「ペット」の検索結果(138件)

記事

新しいキャンプの教科書:第5回「キャンプ場でのマナーとコミュニケーション」

区画サイトでは、隣のサイトとの境界線が明確なため、トラブルや干渉は少ないかもしれません。しかし、フリーサイトの場合は、周囲の人々との境界が一定ではないので、思わぬトラブルが起こる可能性があります。

  
1328

馬やラクダ…動物で公道を走るのは違反?免許は必要?

馬に乗ってさっそうと駆け抜ける。もはや時代劇か西部劇といったフィクションの世界でしか見ないシーンだが、はたして現代の道路において馬で移動するということは認められているのだろうか?文・山本晋也

  
13921

【現役ママキャンパーが教える】ゴミを出さない工夫がキャンプの幅を広げる

キャンプでも旅行でも、なぜか行きよりも帰りの荷物が大きくなっていませんか?こんにちは。Campeenaの安井直子です。持参した食材が減った分荷物は減っているはずなのに、なぜか帰りの荷物がパンパン!そんな事が多々ありました。「こんな状況でゴミ持ち帰りのキャンプになんていけないよ~」...

  
2211

埋もれちゃいけない名車たち vol.66 超高性能・超豪華 SUVの起源「ランボルギーニ・LM002...

今や世界中でSUVが大ブーム。庶民的な小さなモノからラグジュアリーセダンも真っ青になる超高級なモノまでと、ひと昔前だったら想像もつかないほどの品揃えだ。そして昨年の12月、ザ・スーパーカー・メーカーとでも呼ぶべきランボルギーニが、〝ウルス〟というモデルを正式に発表した。text:...

  
679

ミニカーを愛しすぎる専門店 アイアイアド・カンパニー

耳を澄ませば、あちこちからヒソヒソ話が聞こえてくる。新入りもやってくるが、何十年もの間、じっとガラスの向こうを見守っている者もいる。運命の出逢いを待ち続けているのか、それとも安住の地を得たりとのんびりしているのか。覗き込めば、ウインクを返してくれそうだ。text:まるも亜希子 p...

  
85

“スーパークリーン”なXC40

「ファーストエディション」300台が瞬殺で(!)ソールドアウト。センセーショナルなデビューを果たしたのはXC40だ。一目見たそのときから、激売れの予感しかなかったけれど、予感的中。だって、きっとXC40を買った人は、毎朝、毎晩、ドアを開けるたびに繰り返し愛車に恋をするだろうって、...

  
6384

誰でも知ってるクルマの王様!ロールス・ロイスのラインナップ

創立から100年以上という長い歴史を有するロールス・ロイスですが、そのブランド力は微塵も衰えることなく、現在も高級乗用車の代名詞ブランドとして揺るぎない地位を築き上げています。そんな現在のロールス・ロイスが販売しているラインナップをまとめてみました。文・西山昭智

  
3373

リ・スタートしたレクサスLS

1989年をピークにした「バブル景気」はすごかった。とくに都市圏の「土地バブル」は凄まじく、「山手線内側の土地価格でアメリカ全土が買える」といわれたほどだった。そんなタイミングで日本メーカーはレクサス('89年)、インフィニティ('89年)、アキュラ(...

  
206

車中泊は問題なし? 道の駅利用者が知っておくべきポイント7つ

いまや全国に1,000箇所以上もある道の駅。観光目的で訪れる方や、ドライブ途中の飲食やトイレなど休憩のために立ち寄る方、仮眠を取る方など、それぞれの目的で気軽に利用することができる、とても便利な施設です。しかし、道の駅は自由気ままに過ごして良い、というわけではありません。ここでは...

  
45662

一見するとそっくり!? ジャガーとデイムラーの違い

イギリスを代表する自動車メーカーといえば、ジャガーが有名ですが、そのジャガーよりも歴史が古く、戦前に隆盛を極めていたデイムラーというブランドが存在していたのをご存じでしょうか。ジャガーとデイムラー、それぞれの名前を冠したモデルは、一見すると似ているようでも詳細を見比べてみるとその...

  
4969

カワサキのWという象徴 ーW800 Final Edition

カワサキにはそれぞれの時代を象徴するエポックメイキングなモデルが数多くある。'72年に登場した900スーパー4、そして'84年のGPZ900Rがその最たる例で、前者は型式名の〝Z〟が、後者はペットネームとして与えられた〝ニンジャ〟が今や大きなブランドになってい...

  
920

トランクのリアガラスが開く!? ガラスハッチ搭載車5選

たまに見かける「ガラスハッチ」を搭載したクルマ。テールゲートとは別に、リアガラスだけが開閉できる仕組みになっています。以前は、多くのワゴンやSUVで見られた機構でしたが、現在は希少な装備になっています。そんなガラスハッチを採用している新旧モデルを紹介しましょう。文・立花義人

  
27783

暖房をつけた冬の車内は砂漠状態!! 車内の乾燥対策

冬は、空気が乾燥する季節。そんな季節にクルマの暖房をつけると、車内の空気はさらに乾燥。そのため、冬のドライバーのお肌は、カサカサに乾いています。とはいえ、気温が下がると、ついクルマの暖房をガンガンに効かせてしまうもの。そんな季節の乾燥対策を紹介しましょう。文・CarMe編集部

  
3161

EVオヤジの未来予想図 VOL.4 狂気のエキゾーストノート

自動車ファンと競馬ファンをごっちゃにすると、双方から叱られそうだが、少なくとも現在は競馬ファンの方が純粋にファンでいられるのではないだろうか。なぜって、「2030年から我が国は競馬を禁止し、競豚にします」といった話は聞かないからだ。text:舘内 端 [aheadアーカイブス v...

  
1528

EVオヤジの未来予想図 VOL.3 古き良き時代の崩壊

何を隠そう富士スピードウエイの30度バンクを駆け下りるホンダS800のエキゾーストノートに頭がいかれ、1966年の日本GPで滝新太郎の乗る906カレラ6のフラット6の排気音にシビレ、今の私が出来上がったといってよい。text:舘内 端 [aheadアーカイブス vol.180 2...

  
5642

6年で80万円の差になることも!? 現金VSローン…どちらがお得?

クルマを購入する際、多くの方は分割払いを選択していると思います。しかし、ローンには毎月払い続けることになる金利があり、実際には車両価格以上の金額を支払うことになります。とはいえ、現金の持ち合わせがあればよいのですが…。ここでは、現金一括かローンか、それぞれのメリットとデメリットを...

  
6947

トヨペット コロナが初採用!大流行したハードトップは、なぜ消滅した?

1965年にトヨペット コロナが、日本車として初のハードトップボディを採用しました。その後、ハードトップボディは大流行し、クラウンやセドリックなどの高級車からブルーバードやカローラなどの大衆車まで、広く採用されました。それほど人気を博したハードトップですが、なぜ消滅してしまったの...

  
3734

【吉田由美のYou & Me】テスラ モデルXは、“オトナの”エンタテイメント

2003年に設立された「テスラモーターズ」。今やアメリカを代表するベンチャー企業のひとつですが、電気自動車のスポーツカー「ロードスター」を皮切りに、2008年にはセダンタイプの「モデルS」、SUVの「モデルX」と続き、この後は「モデル3」で一気に販売台数を増やす予定です。文・吉田...

  
3327

これでキャンプに行きたい!VWの「グランドカリフォルニア」ってどんなクルマ?

今年の夏も各地でキャンピングカーを目撃しましたが、ドイツのVW社が新型のキャンパーを発表しました。もはや伝統ともなったVWの「カリフォルニアシリーズ」、その最新版とライバルであるメルセデス・ベンツの最新キャンパーをご紹介します。文・山崎友貴

  
18549

ディーラーマンは本当にクルマ好き? なかなか聞けないディーラーの内部事情 ー後編

前回は「ディーラーでの商談の進め方」について紹介しました。上手な値引きの進め方がお分かりいただけたかと思います。今回は、「メーカーとディーラーの不思議な関係」「ディーラーに勤めている営業マンはクルマ好きが多いのか」といった、あまり知られていないウラ事情について紹介していきます。(...

  
6030
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives