「ホンダ NSX」の検索結果(98件)

記事

街中で乗るスポーツカーのメリットとは?

一時はエコカーに駆逐されたかに見えたスポーツカーですが、ここ数年復権の兆しが見えます。利便性を捨てても走行性能を重視するスポーツカー、これを街中で乗った場合、どんなメリットがあるのでしょうか?

  
16170

意外!見た目とギャップがあってじつはパワーがある車5選

フェラーリやランボルギーニ、BMW7シリーズ、メルセデスSクラスなど、見るからにパワーのありそうな車両は、世のなかに数多く存在しています。ところが、世のなかには、このルックスで高性能?と思わず、カタログを見直してしまうような車種もあるのです。

  
18305

いまだ色あせないフェラーリF355の魅力。その理由とは?

デビューからすでに20年以上が経過したスポーツカーといえば、多くの方は「すでに時代遅れ」と考えるかもしれません。しかし、フェラーリが1994年に発表したF355は、コレクターズアイテム化しつつある一方で、いまだに多くの車両が現役で走っています。その理由を探ってみました。

  
3077

360モデナからF430、そして488まで。近代スモールフェラーリが目指したもの

360モデナの後継として2004年にデビューしたスモールフェラーリ、F430。初年度登録から10年以上が経過したモデルにも関わらず、中古市場ではまだまだ高値を維持しています。その理由は、どういったところにあるのでしょうか?

  
1498

セルシオ、4500GT、ユーノスコスモ…バブル期のモーターショーの出展車!現代とどう違う?

バブル真っ只中の1989年。年号も平成にかわり、場所も東京・晴海から千葉・幕張に移って、始めての開催となった第28回東京モーターショーは、伝説と言われるほどの盛り上がりを見せました。はたしてどんな車が出展されていたのでしょうか?

  
13007

新型NSXにも採用されたドライサンプとは?ウェットサンプとなにが違う?

デリバリー開始から約半年、まだまだ目にする機会の少ない新型NSXですが、その特色のひとつがエンジンにドライサンプを採用していることです。通常の量産車ではあまり採用されず、初代NSXでも採用されなかったドライサンプとは、どんな機構なのでしょうか?また、一般量産車のウェットサンプとな...

  
6986

発表のタイミングが悪かった?お蔵入り国産スーパーカー7選

スーパースポーツと呼べる車両が少ない日本ですが、かつてはさまざまなスーパーカーが開発されました。世界各地のモーターショーで華々しくデビューしたそれらのなかには、公道を走った車もあれば、価格も決まって市販寸前までこぎつけた車もありました。しかし、バブル崩壊やリーマンショックといった...

  
20298

日産 GT-Rも今後EV化するのか?

BMW i8はPHEV、ホンダ NSXはハイブリッド、2019年市販予定とされている日本製スーパーカーGLM G4はEVと、スーパースポーツカーにも電動化の波が押し寄せています。そこで気になるのが、ニッサン・インテリジェント・モビリティを進めている日産の次期GT-Rの存在です。

  
8109

GTO、スープラ、Z…かつて3.0リッターエンジンを搭載していた国産スポーツカー達!

最近の国産スポーツカーは、3.7Lとか5.0Lといった大排気量だったり、価格が1,000万オーバーだったり、庶民にはとても手が届かないところに行ってしまいましたが、かつては3.0Lで400万円台というスポーツカーが多くありました。そこで、3.0Lの国産スポーツカーという観点から、...

  
12954

旧型NSXの維持費は?高い?安い?

現行型NSXは、ベースモデルで2,370万円。対して初代NSXはⅠ型なら、中古相場で500万円前後から見つけることができます。また、大きく現代的になった現行型よりも、ホンダらしい思想の旧型には、価格以上の魅力があります。はたして、購入後の維持費はいくらぐらいなのでしょう?

  
9115

なんと6,000万円!! ホンダ NSX GT3の売れ行きはどうか?

2017年7月27日、ホンダはプライベートチーム向けにレース専用車両である「NSX GT3」の受注を発表、翌日より受付を開始しました。FIA公認GT3レースにエントリー可能なNSX GT3とは、どのようなマシンなのでしょう?また、その売れ行きはどうなのでしょう?

  
14431

新型NSXのタイプRは、誕生するのか?

2016年に復活したホンダのフラッグシップスポーツ、NSX。駆動方式をハイブリッドAWDとして走行性能と環境性能を両立。2,370万円という価格も話題となりました。さて、そうなると気になるのが次の一手、そう!タイプRの存在です。

  
6797

2,370万円の新型NSX、6時間7万200円で乗り回すなら、なにする?

現在、日本最高峰のスーパースポーツモデルといえば、新型NSXがその筆頭といえるでしょう。2,370万円というプライスに加え、V6 3.5Lターボエンジンにハイパワーモーターを組み合わせた、まさに次世代のスポーツモデルかくあるべしという内容になっているモデルです。その新型NSXが、...

  
5183

ホンダ S660のパワーアップモデル『S1000』が登場か!?

いよいよ開催が近づいてきた東京モーターショー2017。今年のホンダブースの目玉は、新型スポーツカーS1000とS2000のコンセプトモデルとの噂。気になるS1000とS660の関係性は?

  
16109

なぜメーカーはニュルのタイムや0-100km/hにこだわるの?

ことさら新型スポーツモデルが誕生する際に話題となるのが「ニュルブルクリンクのラップタイム」であり、「0-100km/h加速タイム」です。コンマ数秒でも縮めるため、メーカーも躍起になっている部分もあろうと思います。今回は、こうした点を考えてみましょう。

  
4388

なぜ最近の車はアルミパーツが使われないのか?

クルマにおいて、軽量化は非常に重要なポイント。運動性能はもとより、環境性能も向上する、まさに軽量化は正義なのです。そのために、かつてはアルミパーツをふんだんに使い、軽量化を行うといった手法が見られましたが、最近では減少しています。その理由とは?

  
10047

レストアとオーバーホールの違いは?

2018年からマツダでは、初代NA型ロードスターのレストアサービスを開始します。発売より28年、いまなお2万3,000台が現役で、これからも乗り続けたいとのファンの声に応えたものです。こういった古い車の修理をする場合、レストアとかオーバーホールとかの用語を目にすることがあると思い...

  
9722

なぜ「日本ではスーパーカーは生まれにくい」と言われるのか?

トヨタ 2000GTやホンダ NSX、日産 GT-Rなど、日本には世界に誇れるクルマが多数存在します。海外で日本車が高く評価されることは、日本人にとって喜ばしく、同時にとても誇らしいことです。では、日本発のスーパーカーというと、ちょっと答えに窮するかもしれません。そこで今回は「な...

  
8364

輸入車に負けない!ワイド&ローな国産車5選

かつての国産車は現在のモデルと比べると、非常にコンパクトでした。これは、当時の道路事情や、ボディサイズによって税金が違うといった点からの潮流といえます。しかし現在、気付けば国産車も大型化していますよね。そのなかでも輸入車に負けない、ワイド&ローなモデルを紹介しましょう。

  
12948

新型NSXを間近で見ないけど…本当に売れているの?

2017年2月より日本でも発売を開始したホンダ NSX。初代モデルからステップアップし、まさにスーパーカーに対抗し得るクルマになりました。しかし、ライバルのフェラーリやランボルギーニは街中で見かけるのに、NSXはほとんど見かけません。これはなぜでしょう?

  
21154