「バルブ」の検索結果(426件)

記事

車中泊マットおすすめ10選!人気ランキングをもとに快眠アイテムを紹介します

車中泊マットは車内で寝る時に必須のアイテム!車内の段差を解消し通気性や防寒性にも優れている車中泊マットは、体を痛めず快適に過ごすためにも用意した方が良いと言えます。折りたたみ持ち運べるものから自動で空気を取り込むエアーベッドタイプなど、Amazon売れ筋ランキングや楽天ランキング...

  
34822

ウインカーをLEDにした時のハイフラ対策方法を教えます!

最近のクルマには、ハイマウントストップランプやブレーキランプで採用が広まったLEDバルブが、ウインカーにも採用が広まってきています。特に、流れるようにウインカーが点灯するシーケンシャルタイプなどが人気です。文/写真・yokohama外資系WEBサイトのライターとして10年以上、自...

  
34798

JeepブランドのコンパクトSUV「Renegade(レネゲード)」に410台の限定車追加

数々の特別装備を付加した限定車が登場。

  
1039

ヴォクシー煌2の外装画像レビュー【フロントマスクは要チェック!】

トヨタの人気ミニバン”ヴォクシー/ボクシー(VOXY)”、特別仕様車“煌2(きらめき2)”先日この特別仕様車”煌2(きらめき2)”を見る事ができたのですが、さらにインパクトのあるデザインに…。特にフロントマスクはメッキ調の装飾エリアが増えて、より高級感・上級感があるデザインになっ...

  
787

半年で1.5万km…マツダ 2代目 (NB) ロードスター 大学生が少し勇気を出して購入して気づいた...

大学3年生の夏、自動車ライターとして本格的に活動を開始した時にダイハツ・コペンからマツダ・2代目 (NB) ロードスターへと乗り換えました。ロードスターを所有して半年と少し、既に15,000キロほど走行しましたが、その中で感じたことを率直にお伝えします。文/写真・西川昇吾

  
4650

自動車の空気入れの方法を解説!いつものアレでイケちゃいます!?

クルマが走るうえで実はかなり重要なのがタイヤの空気圧。しかし日々乗っているとつい、見落としがちなところではないでしょうか。今回はそんな空気圧のメンテナンスについて触れていきます。

  
7089

初代の楽しさを残しつつ欠点を圧えた2代目。マツダ (NB)ロードスターを振り返る。オーナーレビュー

1998年に誕生した第2世代のロードスターが、2代目(NB)ロードスター。いわゆるNBロードスターだ。そのNBロードスターを2台乗り継いだ。最初のNBロードスターはワンメイクレースに参戦するための「NR-A」であった。レースへの参戦は1年と短かったものの、勝利の祝杯や惜敗など内容...

  
28235

心地よい“旧さ”を味わうべき一台…3,873万円ベントレー ミュルザンヌ スピード 試乗レビュー

ベントレーのフラッグシップ「ミュルザンヌ」は、今から10年前、2009年の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」でワールドプレミアに供された。2017年モデル以降はフロントマスクを中心にフェイスリフトを受けたが、残念ながら筆者自身はこれまでドライブする機会に恵まれなかった。しか...

  
20924

プジョー、3008/5008のガソリンモデルを改良

改良型のガソリンエンジンと8速オートマチックを搭載します。

  
634

上海モーターショー:スバル人気スポーツカーの新たな進化

スバルは4月16日~18日に開催された上海モーターショーで改良された「スバル BRZ」を発表。

  
865

Gグレードよりもシンプル!?新型カムリXグレードの外装画像レビュー

2017年7月にトヨタのセダン車のフラッグシップモデル新型カムリ(CAMRY)が、フルモデルチェンジをして、新発売されました。日本ではハイブリッド車専用セダン車として発売されているこのカムリですが、今回の新型モデルでは、3つのグレードをラインナップしています。■新型カムリの3つの...

  
789

ホイールを光らせるチューニング…これって車検通るの?

クルマやオートバイのカスタムで、ひそかにブームとなっているのが「光るホイール」ではないでしょうか。ホイール自体は発光していなくとも、ブレーキ周りなどにLEDを仕込んだり、ホイールキャップやバルブを光らせるようにすると、ナイトドライブでホイールに、まさに輝きがプラスされます。周囲へ...

  
33007

最近聞かなくなった自動車チューニング用語&パーツ4つ

チューニングやドレスアップといったカスタマイズは、自動車趣味のひとつとして完全に市民権を得ている。それには合法チューンといわれる保安基準を満たしたカスタマイズが主流になってきたことも貢献していることだろう。とはいえ、日本でチューニングが盛んになりはじめた1970年代からしばらくは...

  
50222

2019年アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

R32型スカイラインGT-Rが生産から25年経過した際に話題となった25年ルール。国外で生産された車両をアメリカへ輸入する場合、様々な事項に適合させる必要があるため中古車の輸入は実質不可能ですが、25年以上経った車両は規制が緩和されるため「輸入解禁」状態となります。そこで今回20...

  
43480

日産スカイライン200GTt Type P試乗インプレ【乗り心地はどうだった!?】

2017年12月にマイナーチェンジをしたV37スカイライン。シャシーに関してのアップデートはありませんが、ハンドリング、乗り心地、ノイズ、振動といった動性能はどういったレベルなのか、レビューしていきます。2018/2/26

  
952

日産スカイライン200GTt Type P試乗インプレ【乗り心地はどうだった!?】

2017年12月にマイナーチェンジをしたV37スカイライン。シャシーに関してのアップデートはありませんが、ハンドリング、乗り心地、ノイズ、振動といった動性能はどういったレベルなのか、レビューしていきます。2018/2/26

  
4323

エンジンオイルにとって重要な「粘度」って一体何?

寒い冬が終わり、そろそろ暖かくなりおでかけしたくなる季節。長距離ドライブに行く前に古くなったエンジンオイルを変えてみてはいかがでしょう。ですが量販店に行くと「0W20」とか「5W30」というような数字を見たことはありませんか? そこで今回、長年レーシングカーや市販車のエンジンオイ...

  
11442

スバルレガシィB4や三菱エクリプスクロスなど…実力はあるのに惜しくも不遇の名車5選

「不遇」とは才能や能力は高いのに世間的に認められていない状態を指す言葉。クルマにとって世の中に認められていないことを、売れていないと仮定して、現在の販売ランキングでは下位に沈んでいるクルマの中から、素性の良いモデルをピックアップしてみよう。文・山本晋也

  
23016

70%増の意義を感じる KTM 200DUKE

「Ready to Race」とか「Areyou Ready?」といった、過激なキャッチコピーでおなじみのKTM。そんな同社が作るマシンは、レーシングとストリートの境界があいまいな、あきらかに攻撃的でエキサイティングなマシンばかりだ。text:鈴木大五郎 photo:長谷川徹 [...

  
606

大島優子2輪免許を取る

『かつてバイクという乗り物があった。現在ではごく一部の愛好家をのぞけば、一般にはほとんど乗られていない』未来の図鑑にオートバイがそんな風に記載されたらなんだか悲しい。だがそんな妄想が冗談でなくなるくらいバイク市場は縮小し、若者のバイク離れも深刻化している。text:山下敦史 [a...

  
1514
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives