「ホンダ」の検索結果(1139件)

記事

ダウンサイジングターボ化進む、ターボでどれだけパワーアップできるのか?

ドイツ車からはじまった「ダウンサイジングターボ」トレンド。いまや多くのメーカーが採用するテクノロジーとなっています。単純に、排気量を小さくすることで省燃費を実現させているのではありません。小排気量・少気筒数で必要なパワーを得ることが、ダウンサイジングターボを環境指向のエンジンとし...

  
55633

80系ヴォクシーの2列目シート画像インプレ【機能&スライドはどうだった?】

現在、5ナンバーサイズのM型ミニバンの中で一番人気が高いのが、ネッツトヨタから発売されている80系ヴォクシー/ボクシー(VOXY)。室内も広く使い勝手が良いのが特徴のこのクルマですが、オーナーさんに特に人気が高いのは、ロングスライド機能を備えた7人乗りの2列目シート。私も先日前後...

  
2826

5つの内装の機能の違いとは?【ヴォクシーZSとVグレード比較】

2014年にフルモデルチェンジをして新発売されたネッツトヨタのM型ミニバンのヴォクシー/ボクシー(VOXY)。特別仕様車”煌2(きらめき2)”やエアロパーツを装備した最上位モデルのZSグレードが人気が高くなっています。しかし、装備や機能が充実している中間グレードのVグレードも人気...

  
33914

シャトルの燃費が判明|フィット3との差は大きい?

ホンダのステーションワゴンのシャトル(Shuttle)がいよいよ2015年5月15日に発売されました。シャトル(Shuttle)は、ホンダから発売されているコンパクトカーフィット(FIT3)がベースになっているクルマ。今までは”フィットシャトル”として発売されていましたが、今回の...

  
29721

ヴォクシーの荷室サイズ【アレンジによって異なる荷室寸法を徹底解説】

2016年7月時点で、日本で一番売れているミニバンがネッツトヨタから発売されているヴォクシー/ボクシー(VOXY)。このクルマの魅力と言えば、男ゴコロをくすぐる毒気のあるルックスと車内の広さを使い勝手の良さですよね。特に2列目シートのロングスライド機能を活かした荷室アレンジの豊富...

  
1707

座り心地・居住性はどうだった?ヴォクシー3列目シートを徹底解説

2014年1月にフルモデルチェンジをして以来、売り上げが好調のネッツトヨタのM型ミニバンの80系ヴォクシー/ボクシー(VOXY)。ヴォクシー/ボクシー(VOXY)と言えば、2列目のロングスライド機能が注目を集めていますが、3列目シートはどうなのか気になりますよね。先日、この80系...

  
8707

【2016年上半期マイナーチェンジ/フルモデルチェンジした注目車種】試乗して本当に良かった車5選

2016年も半年が過ぎましたが、今年も数多くのクルマがフルモデルチェンジ、マイナーチェンジをして新発売されました。また、モデルチェンジだけでは無く、新型車も多数販売されました。2016年上半期も様々なクルマを試乗させてもらったのですが、その中で私が実際に試乗をして本当に良かった、...

  
3312

ホンダの屋台骨!ステップワゴンの使い勝手をレポート!

日本を代表する自動車メーカーのひとつであるホンダは、創業者である本田宗一郎氏によるモータスポーツへの挑戦という歴史から、素晴らしいスポーツカーを世に送り出すメーカーとしてクルマ好きから評価されてきました。一方で、スポーツカーだけを作り続けてきたのであれば、これほどまでに世界にホン...

  
24146

ヴォクシーHVとガソリンはどっちがお得?【元を取るには何年必要か計算してみた】

2014年にフルモデルチェンジをして発売されたM型ミニバンのヴォクシー/ボクシー(VOXY)の特徴の一つと言えば、ガソリン車だけではなくハイブリッド車も用意している事ですよね。ディーラーさんに確認したところ、ガソリン車の方が若干人気が高いようですが、日産のセレナ(SERENA)や...

  
2328

セレナの見積もり公開【乗り出し価格はハイブリッド車並み!?】

2016年8月、5代目となるセレナ(SERENA)が日産から発売されますね。今回発売されるセレナでは残念ながらハイブリッド車の設定は無いものの、単一車線での自動運転システム”プロパイロット機能”を装備するなど、話題性は十分。そのため、発売前からかなり問い合わせは多いようです。先日...

  
6118

【運転席まわりには小物入れが充実!?】セレナの収納レビュー

セレナ(SERENA)は、自動運転技術”プロパイロット機能”が話題になっていますが、実際にこのクルマを見てみると、収納スペースの多さや使い勝手の良さもかなりのハイレベル!収納スペースや小物入れの数は、競合車・ライバル車のトヨタのヴォクシー/ノア/エスクァイアやホンダのステップワゴ...

  
1222

セレナのインテリア、車内で快適に過ごせる便利な3つの装備とは?

今回のセレナ(SERENA)では、ボディの下に足をサッと素早く出し入れするだけで自動的にスライドドアが開く”ハンズフリーオートスライドドア”など便利な機能が装着されているのが、魅力の一つですよね。また、今回モデルチェンジをしたセレナ(SERENA)は車内の居心地の良さや快適性にこ...

  
287

【セレナ(C27)試乗インプレ】前方・後方の視界性は競合車よりも良い!?

自動運転技術”プロパイロット機能”が注目を集めているセレナですが、このクルマを試乗してみると、先代モデルよりも格段に運転がしやすくなった印象を持ちました。私が実際にこのセレナ(SERENA)を運転して特に良くなったと感じたのは、視界性。前方も後方も視界性が良いので、競合車・ライバ...

  
499

デュアルバックドアは使いやすい!?【セレナの荷室インプレ】

今回のモデルは注目の機能・装備が盛りだくさんとなっております。その注目の装備一つが、リアゲートのガラスエリア部分のみを開閉できるハーフバックドアを搭載した荷室”デュアルバックドア”です。このデュアルバックドアの使い勝手はどうなのか?そんなセレナ(SERENA)のデュアルバックドア...

  
292

【C27型セレナ3列目シート注目の装備&機能】競合車よりも魅力的!?

ロングスライド機能を装備するなど2列目シートの居住性・快適性が大幅に良くなったC27型 セレナですが、3列目シートも先代モデルと比べてかなり快適になりました。この3列目シートの注目のポイントは何なのか?競合車のステップワゴンやヴォクシー/ノアよりも良い部分は何か?実際の画像を交え...

  
807

C27型セレナの荷室寸法【3列目収納時のラゲッジサイズが欠点?】

日産のセレナ(SERENA)がフルモデルチェンジをして、5代目に生まれ変わりました。C27型 セレナ(SERENA)は自動運転技術“プロパイロット機能”に注目が集まっていますが、ガラスエリアのみを開閉できるデュアルバックドアを採用した荷室も注目ポイントの一つ。デュアルバックドアを...

  
1398

セレナ(C27型)の欠点【実際に試乗をして気になった3つの事】

先日、セレナ(C27型モデル)の試乗に行ってきました。先代モデル同様にほぼ無音でスムーズに立ち上がるアイドリングストップなど静寂性の良さはそのまま踏襲。また、注目装備の一つでもある自動運転技術”プロパイロット機能”の使い勝手や乗り心地も思ったよりも良く、安心して使用する事ができま...

  
914

加速力がマイルドすぎるのが欠点?【セレナ(C27型)の試乗の感想】

C27型モデルでは、自動運転技術”プロパイロット”など注目の装備・機能が搭載されるだけではなく、乗り心地や静寂性も格段に良くなっているように感じました。このように全体的な走りの質は高くなったセレナ(SERENA)ですが、加速感について、イマイチな印象が…。特に山道を運転した時の加...

  
1339

セレナの静寂性レビュー【ロードノイズ&エンジン音は騒々しい!?】

日産 セレナ(SERENA)は先代モデルと同様のエンジンを搭載しているのですが、燃費や乗り心地など全体的に良くなっている印象を持ちました。私が実際にこのモデルを試乗して良くなったと感じたのは、静寂性。この5ナンバーサイズのミニバンカテゴリーには、トヨタのヴォクシー/ノアやホンダの...

  
1516

ホンダフリードの外装画像レビュー【見た目はステップワゴンっぽい?】

先日、フリードを見に行って来たのですが、先代モデルよりも精悍な見た目・雰囲気になっていました。ただ、何となくステップワゴンっぽいなと思ってしまいましたが…。そんなフリード(Freed)の外装・エクステリアの画像・写真を撮ってきたので、紹介したいと思います。2016/9/17

  
6715
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives