「ブーツ」の検索結果(41件)

記事

【冬キャンプの防寒マニュアル:個人装備編】極寒のアウトドアでも寒さを克服

防寒を制する者は冬キャンプを制する。釣りと山岳、そして幾多の野宿経験から得たノウハウをベースに、冬の厳しい環境下で自由を手にする防寒マニュアル【個人装備編】をお届けします。文・アウトドアライター&クリエイター夏野 栄

  
1037

忘れられないこの1台 vol.63 スバル・レガシィツーリングワゴン

私が初めて所有したクルマはレガシィだ。やっぱり水平対向だよ、AWDでしょ! だって安定感がちがうし、走りを追求したレイアウトがたまらないよね!! なんていうスバリスト的理由からではない。text : 山下剛 [aheadアーカイブス vol.141 2014年8月号]

  
276

ゲレンデを駆け上るスバルゲレンデタクシー。今シーズンは意外なコラボも!

スキー場でリフトの代わりにスバルのSUVに乗ってゲレンデを駆け上る。そんなイベントが6年目を迎えたスバルゲレンデタクシーだ。今年は長野県の栂池高原スキー場、同じく長野県のエコーバレースキー場、そして今回の新潟県の苗場スキー場で開催された。今回はその苗場スキー場での様子をご紹介しよ...

  
21095

SPECIAL ISSUE クルマとバイクの世代論

「クルマ」や「バイク」と一言で言うが、世代によってその捉え方はまったく異なる。品格ある絶対的存在としてクルマがあった時代、自らの成功を証しするものとしてクルマやバイクに憧れを抱いた世代、そしてクルマやバイクが単にひとつのツールとなった世代。世代によってクルマ観はさまざま。それでも...

  
1121

SUZUKI JIMNY & JIMNY SIERRA 日常で履くワークブーツ

多くのメディアが伝える通り、新型ジムニーの構成は伝統の二本立てだ。660㏄の直列3気筒ターボを搭載するのが「ジムニー」で、このシャシーに185幅のタイヤを納めるオーバーフェンダーを装着し、1.5リッター自然吸気エンジンを搭載したのが「シエラ」だ。そして試乗には、一般公道でシエラ(...

  
685

冬場、ブーツで運転するのは違反になるの?

夏場、ついついサンダルで運転したくなるかもしれないが、かかとを固定していない履物での運転は基本的にNGという話を聞いたことはあるだろう。これは慣例ではなく道路交通法に基づいた禁止事項である。では、冬場にブーツで運転するのはどうなのだろうか?文・山本晋也

  
4492

特集 U-2.0のタイトなスポーツカーで決める

テンロクやテンハチと呼ばれた1600ccや1800ccのスポーツカーが元気だった時代は、2000ccのクルマがフラッグシップだった。時代が潤い、クルマが肥大化していく中でタイトなスポーツカーよりもラグジュアリーなスポーツモデルのほうが注目を集める時代に変わってしまった。しかしもう...

  
581

名車になる条件

時代を越えて愛されるクルマもあれば、時代の移り変わりと共に消え去ってしまうクルマもある。名車になるべくして誕生してきたクルマもあれば、多くの人に愛されて名車と呼ばれるようになったクルマもある。また、誰もが認める名車もあれば、意見が分れる名車もある。text:森口将之、宮崎敬一郎、...

  
2723

ブランドとは何か

良い製品、良いクルマを作れば売れるという時代は過去のこと。世界的に有名な自動車メーカーであってもそれは同じ。特にクルマという商品は、ブランドイメージに売り上げが大きく影響されるという。日本でもトヨタや日産が「レクサス」、「インフィニティ」といった自社名を名乗らないブランドを立ち上...

  
1310

私を浄化する道 〜お気に入りの場所をもとう〜

クルマに乗りたい。バイクを走らせたい。そう思うことはあっても、私たちはつい、出掛ける理由を探してしまう。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
467

マイ・ファースト・ラブ

クルマやバイクに興味を持ったきっかけはそれぞれだけど、初めてクルマやバイクにときめいた気持ちはみんな同じだと思う。それは子供の頃に夢見たスーパーカーでも、免許を取って最初に運転したバイクでも、大人になって理想のクルマが見つかったときであっても。text:嶋田智之、丸山浩、竹岡圭、...

  
3325

1台のクルマと永くつき合う

クルマを生活の道具として考えた場合、整備や修理を繰り返して乗り続けるよりも、そのクルマと適度な時間を過ごした後、価値が下がらないうちに新型車に乗り換えて行く方が賢いように思える。しかしクルマは、家電や携帯電話ではない。機能やスタイルが新しくなったからといって、全てが自分にとって相...

  
5248

定番を売るということ

親から子へ、職人から職人へと引き継がれ、誰が作っても同じものができる。そんなもののことを「定番」と言うのではないか。ずっとそう思っていた。でもここには、ちょっとちがう「定番」の姿がある。text:まるも亜希子、岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.15...

  
880

特集 元『Tipo』編集長 嶋田智之 推薦!これからはじめる趣味的クルマ生活

生活を取り巻く事情に縛られるあまり趣味的なクルマ選びができない方は多いはず。でもそこで、「乗りたいクルマ」をあきらめてしまうのは早計だ。視点を換えれば理想のクルマはきっと見つかる。text:嶋田智之  photo:渕本智信  [aheadアーカイブス vol.113 2012年4...

  
1963

“ガイシャ”のイメージを変えるフォルクスワーゲン

ここ数年、輸入車の販売が好調だという。1996年に32万台弱を記録して以来、2009年まで右肩下がりが続いて来たが、2010年から回復基調に乗り、2013年には前年比+10%の28万台を記録。これは軽自動車を除いた国内の登録車販売に占める輸入車のシェアとしては過去最高だそうだ。聞...

  
631

ドライビングパンプスで、足元も華やかに [ネグローニKey's]

「ハイヒール、厚底、ブーツ、サンダル、ミュールなど、運転に適さない靴は避けましょう」。クルマの運転に際して、なんてことが書いてある注意書きで、よく目にする項目たち。text:竹岡 圭 photo : 長谷川徹  [aheadアーカイブス vol.120 2012年11月号]

  
571

ライディングシューズの必要性

残念ながら、オートバイには常に転倒のリスクがつきまとう。しかも、それは〝万が一〟というほど呑気に構えていられるものでもなく、それ以上の確率で、あの日突然、ライダーの身に降りかかってくるのだ。だからこそ、ライダーは自身の体を守るため、ヘルメットやグローブ、ジャケットといった安全装備...

  
1748

なぜバックステップにこだわるのか

ライディングを語る上でよく使われる言葉が「一体感」だ。クルマなら「人車一体」、馬なら「人馬一体」とよく表現される時も同じニュアンスである。特にバイクの場合、この一体感が有るか無いか、もしくは高いか低いかといった評価がそのモデルのイメージを決定的なものにすることがある。印象としてい...

  
1203

ブリティッシュスタイルとロッカーズ

「アメリカン乗りですか?」と、良く聞かれるのだが、そんな時は大抵革ジャンを着ている。確かに、革ジャンにデニムにブーツといったスタイルは、映画『The Wild One(邦題・乱暴者)』のマーロン・ブランドが流行らせたものだし、アメリカのライダー集団をイメージさせるので、そう言われ...

  
985

発生理由はたいていコレ! ブレーキの鳴き・異音の3大原因と対処法

ブレーキの鳴きや異音は、不快なだけではなく、安全面でも気にすべき症状です。ここで紹介するのは、鳴きや異音の代表的な原因とその対処法。異変を感じたらまずはこれらを疑うことがトラブル解消の早道です。

  
26965
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives