「パーツ」の検索結果(1120件)

記事

オイル漏れの修理代っていくらかかるの?

クルマは、乗っていても乗っていなくても経時劣化をします。特にオイルは年数が経つと、車体の下からポトポトと滴ることがあり、気づかずにそのまま走ってしまうと、エンジンを痛めてしまう原因にも…。そうならないためにも、オイル漏れの原因、対処法、そして気になる修理代について知っておきましょ...

  
570

フェラーリとランボルギーニ。似て非なるポジショニングとは?

スーパーカーや高級車として名高いフェラーリとランボルギーニ、もし買えるとしたら皆さんはどちらを選びますか?クルマ好きであれば、それぞれのヒストリーをご存知かと思いますが、あまり知らない人からすれば、どちらも同じ高級車メーカーとして見られているかもしれません。今回は、それぞれの違い...

  
9703

便利なワックスインシャンプー、デメリットはある?

太陽がジリジリと照りつける季節も終わり、快適に過ごせる日が増えてきました。そんな快適な季節は、洗車にも最適。次の週末に洗車をしようか…なんて考えている方も多いのでは?そんなときワックスインシャンプーを使えば、時間と手間の短縮になりますが、ワックスインシャンプーにはデメリットもある...

  
3387

タイヤが外れて事故になることも!? 走る前に確認しておきたい足まわり5つ

数年前、ドリフト大会で、走行中のクルマからタイヤが外れて観客が意識不明の重体となる事故が発生し、自動車業界には大きな衝撃が走りました。しっかりとメンテナンスを行っているであろうレース車両が、怪我人を出すトラブルを起こしてしまったのです。今回は、日常生活でもこうした事故が起きないよ...

  
5063

スポーツカーにはやっぱり必要!? 魅惑のリトラクタブル式ヘッドライト車5選

"パカッ"と点灯時のみ姿を見せる、リトラクタブル式ヘッドライト。1980年代のスポーツカーに多く採用されていた機構です。今回はリトラクタブルヘッドライトを搭載したスポーツカーを紹介しましょう。あなたの好きなモデルも入っているかもしれません!

  
7473

誕生から50年以上のハイエース、特別仕様車は買いか?

トヨタ ハイエースといえば、50年以上続いているロングセラーモデルです。1967年の発売以来、使い勝手の良い商用車として、多くの現場で活躍してきたハイエースに、長寿を記念する特別仕様車が発売されました。50TH ANNIVERSARY LIMITEDとDARK PRIMEⅡ、それ...

  
3872

最強を謳うメルセデス・ベンツの4ドアクーペ AMG GTの凄さ

AクラスからSクラスまで、フルラインナップを誇るメルセデス・ベンツ。その頂点に君臨するAMG GTに、待望の4ドアモデルが登場しました。これまでクーペとロードスターのみだったAMG GTが、実用性の高い4ドアを導入したことで、いったいどのような変化が生まれるのでしょうか。モンスタ...

  
2754

新車、中古車、レア車、それぞれどこで整備すればいいの?

車は購入したらそれで終了というわけにはいきません。購入後も定期的な点検は必要ですし、消耗品の交換やトラブルに見舞われたときの修理、新車以外では2年もしくは1年毎の車検もあります。多くの人は、そんなときにディーラーなり修理工場なりに頼ることになりますが、どこでみてもらうのが”最適”...

  
1734

S660が丸目のクラシカルな姿に!? 外装キットが発売!

2018年9月21日、ホンダの純正パーツを取り扱うホンダアクセスから、S660向けの外装キットが発売されます。今日的なデザインが与えられたS660のイメージをガラリと変える「S660 Neo Classic KIT」とは、どんな内容になっているのでしょうか?

  
3300

ヘッドライトにワイパーがついていた車5選

自動車のワイパーは、雨天時にガラスに付いた雨滴を払う重要なパーツです。このワイパーを無くし、なおかつフロントウインドウが雨に濡れないような機構を作ることができればノーベル賞ものと、昔からいわれています。それほどシンプルで大切なパーツなのですが、そんなワイパーがヘッドランプについて...

  
7913

コラムシフト、フォグランプなど…いつしか消えそうな自動車の装備たち

これまでに登場したクルマの装備には、時代によって淘汰され、無くなってしまったものも少なくありません。今回は、最近の電動化、自動化によって今後消えていきそうな装備、高性能化によって不要となった装備などを紹介していきます。文・赤井福

  
3247

旧車のパーツ供給がなくなっている今、ブレーキはどうする?旧車ブレーキの駆け込み寺とは?

年式の古いクラシックモデルに乗っている人共通の悩み、それはパーツの供給状況ではないでしょうか?内外装のパーツなどはネットオークションなどで程度の良い中古パーツなどを探すこともできますが、実際の走行に関する部分や車検取得に必要な消耗品に関しては中古品というわけにもなかなかいかない部...

  
3624

新旧乗り比べてわかった、旧型ジムニーの楽しい部分

ヒット街道を爆走し、今年のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しそうな勢いの新型ジムニー。でも、納車まで1年以上待つという狂おしい状況も。そこで、考えたい選択肢があえて旧型に乗るということ。新旧ジムニーを比較して、JB23/43型ジムニーの良さを検証してみました。文・山崎友貴

  
4521

現行国産車では1車種のみ!? ワイパーが1本しかない車3選

レーシングカーでは、軽量化や空力調整のために、1本アームのシングルワイパーにすることが多々ありますが、市販車となるとシングルワイパーは珍しく、通常は2本になっています。しかし、なかには珍しいシングルワイパーの市販車があります。ここではシングルワイパー採用した市販車を、現行車と懐か...

  
10627

クロカン4WD、賢い中古車の選びのコツ

巷ではキャンプブームとなっていますが、これにあわせるように人気上昇中なのがクロスカントリー4WD(オフロード4WD)、いわゆる4駆(ヨンク)です。この4駆は、流行のSUVとどのように違って、どんな魅力があるのでしょう?賢い中古車選びのコツとともに、解説しましょう。文・山崎友貴

  
2511

平成の名車といえばこれだ!5選 ー輸入車編

19世紀末に内燃機関が世に登場してから100年あまり。その間にあらゆる自動車が生産されてきました。そして時代を超えて語り継がれる“名車”もまた星の数ほど生み出されてきました。そのなかから、平成生まれのエポックメイクだった輸入車をピックアップしてみました。文・西山昭智

  
7967

7万円のオンボロ軽自動車にZERO-1000 パワーチャンバーをワンオフ制作!適合外でも装着できる?...

家族持ちでクルマイジリから遠ざかっているファミリーカー乗りから、今絶大な支持を集めているスポーツエアクリーナー、パワーチャンバーをご存知でしょうか?マフラー交換と違い、アクセルを踏み込まなければノーマル時と変わらない音量。そして、お父さんのお小遣いでも買える価格設定が功を奏し、ヒ...

  
4531

クルマの購入時にチェックすべき、3つのポイント

自動車を購入する際に気をつけておきたいチェック項目は、新車の場合と中古車の場合で異なります。楽しいカーライフを送ることを夢見て、なるべく効率の良い買い物をしたいというのはユーザーすべての本音だと思います。数ある自動車のなかから比較検討をして、ようやくお目当ての1台にたどり着いてか...

  
2695

先週もっとも読まれた記事をプレイバック!(8/6〜12)

猛暑が続くなか、先週は台風13号日本接近により、気温が一時的に下がり、寒暖差が大きく発生した週でしたね。また、先週からお盆休みが始まり、楽しい休暇を過ごしている方も多いことでしょう。さて、CarMe[カーミー]では先週(8月4日〜12日)に公開された記事の中で、どの記事が一番読ま...

  
10135

絶滅の自動車用空冷エンジン。その魅力はなんだったのか

現在の自動車用エンジンは、例外なく水冷式です。過去には、空冷エンジンを積んだ車も多く存在していましたが、時代とともに淘汰されてきました。しかし、そんな時代だからこそなのか、空冷エンジンにこだわるマニアも多くいるようです。今回は、そんな空冷エンジンの魅力について紹介していきます。文...

  
4004
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives