「ペダル」の検索結果(368件)

記事

新型スイフトスポーツ運転席レビュー!乗り心地、広さはどう?

新型スイフトスポーツに試乗し感じた運転席の乗り心地について解説します。2017/12/13

  
12733

想像以上のイケメンぶりに変貌したデリカD:5を試乗チェック

輸出していない日本車、国内専用車といえば軽自動車があげられるが、もう一つジャンルがあることをご存知だろうか。それはミニバン。海外でバンは人を乗せるものではなく荷物を乗せるもの。日本で販売されているミニバンの姿を見かけることは殆どない。しかし、日本において一番売れているのは軽自動車...

  
27786

新型カローラは安全性能が抜群!【Toyota Safety Sense Cの性能とは?】

新型カローラアクシオ、フィールダーには、様々な安全装備が充実しております。メーカーの売り文句としても、全方位型セーフティーとなっていますので、カローラの安全装備の本気具合が伝わってきます。この記事ではカローラの安全装備について解説します。2017/12/13

  
399

ながらスマホもOKに!?自動運転へ法改正…居眠りOKはまだまだ先

いま自動車業界でホットな話題といえば自動運転だろう。市販テクノロジーとしては自動運転レベル2(高度運転支援システム)にとどまっているが、技術革新は進み、限られた状況ながらドライバーは何もせずにすむ「レベル3の自動運転」の国内市販も近づいている。そうした背景に合わせて、道路運送車両...

  
24938

新型レガシィアウトバックの安全性能レビュー【改良されたアイサイトの性能はどう?】

新型レガシィアウトバックにはアイサイトという運転支援システムが装備されています。マイナーチェンジにより、アイサイトがver2から、ver3に進化。より安全に関して充実した装備となりました。この記事ではそのアイサイトについて、説明していきたいと思います。2017/12/13

  
386

維持費が安いおすすめ現行国産スポーツカー4選

スポーツモデルを買ったならガンガン走りたいし、程度はともかくとして手も加えたいものである。しかしそのクルマのランニングコスト(税金などの維持費、ガソリン代に代表されるクルマが走るための費用)が高いと、「持っているだけで精一杯」という本末転倒な状況にもなりかねない。そこで当記事では...

  
3688

新型ムーヴカスタムの安全装備をチェック!【スマートアシストⅢはどうだった?】

マイナーチェンジでスマートアシストⅢに進化したムーヴカスタム、なくてはならない存在となりつつある、安全装備ですが、ではその安全装備の機能はどうなのでしょうか。説明したいと思います。2018/1/16

  
571

新型スペーシアHYBRID X【試乗して感じた良かった点・悪かった点をご紹介】

新型スペーシアは、HYBRIDと前面に打ち出しているので、電気だけで走ることもできそうなイメージですが、実際はどうなのでしょうか?エンジンンとモーターが切り替わりながら走るのか?など、確認してみました。2018/2/18

  
263

日産スカイライン200GTt Type P試乗インプレ【乗り心地はどうだった!?】

2017年12月にマイナーチェンジをしたV37スカイライン。シャシーに関してのアップデートはありませんが、ハンドリング、乗り心地、ノイズ、振動といった動性能はどういったレベルなのか、レビューしていきます。2018/2/26

  
607

S660のグレード「α」と「β」はどう違う?どちらがおすすめ?

車種を選んでグレードを選んでボディカラーを選択して…、車を購入するときは「選ぶ楽しみ」もあるもの。しかし、車種はすんなり決まっても、グレード選びに迷うことは少なくありません。特に走行面での差がなく、ちょっとした装備の差しかない車種だとなおのこと。今回はホンダS660に設定されてい...

  
2226

日産スカイライン200GTt Type P試乗インプレ【乗り心地はどうだった!?】

2017年12月にマイナーチェンジをしたV37スカイライン。シャシーに関してのアップデートはありませんが、ハンドリング、乗り心地、ノイズ、振動といった動性能はどういったレベルなのか、レビューしていきます。2018/2/26

  
2674

マツダ CX-8 XD L Package試乗レビュー②【取り回しのしやすさ&安全性能をチェック!】

運動性能ばかりに目が行きがちなCX-8ですが、安全装備や安全性能に関しても抜かりはないはずです。どんな安全性能があるのか、それ以外にも視界がいいのか取り回しがどうなのかも気になりますね。それらについて説明していきましょう。2018/2/27

  
2133

ホットハッチ日本代表!スズキ・スイフトスポーツ試乗レポート!

「ホットハッチ」と聞いて思い浮かべるクルマはなんでしょうか?VW・ゴルフ GTIやルノー・メガーヌ RS、メルセデスのA45 AMGなど欧州車のイメージが強いですが、日本車にもあるのです!欧州車に負けないホットハッチが!それが、スズキのスイフトスポーツです!3代目となる現行のスイ...

  
6163

ペダルの踏み間違いはなぜ起こる?について考えてみた

煽り運転のニュースが増えたためか、ここのところペダル踏み間違え事故のニュースは減ったような気がしますが、以前から気になっていたテーマなので改めて考えてみました。文・大田中秀一-----------------------------------------------------...

  
33322

初代ホンダ シティRタイプに追加された「ハイパーシフト」とは?

1981年10月、世界初4輪、2輪同時発売を目玉にリリースされたのが、新感覚の「FFニューコンセプトカーライブビークル」を謳う初代シティと、シティ搭載用トランクバイクと表現されたモトコンポだった。「FFニューコンセプトカーライブビークル」よりも「トールボーイ」という愛称の方で知ら...

  
3545

スバル フォレスターで確認した、雪道における「e-BOXER」のメリット・デメリット

2019年の冬もスバルは雪国で公道試乗会を開催した。2018年は青森県の酸ヶ湯温泉を目的地にインプレッサとSUBARU XVというSGP(スバルグローバルプラットフォーム)に基づく新世代モデルで八甲田山エリアを走破するというプログラムだったが、2019年は山形県月山付近を肘折温泉...

  
13034

ポルシェとBMWがベンチマークにされる理由

若かりし頃は新型車の試乗となったら、とりあえずアクセルを床まで踏みこみ、コーナーへは可能な限り高いスピードを保ったまま飛び込んでみたいという衝動に駆られたものだが、最近ではもっと手前、いやむしろクルマが動きだす瞬間など微細な領域が気になるようになってきた。text:石井昌道 [a...

  
1008

馬や犬ぞりも!? 公道で走れる意外な「のりもの」4選

日本の公道を走るには、道路運送車両法にて認められた「のりもの」でなければならない。そのうち、もっともプリミティブなのが「軽車両」と呼ばれるものだ。文・山本晋也

  
970

ポルシェ911やVWビートルに採用された「スポルトマチック」とは?

古いポルシェ911やフォルクスワーゲン ビートルの中古車には「スポルトマチック車」と書かれている個体が存在する。このスポルトマチックとは何なのだろうか。文・山本晋也

  
2104

パドルシフト、シフトレバー…AT車のマニュアルモードの効果的な使い方

ATやCVT、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)やシングルクラッチの2ペダル車などに用意されているマニュアルモード。積極的に使っている人やほとんど触れたことがないという方まで、ドライバーによってまちまちだろう。どんなシーンで使えばいいのだろうか。文/写真・塚田勝弘

  
7178
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives