「フォード マスタング」の検索結果(30件)

記事

スペシャリティカーやボンバンなど、最近聞かなくなったクルマ用語

どの業界にも時代の変化や技術の進歩により使われなくなった用語というのがあるものだが、それはクルマ業界も同じだ。「そういえば最近聞かなくなったなあ…」というクルマ業界の用語をクルマのジャンルでいくつか挙げてみよう。文・永田恵一

  
17106

アメリカンスポーツカー!フォード・マスタングが大活躍する映画5選

アメリカンスポーツカーを代表する1台であるフォード・マスタング。日本では「大きなアメリカンマッスル」なイメージが強いかもしれませんが、アメリカではコンパクトな部類とされており、ポニーカーの元祖とも言われています。現地の若者に人気のポニーカーであるマスタングは映画にも数多く登場しま...

  
2692

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.105 自動運転車事故の教訓

アリゾナ州で走行実験をしていたウーバーの自動運転車が死亡事故を起こした。夜間、自転車を押しながら道路を横切る歩行者にノーブレーキで突っ込んでしまったのだ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
1852

逆スラントノーズのカッコ良いクルマ5選

「逆スラントノーズ」を知っていますか?現在は、一部のモデルで採用されているデザイン手法ですが、1960~70年代にはとても流行しました。ここでは、1970年代から現在まで、筆者の印象に残っている5台をピックアップしてみました。文・立花義人

  
14888

じつは今が狙い目!? おすすめアメリカ車5選

輸入車というとヨーロッパにばかり目が行きがちですが、現代のアメリカ車もおすすめです。かつては燃費が悪い、日本では扱いにくいと言われたアメ車ですが、近年はかなり洗練されて性能や使い勝手も大幅に向上しています。今回は、そんなアメ車の魅力を5台のモデルと合わせて紹介します。文・西山昭智

  
28929

初代NSX、フェアレディZなどに続き…栃木県警、パトカーにR35 GT-R NISMOを導入!

日本全国、各所で活躍するパトロールカー。その歴史には、ポルシェやマツダ RX-7といったスポーツカーをベースとしたものも、多く存在します。そんなパトカーに、日産 GT-R NISMOが加わります。導入するのは、GT-Rの生産拠点がある栃木県の警察です。

  
13153

ファストバック、ノッチバックとは?ハッチバックと何が違うの?

「美しいファストバックスタイル」「典型的なノッチバックスタイル」といった表現を、自動車情報誌やウェブサイトで目にすること、ありませんか。どちらもクルマの形状を表す言葉ですが、それぞれの違いを正しく説明できる方は少ないはず。また、ハッチバックとは何が違うのでしょうか?文・立花義人

  
27509

進化していないようで進化している?ワイパーの歴史

ワイパーは自動車に欠かせないアイテムの一つです。手動式ワイパーが生まれたのは1900年代初頭ですでに100年以上の歴史があります。その後、電動ワイパー、間欠ワイパー、リアウィンドウ用やヘッドライト用などのワイパーも開発されました。シートベルトと同様で、「ゴムの刃(ブレード)でガラ...

  
16311

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.70 日本に迫る品質の追い上げ

ユーザーの自動車購入に大きな影響を与えることで知られる調査会社JDパワー社が、米国で新車として販売されてから3年経過した時点でのメーカーごとの不具合率を発表した。調査対象は4万1000人で、31ブランド、178モデル。なお、この調査での「不具合」には、故障に加え、エンジンのもたつ...

  
2246

最高時速235キロ!爆走したサラリーマン逮捕!過去最高速の検挙例

重大事故の要因のひとつにスピード違反があります。50km/h以上のスピードオーバーなら違反点12で、初回でも90日間の免停ですが、先日、なんと135km/hのスピードオーバーで、会社員が検挙されました。ナンバーを外して走行していたということですが、どのように検挙にいたったのでしょ...

  
48567

パンダやライオンなど…動物の名前がついた車8選 Part1

レクサスやマツダ、BMW、メルセデス・ベンツなどは、ローマ字と数字を組み合わせたものを車名としていますが、多くのメーカーでは、なんらかの意味を持つ名詞や造語が車名に使用されています。そのなかで、動物の名前が由来となった車を紹介します。

  
13677

欧州生まれのアメリカン ~フォード・フィエスタ

フォードのフィエスタが好調だ。2012年には車名別販売台数で世界6位を記録。しかも、激しいシェア争いが繰り広げられる、いわゆるBセグメントのカテゴリーで72万台超というトップセールスを達成し、現在に至っている。text:伊丹孝裕 photo:渕本智信 [aheadアーカイブス v...

  
1156

【東京オートサロン2018】日本未発売モデルの動向も気になるトーヨータイヤ

米国SEMAショウでも絶大な存在感をアピールするトーヨータイヤ。そのブランド人気は、いまや日本のタイヤブランドのトップに君臨するといっても過言ではないでしょう。とくに、世界のJDM(Japanese domestic market)ファンには圧倒的な支持を得ているブランドです。

  
5634

維持が大変というアメ車のイメージを覆すエクスプローラー。その魅力をさらに高めるショップ、LUXZに潜...

「EDGE CUSTOMS(エッジカスタムズ)」が同ブランド初となるSUVのコンプリートカーをリリース。その「フォード・エクスプローラーE」がオーナー予備軍の注目を集めています。アメリカンマッスルカーとアメリカンSUVの専門ショップ「LUXZ(ラグジ)」と同ショップのオリジナルブ...

  
17208

マスタングカスタム最前線。LUXZが手がけるマスタングの狙いとは?

2016年末までに日本市場から全面撤退する」というフォードの発表に対し、「いまこそフォード文化を支える力になりたい」と誓ったひとりのアメ車好きがいます。ダッジ・チャレンジャーやフォード・マスタングといったアメリカンマッスルカーを専門に扱うショップ『LUXZ(ラグジ)』を率いる島澤...

  
14680

シボレー カマロがフルモデルチェンジ!新型情報と現在の中古価格に迫る!

2年間の販売休止期間を経て、いよいよ2017年後半に新型シボレー カマロが日本でも発売されます。それに先立ち2月26日まで受け付けていたプレオーダーでは、ボディカラー、インテリアカラー、トップ(コンバーチブルモデル)、サンルーフ(クーペモデル)を自由に組み合わせることを可能とした...

  
42631

フォードは今後日本に戻ってくるのか?

トランプ大統領就任となり、連日メディアでその発言や日本との関係についての報道がなされています。トランプ大統領はアメリカの内需拡大、そして基幹産業の自動車産業にも力を入れる施策を行おうとしていますが、ここ日本ではフォードの撤退が象徴するように、アメ車の人気がないのも実情…今後フォー...

  
39475

カーボン製のホイール!? やっぱり走行性能アップするの?

足回りのカスタマイズの定番メニューとして挙げられるのが、ホイールの交換です。豪奢なアルミホイールには、鍛造と鋳造があり、それぞれにメリットがあります。また古くからレースで用いられているのが、マグネシウム。アルミよりも軽量で剛性も高いと言われます。このような多くのホイールがマーケッ...

  
60326

映画”ブリット”で熾烈なカーチェイスを繰り広げたのはどの車!? 登場車種をご紹介!

1968年に公開された映画、ブリット。この映画の魅力はカーチェイスです。主人公 ブリットが乗っていた車と暗殺者が乗っていた車のカーチェイスシーンはCGなしの圧巻です。その迫力を作り上げたのは、一体どの車だったのでしょうか!?ということで、今回は、映画ブリットに登場する車をご紹介し...

  
12339

日本初のスペシャリティカー!トヨタ セリカの特徴や燃費、中古車価格は?

良い意味でトヨタらしからぬ格好良さのあるトヨタ セリカ。日本初のスペシャリティカーとして1970年に登場し、一世を風靡しました。2006年に販売終了となりましたが、一部ではまだまだ高い人気を集めているセリカ。その詳細と中古車市場を合わせてチェックしてみましょう。

  
12843
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives