「ホンダ」の検索結果(328件)

記事

バブル期のスポーツカー復活!なぜ価格は高騰化してしまうの?

最近では、新型NSXやシビックタイプRといった往年の名車が復活し、素晴らしいパフォーマンスを示しています。また、2017年東京モーターショーで、トヨタ スープラの復活も噂されています。しかし…かつてと致命的に違うものがあります。そう、価格です。

  
1

新車購入時に支払うリサイクル料金、これはどう活かされているの?

さまざまなパーツから構成される自動車。廃車になった後のことを考える方は、あまりいないと思いますが、車ってどれくらいリサイクルされているかご存知ですか?また、新車購入時になんとなく支払っていたリサイクル料金…これはどう活かされているのでしょう?

  
3843

ソフトトップのオープンカーが減っている?その理由とは?

PHVやEVの社会への浸透スピードは非常に速く、BMW i8のようなスポーツカーにまで浸透してきています。そのi8に、ロードスターモデルの追加が発表されました。ルーフはハードトップです。最近、ソフトトップのオープンカーが少なくなりましたが、なぜなのでしょう?

  
8948

クジラ、だるま、てんとう虫にブルドック…これ全部わかりますか?

クジラ、ダルマ、てんとう虫、シーラカンス、ブルドッグなど、1980年代までは実に多様な車種が、それぞれの車種の特徴を見事に表す愛称が使用されていました。しかし2017年現在ではランクルぐらいでしょうか?自動車の愛称を年代別にご紹介しながら、その変遷や愛称が使われなくなった原因を考...

  
23685

新型シビック タイプR、英国で価格を発表!日本はいくらになる?

2017年6月より販売開始となる新型シビック タイプRの価格が欧州で発表されました。その価格は、先代モデルとなるFK2型に比べて約5%アップ、とほぼ同レベルに落ち着いた模様です。とはいえ、その装備内容を考えるとバーゲンプライスともいえるでしょう。では、2017年夏に発売予定の日本...

  
8673

FF、FR、MR、RR車…外観から見分ける方法

現在のクルマのエンジンレイアウトは、フロントエンジン、前輪駆動、つまりFFモデルが主流となっています。しかし2017年現在でもFR駆動、ミッドシップ(MR)駆動、ポルシェのようなRR駆動というモデルも存在しています。さて、外観からこれらを見分ける方法はあるのでしょうか?

  
16883

コンパクトSUV!新型アウディ Q2ってどんな車?

ここ数年、各メーカーからSUVモデルが次々と投入されています。ドイツ御三家の一角、アウディも多分に漏れず、SUVモデルのラインナップを拡充。そんななか、2017年4月に日本でも本格的に受注を開始したアウディ Q2、日本のマーケットでも支持されそうなモデルなのです。

  
2710

アセントを国内で購入できるのか?調べてみました

スバルがニューヨークオートショー2017で発表したコンセプトモデル「アセント」が早くも話題になっていますね。コンセプトモデルながら、トヨタ ランドクルーザーとほぼ同じボディサイズの大型SUVモデルは、2018年に発売予定とアナウンスされましたが、日本への導入は発表されていません。...

  
19891

知ってるようで、知らない?クーペのメリット・デメリット

かつて絶滅寸前とまで言われたクーペスタイルのスポーツカー。ところが、ここ数年、2ドアクーペに格好良いおしゃれなセダンのような4ドアクーペ、さらにはSUVにもクーペスタイルが登場するなど、クーペといってもボディスタイルはさまざまです。このクーペには、どんなメリット・デメリットがある...

  
23413

フロントガラスが無いクルマもある?車検や安全性は?

街中ではなかなか見かけることはありませんが、屋根はおろか、フロントガラスさえも無いクルマだって存在します。フロントガラスが無いなんて、どう考えても危ないクルマですよね。それでも、一部のメーカーはフロントガラスの無いモデルを作っています。その理由とはなんでしょう?

  
5872

車検・税金コミコミ!月額1万円で新車に乗れる方法とは?

日々、魅力的なニューモデルをメーカーは発表しています。しかし私たちは、「欲しいけど、先立つものが…」と思ったり、すでに愛車をお持ちの方は、「今のクルマを売っても二束三文だし、もう少し乗り続けようか…」など、さまざま葛藤があろうかと思います。そんななか、自動車の新たな所有方法として...

  
1068

旬なクロスオーバーSUV。発売していないメーカーってある?

日本国内でのクロスオーバーSUVブームは、トヨタの初代ハリアーが火付け役です。クロカンの走破性とセダンの快適性を求めたコンセプトの自由さが受け入れられたのか、2017年現在ではクーペ&SUV、スポーツカー&SUVといった亜種?まで見かけます。さて、そんな人気のクロスオーバーSUV...

  
7071

小さく見えて意外と中は広い!ホンダ フリードハイブリッドに試乗してみた!

2016年にモデルチェンジした2代目ホンダフリードには、大きくわけて2タイプあります。ゆったりした6人乗りのフリードと、荷物がいっぱい入るフリード+。今回試乗したのは、6人乗りのフリードハイブリッド。5ナンバーサイズのミニバンで、i-DCDを搭載したフリードは、走りが軽やかな運転...

  
5539

現代や第一汽車など…アジアメーカーの新車を日本で買うことはできるのか?

中国、韓国、インド、マレーシアと、アジア沿岸部の幅広い地域にかけて、自動車が生産されています。多くは国内もしくは東南アジア市場向けですが、なかにはヨーロッパや北米で販売される世界戦略車もあります。そんなアジアメーカーの車両は、日本で購入ができるのでしょうか?いや、そもそも日本法人...

  
6535

プロパイロットとアイサイト、ホンダセンシングの違いを知っていますか?

近年、飛躍的に向上しているのが安全装備です。エマージェンシーブレーキを皮切りに、現在ではレーンキープ走行を可能にするなど、自動運転技術も徐々に実装されつつあります。さて、現在各メーカーが用意している安全装備ですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

  
11382

シボレーから新型EV「ボルト」が登場!稲妻のごとくEV界を震撼させられるか?

シボレー(ゼネラルモーターズ)といえばカマロ、コルベットといったいわゆる「アメリカン・マッスル」を想像させたモデルが印象的なメーカー。しかし近年、ハイブリッドモデルなど環境性能に優れたモデルをリリースしていたのも事実なのです。そして満を持して登場するのが、新型EV「シボレー ボル...

  
3913

新車登録台数ルノー68%増、ポルシェ62%増…、輸入車にシェアを奪われていってるのはなぜ?

日本では新車が売れていません。といってもバブル期を基準にした場合ですが…。あの頃は日本国内だけで、500万台もの新車が販売されていました。ところが、いまではその半分の250万台と激減しています。そんな厳しいマーケット状況でも、メキメキと確実に販売台数を増やしている自動車メーカーが...

  
12016

フェラーリ ディーノがV6エンジンで復活!?ピニンファリーナによるディーノって?

フェラーリ ディーノが、50年ぶりに復活するという情報が出ており、ディーノと思われる試験車両も目撃されました。もし本当だとすれば、新型ディーノはどんなクルマになるのでしょうか?

  
9242

そうだ、キャンピングカーででかけよう。お手頃なキャンピングカーをご紹介

いよいよ春到来!桜前線とともに日本中をドライブなんて方も多いのでは?そんな旅先でも、くつろげるのがキャンピングカーです。しかし本格的なものだと、かなり高価。そこでおすすめは軽キャンパーです。今回は、新車ディーラーで注文できる軽キャンパーを紹介します。

  
27387

車の高寿命化や開発コストの増加など…自動運転の一般化による車メーカーのジレンマ

自動車の開発には莫大なコストがかかるのは周知の通りかと思います。各社は、その投資に見合う利益を販売というカタチで取り戻さなくてはならないわけですが、昨今、メーカーサイドもジレンマがあるといえるのです。

  
7781