「フォルクスワーゲン」の検索結果(121件)

記事

【世界自動車業界見聞録】e-Golfは普通のクルマ、だからT型フォードになれるのだ

e-Golfのステアリングをはじめて握ったのは、2014年3月のベルリンでのことであった。VWが主催したメディア関係者向けの試乗会に運良く参加することができたからだ。

  
3229

V12、W16、H16…エンジンの気筒数が多いほど、車の性能は上がるのか?

超高級車やスーパーカーには、多気筒エンジンが搭載されています。エンジンの気筒数が多いほど、車の性能は上がるのでしょうか?

  
6974

【高山正寛のテレマティクス Now!】e-Golfのインフォテイメントは完璧に近い、「ある一点」を除...

10月19日に発売を開始したフォルクスワーゲンのe-Golf。CHAdeMOへの対応、カタログ上の航続距離301kmと話題性も充分だが、その中でも筆者はインフォテイメント領域についてフォーカスしてみた。

  
5246

【諸星陽一の百“車”繚乱】VW e-Golfは、間違いなくGolfだった

e-Golfは間違いなくGolf(ゴルフ)であった。クルマの心臓はエンジンであると言われる。一般的にクルマの性能を語るとき、何リットルのクルマであるか?で語られるのが一般的。にも関わらず、Golf(ゴルフ)は心臓をまったく違うものに入れ替えても、どこをどう見ても、Golf(ゴルフ...

  
4347

【恐妻家コージの"車選び"奮戦記】Case.1 VW e-Golfの場合

オレは3年前に結婚した年上の奥さんと2人暮らしをする30代半ばのサラリーマン、コージ。最近、都内の狭小住宅を購入したばかり。独身時代は好きなクルマに乗っていたけれど、最近まで乗っていた5世代目のGolfは車検を機に手放したので、現在車選びの真っ最中。そろそろ子供も欲しいけど、やっ...

  
2539

【樽見祐佳の”女子流”】エコカーでしょ?そう思う人にこそ乗って欲しい、VW e-Golf

ちょっとそこまで。今日は一人のお出かけだから。そんな何の気無しに乗れる、つっかけサンダルのような車が好き。おしゃれして、キラキラした時間のスパイスに。ちょっと背伸びして履くピンヒールのような車にも憧れるけど。誰もが振り返るあの子と仲良くなりたい。でもやっぱり一緒に過ごしている時間...

  
3780

【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第一章:フォルクスワーゲン e-Golf

これまでのフォルクスワーゲンには、EV(電気自動車)というイメージが薄いと思われる向きも多いだろう。しかしフォルクスワーゲンは1970年代からEVの開発・実験を積極的に行い、1989年に「ゴルフ2 CityStromer」、1993年に「ゴルフ3 CityStromer」というE...

  
4001

満を持して日本進出を果たしたネクセンタイヤ 世界中の車両メーカーで純正採用されるタイヤ「NEXEN」...

2017年3月に新しいタイヤメーカーが日本進出を果たしました。みなさんは「NEXEN Tire(ネクセンタイヤ)」というメーカーをご存知でしょうか。じつは世界では有名、日本では知る人ぞ知るタイヤブランドであるのです。この記事では、メーカーの歴史と強みに触れてみたいと思います。

  
14235

その数10以上!? VWグループのブランドを全部言えますか?

現在、世界販売台数トップの座を争う、トヨタとVWグループ、そしてルノー日産アライアンス。これまでトヨタとVWグループの一騎打ちでしたが、2017年上半期の累計販売台数では、三菱と提携したルノー日産アライアンスが躍進。VWやトヨタとしても無視できない存在感を発揮しまっした。このよう...

  
7304

あなたが審査員だったらどれを推す?2017年度日本カーオブザイヤーBEST10決定!

2017年12月11日に行われる予定の2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考会。それに先駆けて、ノミネートされた31台のなかから、最終選考に進む10台『10ベストカー』が発表されました。今年は、日産とスバルのノミネート辞退ということもあり、やや寂しい感もありますが、...

  
8011

FFとRR。コンパクトカーにはどちらの駆動方式が適してるのか?

現在、多くのコンパクトカーはFFの駆動方式を採用しています。それには、車両設計の容易さ、モジュール化によるコストダウン、伝達ロスの少なさなど、いくつものメリットがあるからです。しかし、過去をさかのぼるとRRが主流の時代があり、近年でも三菱 i-MIEVやルノー トゥインゴ、スマー...

  
8879

レクサスやGT-Rなどに標準装着!ランフラットタイヤのメリット・デメリット

1本あたりハガキサイズ×4本分の設置面積で車重を支えているタイヤは、クルマとってなくてはならない部品のひとつ。パンクしただけでも、その車は走行できなくなってしまいます。そこで考え出されたものが、ランフラットタイヤです。

  
13933

VWからも100%EV車誕生!日産 リーフとどっちがいいか?

2017年10月19日、フォルクスワーゲングループジャパンは、エンジン未搭載、モーターのみを動力源とする新型EV「e-Golf」を発表し、同日より受注を開始しました。日本製EVの日産 リーフと比較してみましょう!

  
4724

VW、新型クロスオーバーSUV「T-Roc」を発表!気になる日本導入は?

2017年8月23日、フォルクスワーゲン(以下、VW)は第4のクロスオーバーSUV「T-Roc」を発表しました。ティグアンより1クラスコンパクトなT-Rocは、大人気激戦区の小型SUV市場に投入されます。はたして、どのようなモデルなのでしょうか?

  
3551

ワーゲンバスがEV車で復活!どんな車になる?

2017年8月19日、ペブルビーチ コンクール デレガンスの会場において、フォルクスワーゲン(以下、VW)社は、I.D.BUZZの2022年以降の発売を明言しました。I.D.BUZZとは、2017年デトロイトショーで詳細が発表されたミニバン型EVで、VW マイクロバス(タイプ2)...

  
4374

200馬力発揮!歴代最強ポロの発売は2018年か!?

ポロといえばVWの誇るBセグメントの主力モデル。その6代目にあたる新型が2017年6月にアンベールされました。ボディは、日本の5ナンバー枠を出るサイズに進化。なかでもスポーツグレードのGTIは、大きく進化したようなのです。

  
8388

【車好きインプレ】220馬力に進化!VW パサートヴァリアント 2.0TSI Rラインの走り

2015年の欧州カーオブザイヤーを受賞したパサート。同シリーズのスポーツモデルといった位置づけのR-Lineは、当初1.4TSIエンジンでしたが、2016年9月から2.0TSIへとエンジンを変更。よりパワフルなエンジンを積んだ、パサート バリアント 2.0TSI Rラインを紹介し...

  
3469

九島辰也が灼熱のアブダビで試乗【前編】ミシュランPilot Sport 4S

ミシュランが世界のメディア関係者等を招待し、主催した「MICHELIN PASSION DAYS」。九島辰也が灼熱のアブダビで試乗した。

  
5546

東京モーターショー2017で発表!? 期待の国産車5選

2017年は、2年に1度開催される東京モーターショーの年です。今年はフェラーリやランボルギーニの参加が見送りで、やや寂しいショーになりそうと思っていましたが、その分?国産メーカーが張り切っています。筆者が期待している、東京モーターショー2017出展車5台を紹介します。本当に出展さ...

  
19629

オイル交換で何となく迷っているあなたへ。フックスをご存知ですか?

愛車のメンテナンスと聞いて、真っ先に思い浮かぶ"エンジンオイル交換"。せっかくオイルを交換するなら、クルマ本来の性能を引き出しつつ、エンジンをしっかり保護してくれるオイルを選びたいという方も多いと思います。しかし、「ディーラーは信じているけど純正は高いし、もっと手...

  
7868