「ビアンテ」の検索結果(12件)

記事

ジムニーやランクルも!? 消防車のベースになった意外な車4選

日本の消防車といえば、トップシェアを誇るモリタで決まりだろう。特殊車両の代表例といえる消防車は、ベースがあるとはいえ、日本では細かな用途に応じて仕上げられた専用車両になっているのが大半であるはず。しかし、世界には意外なクルマも消防車に仕立てられている。文・塚田勝弘

  
7315

ミニバンの世界を変えるCX-8

質感、乗り心地。ハンドリング、動力性能。実用性、ルックス、そして価格。マツダCX-8はこうしたクルマに求められる要素を、非常に高いレベルで満たす、国産車としては近年まれに見る傑作だと思う。text:山田弘樹 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.183 2018...

  
2729

2017年に消えていったクルマたち

新型車がデビューするとなれば、メーカーはプロモーションに力を入れますし、各メディアも注目して取り上げます。しかし販売を終了するときは、ひっそりと…。今回は、2017年に粛々と生産終了してしまった車を紹介します。文・吉川賢一

  
37398

トヨタとマツダが資本提携!具体的になにが変わる?

2015年より協業関係にあったトヨタとマツダが、2017年8月4日に業務資本提携に踏み切る発表を行い、自動車業界を揺るがせています。今回の資本提携で、トヨタ車とマツダ車にどんな影響があるのでしょうか。

  
10495

マツダ、3列シートの新型クロスオーバーSUV「CX-8」を導入!どんな車?

かねてより噂のあったマツダのSUV、CX-8。異例ともいえる急展開のリリース発表が行われました。この期待のマツダSUVニューモデル、どんな仕様となっているのでしょうか?

  
32474

発表が噂されるCX-6…CX-5と何が変わるのか?

2017年2月にモデルチェンジを行ったCX-5、人気SUVモデルだったこともあり、マーケットでも好意的に受け止められています。そんなCXシリーズに「CX-6」という新たな兄弟車が追加される噂があるのです。

  
21127

デザイン派のマツダが誇る人気13車と中古価格|気になるマツダの株価は?

2017年はロータリーエンジン誕生、満50周年です。ロータリーエンジンを実用化したのは、おなじみのマツダ。広島市に本社を置くマツダは戦前から続く老舗メーカーです。そんなマツダ株式会社の歴史を振り返り、人気のマツダ車をご紹介。株価動向から今後のマツダを予想してみました。

  
17327

なぜゲート式レバーは急速に普及したのか?ストレート式に戻す車種も?

シフトレバーには、フロア、コラム、パドルなど、いろいろあります。フロアシフトの中でもゲート式か?ストレート式か?さらには、最近ではダイヤル式やボタン式も増えています。どれが一番使いやすいのでしょうか?

  
272988

マツダ ビアンテの中古価格・燃費|デザインと機能性を両立させたビアンテとは

2008年、同社のプレマシーをベースに投入されたマツダ ビアンテ。モデル系譜から見ると、2005年に販売を終了したボンゴ フレンディの後継にあたります。ビアンテとは、どのような特徴を持った車なのか。いろいろな角度からチェックしてみるとしましょう。

  
11803

ボンゴの中古車価格|マツダはボンゴバン・ボンゴトラックを改良!

マツダがボンゴシリーズを改良しました。単純に考えれば商用車を商品改良しただけですが、その背景にはマツダのバンに関する企業戦略が見えてくるかもしれません。そこで、ボンゴシリーズを通して、今後のマツダのミニバンに対する戦略も予測してみるとしましょう。

  
30109

マツダからミニバン撤退の噂が。3つのマツダ製ミニバンが遂に生産終了!?

11年の長きにわたって生産が続けられていたプレミアム・コンパクトのベリーサがついに2015年で生産を打ち切られたことで、マツダの車種整理が本格化するという見方があります。最近のマツダはコンパクトカーからミドルサイズセダン・ワゴン、そしてCXシリーズSUVが好調な一方で、後継車の噂...

  
93586

LAショー2015で世界公開!新開発SKYACTIV搭載の新型CX-9とは?

東京モーターショーと入れ替わるように米国で米国で開催中の「ロサンゼルスモーターショー」。さまざまなニューモデルが発表されていますが、マツダがついにSUV新型CX-9を世界初公開しました。

  
25474
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives