「ハンドル」の検索結果(511件)

記事

グランツーリスモを必死でやったら、本物のプロレーサーになれる時代に!?

コンピュータを使ったアーケードゲームが出始めた頃のレースゲームといえば、ハンドルを使って自車を操作し、画面上方から流れくるクルマを抜く(避ける?)という単純なものでした。それが1979年のこと。昭和の時代に戻って、ゲームセンターで遊んでいる子どもたちに「腕を磨けばプロレーサーにな...

  
2929

20年前と現在の衝突基準。クルマのつぶれ方は、こんなに違う!

自動車の衝突安全基準は、年を重ねるごとに厳しくなっています。これは、毎年起こっている交通事故を分析し、死傷者を1人でも減らすために、国によって基準が数年おきに更新されているためです。ではもし、現在のクルマと20年前のクルマが正面衝突をしたら、クルマはどうなってしまうのでしょうか?...

  
6544

じつは今が狙い目!? おすすめアメリカ車5選

輸入車というとヨーロッパにばかり目が行きがちですが、現代のアメリカ車もおすすめです。かつては燃費が悪い、日本では扱いにくいと言われたアメ車ですが、近年はかなり洗練されて性能や使い勝手も大幅に向上しています。今回は、そんなアメ車の魅力を5台のモデルと合わせて紹介します。文・西山昭智

  
16252

タイヤが道路の溝にハマってしまった!自力で脱出する方法は?

もし運転中に脱輪してしまったら…あなたならどうしますか?車幅の狭い道路ですれ違うためにぎりぎりまで車を寄せようとしたら、側溝にタイヤを落としてしまった、なんて経験がある方もいるかもしれません。そういった場合は、レッカーを呼んで対応してもらうしかないのでしょうか?自力で脱出する方法...

  
6530

乗用車が6輪になったら、ハンドリング、乗り心地、燃費などはどうなるの?

トラックやバス、その他の特殊な車両を除き、乗用車は4輪が一般的です。でももし、乗用車のタイヤが6つになったら、どんなことが起きるのでしょうか?ハンドリング、乗り心地、ロードノイズ、居住性、燃費性能などの自動車の性能において、じつは得をすることもあるのでは?文・吉川賢一

  
3545

日本はセンチュリー、では中国は?各国が代表するショーファードリブンカーを紹介

あまり耳慣れない「ショーファードリブンカー」という言葉。これは運転手「Chauffeur(ショーファー)」が運転する「Driven(ドリブン)」車のことで、いわば運転手がハンドルを握る高級車のこと。運転は専属のドライバーに任せ、自らは後席に乗ることになるため、ショーファードリブン...

  
22332

車両価格、内装の豪華装備など…マイバッハとメルセデス・マイバッハはこんなに違う!

2002年にダイムラー・ベンツ(現ダイムラー)の独立したブランドとして復活を遂げたMAYBACH(マイバッハ)。その後、マイバッハのブランド廃止を経て、2014年にメルセデスのブランドとして再登場しました。この新旧のマイバッハを、発売当時の車両価格やボディサイズ、内装の豪華装備の...

  
10301

特集 脱ステレオタイプ宣言

「スポーツカーに乗ると近所から遊び人だと思われて白い目で見られるし…」「ヘッドライトを点けると電気が減るから少し燃費が悪くなるらしいよ」「高級車ってエンブレムにお金を払っているようなものなんでしょ」などといった、まことしやかな“噂”に翻弄されていませんか。2013年の始まりは、a...

  
105

特集 渡辺 真理

現在、BS朝日で放送されているドライブトーク番組『EyeSight presents恋するドライブ』。この番組のドライバー兼パーソナリティを務める渡辺真理さんはご自身も大のクルマ好き。そんな渡辺さんに、クルマのこと、ドライブのこと、番組のこと、うかがいました。聞き手:若林葉子 p...

  
134

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.39 望まれたトラックへの装着

エアバッグ、ABS、ESC(横滑り防止装置)に次ぐ第4の安全装置として注目を集めているのが衝突被害軽減ブレーキシステムだ。センサーで前方の障害物を探知し、衝突の危険性が生じたときは自動的にブレーキをかけて衝突を回避する。回避できないときでも、衝突時の速度を下げることで被害の低減を...

  
131

特集 U-2.0のタイトなスポーツカーで決める

テンロクやテンハチと呼ばれた1600ccや1800ccのスポーツカーが元気だった時代は、2000ccのクルマがフラッグシップだった。時代が潤い、クルマが肥大化していく中でタイトなスポーツカーよりもラグジュアリーなスポーツモデルのほうが注目を集める時代に変わってしまった。しかしもう...

  
102

アコースティックプレジャー

電子制御された過給器やハイブリッド、それに安全のための電子デバイスは、時代が求めた必然であり、未来を豊かにする可能性があることは理解できる。しかしそれだけでは、クルマやバイクの持つ本来の魅力がなおざりにされてしまう気がする。何もかもをデジタル化するより、アナログな味わいを残して生...

  
91

TOWARD 2020 自動車の未来を考える

2020年の東京オリンピックに向けて特に開催地となる東京では、空港、鉄道、都市開発、そして道路など、インフラ整備が具体的な形となって進められている。まとめ:今尾直樹、若林葉子 [aheadアーカイブス vol.174 2017年5月号]

  
122

大の大人のクルマ事情

クルマへの憧れとともに人生を過ごしてきた40代、50代。皆が特別だと口を揃えるあのクルマは今なら買えるのだろうか。なぜ若かった自分はあんなにもそのクルマに惹かれたのだろうか。その昔、誰もが“素晴らしい”と信じて疑わなかったクルマたちの現状はどうなのだろうか。過去を振り返りつつ今を...

  
371

Road & Sky

クルマ、バイクメーカーの中には飛行機を生産していた会社が数多くある。内燃機関の進化はクルマやバイクだけではなく、飛行機の進化ともリンクしていたからだ。しかしそれ以外にもクルマやバイクは飛行機と感覚的な部分でつながっている。text:山下 剛、森崎佳成、後藤 武 photo:長谷川...

  
754

ドライバーの責任

便利で愉しく、暮らしに役立つクルマ。しかし時に人を傷つける凶器にも変わる。事故を起こさない、事故に遭わない。そのためには日々緊張感を持って運転し、ドライバーとしての責任を自覚することが何より大事。今回は“子ども”に焦点を絞り、私たちドライバーにできること、必要なことを考えてみる。...

  
103

「キーッ」とか「キュルキュル」といったタイヤのスキール音。発生のメカニズムは?

サーキットを走る車からは、エキゾーストサウンドの他にも「キーッ」とか「キュルキュル」というような高い音が、あるとき聞こえてきませんか?これらは、タイヤがもつグリップ力の限界に近づいたときに発生する「スキール音」と呼ばれるものです。今回は、このスキール音の発生メカニズムについてご紹...

  
4006

ネグローニ・スパイダー物語

自動車というのは道具である。それに異論はない。けれど、これほどまでに人の暮らしの中で人の心にハッキリと作用を及ぼすエモーショナルな道具は他にないと思うし、もっと言うならこれほどまでに人生というやつに密着し、人が紡いでゆく物語を豊かに彩ってくれる道具というのもそう多くはないんじゃな...

  
110

昭和のクルマは、ここが良かった

平成に入り早30年、昭和の時代に造られたクルマを目にする機会は、とても少なくなりました。けれど昭和のクルマには、最近のクルマにない魅力があるように思えます。今回はそんな、高度経済成長期、バブル景気を経た、昭和を彩ったクルマの良さを振り返っていこうと思います。文・立花義人

  
6182

自動車で世界一周旅行はどうしたらできるのか?

世界中のどんな僻地にも、人が住んでいるならば道があるはず。そして道があるなら車で行くことができるはず。公共交通機関がないところでも、自由に行けるのが、車やバイクを使った旅の醍醐味ですよね。そこで、車で世界一周するには、どういった点に気をつけなくてはいけないか、考えてみました。文・...

  
2074
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives