「ファントム」の検索結果(30件)

記事

かつての憧れを今こそ実現したい!英国紳士の気分が味わえるイギリス車5選

かつての輸入車は、いま以上に生産された場所のお国柄が反映されていました。なかでもイギリスの自動車メーカーが手掛けてきたクルマは、歴史の重みがあるぶん、どこか違った雰囲気が漂います。今回は、そんな英国車を厳選して紹介。ステアリングを握れば、英国紳士の気分が味わえるかもしれません。文...

  
2948

天皇陛下が乗る「御料車」とは?歴代の御料車に採用された車たち

御料車(ごりょうしゃ)とは、天皇陛下および皇族の方々が乗車するための車です。現在は、トヨタのセンチュリーロイヤルが使用されており、皇室専用の皇ナンバーのものと品川ナンバーのものがあります。では、これまでどんな車が御料車に採用されてきたのでしょうか。

  
7109

よく聞く、”サルーン”ってどういう意味?

自動車などでよく聞く「サルーン」という言葉。よく聞くけど、どんな意味なのかは知らない…。という方が多いのではないでしょうか。今回は、サルーンという言葉の語源や意味、そして日本と世界のサルーンについて、紹介していきます。文・吉川賢一

  
3747

日本はセンチュリー、では中国は?各国が代表するショーファードリブンカーを紹介

あまり耳慣れない「ショーファードリブンカー」という言葉。これは運転手「Chauffeur(ショーファー)」が運転する「Driven(ドリブン)」車のことで、いわば運転手がハンドルを握る高級車のこと。運転は専属のドライバーに任せ、自らは後席に乗ることになるため、ショーファードリブン...

  
22385

吉田由美の横浜・みなとみらい ショールームめぐり

横浜・みなとみらい…。自宅から近いこともありますが、この辺りへは「横浜美術館」や「赤レンガ倉庫」などで行われるイベント取材、「インターコンチネンタルホテル」などで行われる試乗会、「パシフィコ横浜」で行われるライブ鑑賞、「クイーンズスクエア」などでのショッピング、友人や親せきが遊び...

  
398

今でもあります!12気筒エンジン搭載の新車で買えるクルマ11選

エンジンのダウンサイジング化により、大排気量、多気筒エンジンを搭載するモデルは、年々減少傾向にあります。しかし、時代にあらがうように12気筒エンジンを今なお墨守し続けるモデルが、少なからず存在します。ここでは、そんな12気筒エンジンを積んだ、新車で買えるモデルを紹介します。文・西...

  
9199

こだわりがすごすぎる!超ド級のプレミアムカー6選

ブランドも値段も超一流のプレミアムカーは、車両価格以外もプレミアムに違いない。ここではそんな世界的に有名なプレミアムカーたちのプレミアムな部分を、“価格以外”の注目ポイントからお届けします。さすがに雲上ブランドのプレミアムカーだけあって、そのこだわりぶりもまさしくPREMIUMで...

  
8455

砂漠で壊れてもヘリコプターで新車が届く!?…ロールス・ロイスにまつわる5つの噂

先日ブランド初となるSUV「カリナン」が発売されたことでも話題のロールス・ロイス。その価格は21万ポンドと発表されましたが、日本円に換算すればおよそ3,100万円。ただしこれはロールス・ロイスの中では決して高額とはいえません。そんな世界一のプレステージ性を持つ超高級車ブランド、ロ...

  
39417

人気マーベルヒーロー、アイアンマン!トニー・スタークの愛車たち

2018年4月に日本でも公開された、マーベル映画最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、世界興収MCU(マーベルシネマティックユニバース)史上トップとなり、人気沸騰中です。アベンジャーズといえば、マーベルコミックのスーパーヒーローたちが集結するマーベルシリーズのひとつ...

  
12897

ロールス・ロイスが企てる史上最強SUV「カリナン」はどんな車になる?

ロールス・ロイスはつい先頃、新型SUV「カリナン」のティザー画像を発表しました。同社初のSUVとなるカリナンは、はたしてどんな車になるのか、検証していきたいと思います。文・山崎友貴

  
2995

ひこうき雲を追いかけて vol.50 みなとみらい

今号の撮影で、みなとみらいにある8つのショールームを半日で回った。フェラーリとロールス・ロイス、ポルシェとBMW、MINIはそれぞれ隣り合った場所にあるので、実質5ヵ所。text:ahead編集長・若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.165 2016...

  
149

ひこうき雲を追いかけて vol.51 ファンタジー

先月号の女性版特集ではみなとみらいの8つの輸入車ディーラーを紹介したが、恥ずかしながら、ロールス・ロイスについてはまったく予備知識がなかった。だからかどうか、このクルマのもつ世界観にすっかり興味を惹かれてしまった。text : ahead編集長・若林葉子 photo : 長谷川徹...

  
164

最高額5,000万円超え!? いま買える高額な車トップ5〜輸入車編〜

世界には本当に様々な車が存在します。輸入車で最も高価なモデルはなんなのでしょうか?今回はトップ5をご紹介します。※今回のランキングでは2017年12月現在、日本で購入できるモデルをご紹介します。⇨最高額2,000万円超え!? いま買える高額な車トップ5〜国産車編〜

  
15264

レクサスやGT-Rなどに標準装着!ランフラットタイヤのメリット・デメリット

1本あたりハガキサイズ×4本分の設置面積で車重を支えているタイヤは、クルマとってなくてはならない部品のひとつ。パンクしただけでも、その車は走行できなくなってしまいます。そこで考え出されたものが、ランフラットタイヤです。

  
21420

新生ドーン、ロールス・ロイス唯一無二のコンバーチブルで復活

現行ロールス・ロイス唯一にして無二のコンバーチブルモデルであるDawn(ドーン)。工業製品の枠を越え、工芸品の域にまで高められた各パーツとそれらが織りなす完成度は、ライバルが見当たりません。そんなドーンを、モータージャーナリスト小野泰治が解説します。

  
3904

フロントグリルや観音扉など…ファントムに隠されたエレガントなデザインの特徴

ロールスロイスのファントムは、見た目からしてただならぬ雰囲気を持っていますが、車体の細部を見てみると明らかに普通の車とは違う箇所がいくつか存在します。じつは、1998年にBMWがロールスロイスブランドを買収し、2003年以降に販売されているファントムは、BMWが設立したロールスロ...

  
5340

エリザベス女王の公用車、ファントムが14年ぶりにモデルチェンジ!新車価格は7,200万円!?

ロールスロイスは、2017年7月27日に同社のフラッグシップサルーン「ファントム」のニューモデルを発表しました。ファントムといえば、1925年の登場以来、エリザベス女王の公用車やミュージシャンのジョン・レノンが愛用した車としても有名で、世界のセレブ御用達高級車の代名詞です。今回の...

  
6310

5,000万超のロールスロイスなど…選挙カーに使われる車って?

選挙シーズンになると看板と拡声器をつけた選挙カーが走りまわりますよね。この選挙カーに使われるクルマについて、気にする方は少ないと思いますが、実は意外にバラエティ豊かなんです。今回は、知っているようで意外と知らない、選挙カーについてのお話です。

  
7100

14億円越えのロールスロイス「スウェプテイル」、オーナーは誰!?

ロールスロイスといえば、誰もが"高級車"と即答するでしょう。豪奢かつ強烈なモデルを多数リリースしており、またプライスもハンパではないことが高級車ブランドたる所以となっています。そんなロールスロイスが、なんと14億円以上のモデルを発表しました。はたして、どのような方...

  
40061

なぜ、ロールスロイスのミッションは衛星によって管理されているのか?

見た目の重厚感、他メーカーにはない豪華な雰囲気、さらにヒストリーなど、ロールスロイスには特別なイメージが付いています。実際に乗ったことがあるという人は、なかなかいないでしょう。今回はロールスロイスに搭載される前代未聞のミッションについてご紹介します。

  
19185
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives