「パンダ」の検索結果(36件)

記事

約10億円のものも!? 大型トラック、救急車など…働く車の意外な値段

身の回りにたくさんあるのに、私たちとは縁遠い乗り物たち。重機や救急車、大型トラックなど種類は様々ですが、それらの価格はいくらぐらいなのでしょうか?調べると、意外なプライスが見えてきました。文・山崎友貴

  
13175

誕生から約40年。愛らしいデザインと高い実用性で人気のフィアット パンダを振り返る

日本では上野のパンダの“シャンシャン”が話題を呼んでいますが、そのジャイアント・パンダから車名を取っているのが「フィアット パンダ」です。1980年に生まれべくして生まれたパンダが、今日の話の主役です。文・山崎友貴

  
3134

デロリアン、初代ゴルフなど…ジウジアーロデザインのクルマたち

イタリアを代表するカーデザインの巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ。直線を基調としながらも洗練された美しさ、気品を漂わせる造形美は、時代を超えてあらゆる人に愛されてきました。今回は、そのジウジアーロデザインのクルマをいくつか紹介しましょう。文・吉川賢一

  
9128

おしゃべりなクルマたち Vol.67 自動車小僧の分かれ道

予定では今年の6月に高校を卒業して9月に大学に入り、12月に18歳となる息子は「いよいよ、秒読みに入った」、最近、こう繰り返す。高校卒業試験のカウントダウンがはじまったかと思いきや、彼が言うところの秒読みはクルマの購入のタイミングだから呆れてしまう。text:松本葉 イラスト:武...

  
172

オンナにとってクルマとは Vol.46 マンナカニスタの女

いつも、5人で1台のクルマに乗って撮影に出かけるメンバーがいて、その中の20代女性編集者Aちゃんは、いつの頃からか「マンナカニスタ」を名乗っている。Aちゃんが自分で決める指定席は、必ずリアシートの真ん中だ。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.140 2014...

  
171

おしゃべりなクルマたち Vol.69 フランス流接触事故処理

些細な事故に遭遇した。初夏を想わせる気持ちのいい朝、前のバスが速度を落とした。私もスーッと愛車のブレーキをかけ、ほとんど停車状態になったそのとき、後方にドカンと衝撃を受けた。ミラーでリアのドライバーと合図し合いながら、クルマを路肩に寄せて確認すると、パンダのお尻はぐちゃぐちゃ、相...

  
180

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.69 手軽なボディ剛性アップ術

試乗記を読むたびに「ボディ剛性」という言葉を目にすると思う。僕もよく使うし、同業者もよく使う。でもそれ以上にこの言葉を連発するのが自動車メーカーのエンジニアたちだ。ボディ剛性とは、外部からボディに力が加わったときの変形しにくさのこと。衝突などに対する壊れにくさは「強度」であり、剛...

  
1310

おしゃべりなクルマたち Vol.50 母と娘の探し物

ある秋の週末、友達と映画に出かけた娘を拾い、一緒にスーパーに出かけた。いつ雨が降り出してもおかしくない、そんな日だったから彼女は折り畳み傘を持参していたのだが、スーパーに着くとそれをパンダのグローブボックスにしまった。text:松本 葉 イラスト:武政 諒 [aheadアーカイブ...

  
89

おしゃべりなクルマたち Vol.96 パンダとエアコン

アスファルトから煙がたつ、そんな灼熱の夏日のことだった。我が家から高速に乗り、愛車パンダの鼻先をイタリアに向けた。トリノ近郊の街で泊りがけの仕事があって、それで出掛けることになったのだが、走り始めてすぐ、エアコンから冷えた風が出てこないことに気が付いた。最初は外の気温が高過ぎるの...

  
112

現在人気カテゴリーの「SUV」はどのように誕生したのか

今や自動車市場で空前絶後のブームとなっている「SUV」。セダンやミニバンを抜いて、自動車カテゴリーのベーシックになりつつあります。このSUV、一体どのように生まれたのでしょうか?今回は、SUVの成り立ちを追ってみましょう。

  
8533

埋もれちゃいけない名車たち VOL.12 解っている人が選ぶ"通"の四駆「FIAT PANDA 4×...

4〜5年前、イタリアのとあるスポーツカーのプレス向け試乗会の会場でひとりのエンジニアと話していたとき、特に深い理由もなく、普段は何に乗ってるの? と尋ねてみた。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.128 2013年7月号]

  
2073

埋もれちゃいけない名車たち VOL.14 元祖プレミアムコンパクト「アウトビアンキY10」

英国の格式あるホテルのエントランス責任者が、新人のドアマンに向かって「この小さなクルマが来たらジャガーやメルセデスよりも優先してドアを開けなさい」と指し示した─という逸話を持つのは、小さなロールズロイスと呼ばれたヴァンデンプラ・プリンセスだった。text:嶋田智之  [ahead...

  
1486

おしゃべりなクルマたち Vol.65 若作りとクルマの修理

我が愛車、フィアット・パンダの走行距離、ただ今9万キロ。クルマ作りを職にするダンナに言わせるとこれからが本領発揮の時という。買い替えたいだの新車が欲しいだの言わせないための戦略とわかっていながら、それでも乗るたびに絶好調だなあと私も思う。エンジン音に籠ったところがなく、走りがノッ...

  
318

パンダやライオンなど…動物の名前がついた車8選 Part1

レクサスやマツダ、BMW、メルセデス・ベンツなどは、ローマ字と数字を組み合わせたものを車名としていますが、多くのメーカーでは、なんらかの意味を持つ名詞や造語が車名に使用されています。そのなかで、動物の名前が由来となった車を紹介します。

  
8103

おしゃべりなクルマたち Vol.66 キリンも老いてはロバに劣る?

先月号のこのコラムで、愛車のスターターが壊れた話を記した。記したのは壊れたクルマをガレージに運んだ日。修理に要する5日間はせっせと歩こうと思っていたが、2日目の昼、早くもギブアップした。田舎町の宿命でクルマなしでは日常生活が回らないのだ。代車をだしてもらうことにした。text:松...

  
92

おしゃべりなクルマたち Vol.64 今を考えるフランス人、先を考える日本人

毎週木曜日はウォーキングの日、秋口からこう決めて、友達と海沿いの道を歩いている。スタートは浜辺の横にある無料パーキング。私はクルマで行き、近くに住む彼女は自転車でやって来る。text:松本 葉 イラスト:武政 諒 [aheadアーカイブス vol.133 2013年12月号]

  
171

おしゃべりなクルマたち Vol.68 ピッコリーナ・レンジャー

なぜパンダに乗るのかと尋ねられるたび、答えに詰まる。最初からこのクルマを狙っていたわけではない。アレはちょっと、コレはどうもと消去していったらパンダが残った。こう言うとしかし、このクルマに申し訳ない気がして、それで上手に答えられない。今や、パンダで一生終わってもいい、それくらい気...

  
199

おしゃべりなクルマたち Vol.79 人のふり見て我がふり同じ

オレオレ詐欺こそ、まだないが、当地でも新手の詐欺が横行している。最近も娘が引っかかったばかりだ。text : 松本葉 [aheadアーカイブス vol.148 2015年3月号]

  
90

おしゃべりなクルマたち Vol.78 ジェネレーションギャップ

念願の自動車免許を昨年、取得した息子はしかし、自分のクルマを持たぬまま、年を越し、1月を終え、2月の声を聞いてもいまだ運命のヒトに出会えずにいる。text : 松本葉 [aheadアーカイブス vol.147 2015年2月号]

  
101

おしゃべりなクルマたち Vol.74 たかがつまみ、されど…

がさつな扱いがいけなかったのだろう。ボリュームを上げたり下げたり、ぐるぐる左右に回していたら、愛車パンダのラジオのつまみがある日、ぽろっと落ちてしまった。なんてこと! シートに転がったそれを拾い、くるくる回してから、そろそろっと手を外したが、待ってましたとばかりにまた同じ場所に転...

  
143
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives