「フランス」の検索結果(75件)

記事

なぜ日本の車検代は高いと言われるのか?

"アメリカは車検がない、対して日本は車検費用が高い"などとよく言われます。しかし、じつはアメリカにも排ガステストを中心とした車検制度がありますし、日本の車検費用も純粋な車検代(検査代)では、諸外国よりも安いのです。各国の車検と、車検に関わる費用をまとめてみました。

  
13865

ついに発表されたランエボの復活!どんな車になるのか?

新車スクープの場として、あまり注目されないのが株主総会です。三菱自動車は新型パジェロの復活やエクリプスクロスの導入を株主総会で発表してきました。そしてまた驚愕の1台を復活させる意向を明言したのです。

  
12277

かつては金属が主流だった車のバンパー…最近のバンパーに使われることが多い素材とは?

バンパーはクルマにとって、とても大事な役割を果たしています。単なる衝撃吸収のためのパーツではなく、いまではデザインイメージを決める要素としても大事な存在です。その昔は金属が主流でしたが、現在はどんな素材が使われているのでしょうか?

  
1553

歴史が変わる!? 英仏が2040年ガソリン車販売禁止へ。

フランスが2040年までにガソリンおよびディーゼル車の新車販売を停止すると発表したのが、7月上旬。そしてその3週間後、イギリスも同様の対策を発表しています。はたして、ガソリン車がこの世からなくなる日は、やってくるのでしょうか?

  
2416

アメ車、イタ車、仏車、日本車など、国による車の特徴の違い

よく日本車は金太郎飴、アメ車は大味、フランス車はネコ足、イタリア車はデザイン、ドイツ車は質実剛健などと評価されます。最近でこそ、その違いは薄れてきましたが、いまだに生産国によりそれぞれ特徴があります。どんな違いがあるのでしょうか?

  
4916

最高額40億円!? 高額で落札されたヒストリックカー5選

自動車から内燃機関がなくなる日もそう遠くないと思わせるニュースが絶えない昨今ですが、富裕層の投機対象にもなっているヒストリックカーの人気はとどまるところを知りません。今回は、近年、高額で落札された注目のヒストリックカーを5台、ピックアップしてみました。※画像は、すべて落札された車...

  
1001

もし日本でディーゼル車禁止令が出たら、所有者はどうすればいいの?

フランスとイギリスが、2040年までに内燃機関を搭載する自動車の販売を禁止すると発表しました。フランスの判断には、VWのディーゼル車排ガス不正問題によって、これまでディーゼル車が隆盛を誇ってきた欧州で、ディーゼル見直し論が出ているのだと言います。もし日本で、ディーゼル車の販売が禁...

  
8699

球体のタイヤ!? ベスト発明品にも選ばれたEagle-360って知っていますか?

タイヤいえば、おなじみドーナツ形状のあれを想起されると思います。しかしタイヤメーカーでは、そんな固定概念をくつがえすタイヤも研究されているようです!

  
3362

パトカー、ショベルカー、消防車…あなたはどの『働くクルマ』が好きですか?

働くクルマは、子供に大人気です。車好きのあなたもきっと小さいころは、パトカーや消防車に憧れを抱いていたのではないでしょうか?しかし、カッコいいのはその車だけでなく、乗務しているプロフェッショナルも同様。その輝かしい姿が、より一層そう思わせてくれるのかもしれません。あなたは、どの働...

  
1054

おしゃれさん必見!グッチやアルマーニなどファッションブランドとコラボした車5選

クルマは単なる移動の道具ではなく、ファッションアイテムの一部ととらえている方も多いのではないでしょうか。自動車メーカーが作るモデルのなかには、さまざまなブランドとコラボレーションしたものも存在します。今回は、クルマをよりスタイリッシュに演出する、ファッションブランドとコラボしたモ...

  
1572

【車好きインプレ】シトロエン グランド C4 ピカソ、趣味で持つお洒落ミニバンだ

2014年に正式輸入が開始されたシトロエンのC4 ピカソ(5人乗り)とグランド C4 ピカソ(7人乗り)が、2017年2月にマイナーチェンジを受けて新発売されました。新しいC4 ピカソとグランド C4 ピカソは、基本をそのままに、安全面と装備面を充実させています。フランス製ミニバ...

  
588

最高400km/h以上のブガッティ ヴェイロン!実際に最高速度を出すために必要な条件とは?

ブガッティ ヴェイロンとは、フランスの自動車メーカーである、ブガッティ・オートモビル社が製造するスーパーカーです。車体価格は約2億円。最高速度は400km/h以上と言われ、世界で一番速い市販車としてギネス認定されています。しかし、ヴェイロンのオーナーであっても、実際に400km/...

  
4712

あなたは40億円のフェラーリを知ってますか?

映画『スクランブル』が2017年9月22日に公開されます。主人公は、奇想天外な手段で、いかに美しく完璧に盗むかをモットーとする、高級クラシックカー専門強盗団・フォスター兄弟。マフィアに囚われの身となった彼らが助かる方法は、1週間以内に40億円のフェラーリを盗み出すこと。果たしてそ...

  
4476

月2万円以下で、約2億円のブガッティ ヴェイロンを所有できる!? その意外な方法って?

月に1、2度程度訪れる別荘なら、購入するよりシェアしたほうが圧倒的にコスパは高く、リーズナブルに別荘暮らしが満喫できます。この発想を自動車にも取り入れたサービスが、いまアメリカで話題になっています!

  
11178

昔は国産車も多かった!ドイツ車は今でもエンジンバリエーションが多いのか?

BMWやメルセデス・ベンツなど、ドイツ車は1車種で何種類ものエンジンを使い、さまざまな需要に応えているというイメージがあります。はたして現在でもそうでしょうか?

  
4613

"ナロー ポルシェ"を知っていますか?中古価格や維持費は?

皆さんは『ナローポルシェ』という言葉を聞いたことがありますか?ポルシェ好きの方ならもちろんご存知ですよね。1963年に登場し、2017年現在でも販売されているポルシェ911の初期モデルが、『ナローポルシェ』と呼ばれています。現在でも多くのファンが存在するナローポルシェについて、中...

  
10187

一度は行ってみたい!世界的に有名なヒストリックカーイベント8選

昔のフェラーリが26億円で落札されたり、日本でもトヨタ 2000GTが話題になったりと、古き良き時代のクルマが人気を集めています。今回は世界的に有名なヒストリックカーイベントをご紹介します。来年のご旅行先にいかがですか?

  
2478

九島辰也が灼熱のアブダビで試乗【前編】ミシュランPilot Sport 4S

ミシュランが世界のメディア関係者等を招待し、主催した「MICHELIN PASSION DAYS」。九島辰也が灼熱のアブダビで試乗した。

  
4671

いまさらですが、"ホンダマチック"ってなんですか?

ホンダマチック、トヨグライド、ニッサンマチック…これらは1960年代後半からオートマチックトランスミッション(以下AT)に使用されていた商標です。当時、マニュアルトランスミッション(以下MT)が主流だった日本では、ATは高価で大排気量なお大臣車にしか採用されない特別な機構でした。...

  
24283

東京モーターショー2017、日本とドイツが独占!海外メーカーの出展が減少する理由

待ってました!東京モーターショー2017。今年で第45回目を迎え、クルマ業界のみならず、日本にとっての一大イベントでもある東京モーターショーですが、ここ数年、異変が起きているようなのです…。

  
8427