「ホンダ」の検索結果(274件)

記事

改造車に乗る中高年の「ヤンジー」が増加中!?老後の車の楽しみ方とは?

高齢化が物凄いスピードで進む日本、「介護」、「高齢者のうつ」、取り巻く様々な問題があります。しかしその一方で好きな事のために大胆にお金を使う「やんちゃな」高齢者=「ヤンジー」?が増えているといえます。そんな中高年におけるクルマ事情に迫ってみましょう。

  
27890

RX-7やスープラは過去のおっさんカー?!20代男子が憧れるクルマとは?

現在、40歳前後の方にとって、若いころの憧れのクルマといえば間違いなくスポーツカーだったことでしょう。そうしたクルマが魅力的に思える時代でもありました。一方で、現在の20代の男子が憧れるクルマはどのような車種なのでしょうか…?

  
17716

旧NSXが「日本車で唯一のスーパーカー」と呼ばれた3つの理由

ホンダ 初代NSXは1990年に販売が始まり、2005年まで生産が続きました。約15年に渡って愛されてきたNSXは「日本車で唯一のスーパーカー」と呼ばれています。NSXがこのような誉れ高い称号を持っている理由とは何なのでしょう?

  
26552

アウトランダーを意識した!? 新型RVRのスペックはどう変わる?

2017年現在の三菱ラインナップに生き残っているSUVモデル「RVR」。人気のカテゴリーでもあり、三菱としても浮上の契機としたいモデルなのではないでしょうか。そんなRVRがマイナーチェンジを敢行。イメージを刷新しています。

  
6359

意外と売れている!? SUVクーペは今後流行るのか?

現在人気が高まっているジャンル、SUV。国産モデルにも、スタイリッシュなモデルが増えてきています。こうしたスタイリッシュなSUVは、SUV+クーペといったデザインが多くなっているようです。今後、トレンドとなりえるのでしょうか?

  
8743

なぜジュークのヘッドライトはへんな場所に設置されているのか?

クーペ風スタイルを持つ、スタイリッシュなSUVの先駆けともいえるモデル、日産 ジューク。その個性は、フロント回りに端的に表れていますが、よく見るとライトがボンネット上とフロントバンパー付近に2か所ついており、下側がヘッドライトという設定のようなです。なぜその位置に設置されたのでし...

  
20434

今、シビック タイプRに国産車のライバルはいない!?市場独占か!?

タイプRも含めて、2017年の夏に6年半ぶりに日本での販売が復活するホンダ シビック。現行のシビック タイプRは、2015年12月に限定750台で予約発売が開始され、完売となりました。国産車FFでは向かうところ敵なし!の速さを誇るシビック タイプRのライバルはいるのでしょうか?

  
13287

30年前の少年達へ…。懐かしのどっかんターボなクルマ5選

最近では、あまり耳にする機会がない「どっかんターボ」。ベテランのクルマ好きなら、歴代の愛車の中にどっかんターボだったモデルがあるかもしれません。どっかんターボとは、ターボを備えたクルマが、ある一定の回転域に達すると、急激に過給が掛かる特性を持つエンジンおよびクルマを指します。どっ...

  
53903

FFで310馬力を超えるシビック タイプR…2017年モデルはどうなる?

2015年、5年ぶりにホンダのシビック タイプRが日本で販売され、事実上の復活となりました。とはいえ、販売台数は750台限定。指をくわえて見ていたという方もいるのではないでしょうか。しかしついに2017年、本格的にタイプRが復活となるようです。

  
13136

国産スポーツカーにあって輸入スポーツカーにないものとは?

日本のスポーツカーは、90年代後半に一度衰退を見せます。しかし2010年以降、トヨタ 86やマツダ ロードスターなどが予想以上の人気を集め、国産スポーツカー復活の兆しを見せています。そんな国産スポーツカーの魅力はどこにあるのでしょうか。

  
17486

ハイブリッド、水素、ディーゼル…結局どれがコスパいいんですか?

ハイブリッドはもちろん、PHV、水素をつかった燃料電池、そしてクリーンディーゼルエンジン…環境対策のためにさまざまなパワーユニットが開発され、進化を続けています。いずれも優れた技術によるものですが、私達にとって何が一番コストパフォーマンスに優れているのでしょうか?

  
11007

満タンでどれくらい走れる?航続距離が長いミニバン、トップ5!

いまやファミリーカーの代名詞ともいえるミニバン。以前に比べると燃費も改善され、遠出をしても快適な車となりました。そこで気になるのが、1回の満タンでどれくらい走れるのだろう?ということ。ここでは、カタログ燃費×燃料タンク容量で航続距離を計算してみました。航続距離ナンバーワンは?各車...

  
14858

フォルクスワーゲンがティグアンで唱えるSUVのあり方とは?

VWのラインナップは非常に充実しており、Aセグメントのup!からゴルフ等が筆頭となるC、パサートのDセグメント、さらには、トゥーラン、トゥアレグといったミニバン、SUVもラインナップするなど、まったくもって隙がない状態。そして現在人気のコンパクトSUV市場に、勝負をかけているのが...

  
5184

激化するSUV市場…XVはどう戦っていくのか?

日本のみならず世界中のメーカーが注目しているSUV市場。新型車種トヨタ C-HR、ホンダ ヴェゼルが好調なのもその証。そのような中で、AWDにこだわり続けていたスバルの新型「XV」はどのように存在感を示していくのでしょうか。

  
6392

エスティマの影響?新型オデッセイのフルモデルチェンジは2019年か?!

ホンダ オデッセイのライバルであるトヨタ エスティマは、2006年に3代目が登場以来、モデルチェンジを受けることなく販売が継続されているロングセラー。新型の登場が噂された2016年も、マイナーチェンジにとどまり、あらためて新型の登場は2019年と噂されています。一方、オデッセイは...

  
14953

C-HRとヴェゼルとジュークを比べてみた!

昨年末に登場したばかりのトヨタのコンパクトSUV「C-HR」ですが、受注状況は目標のなんと8倍と大人気となっています。同じく人気なのがホンダのヴェゼル。3年連続でジャンル別の販売台数1位という快挙を達成しています。そしてもう一台人気なのが日産のジューク。デビュー当時から安定した販...

  
22632

48,000台受注のC-HR VS 33,000台受注のヴェゼル…トヨタは巻き返すことができるのか?

2016年11月の予約開始以来、トヨタC-HRの受注台数がなんと!約1か月で48,000台を超えました。廉価モデルが251万円~という設定ですから、同じトヨタ車でいえば、265万円~のマークXとそれほど変わらない価格帯の車です。一方、発売以来3年続けて国内SUV新車登録販売台数で...

  
8972

"絶対的"オデッセイ。アブソルートはノーマルとなにが違う?

スポーティなミニバンとして人気の高いホンダ オデッセイ。エンジンはガソリンとハイブリッドをラインナップしており、そこからさらに細かくグレードが分けられています。一通りカタログを見て目に止まるのが"アブソルート"という文字。ノーマルのオデッセイとは何が違うのでしょう...

  
14525

3列目シートが跡形なく消える?!オデッセイの代々引き継ぐ収納力

クルマの収納力や快適性は日本メーカーの得意分野の一つです。ミニバンでは、ほとんどのモデルが3列シートを備える7〜8人乗りのモデルとなっていますよね。しかし普段は3〜4人乗りで利用する人が多いかと思います。積載性を重視する場合は3列目シートは折りたたむ必要があり、車種により様々な収...

  
12049

小さくないのにミニバン?その理由はアメリカにあった?!

クルマに詳しい人ならミニバンのルーツはご存知だと思いますが、誰もが一度は「なぜ大きいのにミニバン?」と疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?日本の自家用車の中でも大きい部類なのに「ミニ」という言葉に違和感を感じたことのある人も多いはず。今回はミニバンという車、言葉の発祥につ...

  
7502