「ホンダ 1300」の検索結果(18件)

記事

スバルはなぜ「雪道に強い」と言われているのか?

雪上や氷上など滑りやすい路面やオフロード、ラフロードなどと呼ばれる悪路での走破性の高さを謳うブランドはいくつもある。アウディ、ランドローバー、ジープといった欧米勢のほか、日本ではイメージ的にもスバルがその筆頭かもしれない。ほかにも、動画サイトでトラックを牽引したことで話題になった...

  
8974

50代に突入した文学者、大鶴義丹 〜aheadのコラムで振り返る彼との12年〜

大鶴義丹がaheadに連載を始めたのは2006年9月(vol.41)のことだ。当時、38歳。text:ahead編集長・若林葉子 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス vol.186 2018年5月号]

  
639

独特のフィーリングが魅力!空冷エンジンを搭載していた車5選

自動車に限らずエンジンを冷却する方法は、大きく分けると水冷式と空冷式の2つ。なかでも水冷式は、エンジンの温度管理がしやすく、性能を安定して発揮させることが容易なことから、現代のスタンダードになっています。しかし、かつては空冷式のエンジンを搭載していたクルマもいくつかありました。今...

  
9510

モータースポーツの おもしろさを伝えたい

世界の頂点であるF1をはじめ、日本で大人気のスーパーGTや、2輪最高峰のモトGPまでもが、今年は大きな変革期を迎えている。今回は、モータースポーツを愛してやまない二人の男に、そのおもしろさについて、それぞれの視点で語ってもらおう。text:世良耕太 photo:菅原康太、[ahe...

  
1589

クラシック ミニ(mimi)が中古でも愛される理由

人生に彩りを与えてくれるものの一つにクルマがあります。ただし、すべての車が”彩り”になれるわけではありません。大切なポイントは「デザイン」。デザインといっても見た目のことだけではなく、その車の開発背景や目的、設計思想、また開発陣の志、そしてそれらの具現化度合いなども含みます。当初...

  
6326

特集 プリミティブ症候群(シンドローム)

クルマやバイクに関わる多くは、常に足すことによって進化してきた。しかしそれは、根源的なところから離れていくことでもあったはず。何かを追加するのではなく、潔く取り除いたモノしか持ち得ない魅力。足し算ではない引き算の世界、それがプリミティブだ。text:岡崎五朗、世良耕太、伊丹孝裕、...

  
1690

Rolling 40's Vol.81 新学期

かなり暖かくなってきたので、バイク仲間を2人呼び出し、伊豆箱根方面に向かって走ってみた。百点満点の快晴にも関らず、平日だったので高速もターンパイクも椿ラインも伊豆スカイラインも空いていた。ほとんど貸切りと言っても良いような状態である。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス ...

  
440

S2000、S-MXなど…インパクト大!1代限りのホンダ車4選

惜しくも1代限りで終わってしまった、現在では販売されていない魅力的なモデルがあります。S2000、S-MXなどを世に送り出したホンダはその代表格。ここでは、1代で終わってしまったホンダの名車を紹介しましょう。

  
10067

美しすぎる!初代フェアレディZが今でも愛される理由!

今回は1969年に登場し、世界における日本車のイメージを刷新させた、初代フェアレディZに迫ります。「もっとも売れているスポーツカ-」と称されているフェアレディZですが、その第1号は、どのようなモデルなのでしょうか?

  
15026

新型NSXにも採用されたドライサンプとは?ウェットサンプとなにが違う?

デリバリー開始から約半年、まだまだ目にする機会の少ない新型NSXですが、その特色のひとつがエンジンにドライサンプを採用していることです。通常の量産車ではあまり採用されず、初代NSXでも採用されなかったドライサンプとは、どんな機構なのでしょうか?また、一般量産車のウェットサンプとな...

  
32972

K6AターボやRB26等…チューニングベースとして多く使われる国産エンジン9選

世の中には数多くのチューニング・エンジンがあります。元々の2倍、3倍のパワーを絞り出すのは当たり前。スペシャルパーツとの組み合わせは無数に存在します。しかし、そのベースとなるためには「素質」が必要。その素質を持ち、数々のチューニングエンジンのベースとなった国産エンジンを9つほど紹...

  
109049

トヨタ MR2の中古価格・カスタム事情は?北米で900馬力MR2が誕生!?

いまだに多くの人が忘れられないであろうトヨタ MR2。日本の自動車メーカー初の市販ミッドシップ車と言う事で、多くの車好きから愛されたモデルです。その特徴とともに、中古車市場もあわせてチェックしてみましょう。また、北米等ではエンジンスワップし、ハイパワーを得るカスタムが盛んですが、...

  
49248

軽自動車は何故660ccという排気量なのか?

軽自動車が660ccという排気量になって25年が経過しました。ところで、軽自動車はどのようにして660ccという排気量になったのでしょうか?? また、現在の軽自動車制度の問題点とは??

  
242579

GT-R R36のデザインはどうなる?馬力は800PS超、価格は1000万円超?

2007年のGT-R R35型発売から約7年が経ち、少しずつ新モデルであるR36型への期待が高まっています。GT-R R36型はどんな車になるのでしょうか?

  
111444

世界のホンダを創り上げた本田宗一郎氏。彼が引退するに至った理由とは?

今回は、本田技研工業の創業者・本田宗一郎氏のとあるエピソードをご紹介します。1948年に会社を設立し、翌年から藤澤武夫氏と共に二人三脚でホンダを世界的メーカーへと成長させた本田宗一郎氏。1973年に引退を宣言しますが、何が原因で世代交代へと至ったのでしょうか?そこには本田社長の人...

  
41710

なぜ失敗作と言われた?ホンダ 1300の3つの欠点

みなさんは、ホンダ 1300というクルマをご存知ですか?2輪から4輪車製造に踏み出し始めたホンダが、ファミリーカーとして開発したホンダ1300ですが、現在では”迷車”や”失敗作”などと揶揄されています。これは、どうしてなのでしょうか。また1300は、本当にホンダにとって失敗作だっ...

  
73004

【前編】”市民の車”なのにハイパフォーマンス!ホンダシビックはみんなの味方です

世界中の市民のためのクルマ、ホンダシビック!ハイパフォーマンスモデルの次期型ホンダ シビック「タイプR」がイギリスで予約受注を開始という事でホットなシビックですが、どのような変遷を経て進化をしてきたのでしょうか?今回は前編という事で、初代から4代目までを振り返りたいと思います!

  
14590

S660を購入する前に確認しておきたい4点と、”無限”の概要は?

S660とはどんな車なのでしょうか?カスタムパーツの無限やモデューロも気になりますよね!αとβそれぞれの評価や中古車での価格、チューニングパーツ、トランクの大きさや燃費性能などのスペックも解説しながら、S660の魅力を紹介します!

  
2373717
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives