「フォード」の検索結果(220件)

記事

ボディサイズ、排気量など色々デカすぎ!? スケールの大きなアメ車5選

自動車大国であるアメリカでは、過去から現在までさまざまなモデルが生産されてきました。最近でこそ、世界的なマーケットを見据えた日本車やヨーロッパ車と近しいモデルの開発も進んでいますが、アメリカならではと言っても過言ではないボディサイズや排気量などが独創的なモデルも存在しています。こ...

  
6086

海外で復活!ダットサンブランドの名車4選

日産のブランドのひとつとして、日本はもとより海外でも多くの人々に認知されていたダットサン。そこからは、たくさんの名車が生まれました。一時期消滅していたダットサンでしたが、2012年には新興国における低価格車市場向けにこのブランドが復活しています。文・立花義人

  
16981

モタスポ見聞録 Vol.13「レーシングカーが先」のスープラ

3月のジュネーブモーターショーでトヨタが「スープラ」を発表した。正確には「GR Supra Racing Concept」である。2002年に生産を中止したスープラを16年ぶりに復活させたことになるが、市販車より先にレーシングカーとして復活させたことに意味がありそうだ。text:...

  
630

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.105 自動運転車事故の教訓

アリゾナ州で走行実験をしていたウーバーの自動運転車が死亡事故を起こした。夜間、自転車を押しながら道路を横切る歩行者にノーブレーキで突っ込んでしまったのだ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
990

生産台数世界一や世界最速ドリフト走行など…ギネス認定されているクルマ7選

「世界一」といえばギネス記録。ギネス記録は、町おこしなどにも利用されていますが、自分の身の回りでギネスブックに載っているものがあると、やはりちょっと嬉しいですよね。では、そんなギネス記録にどんなクルマが認定されているのでしょうか。文・吉川賢一

  
6683

日本人好み!? いま、勢いが止まらないボルボのラインナップ

かつて優れた安全性能で有名だったボルボですが、現在の人気をけん引している要因は圧倒的に優れたデザイン性。北欧に伝わる神話からインスピレーションを受けたハンマー型のヘッドライトや、洗練された印象のショルダーラインなど、大人の雰囲気を醸し出す新デザインが、世界でも高い評価を集めていま...

  
2404

新世代ボルボの快進撃

賢明なる読者諸兄であれば、新世代ボルボの快進撃をきっとご存知のことと思う。XC90以降、右肩上がりの販売台数がそれを如実に物語る。昨年はミッドサイズSUV XC60が日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、現在、本国から日本国内販売分に割り振られる新モデルはすべて完売、バックオーダー...

  
6955

日産リーフがもたらしたもの

「電気自動車に乗る時はね、いつもエンプティーランプが点灯しているような気分になる。だって、『今ここで充電がなくなったらどうしよう』って、そのことばっかり気になっちゃうもんだから、常に充電残量をチェックして、ドライブを純粋に楽しめない。クルマ好きにとって、そしてドライブ好きにとって...

  
893

イギリスとアメリカが生み出した毒ヘビ"コブラ"とはどんな車?

1960年代までのイギリスには、小中規模の自動車メーカーが数多く存在していました。そのひとつが、ACカーズです。20世紀初頭に産声を上げたACカーズは、伝統あるイギリス自動車メーカーのなかでも古いメーカーで、戦後には他メーカーからエンジンの提供を受けて車両を製作していました。そん...

  
12917

史上最高額約54億円!オークションで高値が付いたクルマ5選

お金に糸目をつけず、好きなクルマに乗れるとしたら…なんて考えたことはありませんか?カーマニアのなかには、数台しか作られなかった憧れの名車や、さまざまな理由で希少になったクルマをオークションで落札し、購入する人がいます。日本円で10億円以上という驚きの値がついた、マニア垂涎のクルマ...

  
1817

世界ラリー選手権のクルマってどうして小型車がベースなの?

FIA世界ラリー選手権(通称WRC)に参戦している日本メーカーは、現在、トヨタだけですが、過去にはスバル、三菱、日産、マツダなども参戦していました。日本車のWRC全盛時代を知っている方ならご存知かと思いますが、現在のWRCマシンは、当時よりもコンパクトになっています。その理由を解...

  
3139

ブリヂストン、ミシュラン…タイヤメーカーのビッグ3は?

自動車の影の主役とも言える、タイヤ。タイヤがしっかりしていなければ、満足できる走りは実現しません。世界のタイヤ業界は、どのような構図になっているのでしょうか?タイヤ界のビッグ3(スリー)と、それを追従するメーカーを紹介しましょう。

  
23627

大きすぎるのは良いこと!? 巨体すぎる輸入車5選

日本の入り組んだ道には、取り回しの良いコンパクトな車が一番。そんな現実的なことは分かっていても、ついつい大きな車に乗りたくなるのは、クルマ好きの性なのかもしれません。ここでは日本ではちょっと持て余す“巨体すぎる”輸入車たちを紹介します。文・西山昭智

  
9143

逆スラントノーズのカッコ良いクルマ5選

「逆スラントノーズ」を知っていますか?現在は、一部のモデルで採用されているデザイン手法ですが、1960~70年代にはとても流行しました。ここでは、1970年代から現在まで、筆者の印象に残っている5台をピックアップしてみました。文・立花義人

  
7174

ユーノスロードスター、ユーノスコスモの"ユーノス"ってなに?

平成の自動車を語るとき、必ずと言ってよいほどピックアップされるのが、世界的なブームの引き金となったユーノスロードスターや、市販車では唯一3ローターエンジンを搭載したユーノスコスモです。本来、マツダであるはずの2台ですが、どうしてこの時代には、ユーノスを名乗っていたのでしょうか?ま...

  
4442

平成の名車といえばこれだ!5選 ー輸入車編

19世紀末に内燃機関が世に登場してから100年あまり。その間にあらゆる自動車が生産されてきました。そして時代を超えて語り継がれる“名車”もまた星の数ほど生み出されてきました。そのなかから、平成生まれのエポックメイクだった輸入車をピックアップしてみました。文・西山昭智

  
12216

昔と今、欧州各自動車メーカーの大衆車はどう変わった?

いつの時代も庶民の味方は大衆車です。小さくてキビキビと走り、パッケージングの工夫によって居住スペースやラゲッジ空間もしっかりと確保。整備性に優れ、燃費もよく、ランニングコストも控えめで、実用性も走行性能にも優れています。そんな名車と呼ばれる大衆車が、ヨーロッパには数多く存在してお...

  
4506

なぜ、RX-8はRX-7直系の後継車ではないと言われたのか?

現在のところ、"最後のロータリーエンジン搭載市販車"となっているのが、マツダ RX-8です。2012年6月に生産終了し、先代のRX-7ともども後継車の目処はまだ立っていません。そもそもRX-8そのものがRX-7の直系では無いと言われますが、その理由はどんなものなの...

  
14121

普通車なのに、軽自動車より短い車4選

日本独自の自動車規格、軽自動車。第2次世界大戦後の昭和29年(1954年)に誕生した軽自動車は、自動車普及のため、自動車諸税を軽減する代わりにボディサイズや排気量などを規制したものでした。その後、時代を経て軽自動車は、ボディと排気量を拡大。現在のサイズに落ち着きました。しかし世の...

  
11892

トミ・マキネンはなぜ皇帝と呼ばれたのか

トミ・マキネンといえば、WRCで4度も頂点を極めたドライバーであり、勝負に妥協しない厳しい性格であった一方、チームメイトにはドライビングテクニックを隠さずに教えるなど、チームの勝利を優先してレースに取り組む人間性を持ち合わせていたことでも有名でした。今回は、トミ・マキネンが築いて...

  
9980
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives