「ハイブリッドカー」の検索結果(57件)

記事

アコースティックプレジャー

電子制御された過給器やハイブリッド、それに安全のための電子デバイスは、時代が求めた必然であり、未来を豊かにする可能性があることは理解できる。しかしそれだけでは、クルマやバイクの持つ本来の魅力がなおざりにされてしまう気がする。何もかもをデジタル化するより、アナログな味わいを残して生...

  
36

名車になる条件

時代を越えて愛されるクルマもあれば、時代の移り変わりと共に消え去ってしまうクルマもある。名車になるべくして誕生してきたクルマもあれば、多くの人に愛されて名車と呼ばれるようになったクルマもある。また、誰もが認める名車もあれば、意見が分れる名車もある。text:森口将之、宮崎敬一郎、...

  
96

ライバルはホンダS600!トヨタの小さな名車「ヨタハチ」ってどんな車?

1965年に発売されたトヨタの小型スポーツカーが「スポーツ800」です。現在の軽自動車と変わらないサイズの小さなボディをしたスポーツ800は、"ヨタハチ"の愛称で親しまれました。1960年代の日本製小型スポーツカーとして評価の高いヨタハチを振り返ります。

  
2778

ジャンルを飛び越えろ

ジャンルは人間が創造したものを区分するために使われる言葉である。本来ジャンルとは芸術作品や文学作品をひとつの側面から客観的に分類することをいう。明確な基準を持つカテゴリーとは違い、視点や時代によってジャンルは変化するのだ。しかし商業主義の中でジャンルとカテゴリーは、基本的に同義語...

  
658

定番とは何か

スタンダード、オーセンティック、トラディショナル、そしてクラシック。どれもクルマやバイクのことを表現するときによく使われる言葉だ。言葉の意味はそれぞれ微妙に異なるけれど、どの言葉も一様にそれが「定番」であることを表している。定番がなぜ存在するのか、なぜ人は定番を求めるのか。クルマ...

  
216

ダウンサイジングと向き合う

ダウンサイジングとは、効率を優先して規模を小さくすることをいう。クルマの世界では、過給器を追加して一定の性能を維持しながら排気量を削減することや、クルマ自体を小さなものに乗り換えたりすることをさす。ユーザーにエコや維持費の低減を提供するなど、コストダウンを主な目的に発展してきた技...

  
273

特集 元『Tipo』編集長 嶋田智之 推薦!これからはじめる趣味的クルマ生活

生活を取り巻く事情に縛られるあまり趣味的なクルマ選びができない方は多いはず。でもそこで、「乗りたいクルマ」をあきらめてしまうのは早計だ。視点を換えれば理想のクルマはきっと見つかる。text:嶋田智之  photo:渕本智信  [aheadアーカイブス vol.113 2012年4...

  
55

ECO時事通信 vol.10 技術がコラボする時代

東京モーターショー開催期間中の2011年12月2日、トヨタとBMWの共同記者会見が行われた。2014年から欧州で生産・販売されるトヨタ車にBMW製ディーゼル・エンジンが搭載されるとともに、バッテリー技術など広範囲で提携していくというのがその内容だ。text:石井昌道 [ahead...

  
64

日本の誇れるクルマ

本車にはもう魅力のあるクルマはないのだろうか。しかし、見回せば、世界からリスペクトを受けるクルマはある。日本が世界に発信する「誇れるクルマ」を紹介したい。text:嶋田智之、河村 大、世良耕太、石井昌道、岡崎五朗 photo:長谷川 徹、マルイ工業(www.marui-ind.c...

  
467

おしゃべりなクルマたち vol.41 寂しくないか

クリスマスにもお正月にも甥っ子に会えなかったことが気がかりだった。我が子より大事なのではないかと娘に嫌みを言われるほどかわいがっているイタリア人の甥っ子は今年8歳になる。text:松本 葉 illust : 大塚砂織 [aheadアーカイブス vol.111 2012年2月号]

  
9

ECO 時事通信 vol.11 日本発がもたらした変化

日本に比べると、ガソリンやディーゼルなどエンジン(内燃機関)への思い入れが強く、また現実的で合理主義的なところもある欧州の自動車メーカーは電気自動車にはあまり積極的ではないのかと、以前は思っていた。text:石井昌道 [aheadアーカイブス vol.111 2012年2月号]

  
11

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.32 ハイブリッドが売れる国

ホンダから興味深い数字が発表された。昨年日本国内で販売された軽自動車を除くホンダ車のうち、実に45%がハイブリッドだったという。ホンダはこの先もハイブリッド比率の上昇を見込んでいて、近い将来には50%を超えると予想している。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.1...

  
46

埋もれちゃいけない名車たち VOL.7 デートカーという存在「HONDA PRELUDE」

クルマというのは、乗り手のライフスタイルや趣味嗜好のようなものを、図らずも表現してしまうようなところのある乗り物だ。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.123 2013年2月号]

  
2509

ホンダ インサイトがデトロイトで復活!日本導入は?

1999年に発表された初代から18年、一度生産が途絶えていたハイブリッド専用モデル、インサイトが、デトロイトモーターショーで4年振りに復活しました。新しいインサイトは、2モーターのスポーツハイブリッドi-MMDを採用するとのことですが、日本には導入されるのでしょうか?

  
4053

トヨタ博物館に行こう!

トヨタ車だけでなく世界の歴史的なクルマが収蔵されているというトヨタ博物館。プリウス発売20周年にあたる今こそ訪ねてみたい。自動車はどこから来て、どこへ向かっているのだろうか。初代プリウスから見れば未来のクルマとなる「プリウスPHV」で、トヨタ博物館に向かった。text:まるも亜希...

  
200

4年ぶりの復活!ホンダ インサイトって?新型はどんな車になる?

2014年に生産を終了したインサイトですが、2018年1月20日から開催されるデトロイトショーで、次期型のプロトタイプモデルが発表されることになりました。インサイトといえば、ホンダのハイブリッドカーを牽引してきたモデルでしたが、実質的な後継モデルが発表されることなく、ラインナップ...

  
6096

忘れられないこの1台 vol.40 FIAT 124 SPIDER

最初にお願いしたいことがある。今回だけは、タイトルを「忘れてしまいたいこの1台」に変えてほしいのである。あの頃私は、2つの世界を同時に生きていた。クルマ業界に飛び込み、分からないことだらけで無我夢中だけど、本当の自分に気づきはじめた輝かしい世界。もうひとつは、幼い頃から明るくて優...

  
150

埋もれちゃいけない名車たち vol.60 ハイブリッドのライトウェイト2シーター「ホンダ・初代インサ...

先日、古い友人から「セカンドカーとして中古のインサイトを買った」と電話があった。インサイトといえばホンダのハイブリッドカー。プリウスのライバルだったが、2014年に生産が終わっている。僕の頭の中はクエスチョンマークである。その友人はクルマに関しては趣味人だし、アシ車ならともかくセ...

  
3594

運転席からの視界や価格の安さなど…昔の自動車の良かったところは?

ドライバー歴が長い人や、単に憧れている人…いろんな人が「昔のクルマの方が良かった。」と言います。そこには、「あの頃の方が良かった。」という愚痴だけでは済まない事情もあったりするのです。

  
20805

こんなに変わった!コンセプトモデルと市販車のギャップがすごい車5選

2017年10月27日から11月5日まで、東京モーターショー2017が開催されました。モーターショーといえば、市販車だけでなく、コンセプトモデルを見ることが出来るのも魅力です。すぐにでも走り出せそうな市販車に近いモデルから、まだまだ将来を見据えた近未来的なデザインや技術をもったも...

  
31580
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives