「ホンダ」の検索結果(401件)

記事

国産車のホットハッチといえば?あなたは何を思い浮かべますか?

ホットハッチと聞くと、なんとなく欧州のコンパクトカーを思い浮かべる方が多いと思います。それは、海外(特に欧州)メーカーに対して、日本車でホットハッチ的なクルマが少ないという理由もあるでしょう。日本のホットハッチは、海外に比べるとマーケットが小さく、メーカーも力を入れているとは言い...

  
1044

トヨタ C-HRを街でやたら見ませんか?実際どれぐらい売れているの?

2015年の東京モーターショーでコンセプトモデルをワールドプレミア、2016年末に市場へ投入したコンパクトSUVのトヨタ C-HR。発売から半年以上経つわけですが、街中、郊外問わず、いたるところで見かけるようになりました。C-HRは、実際にどれくらい売れているのでしょうか?

  
5186

なぜ最近の車はアルミパーツが使われないのか?

クルマにおいて、軽量化は非常に重要なポイント。運動性能はもとより、環境性能も向上する、まさに軽量化は正義なのです。そのために、かつてはアルミパーツをふんだんに使い、軽量化を行うといった手法が見られましたが、最近では減少しています。その理由とは?

  
8977

300万円のセカンドカー…あなたなら何を買う?

セカンドカーを持てるというのは、環境はもちろん金銭面でも非常に恵まれたことでしょう。スポーツモデルであれ、SUVモデルであれ、実用性といった枷から逃れ、なんでも自由に選ぶことができます。もしも300万円あったら、あなたはどんなモデルを購入しますか?

  
4997

クラウン アスリートやレクサス LSなど…純正ホイールがカッコいい国産車5選

車のカスタムには色々ありますが、見た目で手っ取り早いのがホイール交換。魅力的な社外品ホイールも多いですが、今回は現行車の純正ホイールで、筆者が純粋にカッコいいと思った車種を、国産車のなかから5台を選びました。あくまでも個人の感想です。

  
4378

レストアとオーバーホールの違いは?

2018年からマツダでは、初代NA型ロードスターのレストアサービスを開始します。発売より28年、いまなお2万3,000台が現役で、これからも乗り続けたいとのファンの声に応えたものです。こういった古い車の修理をする場合、レストアとかオーバーホールとかの用語を目にすることがあると思い...

  
4129

なぜ「日本ではスーパーカーは生まれにくい」と言われるのか?

トヨタ 2000GTやホンダ NSX、日産 GT-Rなど、日本には世界に誇れるクルマが多数存在します。海外で日本車が高く評価されることは、日本人にとって喜ばしく、同時にとても誇らしいことです。では、日本発のスーパーカーというと、ちょっと答えに窮するかもしれません。そこで今回は「な...

  
6770

ガソリン、ハイブリッド、EV、FCV車…火災や浸水時に危険な車はどれ?

台風の季節です。近年は大型台風が日本を直撃し、甚大な自然災害をもたらしています。そのなかには、自動車には大敵の浸水や火災が含まれます。自然災害にあった際、車両にはどのような被害が発生しやすいのか、燃料別に調べてみました。

  
4524

【第二弾】夏休みの自由研究!大人の工場見学へ行こう

大人の社会科見学が大人気です。なかでも工場見学は、花形。クルマ好きの私たちが向かう見学先は、もちろん自動車工場です。国産メーカーの工場見学概要をまとめてみました。

  
3061

自動車に付いているテレビ。NHKとの受信契約は必要?

ここ数年、なにかと話題のNHK受信料問題。家庭に設置するテレビでは、見ても見なくても請求される受信料ですが、近年、多くの車に装着されているカーナビゲーションは、テレビ番組の受信も可能です。しかしカーナビゲーション分は、別途請求されませんよね?その理由とは、いったい…。

  
4643

マイティボーイやカプチーノなど…「人と同じことはやらない」スズキの風土が生んだ名車5選

日本を代表する自動車メーカーのひとつ、スズキ。特に軽自動車といえば真っ先に思い浮かぶメーカーであるスズキですが、これまでどんな車を生み出してきたのでしょうか。スズキの名車の一部をご紹介します。

  
4682

輸入車に負けない!ワイド&ローな国産車5選

かつての国産車は現在のモデルと比べると、非常にコンパクトでした。これは、当時の道路事情や、ボディサイズによって税金が違うといった点からの潮流といえます。しかし現在、気付けば国産車も大型化していますよね。そのなかでも輸入車に負けない、ワイド&ローなモデルを紹介しましょう。

  
9015

懐かしの「ホンダミュージック」…どんな排気音か覚えていますか?

「ホンダミュージック」という言葉を聞いたことはありますか?ホンダに所属する方たちの音楽部隊ではありません。その起源は、ホンダ製エンジンが奏でるサウンドにあるようです。

  
1619

シビックツアラーやランエボ ワゴンなど…レースで活躍したステーションワゴンとは?

ステーションワゴンは、広い荷室にセダンと変わらない快適な乗り心地を提供する車というイメージが強いですが、じつはモータースポーツでも活躍したモデルがありました。ボディの重量や形状、前後の重量配分など、レースで戦うにはあまり有利な条件とはいえないワゴンは、どのような戦績を残したのでし...

  
5777

ノート、ヴィッツ、アクア…2017年コンパクトカーのトップに立つのはどの車?

2017年現在、日本国内新車販売の主流は、コンパクトカーです。人気ジャンルだけにボディタイプ問わず、ライバルも多数。では、激戦の2017年販売合戦を制するのはどの車種か?予想してみました。

  
2718

冷えが2〜3度変わる!? 簡単にできるエアコンのメンテナンス法とは?

暑い日が続き、夏真っただなか。ちょっと古いモデルに乗っているオーナーのなかには、エアコンの効きに不満を持っている方もいるはず。エアコンの効きが悪いときに多くの方は、ガスの補充を考えると思いますが、他にも方法はあります。冷えが改善されて、メンテナンスにもなってしまう便利なアイテムが...

  
11427

新型シビック誕生!タイプ別に前モデルと比較してみた

10代目となる新型シビックが3タイプ揃って、2017年9月29日に発売されます。タイプRは1年半ぶりですが、セダンは7年、ハッチバックに至っては12年ぶりの日本導入となります。それぞれ前モデルと比較してみました。

  
2095

乾いた音がお好き?排気音はどのようにして決められるのか

かつてはメーカーごとにさまざまな排気音が存在し、「ホンダミュージック」「ロータリーサウンド」「ボクサーサウンド」などわかりやすい個性の象徴でした。もちろん現在でもマフラー交換などで排気音を変えることは可能ですが、実際に排気音を決めているのはどこなのでしょう?

  
2891

アルシオーネやプレリュード等…日本国内で発売されたスペシャリティカー5選

かつて多くのクルマ好きの人気を集めたカテゴリーに、スペシャリティカーがあります。これは汎用モデルなどをベースに、スポーツカーのような流麗なフォルムと、そこそこに高性能な足回りをあわせ持つ2ドアハードトップや3ハッチバッククーペボディを架装したモデルで、1980年代にはデートカーと...

  
7034

S660のエンジンは、80psまで引き上げ可能!? その方法とは?

2015年4月から発売されているホンダ S660。最高出力は64psですが、80psあたりまで引き上げが可能だとか…。今回は、軽自動車の馬力規制や、S660の馬力引き上げ方法などをご紹介します。

  
13874