も少なくありません。このような幅広な車を日本で使用するのはいかがなもので...

  
3675

ハリアーとRXって結局のところ何が違うんですか?

トヨタ ハリアーとレクサス RX、かつてはほぼ同じ車で、初代、2代目のRXに関しては、トヨタ ハリアーのレクサス版という位置づけでした。では、ハリアーとRXの歴史を振り返ってみましょう。

  
31138

やはり日本人はドイツ車に憧れが強い?

どんな商品であれ、ブランドで選ぶという傾向はあるでしょう。ここ日本では、そうした消費行動が顕著であるともいえます。自動車も同様で、高級ブランドといえるメーカーはやはり欧州、ことさらドイツがその象徴ともいえます。日本人はやはり欧州車への憧れが強いということなのでしょうか。

  
7596

アメ車が日本に根づくには、どうしたらいい?

2016年の米フォード日本撤退のニュースは大きな話題となりました。これは、日本でアメ車が根付くことは難しいという事実を突きつけられた気もします。では、日本でアメ車が根付くにはどういった手法があるのでしょうか?考えてみましょう。

  
6549

ボルボが世界一安全な車と称される理由

ボルボ車のイメージは?と聞かれたら、すぐに「安全」の二文字が思い浮かぶ人も少なくないでしょう。1927年に市販車第一号を発売してから90年。ボルボ社は一貫して「ボルボ設計の基本は常に安全でなければならない」という理念のもと、安全装備の開発、事故調査の実施と設計へのフィードバックを...

  
6936

ボルボ、乗用車部門が消滅していた!?ボルボブランドの歴史

今年で90周年を迎えるボルボは、高い安全性で知られるスウェーデン製の自動車メーカーです。ボルボグループとしては、トラック部門(VOLVO TRUCKS)や船舶エンジン(VOLVO PENTA)部門をはじめ、バスや建設機械、航空機部門のボルボ・エアロなども有名ですね。しかし、もうず...

  
5788

新型V90と18年前のV90…何がどう変わったのか?

1997年2月から1998年12月までの2年弱、日本でも販売されていたボルボV90という車をご存知でしょうか?そのV90がまったく新しいモデルとなって2016年のジュネーブモーターショーで発表。欧州の一部の地域では販売が開始されており、アメリカではV90クロスカントリーがひと足先...

  
13157

18年ぶりに復活したV90!なぜ復活したのか?

ボルボのフラッグシップワゴンV90が復活し、2017年春には日本上陸予定とのこと。昨年は、前年比7.8%増の販売となり、たたみ掛けるように攻勢をかけてきたボルボ。V90を復活させたワケとは…!?

  
10513

マツダ アテンザの国外名はMazda 6だった

マツダ アテンザは欧米では「Mazda 6」という車名で呼ばれています。日本での車名と海外での車名が異なる例は珍しくありませんが、「Mazda 6」はどのような経緯で車名がつけられたのでしょうか?

  
6738

米国10ベスト・エンジンに日本のエンジンが3台ランクイン!

10ベスト・エンジンはアメリカの自動車産業雑誌Ward’s Auto World magazineが1994年から初めた、その年の優れたエンジンを選出するものです。条件はアメリカで市販されている車かつ6万2,000ドル以下(750万円以下)の車で、高額なスポーツカーなどは除外され...

  
19917

大迫力!ボルボの新基準3軸トレーラーは格が違う格好良さ?!

トレーラーは積載量に関しては文句なしですが、格好良いかと言われると正直「人それぞれ」としか言えないものでした。しかしどうでしょう、ボルボの新基準3軸トレーラーはまさに「格好良いトレーラー」ではないでしょうか?

  
17105

乗り換え率51%!? スバリストが急増中!新型インプレッサはなぜ人気なのか?

新型インプレッサが2016年10月に登場し、順調に販売台数を伸ばしています。さらに、購入者の内51%という約半数の人が、これまでスバルの車に乗ったことのない人だと言います。なぜ新型インプレッサはこれほど好調な売れ行きなのでしょうか?

  
14270

世界が認める、偉大なる“MOMO”のヒストリー

優れたデザインによる最高のパフォーマンス、社外品だけではなく純正採用も多いため、その名を一度は聞いた事があるであろう至高のブランドが“MOMO”です。ステアリングのイメージが強いブランドですが、現在ではアルミホイールや、レーシングエクイップメントなど数々の製品を展開しています。2...

  
13984

車だって音楽を楽しみたい。高級オーディオが装備されたクルマ10選

車の魅力のひとつにプライベートな空間という点があります。好きな音楽を贅沢な音質で聴きたいというニーズに応えるため、自動車メーカーもオーディオメーカーと手を組み、こだわりの音質を提供しています。オーディオというのは車のカスタムとしても比較的よく見られるものではないでしょうか。今回は...

  
5239

ディーゼル、ガソリンターボ車の走りを変えろ!TDI Tuning BOX登場

カプラーオンでワンタッチ!コンピューターで燃料の燃圧を増やす信号を送って、パワー・トルク、そしてディーゼル車なら燃費向上効果までも実現できるCRTD2 TDI Tuning Box。適合車種も豊富で、取り付けも簡単なサブコン。DIYでちょっと手軽にやってみませんか?

  
7148