「パーツ」の検索結果(471件)

記事

レクサスNX F SPORTをよりアグレッシブなリアルスポーツSUVへと進化させるアーティシャンスピ...

レクサスの人気SUVモデル「NX 200t / 300h」。レクサスのSUVモデルでは比較的小型といえるモデルだが、現代の技術で躾けられた2.0Lターボエンジンと、トヨタ自慢の2.5Lハイブリッドエンジンで小気味良い走りを実現している。またラグジュアリー感あふれるエクステリア・イ...

  
1667

これはホットハッチか?スポーティに生まれ変わったCX-3

鼓動デザインを与えられたCX-3は、無骨さと洗練のあいまった完成度を誇っている一方で、マットブラックの「SUVらしい」パーツが主張している。もちろんSUVでたらしめるデザインであるものの、素っ気なさを感じるのも事実。そこにスポーティなエアロパーツとクロームメッキを随所に施したのが...

  
1314

輸入車SUV人気No.1、メルセデスGLAがマイナーチェンジ!どう進化した?

メルセデスブランドの中で、もっとも小さい車種がAクラス。そしてそのAクラスのSUVモデルが、GLAです。現行モデルは、2014年5月に誕生した初代モデルで、今回がフェイスリフトを含めた初のビッグマイナーとなります。どう進化したのでしょうか?

  
4448

レンタカーとしても借りれる?ジープの伝道師、タイガーオートの提案する楽しさ溢れる「タイガーパッケージ...

ジープの楽しさを多くの人に知ってほしい…。そんなコンセプトを掲げ、活動しているタイガーオート。ジープのレンタカー事業も開始、じっくり乗れるサービスも用意しているほど。そんなタイガーオートの提案するカスタマイズ・ジープが「タイガーパッケージ」。車高をアップする事で、ジープの強みであ...

  
670

シボレー ボルトとプリウスPHV、BMW i3…あなたはどれを選ぶ?

近年、各メーカーはこぞって電気自動車に力を入れています。インフラがさらに充実すれば、電気自動車がメジャーになるのも時間の問題かもしれませんね。今回は、日本、アメリカ、ドイツ、各国のメーカーが作るPHVとEVを比較してみたいと思います。

  
4373

R32の新定番!WORK MEISTERシリーズの新作はレーシングスピリッツあふれる6本スポーク

2017年3月に創業40年を迎えたワークは、日本だけでなく、海外でも高く評価されているアルミホイールのメーカー。2016年のアメリカSEMAショーをはじめ、各地でお披露目された注目の新作「マイスターL1 3ピース」は、レクサス ISやBMW 3シリーズといった最新のアッパーミドル...

  
8848

普通のフェアレディZとNISMOバージョンの違いとは?

日産のピュアスポーツカーとして、人気のフェアレディZ。まもなく生誕50周年を迎えます。2017年現在、現行モデルになってからすでに約8年経過しており、最近では次期型の発表が噂されていますよね。また、生誕50周年を記念した限定モデルが発売されるとも言われています。そんなフェアレディ...

  
10443

SUVの枠を超え、変貌を遂げるDAMDのマツダCX-3

スポーティなドレスアップパーツで定評のある「DAMD」が人気小型SUV、マツダCX-3のキットを開発。SUVといえば、オフロードも走れるカテゴリだが、DAMDの提案するCX-3のアピアランスはまさに「ホットハッチ」そのもの。土煙を巻き上げ砂利道を駆けるのではなく、タイヤのスキール...

  
9599

価格が2倍も違う!アウディTTとTT RSの違いは何か?

アウディには、ベースモデルのほかに性能を高めた「S」と「RS」というモデルが各シリーズに用意されています。それはスポーツモデルのTTでも同様で、なんとベースモデルのTTとトップグレードのTT RSには、約2倍の価格差があります。この2台には、どのような違いがあるのでしょうか?

  
10994

チューニング界の雄、HKSが手がけたハイスピードステーションワゴン

1973年、レース用エンジン、エンジンパーツの開発・製造および販売を目的に設立されたエッチ・ケー・エス。1982年には、F-CON、ターボタイマー、EVCといった電子部品をリリース、チューニングにおける定番商品となったほか、現在では、ターボキット、サスペンション、エキゾーストシス...

  
13020

デザインと機能性の融合。GARAGE VARYの提案する快速HONDA S660

「より良いものをより高いクオリティーで」を基本理念に、常にユーザーニーズに即したエアロパーツを作り続けてきたガレージ・ベリーの名前は、マツダ・ロードスターや欧州車ユーザーには、つとに有名。その製品は、デザイン、仕上げともに多くのリピーターを生んでいるという。そんなガレージ・ベリー...

  
7111

チューニングカーの醍醐味。ボディーワイド&ローで見せる、「BLITZ 86 WIDE BODY」

BLITZの86のコンプリートカー「BLITZ 86 WIDE BODY」は、1980年にKKKのターボチューニングキットを発売し設立された老舗のチューニングメーカーが提案。パワーチューンとドレスアップをミックスした、ストリートスポーツコンセプトだ。古くからターボチューニングを得...

  
6241

ホイールを軽くすると何が変わる?メリット・デメリット

ホイールのカスタマイズはポピュラーなチューニングメニュー。ホイールが変わるだけで、クルマのイメージがガラリと変化するのも楽しいところですが、外観だけでなく、走行性能にも影響を与えるのです。

  
14344

モータースポーツ参戦から得た技術を惜しみなく投入した「Syms LEVORG」

SYMS(シムス)レーシングが活動を開始したのは1993年。当時、注目を集めていたN1耐久レースに、シムス SMSG インプレッサを送り込んだのが最初だった。そこで培った経験と開発力をもとに、アフターパーツ向けブランド”SYMS”を創設。現在では、サスペンションやマフラーからエア...

  
7708

イチロー選手の実兄がデザイン!? SUWのオリジナルホイールとは?

イチロー選手の実兄である鈴木一泰氏がデザイナーとして、SUWというファッションブランドを手掛けているのをご存じでしょうか。なんと、そのSUWからオリジナルのホイールもリリースされているのです!

  
7710

見る角度によって色を変える輝きを追い求めたDOREREN DELDIO

ホイールのアフターマーケットを見渡すと、デザイン、素材、カラーなど、自分のカーライフスタイルにマッチしたホイールを探すことができます。そんななかにあってトピー実業のアルミホイールは、優れたデザインで強い個性を放っていることが特徴となっています。さらに、高い品質管理による信頼性と性...

  
11384

リアウィングの種類と効果の違いとは?

速そうなスポーツカーに装着してある、車体後方に付いた大型の羽根状の部品「リアウイング」。ただのアクセサリーではなく、れっきとした機能を持つ部品です。また、ひと言でリアウイングと言っても、形状によって名称はさまざま。機能にも違いがあるのです。

  
8862

鼻穴がついたフロントグリル!? ルノー アルピーヌA110が復活!!

2017年3月に開催されたジュネーブショーにて、新型アルピーヌA110の市販モデルがついにお披露目となりました。実は新型といっても、こちらは1970年代に活躍したスポーツカー、ルノー アルピーヌA110を最新の技術で蘇らせたリバイバルモデルという位置づけです。

  
12606

扁平率45から35に変えたら速度計が狂う!? どう対処したらいいの?

昔はスポーツカーでも16インチもあれば立派なホイールでしたが、近年は18インチなんてざらで、20インチを超えるホイールを履いている車も少なくありません。ホイールのインチアップだけであれば、扁平率は変わってもタイヤの外径はほとんど変わらないので、車の定番カスタムとなっています。しか...

  
19372

【車の豆知識】車のサスペンションって?どんな仕組みなの?

車のサスペンションと聞いて、あなたはどんなパーツを思い浮かべますか?もしもあなたが、スプリングを思い浮かべてしまったのであれば、それは間違いです。サスペンションは、アームやスプリング、ショックアブソーバーなどすべてを含んだ足回りパーツのことなのです。今回は、そんなサスペンションの...

  
6519