「ファイナルエディション」の検索結果(23件)

記事

90年代も今も中古でしか買えない「ランエボⅡ」。購入したからこそわかるランエボⅡの魅力。

80年代から90年代にかけて、「ハイパワー4WD」がひとつのムーブメントになりました。それを牽引してきたのは、“ランエボ”こと三菱 ランサーエボリューションです。2016年を最後に絶版となった同モデルですが、その輝きはいまだ消えていません。文・山崎友貴

  
6222

歓びをもたらす三菱の安全技術

世界と闘い、俊足の4WDセダンとして数々の栄光を手にしてきたランサーエボリューションが、ファイナルエディションをもって終了すると報じられた。ひとつの時代が幕をおろすようで、寂しさを感じた人は多かったと思う。でも、これでランエボの血が途絶えてしまうわけではない。text:まるも亜希...

  
685

限定車のあり方について

10月に発表されたフェラーリの限定車〝F12tdf〟は、マラネロ生まれのスペチアーレにしては799台と台数は多めなのに、アナウンスされたときには完売していた。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.157 2015年12月号]

  
438

初代からファイナルまで…今ランエボ買うならどの世代が良い?

惜しまれつつ2016年で生産・販売が終了した三菱 ランサーエボリューション。1992年のエボIから最後のファイナルエディションまで、24年の長きにわたり三菱自動車のスポーツイメージを支えてきました。大雑把に言っても4世代10モデル、サブタイプを含めればさらに多数のバリエーションを...

  
49463

時代を変えたホットハッチのファイナルモデル 〜メガーヌ R.S.273 ファイナルエディション

1976年の設立以来、ルノーがかかわるモータースポーツを一手に引き受けてきたのがルノー・スポールだ。その活動はF1を始めとするフォーミュラカーの製作が有名だが一般ユーザーにとって馴染み深いのは「R.S.(=ルノー・スポール)」の名を冠する市販車の存在だろう。そして、近年その象徴的...

  
1826

2018年、アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

アメリカでは、製造から25年経過しなければ輸入できないというルールがあります。2017年から2018年かけて輸入解禁になることで、中古市場に影響を及ぼしそうな1992-1993年生まれのモデルを紹介しましょう。

  
71748

1,000万円超えもあった!? ランエボX ファイナルエディションとは、どんな車だったのか?

惜しまれつつ生産が終了した三菱のランサーエボリューション。最終モデルとなった”ファイナルエディション”は、世界中であっという間に完売となったことでも、その高い人気を裏付けていました。そんなランエボ ファイナルエディションは、なんと約1,000万円で取り引きされた個体もあったようで...

  
19994

WRXやマークXなど…しっかり4人乗れるスポーティーカー5選

自分だけ乗るのであれば、好きなクルマを買いたいものですが、家庭持ちの場合、家族全員が快適に乗れる、という制約がつきます。しかし、普通のミニバンでは飽き足らないというユーザーは少なくありません。そこで今回は、2017年10月現在、新車で買える「スポーティーカーなのに4人がしっかり乗...

  
15406

比べるものではないけれど…ハイラックスとFJクルーザー、買うならどっち?

2017年9月12日、トヨタはランドクルーザー プラドのマイナーチェンジ、FJクルーザーの特別仕様車とともに、新型ハイラックスの日本導入を発表しました。比較する方は少ないと思いますが、FJクルーザーと新型ハイラックス、あなたはどちらを選びますか?

  
17337

ハイラックス復活!FJクルーザー ファイナルエディション販売!日本で大きい車は人気なの?

日本は海外に比べて道幅が狭いため、全幅の大きな車は取り回しに苦労することもしばしば。ときには、何度も切り返しが必要な路地に迷い込んでしまうこともあります。そんな日本で売れ筋となっているクルマの大きさは、どれくらいなのでしょうか?やはりコンパクトサイズ?

  
13626

FJクルーザーからついにファイナルエディション登場!本当に最後になってしまうの?

2017年9月12日、新型ハイラックス、新型ランドクルーザープラドとともに、FJクルーザー"ファイナルエディション"が発表されました。以前より生産終了の噂が囁かれているFJクルーザーですが、本当に最終型になるのでしょうか?

  
10876

時代はクロスオーバー?オフロードを楽しめる国産中古車7選

昨今のSUVは、スタイリッシュでデザイン性に優れる反面、乗用車やコンパクトカーをベースとしたモデルが増えています。それらは、オフロードよりオンロード走行を重視しているのが特徴。普段使いも難なくこなします。その半面、2017年はハイラックスの復活やジムニーのモデルチェンジなど、本格...

  
15144

過去の栄光はいずこに?三菱イズムが詰まったランエボ、何代目が好き?

WRC(世界ラリー選手権)での輝かしい戦績をはじめ、その高い運動性能をコンペティションシーンで磨き、進化を続けてきたランサーエボリューション。2017年現在、三菱のラインナップから消えてしまったのは本当に寂しいところです。しかし、2017年6月23日の三菱自動車株主総会に於いて益...

  
14260

フェアレディZ 50周年記念モデル? 現行モデルはついに最後か!?

日産のピュアスポーツカーとして、人気を博しているフェアレディZ(ダットサンZ)。1969年に初代モデルが登場し、まもなく生誕50周年となります。一時は販売を終了してしまい、存続が危ぶまれましたが、日産ブランドのフラッグシップモデルとしてはなくてはならない存在です。そんなフェアレデ...

  
24624

税金が上がる前に乗りたい!! 車齢10年の狙い目スポーツカー5選

税制度は刻々と変化しており、クルマを愛する私達にとっては逆風ともとれる制度改革がなされています。平成27年に税制改正が行われ、新車登録から13年経過したクルマに対して自動車税および自動車重量税を重くする制度となってしまいました。憤懣やるかたない状況ですが、だからこそ車齢10年ほど...

  
35885

WRX STiとランエボX…もしも独身だったらどちらを買う?

世界ラリー選手権(WRC)で日本車がかつて無双ともいえるほどの大活躍をしていた時代がありました。その時期の代表格といえるモデルが三菱 ランサーエボリューション、そしてスバル インプレッサ(WRX)です。もしいま独身でこうしたモデルが乗れる状況ならどちらを選びますか?

  
53502

生産終了のランエボ…後継の次期モデルが登場する可能性は?

日本を代表し世界中に根強いファンのいるスバル・インプレッサ(WRX1)と三菱・ランサーエボリューションのこの2台。スバルは2014年にWRX STIを発売したのに対して、三菱はランサーエボリューションの生産終了を発表。まもなく最後の一台の製造を終えようとしている「ファイナルエディ...

  
34941

ランエボの後継車?RVRエボリューションが2016年発売される?

三菱を代表するスポーツモデルであったランサーエボリューション(通称:ランエボ)は2015年8月、ファイナルエディションモデルをもってその歴史に幕を閉じました。そんな“ランエボ”がなんと、トールワゴン型タイプのRVRで復活?再生?されるといった噂があります。

  
35259

これで決着!?ランエボVSインプ、記憶に残るマシン・限定モデル特集!!

進化の歴史にはライバルが必ず存在するもの。長年、しのぎを削ってきた国産高性能4WDターボ、ランサーエボリューションとインプレッサしかり。先頃、ファイナルエディションが発表され惜しまれつつその歴史に幕を閉じたランエボ。ライバルであるSTIモデルが「WRX」と独立モデルとなったインプ...

  
44390

2015年ランエボ生産終了!23年の歴史に幕を下ろしたその理由とは?

2015年4月に現行モデルを最後に生産終了が発表された三菱ランサーエボリューション。長年、ライバル車種と言われてきたスバルインプレッサなどが現在も販売されている中、なぜランエボだけが生産終了となってしまうのでしょうか?

  
136734
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives