「ハンドリング」の検索結果(513件)

記事

人生で初めての愛車はもう26年も前のこと...人生を変えたクルマ、スバル・ヴィヴィオGX-Rを振り返...

今回は、ワタクシの人生初の愛車「スバル・ヴィヴィオGX-R」についてのことを思い出させていただきます。納車されたのは1993年7月8日。新車で購入しながら、わずか半年しか乗らなかったのですが、自分の人生が大激変するきっかけにもなった思い出深いクルマです。文/写真・マリオ高野

  
0

アルファの超クイックなSUV、ステルヴィオはドライビングの楽しさに溢れたSUVだった!

イタリア北部、アルプス山中にある峠=ステルヴィオ峠からその名前をとったアルファロメオのSUVがステルヴィオです。ジュリアのプラットフォームを用いてSUVに仕立て直し、オフロードの走破性よりも?オンロードでの操縦性を重視したのに違いないと思える過激な操縦性が魅力です。ハイパフォーマ...

  
1317

もはやジープ ラングラーを選ばない理由がない!? イメージとあまりに違う真の姿

ジープと言えば、四輪駆動車の代名詞にもなっているブランドですが、そのイメージから意外と敬遠する人が多いのが実情。でも今回、新型のジープ ラングラーアンリミテッドに全地形で試乗してみて、もはや選ばない理由が見つからないという結論に辿り着きました。文/写真・山崎 友貴

  
1751

新車購入から26年経った今も所有する、生まれ変わっても所有したい!初代 スバル・インプレッサWRX!...

今回は2台所有する愛車のひとつ、初代スバル・インプレッサWRXの「買ったからこそわかる良いところ悪いところ」について報告させていただきます。新車で購入してから26年にもなるので、今さら不満もクソもないわけですが、一言でまとめると、「今度生まれ変わっても、また26年以上所有したい」...

  
3860

頭や視線のブレをなくすシート搭載!?1.8Lと2Lガソリンのマツダ3を試乗レビュー!

アクセラからマツダ3へ。そこにはマツダが目指す「マツダプレミアム」の思いが込められているのです。単なるモデルチェンジではなく、これまでマツダが培ってきた走りのテクノロジーをすべて詰め込み、クラスを超えた魅力を持ったクルマを作る、そんなマツダの熱をひしひしと感じます。新しいマツダを...

  
12190

スタバの注文より難しい!?タイヤのサイズ表示を読めますか?

車を構成するパーツの中で最も重要なパーツとも言えるタイヤ。車が唯一路面と接している部分で、まさに乗員の命を預かっています。今回はそんな重要パーツであるタイヤのサイズの見方を紹介。タイヤそのものの性能も重要ですがタイヤサイズも走行性能に大きく影響してくるので、知らない方は是非チェッ...

  
36754

トヨタ 86 KOUKI の外装の画像【実車でエクステリアを徹底レビュー】

86(ハチロク)KOUKIが東京のお台場にあるメガウェブで期間限定で展示してあると聞き、早速見に行ってきました。86(ハチロク)は、見た目の変更も多く、先代モデルとまったく異なる雰囲気に・・・。また、先代モデルよりもワイド&ロー化された印象を持ちました。そんな新しくなった新型86...

  
1033

購入して10年乗った3.2L 6気筒エンジンMTの2002年式ポルシェ ボクスターSが教えてくれたこ...

そう思ったのは、30歳を少し超えたころである。新車で買ったS15型日産シルビアを手放してから1年ちょっと。やはりスポーツカーがない生活に我慢できず、スポーツカー購入を決意した。人生は楽しいスポーツカーがないとさみしいものだ。せっかくだから実用性は無視し、狙いをオープンスポーツカー...

  
3183

子供ができた...ミニバンなんて買わないと思ったけれど購入した。今は亡き名車、マツダ プレマシー オ...

ボクがプレマシーを買った理由は、単純明快だ。子供ができたからである。「小さい子供がいるファミリーはミニバンに乗る。それが幸せ」という風潮が世間にはあるけれど、ボクは自分自身がミニバンを買う日が来るとは夢にも思っていなかった。なぜなら、背の高い箱型のクルマが好きではないからだ。クル...

  
3098

三菱 エクリプス クロスに本格“四駆”待望のディーゼル追加

流行のSUVらしい鋭角的なスタイルの下に、三菱が培ってきた4WD技術を惜しみなく投入しています。

  
1225

廉価版だからと侮るなかれ。スバルを良く知るライターが語る、スバル インプレッサG4 1.6i を愛車...

1994年に新車で購入した愛車、初代スバル・インプレッサWRXの老朽化により、増車を検討。老朽化したとはいえ、高出力ターボのスポーツモデルはすでにあるので、その対極にある廉価で低スペックな実用車として、スバル・インプレッサG4 1.6i(5MT)を選択。2014年2月に新車で購入...

  
7531

ホンダの軽自動車「N-WGN」が7月18日にフルモデルチェンジ!ライバルをリードする性能をアピール

軽自動車ナンバーワンモデルといえばホンダN-BOXです。登録車と合わせても販売トップというのは、もうお馴染みでしょう。直近の2019年5月でも22,231台も売れています。現在、ホンダの軽自動車はスーパーハイトワゴンのN-BOX一本足打法状態で、N-ONEやN-WGNといったハイ...

  
22699

SUBARU(スバル)JNCAPで「大賞」を獲得したSUV「フォレスター」に小改良

先進的な安全機能が追加されました。

  
1156

ベントレー、新型フライングスパー・グランドツーリング・セダン発表

今年、創業100周年を迎える英国高級グランドツーリング・カーメーカーであるベントレー・モーターズは、まったく新しい第3世代のフライングスパー・グランドツーリングセダンを発表しました。

  
2085

ボルボ240の発売当時を知るモータージャーナリスト中村氏の3世代にわたりボルボを乗り続けた原動力…オ...

今、巷では密かにクラシックカーがブームである。それも日常で使えるやつ。その機運は例えばメルセデスはヤングクラシックと称して、20~30年落ちのモデルのリフレッシュプログラムを始めているし、ボルボも同様なサービスをクラシックガレージと銘打って始めている。さらにヨコハマタイヤなどは、...

  
1993

走行距離85,000kmで我が家にきた1993年式マツダ 初代 (NA) ロードスターVスペシャルI...

マツダ・ロードスターと言えば、日本が世界に誇る名車のひとつ。初代 (NA) ロードスターの成功がなければBMW Z3もメルセデスベンツSLKもフィアット バルケッタも生まれたかったというほど、与えた影響は計り知れないモデルだ。筆者が免許を取った1997年はちょうど初代がモデル末期...

  
5952

自動車の空気入れの方法を解説!いつものアレでイケちゃいます!?

クルマが走るうえで実はかなり重要なのがタイヤの空気圧。しかし日々乗っているとつい、見落としがちなところではないでしょうか。今回はそんな空気圧のメンテナンスについて触れていきます。

  
7299

ライバルと比較して分かった、新型RAV4の革新性とは?

RAV4が久しぶりに日本に戻ってきました。すでに北米で先行発売されていたので、そのデザインは媒体で知っていた方も多いと思いますが、実車に触れてみると驚く性能を秘めていることが分かりました。文・山崎友貴

  
25531

スーパーカーチャリティフェスティバルin宮ケ瀬

今年で10回目となる「スーパーカーチャリティフェスティバルin宮ケ瀬」が5月12日(日)に開催されました。日本でも唯一と言ってもいいほどの珍しい企画が中心となります。私も微力ながら自分のフェラーリ・カリフォルニアで参加してきたのでさっそくレポートさせていただきます。文/写・山里 ...

  
12353

ついに国内生産終了、パジェロが拓いたSUVへの道

日本のRV市場を支えてきた三菱自動車のパジェロが、今年8月で約37年間の国内での歴史に幕を閉じることが発表されました。かつて「夢の景品」ともなっていたパジェロの歴史と、その役割を振り返ります。文・山崎友貴

  
14187
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives