「バックミラー」の検索結果(53件)

記事

オーナーさんが感じた2つの欠点とは?【ヴォクシー購入者の口コミ】

私の友人にずっとネッツトヨタから発売されているM型ミニバンのヴォクシー/ボクシー(VOXY)を乗り続けている友人がいます。現在その友人は、80系ヴォクシーのガソリン車の特別仕様車”煌(きらめき)”に乗っているのですが、フルモデルチェンジをして新しくなるたびに、どんどん乗り心地や走...

  
50645

日産セレナ プロパイロットエディションとハイウェイスターの違いとは?

C27型モデルの人気グレードをディーラーさんに確認をしてみたところ、エアロデザインがカッコいいハイウェイスターGと期間限定で発売されているプロパイロットエディションの売れ行きが良いようです。日産のセレナの中で特に人気が高くなっているハイウェイスターGと特別仕様車”プロパイロットエ...

  
620

トヨタCHR/C-HRの試乗インプレ【前方&後方の視界性はどうだった?】

トヨタのコンパクトSUVCHR/C-HR。早速私も東京のお台場にあるメガウェブ(MEGA WEB)や近所のディーラーで試乗をさせて貰ったのですが、ハイブリッド車・ガソリン車ともに予想以上の乗り心地の良さにビックリしちゃいました。このように乗り心地は大満足だったのですが、欠点・デメ...

  
1185

ソリオ ハイブリッドの乗り心地は、他のHV車と全く違う!?【試乗の感想】

2016年11月、新型トールワゴンソリオ(SOLIO)からスズキ初となるストロングハイブリッド搭載モデルが発売されましたね。今回新発売されたソリオ ハイブリッド(SOLIO Hybrid)は、トランスミッションにスズキの独自の技術AGS(オート・ギヤ・シフト)を採用。そのためハイ...

  
2640

新型プリウスPHVの後方視界はやっぱり悪い!?【実車画像で徹底チェック】

2017年2月、家庭用電源で充電できる新型プリウスPHV(Prius PHV)がトヨタから新発売されましたね。今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)を試乗してきたのですが、高級感のある”しっとり”とした乗り心地には大満足。また、電気自動車...

  
36190

ルームミラー部のガラスにある黒いドット。何のためについているの?

フロントウインドウの、ルームミラー周辺に黒いドットが施されていることがあるのに気付いているでしょうか?一見、何の役に立っているのかわかりづらい処理で、ドレスアップ効果を狙っているように思えるかもしれませんが、はたして何が目的なのでしょうか。文・山本晋也

  
36591

BMWのルームミラー下にある小さなランプ。どんな時に点滅するの?

BMWのクルマには、ルームミラー下部に赤いプラスチックのカバーが見えることがある。外からも見える赤い部品は、その役割を知らないと、せっかくのおしゃれなクルマが台無しと思ってしまうかもしれないが、じつは愛車を守るために重要な役割を果たしているのだ。文・山本晋也

  
9036

バックミラーに変わる未来のバックモニター

レースの世界では、カメラで捉えた後方の視界を車内のモニターに映すシステムが浸透しつつある。乗用車で言えば、シフトレバーをリバースに入れた際に起動するバックモニターが、常時オンになっているようなものだ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.152 2015年7月号]

  
1034

GTI Performance Days

ゴルフGTIに加えて、ポロGTI、up! GTIがお目見えし、フォルクスワーゲンのGTIシリーズに3兄弟が勢揃い。それを記念してスペインのマラガで国際試乗会が開催された。せっかくだからVW車でアウトバーンも走りましょう、とのお誘いに、ドイツは初めてという弊誌・若林が参加。アウトバ...

  
533

あなたもじつは違反かも!? うっかりやっている違法改造3選

フロントスクリーンにステッカーを貼ってしまう、ドライブレコーダーを法規以外の場所に設置してしまうなど、知らずにうっかりやってしまいそうな違法改造を集めてみた。文・塚田勝弘-------------------------------------------------------...

  
9001

25年間、1度もモデルチェンジをしなかった日産 ツルを知ってますか?

日産 ツル(TSURU)は、メキシコ日産で生産されてきたコンパクトセダンです。初代のデビューは1984年で、1987年と1991年にモデルチェンジを受けた後、2017年に生産中止となるまで基本設計を変えずに生産が続けられたロングセラーでした。今回は、メキシコ日産をメキシコ国内市場...

  
8545

バックミラーやMTなど… 近い将来消えるかもしれないクルマの技術5選

自動車に関する技術は、近年、めざましい発展を遂げています。特に自動運転化を見据えた技術開発は、自動車メーカーだけでなくさまざまな業種が参入し、クルマが社会において、さらに大きな役割を果たすことを目指して行われています。今回は、自動車の技術開発にともなって、近い将来消えてしまうかも...

  
15787

ルーレット族取締中とあるけど…ルーレット族ってなに?

首都高速を走行していると『ルーレット族取締中』という表示を見ることがあります。このルーレット族とは、いったいどのような人たちを指すのでしょう。特徴や注意点などについても解説していきます。文・赤井福

  
10841

【ジョバンニ・ペトロルッティの視点】モデルXに感じた“得体の知れない緊張感”の正体

走りながらずっと考えていた。この得体の知れない緊張感がどこから来るのかを。職業柄自動車に乗る機会は多い。実用的なハッチバックからスーパーカーまで実に様々な自動車に乗ってきた。ルイス・ハミルトンには逆立ちしても敵わないが、運転は下手ではないと思っている。文・ジョバンニ・ペトロルッテ...

  
2103

バックミラーがダッシュボード上についていた車5選

1960年代、ダットサン フェアレディやヨタハチといった車では、よく見ると室内のバックミラーがダッシュボード上に取り付けられていました。その理由は、取り付け部の強度を確保するためだったのだろうと想像できますが、その他にどういったクルマがダッシュボード上にバックミラーを装着していた...

  
9374

ヘッドレストは「head+rest」じゃなかった!その知られざる機能とは?

初めてのクルマを運転するときは、誰もがシートやハンドル、バックミラーの位置を合わせますが、ヘッドレストの位置まで気にすることはあまりないかもしれません。しかしヘッドレストは、いざというときに”仕事”をしてくれる重要な装備です。今回は、ヘッドレストの機能について解説します。文・立花...

  
5861

知ってる⁉ 覆面パトカーの見分け方

運転中、できればお世話になりたくない「覆面パトカー」。白黒ならすぐ気づくのに、覆面パトカーは、忍者のように一般車に溶け込んでいて、その存在に気付くと、何も悪いことをしていなくても”ドキッ”としてしまいます。でも特徴を知っていれば、それほど慌てることもないはず。あなたは、一般車両と...

  
15392

たまに見かけるリアガラスが真っ白なクルマ、これって違反じゃないの?

商用車などでしばしば見かけるリアガラスが白い車。リアガラスからは後方が全く確認できなくなるので、安全面が気になるところですが、これって違反にはならないのでしょうか?

  
19799

8,000回転をキープして車を走らせたらどうなる?やはり壊れてしまうのか?

エンジンが最高出力を発生する回転数は千差万別。レッドゾーンも6,000回転だったり、8,000回転だったりとさまざまです。そんな最高回転数に近いところでエンジンを回し続けたら、どうなるのでしょうか?

  
16507

中島みゆきを聴きながら

クルマの中でしか聴けない歌がある。クルマの中だからこそ心に響く歌がある。クルマの中には素直な自分がいるから……。クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルのを聴きながら、あるいはまた、中島みゆきを聴きながら、春の夜、ひとりクルマを走らせてみる。text:岡小百合、若林葉子 photo:...

  
886
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives