「プレリュード」の検索結果(30件)

記事

ホンダの技術力が発揮された!知られざる名車、ホンダ ビガーの魅力

近年のホンダのイメージといえば、フィットやN-BOXに代表されるデザインが洗練されていて燃費もいい大衆車を作るメーカーといったところでしょう。しかし、かつてはFFレイアウトにいち早く注目したり、CVCCを開発したりと、独自の路線を歩みながら優れた自動車を作るメーカーというイメージ...

  
6482

ソアラ乗りは女子大生にモテた!? なぜソアラブームは起きたのか?

1981年、「未体験ゾーンへ。」のキャッチコピーで、瞬く間にハイソカーブームを巻き起こしたトヨタ ソアラ。そして2代目ソアラは、女子大生が乗りたい車1位に輝き、”ソアラ乗りはモテる”と信じられていました。そんなソアラブームは、なぜ起きたのでしょうか?

  
8074

50歳以上の方が「あの頃、私も若かったな〜」となる!? 懐かしい車7選

50歳以上の方が「あの頃、私も若かったな〜」となるような懐かしい70年代の車をピックアップ!黎明期の60年代ほどのインパクトはないものの、自家用車が一般の家庭に普及し、我が家にも手が届きそうに思えたあの頃の名車を振り返ってみましょう。

  
16267

雨の日はクルマの本を愉しむ

雨の日は憂鬱だ。雨の日はちょっと寂しい。屋根のあるクルマでさえ、出掛けるのがおっくうになることがある。だから、雨の日は本を開くのがいい。窓の外に雨音を聞きながら読む文章は、心の中にしっとりとした輪郭を刻む。いつもとは違ったクルマの世界を見ることができるはずだ。元「ティーポ」編集長...

  
224

ファストバック、ノッチバックとは?ハッチバックと何が違うの?

「美しいファストバックスタイル」「典型的なノッチバックスタイル」といった表現を、自動車情報誌やウェブサイトで目にすること、ありませんか。どちらもクルマの形状を表す言葉ですが、それぞれの違いを正しく説明できる方は少ないはず。また、ハッチバックとは何が違うのでしょうか?文・立花義人

  
6220

埋もれちゃいけない名車たち VOL.7 デートカーという存在「HONDA PRELUDE」

クルマというのは、乗り手のライフスタイルや趣味嗜好のようなものを、図らずも表現してしまうようなところのある乗り物だ。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.123 2013年2月号]

  
2697

春は天窓を開けてドライブしたい!サンルーフの種類

寒い季節が終わると絶好の行楽、そしてドライブ日和となるわけです。そこで活用したいのが「サンルーフ」。そんなサンルーフには様々な種類があります。

  
18526

埋もれちゃいけない名車たち VOL.26 “大人っぽさ=伊達男っぽさ”を演出 三菱 ギャラン・ラムダ

スペシャルティカー(あるいはスペシャリティカー)という言葉が死語のようになってしまってから久しい。現在30歳くらいのヒトは聞いたことすらないかも知れない。今世紀に入ってからはそのカテゴリーに分類されるクルマは生まれてきておらず、もはやカテゴリーそのものが消滅してしまっている印象だ...

  
2601

埋もれちゃいけない名車たち vol.44 デートカーがドリフトマシンに「日産・5代目シルビア」

〝鉄ちゃん〟こと鉄道ファンには〝乗り鉄・降り鉄・撮り鉄・録り鉄・模型鉄・スジ鉄・葬式鉄……〟と数え切れないほどの分類があるようだ。マニアの多様化・細分化が、驚くほど進んでる。でも、考えてみたらクルマの世界も似たようなモノで、むしろ分類の細かさからいうなら鉄道の世界を遙かに凌いでる...

  
2218

東京エスプリ倶楽部 vol.4 NSXの民主主義

2016年の私的カー・オブ・ザ・イヤーを発表します。ジャジャーン。ホンダNSX! 26年ぶりにフルモデルチェンジした和製スーパーカー、といいたいところだけれど、今度のNSXはアメリカ人が開発リーダーで、生産はオハイオの新工場である。なので準和製、ちょっとガッカリのグローバル企業ホ...

  
283

冷蔵庫、マッサージ…バブル期の車に見られた特別な装備7選

現在は、なにに関してもコストダウンが叫ばれる時代です。車も例外ではありませんが、それがバブル期になると話が少し変わります。車に付加価値を付けるため、本当に必要なのかと思えるような面白い装備が多数ありました。そんな面白装備7つを紹介します。

  
19574

アキュラ、タイプS復活!最初のタイプSは、どんな車種になる?

アキュラにハイパフォーマンスモデル「タイプS」が10年振りに復活することとなりました。それを受けて、日本でもタイプS復活の噂がささやかれています。アコード、インテグラ、プレリュード、S2000、NSXといったモデルに用意されていたタイプSとは、どのようなグレードなのでしょうか?

  
9862

小沢コージのものくろメッセ その34 ビッグネームの行方

ふと考えて見ると、マツダCX-5ってシトロエンのCXと車名被ってたんだな、と思う今年始め。我ながら気づきのあまりの遅さに愕然とするが、逆に言うとシトロエンCXが、それだけ過去のモノになったということかもしれない。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.170 20...

  
399

シビックに続け!バブル期の名車ホンダ プレリュードの復活は2019年?

ビートはS660として、NSXは新型で復活、シビックも2017年日本市場に復活と「復活尽くし」なホンダですが、バブル期の名車プレリュードも復活するという噂があるようです。その真偽のほどは?

  
26038

昭和はプレリュード、シルビア…平成は?国産モテ車の今と昔

いつの時代でも男性にとって”モテ”は、ちょっと気になるワードですよね。バブル時代には、車を持っていることがモテるための必須条件でもありました。しかし現在は、女子ウケの良いクルマもずいぶん変わっています。今回は、昭和の懐かしいモテ車と、今後に役立つ平成のモテ車を紹介します。

  
35133

プレリュードやカリーナEDに採用!4WSのメリット・デメリット

かつて1980年代後半の車好きをアツくさせた「4WS」という操舵システムがあります。乗用車では日本メーカーが始めて採用した4WSのメリットとデメリットはなんでしょうか。

  
14381

現在のSUVブームのように、過去にはセダンやクーペのブームもあったのか?

2017年現在、自動車業界は、これまでスポーツイメージで売ってきたメーカーがSUVをリリースするなど、ちょっとしたSUVブームです。過去には、ミニバンブームなんてものもありましたが、車の基本形となるセダンやクーペにもブームはあったのでしょうか?

  
10759

2000GTに始まり、RX-7に終わる。リトラクタブルヘッドライトは、いかにして発展したのか?

いまとなっては懐かしいリトラクタブルヘッドライトは、安全性やデザインの変化を理由に、すっかり姿を消してしまいました。国産の最初はトヨタ 2000GT。では、国産最後の車は?リトラクタブルヘッドライトの歴史をみてみましょう。

  
17438

アルシオーネやプレリュード等…日本国内で発売されたスペシャリティカー5選

かつて多くのクルマ好きの人気を集めたカテゴリーに、スペシャリティカーがあります。これは汎用モデルなどをベースに、スポーツカーのような流麗なフォルムと、そこそこに高性能な足回りをあわせ持つ2ドアハードトップや3ハッチバッククーペボディを架装したモデルで、1980年代にはデートカーと...

  
19057

バブルを生き抜いた名車、シルビアと180SXの違いは?

バブル真っ只中の1988年、デートカーブームを起こすきっかけになった日産のシルビアS13型が誕生します。約1年遅れで誕生した180SXとの違いは何でしょう?

  
60169
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives