「パンク」の検索結果(72件)

記事

パワステがないとどうなる?パワステ故障の対処法は?

ハンドルの操舵をアシストするパワーステアリング(パワステ)は、いまや付いていることが当たり前の装備で、ステアリング径の設計もパワステ装備を前提になっています。そのため、なんらかの理由でパワステが切れると、ハンドルを回すことができなくなります。ここでは、パワステがないと具体的にどう...

  
10448

パンク修理キットを使うと、タイヤの完全修復ができないって本当!?

クルマの走行中のトラブルで、バッテリーあがりの次に多いのがタイヤの「パンク」です。最近のクルマは、スペアタイヤが装着されておらず、パンク修理キットが車載されていますが、じつはこの修理キットを使うと、タイヤ交換や修理がやりにくくなることがあるのです。今回は、パンク修理キットを使った...

  
3277

免許証の平成表記、新元号に変わったらどうなるの?

現在交付されている自動車の運転免許証には、有効期限に元号が使われています。ご存知のように天皇陛下の退位にともない、元号も変更されるわけですが、運転免許証の有効期限表記について、どのような対応が必要となるのでしょうか。文・立花義人

  
6846

トラックやバス、航空機に使われているリトレッドタイヤ(再生タイヤ)って何?

乗用車用タイヤの大半は、摩耗したら交換するのが一般的だが、トラックやダンプカー、大型バス、航空機などにはリトレッドタイヤ(再生タイヤ)が使われることがある。「再生するタイヤ」とは一体どんなタイヤで、どんな工程を経て再生されるのだろうか。文・塚田勝弘

  
3564

愛車のタイヤに釘が刺さっていたら、抜いたほうがいいの?

タイヤに釘が刺さったことがある方もいるだろうが、日本は外国と比べて、路上に釘などの異物が落ちていることは比較的少ない。とくに、最近の日本では以前よりも道路環境が改善されているから、こうした運の悪さを実感する人も減っているかもしれない。それでも、万一、釘が刺さってしまった場合はどう...

  
47297

SPECIAL ISSUE クラスレスの時代

徹底した階級社会がクラスレスなクルマを生む。カジュアルなはずのSUVにロールス・ロイスやベントレーなどの超高級メーカーが参入する。誠に、人間とは矛盾を孕んだ不思議な生き物だ。吉田拓生氏にはクラシック・ミニの生まれた背景と、ミニが英国社会に与えた影響を、今尾直樹氏にはSUVにプレミ...

  
325

観客も参加者もエンターティナー Wheels and Waves

僕はここ数年、6月にフランス・ビアリッツで開催されるバイクイベント「Wheels and Waves/ホイールス・アンド・ウェーブス」を取材している。今年で開催7回目、プレ開催や本開催までの準備期間を入れると約10年の歴史を持つイベントだ。text/photo:河野正士 [ahe...

  
219

クルマのボディ側面下にある"逆三角マーク"。これってなに?

クルマのボディの側面、ドアの下部、スカートと呼ばれる箇所に逆三角形のマークがあることを知っていますか?車種によっては、矢印の場合もあります。普段は、それほど必要ではないマークですが、じつはとても大事な役目を担っています。このマークは、なんのためについているのでしょうか。文・吉川賢...

  
4220

埋もれちゃいけない名車たち vol.66 超高性能・超豪華 SUVの起源「ランボルギーニ・LM002...

今や世界中でSUVが大ブーム。庶民的な小さなモノからラグジュアリーセダンも真っ青になる超高級なモノまでと、ひと昔前だったら想像もつかないほどの品揃えだ。そして昨年の12月、ザ・スーパーカー・メーカーとでも呼ぶべきランボルギーニが、〝ウルス〟というモデルを正式に発表した。text:...

  
922

GT-Rやレクサス、BMWなど採用!ランフラットタイヤのメリットとデメリット

BMWやメルセデス・ベンツ、レクサス、日産 GT-Rなど、高級車に採用が多いのがランフラットタイヤです。パンクをしても、ある一定の距離を安心して移動できる優れモノですが、はたしてどれほどのメリットがあり、どのようなデメリットが存在しているのでしょうか。文・西山昭智

  
4396

バックミラーやMTなど… 近い将来消えるかもしれないクルマの技術5選

自動車に関する技術は、近年、めざましい発展を遂げています。特に自動運転化を見据えた技術開発は、自動車メーカーだけでなくさまざまな業種が参入し、クルマが社会において、さらに大きな役割を果たすことを目指して行われています。今回は、自動車の技術開発にともなって、近い将来消えてしまうかも...

  
15313

タイヤの空気はどこから抜けているの?タイヤの空気圧が勝手に下がる理由

定期的にチェックすると意外に減っているもの、それが空気圧です。推奨値まで入れたはずなのに、どうして抜けてしまうのでしょうか?また、どの部分から抜けているのでしょう?

  
30458

タイヤが外れて事故になることも!? 走る前に確認しておきたい足まわり5つ

数年前、ドリフト大会で、走行中のクルマからタイヤが外れて観客が意識不明の重体となる事故が発生し、自動車業界には大きな衝撃が走りました。しっかりとメンテナンスを行っているであろうレース車両が、怪我人を出すトラブルを起こしてしまったのです。今回は、日常生活でもこうした事故が起きないよ...

  
6330

タイヤの溝に小石が挟まっている!これって取ったほうがいいの?

クルマで走ったあとにタイヤを見ると、溝に小石が挟まっていることがあります。取り除くのが面倒で、そのままという方は意外に多いのではないでしょうか?しかし、タイヤの溝に挟まった小石は、放っておくとトラブルの原因になってしまうことも…!?

  
24716

日本はセンチュリー、では中国は?各国が代表するショーファードリブンカーを紹介

あまり耳慣れない「ショーファードリブンカー」という言葉。これは運転手「Chauffeur(ショーファー)」が運転する「Driven(ドリブン)」車のことで、いわば運転手がハンドルを握る高級車のこと。運転は専属のドライバーに任せ、自らは後席に乗ることになるため、ショーファードリブン...

  
32172

女性から見た欧州車

多くの女性は、いつまでも美しくあろうと、日々、自らをメンテナンスして、自分には何が似合うだろう? とメイクやファッションにも気を遣う。でも実はクルマだって洋服と同じくらい、いやそれ以上に、その人を表現する重要なアイテムになる。text:吉田由美、藤島知子、今井優杏、竹岡 圭 [a...

  
7879

雨の日はクルマの本を愉しむ

雨の日は憂鬱だ。雨の日はちょっと寂しい。屋根のあるクルマでさえ、出掛けるのがおっくうになることがある。だから、雨の日は本を開くのがいい。窓の外に雨音を聞きながら読む文章は、心の中にしっとりとした輪郭を刻む。いつもとは違ったクルマの世界を見ることができるはずだ。元「ティーポ」編集長...

  
454

パンクしない!? 「シーリングタイヤ」って知ってる?

近年、ランフラットタイヤを標準装着したクルマが増えています。ランフラットタイヤは、パンクしても、ある程度走行が継続でるように設計されたタイヤです。このランフラットとは違った仕方で、パンクしても走行が継続できるようにした「シーリングタイヤ」をご存知でしょうか。今回は、このシーリング...

  
10606

GW、あなたも気をつけて!事故より多い、うっかりミスによるトラブル

自動車を運転しているときに遭遇するトラブルは、誰しもが少なからず経験があると思います。そのトラブルは、交通事故よりも件数は多いのです。小さなトラブルであれば、自分で解決することもできますが、ある程度の知識がないとそうも行きません。そんなとき多くのドライバーがお世話になっているJA...

  
13978

性能に満足できなければ、タイヤ代は返します。前代未聞のタイヤ保証を実施するメーカーとは?

日本には大手タイヤメーカーが4社もあり、世界でも珍しいマーケットを形成しています。それだけに、国産タイヤへのシンパシーが非常に高い傾向があり、海外製においては、欧州製タイヤは認めつつもそれ以外は・・・と言ったところ。しかし、グローバルな視点でタイヤマーケットを見てみると、多くの日...

  
11408
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives