「ホイールベース」の検索結果(347件)

記事

4年振りの復活!ホンダ新型インサイト、3度目の正直となるか!?

先日、ホンダは新型インサイトを2018年の冬に発売することと発表、同時に公式ティザーサイトでは一部の写真も公開しました。今回は、4年振りに復活する3代目インサイトの情報をお届けします。文・吉川賢一

  
11

日本車なのに日本で売られていない車6選

日本メーカーの作る車両のなかには、海外専売モデルがというものがあります。国内では、正規販売されていないそれらは、個性的なデザインやボディの大きさなど、国内向けとは違った存在感で、マニアを惹きつけています。今回は、そんな日本メーカーの海外専売モデルをいくつか紹介しましょう。文・吉川...

  
4

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.101 EV報道の真実

最近、いろいろなメディアでEVにまつわる記事を目にするようになった。ついにEVの時代がやってきた! といった前のめりの姿勢で、IT系や経済系のライターさんたちがこぞってEV関係の記事を書き出したからだ。もちろん、それ自体は悪いことではない。いろいろな人がクルマの話題を採りあげるの...

  
1434

Rolling 40's VOL.111 水物

最近、今となっては旧車の部類に入るトヨタ・レビン・AE86の改造車に触れる機会があった。久しぶりに見たノスタルジー全開の車種であるが、一番驚いたのはその車体の大きさである。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.181 2017年12月号]

  
621

高速道路で運転が楽しいクルマ3選

クルマで長距離移動をするとき、多くの方が高速道路を利用しますよね。サイバーな雰囲気の夜景や、季節で変わる山あいの眺め、時間ごとに変化する景色など、高速道路ドライブの醍醐味です。それとともに、自動車専用という環境は、運転を楽しむにもうってつけと言えます。ここでは、筆者がこれまでドラ...

  
18091

世界に冠たる高級車ブランドの地位へ、キャデラックCT6【試乗記】

第一次世界大戦と第二次大戦を挟んだ時代、キャデラックは世界最上級の高級車ブランドの一角を占めていた。高級車という分野においては極めて重要な「格式」という要素について、この時代のV-16ないしはV-12エンジンを搭載したキャデラックに匹敵し得るアメリカ製ブランドは「パッカード」くら...

  
3427

孤高のラリーカー!? 神格化されるランチア ストラトスとはどんな車?

2018年のジュネーブショーで発表された、新型ストラトス(ストラトス コンセプト)の発売決定のニュースに驚かれた方も多いと思います。わずか25台の限定発売される新型ストラトス。その祖となる本家ストラトスとは、いったいどんなクルマだったのでしょうか?かつてラリーシーンを席巻した伝説...

  
4166

リムジンって普通免許で運転できるの?

東京都内を始め、全国の各都市で目にすることができるリムジンカー。目にした人は、車体の長さに圧倒されます。普通のセダンよりも全長の長いリムジンは、後席で優雅にゆっくり寛ぐことが目的ですが、クルマ好きとしては、あの長いボディのハンドリングや動力性能も気になるところ。あの特別な車は、は...

  
7224

日産の高級セダン、フーガとシーマの違いって何?

日産の高級セダンであるフーガ(FUGA)とシーマ(CIMA)。ぱっと見の外見は異なる2台ですが、同じような位置づけのクルマであるだけに「なんで日産は同じようなクルマを出したんだろう」と疑問に思う方も少なくないはず。今回は、フーガとシーマの違いについて見ていきましょう。

  
5603

【鈴木ケンイチのダンガン一閃!】超ハイパフォーマンスSUV、モデルX。日常の顔は…

モデルXの最上級モデルとなるP100D。シリーズ最大となる100kWhのバッテリーを搭載しており、その豊富な電力から生み出されるパワーは恐ろしいものがある。なんと0-100㎞/h加速が3.1秒! 話題のランボルギーニ・ウルスの3.6秒を軽々と上回り、ポルシェ911GT3の3.4秒...

  
1631

大きすぎるのは良いこと!? 巨体すぎる輸入車5選

日本の入り組んだ道には、取り回しの良いコンパクトな車が一番。そんな現実的なことは分かっていても、ついつい大きな車に乗りたくなるのは、クルマ好きの性なのかもしれません。ここでは日本ではちょっと持て余す“巨体すぎる”輸入車たちを紹介します。文・西山昭智

  
8960

本当にフェラーリなの!? 実用性の高いフェラーリFFとは?

フェラーリといえば、エンジンをミドシップに搭載した高性能スーパースポーツばかりをラインナップしていると思いがちですが、フロントにエンジンを搭載したGTも数多く手がけています。そんな実用的なフェラーリのなかでも異色の存在といえるのが、2011年にデビューしたFFです。フェラーリFF...

  
4056

カウンタックやディーノなど…70年代に登場した魅惑のスーパーカー5選

70年代に日本で巻き起こったスーパーカーブーム。そもそもスーパーカーの定義とは何なのでしょうか?2シーターであること?ミッドシップであること?最高速度が速いこと?かっこいいデザインであること?じつはスーパーカーであることに明確な定義はありません。では、一体どのようなクルマがスーパ...

  
12121

平成の名車といえばこれだ!5選 ー輸入車編

19世紀末に内燃機関が世に登場してから100年あまり。その間にあらゆる自動車が生産されてきました。そして時代を超えて語り継がれる“名車”もまた星の数ほど生み出されてきました。そのなかから、平成生まれのエポックメイクだった輸入車をピックアップしてみました。文・西山昭智

  
11853

ついにメルセデス・ベンツ Aクラスにセダンが誕生!CLAとはどう違う?

メルセデス・ベンツの最小グレードであるAクラスに待望のセダンが登場します。このニュースを聞いたときにまず思い浮かんだのが、CLAクラスとの棲み分けについてです。Aクラスのセダンという立ち位置で存在していた感のあるCLAクラスと、Aクラス セダンとの違いを、スペックを比較しながら検...

  
10432

ボディサイズは?エンジンは?一番安いのは?レンジローバー4兄弟を徹底比較

ランドローバーの主力モデルであるレンジローバー。最近は、この名前を冠した兄弟モデルが続々とデビューしており、いったいどのモデルがどうなのか、一般の方には分かりにくくなっています。そこで今回は、ファーストモデルが発売された順番で、レンジローバー、イヴォーク、スポーツ、そして新しく加...

  
10080

昔と今、欧州各自動車メーカーの大衆車はどう変わった?

いつの時代も庶民の味方は大衆車です。小さくてキビキビと走り、パッケージングの工夫によって居住スペースやラゲッジ空間もしっかりと確保。整備性に優れ、燃費もよく、ランニングコストも控えめで、実用性も走行性能にも優れています。そんな名車と呼ばれる大衆車が、ヨーロッパには数多く存在してお...

  
4211

RX-7、サバンナ、コスモ…歴代マツダロータリーエンジン搭載車10選

孤高のエンジン、ロータリーエンジンを積んだマツダ車をご紹介します。1967年に登場したコスモスポーツに始まり、2012年に生産を終えたRX-8まで、どれも魅力的なクルマです。

  
16203

え、同じ名前!? インド・タタから誕生した新型ハリアーとは?

2018年7月31日、インドのタタ・モーターズは2019年初頭より販売を開始する、新型SUVを発表しました。その名称は、「ハリアー」。トヨタ車で聞いたような名前ですが、はたしてどのような車になっているのでしょうか。

  
22117

ついにお披露目。新型スープラ市販モデルが走った!

2018年7月、イギリスのウェスト・サセックスにあるグッドウッドで毎年開催されている「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に、現在開発中の市販型スープラが初めて公衆の前で走行しました。はたして、どんなクルマになっているのでしょうか?

  
15265
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives