「ピッチ」の検索結果(61件)

記事

この夏、ゴルフをもっと快適に!必須サマーグッズ3選

暑さを克服して、夏のゴルフをとびきり快適に。筆者周辺にたむろする自称ゴルフジャンキー諸氏の必須サマーアイテムをご紹介します。ルールよりも気持ちよさを優先するゴルファーに、お勧めです。文・バーディTETSU

  
1963

【乗り心地は期待以上に良い!?】ヴィッツ ハイブリッドの試乗インプレ

ネッツトヨタの代表車種ヴィッツ(Vitz)がマイナーチェンジをして、新モデルとなるハイブリッド車が新発売されましたね。先日、このヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)を試乗してきたのですが、静寂性も視界性も良く、十分に満足できる仕上がりになっていました。静寂性に関しては...

  
6998

ドライバーが飛ぶ!アイアンも飛ぶ!理屈が分かればたったこれだけで飛距離は伸びる!?

ゴルフにとって”飛距離”とはなんでしょうか?”武器”ですか?”凶器”?”憧れ”や”魅力”でもあり、”要”でもあるのではないでしょうか?飛距離が出なくてもスコアメイクはできる。ただ飛距離があればスコアメイクはしやすい。人それぞれ、飛距離に対する考えって違いますよね?ただ、私はハッキ...

  
51705

ゴルフスイングの練習は”小は大を兼ねるが、大は小を兼ねない”を意識しよう!

「小は大を兼ねる・・・・」?ゴルフの話に、いきなり何だ?と思ったのではないでしょうか。答えをお話してしまうと、「小」とは、短いクラブ、「大」とは、長いクラブのことを意味します。以下は、私の考え方ですので、絶対正しいとは言い切れませんが、ご参考にしていただければ、と思います。文・礎...

  
430

90を切るゴルフ!ダボを打つ原因と解決策~アプローチ編#2~

“アプローチ”といったら、どのような打ち方や球筋を思い浮かべますか? アプローチというと、距離の3~4割を上げて残りの6~7割を転がすピッチ&ランをイメージする人が多いかもしれませんし、それがアプローチの正しい打ち方(攻め方)の一つであることは確かでしょう。そのイメージを出しなが...

  
40222

カジュアルウォーターからの救済と処置|プレーヤーへのお助けルール

「カジュアルウォーター」と最初に聞いた時に、どんなイメージを持ったでしょうか?一般的にカジュアルは=気軽、くつろいだ感じ、さりげないといった意味が思い浮かぶでしょうから、「気軽な水?」と意味不明の翻訳が出てしまいますよね。実はこの場合の”カジュアル”は=偶発的な、偶然に起こった、...

  
4198

100切りのための練習するならアプローチから!グリーン周りの安定がスコアアップへの道!

ゴルフの醍醐味の一つはドライバーショットではないでしょうか?ドライバーで芯を捉えると手に衝撃は無くボールは遥か彼方まで飛んでいきます。コースでナイスショットすることはもちろん、練習場でもドライバーの当たりが良いと気持ちが良いものです。しかし、ゴルフ経験を積んでいけばいくほど、アプ...

  
14447

ラウンド後の練習が効果的な理由と具体的な方法~ショット編~

ゴルファーの皆さんは練習をラウンドの前にしますか?後にしますか?実は上達のためには”ラウンドの後”の練習の方が効果的なことをご存知でしょうか。プレー後のほんの10分、 ラウンドでのミスを振り返る時間に生かすことができれば、普段の練習の何倍もの効果が得られます。騙されたと思ってラウ...

  
23974

50ヤード以内のアプローチはサンドウェッジ1本で攻略!たった1本でアプローチをするメリットとは?

グリーン周りのアプローチショットの上達はスコアアップへの近道であると言えます。ゴルフが上手い人は、このアプローチが上手いですね。ピッチングウェッジ、9番アイアンなどいろいろなクラブを使ってアプローチを打つ方がいますが、50ヤード以内はサンドウェッジ1本あれば十分なんです!文・ゴル...

  
20347

ゴルフはアプローチがうまくなると簡単になる|アプローチがきっと上達するゴルフ講座(その1)

「ショットはいいのに、アプローチはどうも苦手だなぁ」「せっかくグリーン周りまで順調だったのに、そこから打っちゃうよぉ」という声をよく聞きます。練習場では、なかなか短い距離を練習する気にはなれませんし、アプローチ練習場が併設されているところも少ない。だからといって、あきらめないでく...

  
1201

2番ウッドはブラッシー!マッシー?ニブリック?ゴルフクラブの別称トリビア

ゴルフクラブのことを「3番ウッド」や「5番アイアン」等と呼びますが、実はすべてのクラブには別の呼び方があります。ここでは、その別称と由来や語源をご紹介します。文・ゴルフィ編集部

  
740

スバルに搭載されているビルシュタイン製ダンパーって何が良いの?

乗り味を決めるのに重要な部品の一つが、ショックアブソーバー。なかでも、スバル車が多く装着しているのがビルシュタイン製のダンパーです。このビルシュタイン製ダンパーは、どんなところが良いのでしょうか?文・赤井福

  
48877

輸入車のホイールは真っ黒!? 国産車と輸入車のブレーキパーツの違い

輸入車のホイールは、国産車に比べて汚れやすいと言われます。実際、街中で輸入車(とくに欧州車)のホイールを観察してみると、ボディはきれいなのにホイールが真っ黒になっているクルマを見かけます。以前国産車に乗っていたときは気にならなかったのに、なぜか輸入車に多いホイールの汚れは、いった...

  
6616

便利だけど危険!?「ツライチ」で使うホイールスペーサーの正しい使い方

クルマのドレスアップ手法のひとつに、タイヤをボディ側面のラインに合わせる通称「ツライチ」というカスタマイズがあります。見た目のカッコよさだけでなく、走行安定性も向上する効果がありますが、じつはこれ、正しく装着しないと、非常に危険でもあるのです。そこで今回は、「ツライチ」で使うホイ...

  
12730

特集 U-2.0のタイトなスポーツカーで決める

テンロクやテンハチと呼ばれた1600ccや1800ccのスポーツカーが元気だった時代は、2000ccのクルマがフラッグシップだった。時代が潤い、クルマが肥大化していく中でタイトなスポーツカーよりもラグジュアリーなスポーツモデルのほうが注目を集める時代に変わってしまった。しかしもう...

  
852

ULTIMATE JAPAN(アルティメイト ジャパン)

1989年、平成元年に日本のクルマは世界の頂点に登りつめた。日本のビンテージイヤーと呼ばれたこの年は、GT-Rが復活し、ロードスターが発売され、セルシオ=アメリカ名レクサスが世界の高級車に衝撃を与えたのだ。text:嶋田智之、伊丹孝裕、岡崎心太朗、神尾 成 photo:長谷川徹 ...

  
1847

"軽で高速道路はしんどい"は昔のはなし。楽になったそのワケとは?

以前は、軽自動車で高速道路を走るのはしんどい・辛いと言われていました。しかし近年は、多くの技術進歩によって、軽自動車でも高速道路を楽に走れるようになっています。どのように軽自動車の性能は進化したのでしょうか?

  
82974

シビック タイプRが採用する「レブマッチング機能」とは?

マニュアルトランスミッション(MT)の醍醐味といえば、ギヤチェンジをスムーズに行って、滑らかに加速したり減速したりを繰り返し、自由自在に車を操ることではないでしょうか。しかし、上手に操れないとクルマの動きがギクシャクしてしまい、むしろストレスになってしまいます。そんなギクシャクを...

  
11126

剛性60%アップ!? ボディの接合剛性を向上させるトヨタの技術「レーザースクリューウェルディング」と...

トヨタが開発した「レーザースクリューウェルディング」は、クルマの操縦安定性や乗り心地を左右するボディの接合剛性を向上させる技術です。従来の溶接方法である「スポット溶接」や「レーザー溶接」に対して、どのような違いがあるのでしょうか。文・吉川賢一

  
28456

初代カイエン(955型)の人気に値するほどの価値を中古で買って確かめてみた。

プレミアムSUVブームの火付け役となったポルシェ カイエン。今回はその初代モデルとなるタイプ955を紹介します。以前乗っていたハマーH2に代わる何か車高の高い車が欲しいと考えていたときに、あまり深く考えずなんの期待もなくカイエンを購入しました。唯一の理由と言えば、「大人気だけど、...

  
26167
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives