「パーツ」の検索結果(548件)

記事

アンチ軽も認める!? 日本が誇る軽自動車3選

庶民の足、ともいえるのが日本の独自規格「軽自動車」。サイズ、排気量などスペック面で大きな制約がある反面、税制度に圧倒的な優遇があるため、各メーカーが販売に力を入れている人気カテゴリーです。その一方で、小排気量からくるパワー不足や黄色ナンバーによって、普通乗用車オーナーからは蔑視さ...

  
12291

海に行った後は、塩害が気になります。どんな対策をすべき?

夏といえば、海。たとえ泳がなくても、クルマで海を訪れる人は多いでしょう。しかし、皆さんご存知の通り、塩はクルマにとって悪いことだらけ。海の近くで潮風にあたったクルマをそのまま放置しておくと、ボディやパーツのサビや腐食の原因になることもあります。そういった塩害には、どんな対策がある...

  
3792

タイヤがフェンダーからはみ出してもOK!? クルマの保安基準、どう変わった?

スポーティな車種のドレスアップで、よく話題になるのがツライチです。ホイールやタイヤをフェンダーからはみ出さない、ギリギリのサイズまでアップさせる手法です。しかしそれはもう昔の話。2017年6月22日から、10mmまでならはみ出しても良いことになったのです。

  
11566

軽スポーツ対決!アルト ワークス vs S660…どちらが買いか?

2015年末にデビューした現行アルト ワークス。同年の春にターボモデルのターボRSが発表されたときに、多くのユーザーが「ワークスじゃないのか!?」と落胆したことを受けて、スズキは即座にワークスをデビューさせました。一方、ホンダはミドシップの軽スポーツ、S660を投入しています。さ...

  
9653

フィリピンの名物!ド派手乗合バス「ジープニー」を知っていますか?

フィリピンで市民や旅行者のアシとして、重宝されているジープニー。日本のタクシーとバスの中間的存在で、利便性もさることながら、インパクトある外観も特徴です。そんなジープニーを紹介します。

  
2454

"ブタケツ"と呼ばれたC130型ローレルのチューニングが流行した理由とは?

ライトバンなどの商用車を一切設定しない日本初の”ハイオーナーカー”として、日産が1968年から2002年まで製造・販売していたミドルクラスの乗用車が「ローレル」です。2代目にあたるC130型ローレルの人気はどこにあったのでしょうか?

  
12168

"ナロー ポルシェ"を知っていますか?中古価格や維持費は?

皆さんは『ナローポルシェ』という言葉を聞いたことがありますか?ポルシェ好きの方ならもちろんご存知ですよね。1963年に登場し、2017年現在でも販売されているポルシェ911の初期モデルが、『ナローポルシェ』と呼ばれています。現在でも多くのファンが存在するナローポルシェについて、中...

  
9702

新型カムリに統合!? トヨタ SAIってどんな車?維持費や燃費は?

2009年にトヨタハイブリッド専用モデルとして登場したSAI。レクサスHSと多くのパーツを共用するSAIの、維持費や燃費、評価、中古相場をチェックしていきましょう。

  
2752

夏場、ルームミラーが勝手に下を向いてしまう!? その原因と対策

現在、ドライブレコーダーやレーダーには、ルームミラーの裏側に装着するタイプが販売されています。またより広い後方視界を確保するため、ワイドミラーを純正ミラーにかぶせている方もいるでしょう。しかし夏場、気がつくとミラーが下を向いている、という苦い経験はありませんか?そ原因は何でしょう...

  
7020

タイヤの「ひび割れ」はバーストの原因にもなる?その対処法は?

年間に走行する距離は、ユーザーによってさまざまです。なかには、10年近く同じタイヤという方もいると思いますが、タイヤはゴムが主となる部品。劣化に気を付けないと思わぬ危険が潜んでいるのです。

  
4219

車の片方の駆動輪を回すと、反対側のタイヤが逆回転する理由とは?

車をリフトアップして4輪とも浮かせた状態で、片方の駆動輪を回してみましょう。すると、反対の駆動輪は逆方向に回りますよね?普通に走っていたら起こるはずのないこの動きは、どのような仕組みから生まれているのでしょうか?

  
7776

ランボルギーニLM002やポルシェ959など…オフロードを駆けたスーパーカー

かつては超高級車ロールス・ロイスのスポーツバージョンを作っていたベントレーが、高級クロスオーバーSUV、ベンティガを発売したのは最近の話。こうした高級車やスーパーカーメーカーが、SUVをリリースするのは、より広い顧客を掴むためですが、かつてはブランドイメージ向上のために作られたス...

  
5131

高速走行時のためにタイヤの空気圧を高めにする考えは古い!? 正しいメンテナンス法とは?

その昔、高速道路を走る際は、タイヤの空気圧は高く設定した方が良いと言われていました。しかしタイヤが進化したことで、その行為が無駄になってしまうこともあるといいます。今回は、タイヤの正しいメンテナンス法をご紹介します。

  
7410

日本では発売されていないトヨタ アイゴってどんな車?

国内トップの自動車メーカーであるトヨタ。VWグループと世界のトップシェア争いをするほどの存在です。そんなトヨタは、さまざまなセグメントにそれぞれ魅力的なモデルを投入していますが、なかには日本で発売されていないモデルもあります。コンパクトカー、アイゴ(AYGO)もそんな1台です。

  
6711

愛車で世界一周旅行するためには、何が必要?

『愛車で旅をする』というのは、非常に冒険心をくすぐられるものですよね。日本の最北端や最南端を目指したり、日本一周というのも想像するだけでワクワクします。ところが世界一周となると、これはなかなかハードルが高そうです。はたして、どんな準備が必要になるのでしょうか?

  
3102

バブルを生き抜いた名車、シルビアと180SXの違いは?

バブル真っ只中の1988年、デートカーブームを起こすきっかけになった日産のシルビアS13型が誕生します。約1年遅れで誕生した180SXとの違いは何でしょう?

  
30180

GT-Rが水浸しになりながら走行…冠水路を走る際の注意点とは?

近年、気候が変化しており、夏場では急激なゲリラ豪雨に見舞われることも多くありますね。日本の排水インフラは優れているとはいえ、処理が追いつかないほどの豪雨であれば冠水しますし、排水の弱いところは冠水ポイントともなってしまいます。こうした状況をクルマで走る際、どのような点に注意すれば...

  
11562

マスタングカスタム最前線。LUXZが手がけるマスタングの狙いとは?

2016年末までに日本市場から全面撤退する」というフォードの発表に対し、「いまこそフォード文化を支える力になりたい」と誓ったひとりのアメ車好きがいます。ダッジ・チャレンジャーやフォード・マスタングといったアメリカンマッスルカーを専門に扱うショップ『LUXZ(ラグジ)』を率いる島澤...

  
6827

ドイツではポルシェなどが国産車…ドイツ人はいくらで購入してるの?

ポルシェ、メルセデス・ベンツ、アウディ、BMW…日本でもドイツ車の人気は大変高く、輸入車の代名詞といえるほど多くの支持を集めています。また、200万円台、300万円台のモデルも増えている中、依然としてドイツ車=高級車のイメージが根強いのも確かです。では、ドイツ車は本国ではいくらで...

  
29893

耐久力に重点を置いて開発されたウインドウガラスコーティング剤

ジメジメした梅雨が明ければ、待望の夏がやってきます。梅雨入り前に塗ったウインドウのガラスコーティングも効果が薄れてきたし、そろそろ施工しないと……、という方も多いのでは。「でも、一般的なカー用品だと手間が掛かる割に、長持ちしないんだよね」というのは、よく聞く話。そんな悩みも手間も...

  
6516