「ハンドル」の検索結果(209件)

記事

【車好きインプレ】メルセデス S400hの評価は?フラッグシップモデルはやはり格別!?

メルセデス・ベンツ S400hの試乗では、なんと2日間を掛けて市街地から高速、ワインディングまで走りました。結論としては…、やはり良い車です。インテリアの雰囲気も最高です。さすがメルセデスのフラッグシップモデルですね。

  
629

線路を走る車「軌陸車」はどうやって走っているの?

いわゆる「働くクルマ」というのは本当に多岐に渡ります。たとえば、終電が終わった後の線路上をトラックが走っている光景を見たことがある人もいるでしょう。これは「軌陸車(きりくしゃ)」と呼ばれる車両です。しかしトラックが、どうやって線路上を走行するのでしょうか?

  
5876

車幅の感覚を最短で把握するにはどのような練習法がある?

狭い道で車同士すれ違う時や、路肩に幅寄せして停車するときなど、車両感覚を掴めていない人は苦労しますよね。いっそのこと左ハンドルの車なら、これらの問題を解決してくれそうですが、ドライブスルーや駐車券の発券時など、不便なことが多いです。では右ハンドルの車で、車両感覚をうまく掴むにはど...

  
7953

トヨタ 2000GTやスズキ カプチーノも?ランプを流用している意外な車種4選!

自動車の表情を形作るのに欠かせないライト類。まさにクルマの目です。スポーツカーは、デザインが大切だといわれますが、その重要パーツであるライトを他車から流用しているクルマがあります。いずれも少量生産モデルというところがポイントです。意外な4車種を紹介しましょう。

  
20833

BMW MのシフトレバーにPがない理由

2017年現在、ATの性能が非常に向上しており、9速や10速といった多段化仕様も増えてきました。進化を続けている状態なのが現在のAT事情と言えるでしょう。なかにはATではお馴染みの「Pレンジ」が存在しないモデルもあるのですが、これはなぜでしょうか?

  
17579

ランエボで魅せたS-AWC(スーパーオールホイールコントロール)ってなにが凄いの?

惜しまれつつ生産を終了した三菱 ランサーエボリューションX。2017年現在でも、卓越した走行性能、なによりWRCで戦いながら進化を続けたその歴史が、強烈なブランド力になっています。三菱の走りを支える装備「S-AWC」とは、どんな装備なのでしょう?

  
10522

飛び石を受けやすい車と受けにくい車の違いとは?

クルマに長年乗っている方であれば、おそらく何度も”飛び石(跳ね石)”の被害にあったことがあるのではないでしょうか。最悪の場合、ヒビが広がりフロントガラスを全交換、しかも相手を特定できず泣き寝入り…なんてことも。さてこの飛び石、車種によって受けやすい、受けにくいがあるようですが、そ...

  
14885

ドアパンチを避ける方法4選

クルマに乗っている方なら、一度は経験するであろう「ドアパンチ」。これは誰もが加害者・被害者になり得るものであり、できればいずれも避けたいものです。今回は、そんなドアパンチの回避法について考えてみましょう。

  
16860

車のエアバック、ここ30年でどれほど進化した?

2017年現在、クルマの標準装備となっている安全装備「エアバッグ」。ハンドルや助手席に配され、事故の際にはボンと膨らみ乗員を保護するシステムです。このエアバッグの歴史、進化について触れてみましょう。

  
3979

輸入車と国産車で切れ角のセッティングはどれほど違うのか?

ハンドルを切ると、前輪が左右に動きます。この動く幅を切れ角といいます。切れ角が大きいほど、小回りが効きやすくなりますし、ドリフトでクルマをコントロールしやすくもなるといわれます。自動車の構造上、国産車でも輸入車でも切れ角の持つ意味や働きに違いはありませんが、実際のところ、切れ角の...

  
4483

時代はSUV、なぜいまだに教習車はセダンが多いのか?

2017年現在、国内外で活況を示すSUVマーケット。次々にニューモデルが投入されている状況です。しかし教習所をのぞいてみると、相変わらずセダンタイプが教習車となっています。これには理由があるのでしょうか?

  
9858

なぜ日本では『バック駐車』が主流になったのか?

日本の自動車運転の必須技能であり、かつ一般的なスキルとして、さまざまな場所で使われることになるのがバック駐車です。自動車学校では、バック駐車や縦列駐車の技能習得に時間をかけ、卒業試験でもどちらかの駐車方法が、必ず出題されるといっても過言ではありません。しかしよくよく調べてみると、...

  
18771

フェラーリ 348ってどんな車?スペックや中古価格は?

スモールフェラーリにカテゴライズされるフェラーリ308、328の後継となるフェラーリ348は、1989年のフランクフルトショーで発表されました。348という車名の由来は、3.4L+8気筒のことで、同じミッドシップながら328と大きく違うのは、エンジンを縦置きとしていたことでした。

  
735

扁平率の低いタイヤユーザー必見!運転時、どんなことに気をつけるべき?

スポーティに見えてかっこいいという理由から、大径ホイールを選択する人も多くいますが、タイヤの扁平率が低くなると乗り心地が悪くなるなどの弊害があります。扁平率の低いタイヤユーザーは、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

  
16614

MGの新型SUV「XS」、日本のあのメーカーの車に極似していると思いませんか?

ロンドンモーターショーが2017年5月6日から開幕され、さまざまなモデルが登場しています。そんななか、英国のブランドMG初のSUVモデルの登場に、いろいろな話題が渦巻いているようです。

  
16756

意外と知らない?ダッシュボードとインパネの違い

クルマはさまざまなパーツの集合体であり、そのひとつひとつが重要な役割を担っています。それゆえに多くのパーツがあり、呼び名もさまざまにあるので、私たちユーザーも知っているようで知らない…なんてもののも多くあるのではないでしょうか。今回はダッシュボードとインパネについて触れてみましょ...

  
9580

【車好きインプレ】マツダ CX-3の走りは?G-ベクタリングコントロールの効果に注目!

発売以来、改良が入るたびにインプレッションしているマツダ CX-3。日本国内でも、ライバルが増えてきたコンパクトSUVクラスで、クリーンディーゼルを積んでいます。今回は、CX-3 2017年モデルに試乗し、話題のG-ベクタリングコントロールをチェックしました。なお、動画中の価格を...

  
2840

アセントを国内で購入できるのか?調べてみました

スバルがニューヨークオートショー2017で発表したコンセプトモデル「アセント」が早くも話題になっていますね。コンセプトモデルながら、トヨタ ランドクルーザーとほぼ同じボディサイズの大型SUVモデルは、2018年に発売予定とアナウンスされましたが、日本への導入は発表されていません。...

  
21020

知ってるようで、知らない?クーペのメリット・デメリット

かつて絶滅寸前とまで言われたクーペスタイルのスポーツカー。ところが、ここ数年、2ドアクーペに格好良いおしゃれなセダンのような4ドアクーペ、さらにはSUVにもクーペスタイルが登場するなど、クーペといってもボディスタイルはさまざまです。このクーペには、どんなメリット・デメリットがある...

  
24132

なぜパドルシフト採用車種が増えてきたのか?

近年、ハンドルに「パドルシフト」が付いているクルマが増えてきています。元来、レーシングカー向けの装備でしたが、2017年現在では市販車にも広く採用されている状況。なぜでしょうか?

  
24530