「ブーツ」の検索結果(49件)

記事

【新型モデルに施された工夫とは?】新型スイフトのインパネ画像レビュー

2017年1月、日本をはじめ世界中で人気のスズキのフラッグシップモデル新型スイフト(SWIFT)が、フルモデルチェンジをして新発売されましたね。今回フルモデルチェンジをして4代目となったこの新型モデルでは、3ドアのハッチバック風のデザインになった事など外装・エクステリアが注目を集...

  
24865

新型スイフトRSと標準モデル比較【内装・インテリアの違いは?】

世界戦略車として開発されたスズキのコンパクトカー新型スイフト(SWIFT)が2017年1月にフルモデルチェンジをして、4代目モデルがデビューしましたね。今回新発売された4代目モデルは、スポーティーなRSとカジュアルなデザインが特徴の標準モデルの2種類をラインナップ。そして、この2...

  
2836

新型XVの1.6と2.0リッターの内装比較【8つの違いをどこよりも詳しく紹介】

インプレッサ スポーツから派生したクロスオーバーSUVの新型XVが、2017年5月にフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。世界戦略車として発売されているこの新型クロスオーバーSUVですが、日本仕様では、2.0リットルモデルだけではなく、1.6リットルモデルを初設定。先日、...

  
29247

スバル新型XVのインパネ画像【運転席まわりのデザイン&使い勝手はどうだった?】

インプレッサベースのクロスオーバーSUVとして誕生したスバルの新型XVが、2017年5月にフルモデルチェンジをして、新発売されました。今回新発売されたこの新型クロスオーバーSUVのインパネ・内装のデザインは、基本的にはベースとなっているインプレッサ スポーツ(IMPREZA SP...

  
1221

SUZUKI JIMNY (スズキ ジムニー) は少し“見栄を張った”オフローダー【ライアン塚本のC...

カラッとした天気の南カリフォルニアでは、どんな服を着るか以上に、どんなクルマに乗るかが自分自身を最も表現する要素のひとつであることに気づく。一年を通して素晴らしい天気が続くものの、ラッシュアワーのあの大渋滞のせいで、外で過ごす時間以上に車内で時間を過ごすことが多くなるのだ。いざ外...

  
19488

新型カムリのインパネ【各装備の使い勝手とデザインを徹底レビュー】

累計販売台数1800万台を誇るトヨタの人気セダン車の新型カムリ(CAMRY)が、2017年7月にフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。先代モデルと比較してスポーティーなデザインになった外装・エクステリアが話題になっているこの新型モデルですが、内装・インテリアも質感の高さが...

  
13867

【専用装備は何がある?】日産ノートのカスタムモデルの”ニスモS”の内装画像インプレ

2016年12月、日産の人気コンパクトカーノート(NOTE)をベースにしたスポーツモデルニスモ(NISMO)が、マイナーチェンジをして新発売されました。よりも精悍な雰囲気の見た目になった日産のノート ニスモS(NOTE NISMO S)ですが、この”ニスモS(NISMO S)”で...

  
2527

【3つの違いを紹介】ノートe-POWERニスモとニスモSの内装比較

NISMOならではの専用のチューンナップを施し、剛性感をアップしたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)が、日産から新発売されましたね。日産ノートでは、ガソリン車のニスモS(NISMO S)なども用意されていますが、今回新発売されたe-POWER...

  
1113

【冬キャンプの防寒マニュアル:個人装備編】極寒のアウトドアでも寒さを克服

防寒を制する者は冬キャンプを制する。釣りと山岳、そして幾多の野宿経験から得たノウハウをベースに、冬の厳しい環境下で自由を手にする防寒マニュアル【個人装備編】をお届けします。文・アウトドアライター&クリエイター夏野 栄

  
1201

忘れられないこの1台 vol.63 スバル・レガシィツーリングワゴン

私が初めて所有したクルマはレガシィだ。やっぱり水平対向だよ、AWDでしょ! だって安定感がちがうし、走りを追求したレイアウトがたまらないよね!! なんていうスバリスト的理由からではない。text : 山下剛 [aheadアーカイブス vol.141 2014年8月号]

  
856

ゲレンデを駆け上るスバルゲレンデタクシー。今シーズンは意外なコラボも!

スキー場でリフトの代わりにスバルのSUVに乗ってゲレンデを駆け上る。そんなイベントが6年目を迎えたスバルゲレンデタクシーだ。今年は長野県の栂池高原スキー場、同じく長野県のエコーバレースキー場、そして今回の新潟県の苗場スキー場で開催された。今回はその苗場スキー場での様子をご紹介しよ...

  
21409

SPECIAL ISSUE クルマとバイクの世代論

「クルマ」や「バイク」と一言で言うが、世代によってその捉え方はまったく異なる。品格ある絶対的存在としてクルマがあった時代、自らの成功を証しするものとしてクルマやバイクに憧れを抱いた世代、そしてクルマやバイクが単にひとつのツールとなった世代。世代によってクルマ観はさまざま。それでも...

  
1563

SUZUKI JIMNY & JIMNY SIERRA 日常で履くワークブーツ

多くのメディアが伝える通り、新型ジムニーの構成は伝統の二本立てだ。660㏄の直列3気筒ターボを搭載するのが「ジムニー」で、このシャシーに185幅のタイヤを納めるオーバーフェンダーを装着し、1.5リッター自然吸気エンジンを搭載したのが「シエラ」だ。そして試乗には、一般公道でシエラ(...

  
792

冬場、ブーツで運転するのは違反になるの?

夏場、ついついサンダルで運転したくなるかもしれないが、かかとを固定していない履物での運転は基本的にNGという話を聞いたことはあるだろう。これは慣例ではなく道路交通法に基づいた禁止事項である。では、冬場にブーツで運転するのはどうなのだろうか?文・山本晋也

  
5534

特集 U-2.0のタイトなスポーツカーで決める

テンロクやテンハチと呼ばれた1600ccや1800ccのスポーツカーが元気だった時代は、2000ccのクルマがフラッグシップだった。時代が潤い、クルマが肥大化していく中でタイトなスポーツカーよりもラグジュアリーなスポーツモデルのほうが注目を集める時代に変わってしまった。しかしもう...

  
691

名車になる条件

時代を越えて愛されるクルマもあれば、時代の移り変わりと共に消え去ってしまうクルマもある。名車になるべくして誕生してきたクルマもあれば、多くの人に愛されて名車と呼ばれるようになったクルマもある。また、誰もが認める名車もあれば、意見が分れる名車もある。text:森口将之、宮崎敬一郎、...

  
3178

ブランドとは何か

良い製品、良いクルマを作れば売れるという時代は過去のこと。世界的に有名な自動車メーカーであってもそれは同じ。特にクルマという商品は、ブランドイメージに売り上げが大きく影響されるという。日本でもトヨタや日産が「レクサス」、「インフィニティ」といった自社名を名乗らないブランドを立ち上...

  
1555

私を浄化する道 〜お気に入りの場所をもとう〜

クルマに乗りたい。バイクを走らせたい。そう思うことはあっても、私たちはつい、出掛ける理由を探してしまう。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
525

マイ・ファースト・ラブ

クルマやバイクに興味を持ったきっかけはそれぞれだけど、初めてクルマやバイクにときめいた気持ちはみんな同じだと思う。それは子供の頃に夢見たスーパーカーでも、免許を取って最初に運転したバイクでも、大人になって理想のクルマが見つかったときであっても。text:嶋田智之、丸山浩、竹岡圭、...

  
3801

1台のクルマと永くつき合う

クルマを生活の道具として考えた場合、整備や修理を繰り返して乗り続けるよりも、そのクルマと適度な時間を過ごした後、価値が下がらないうちに新型車に乗り換えて行く方が賢いように思える。しかしクルマは、家電や携帯電話ではない。機能やスタイルが新しくなったからといって、全てが自分にとって相...

  
5511
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives