「ハイソカー」の検索結果(20件)

記事

高度経済成長の結晶!ソアラはなぜ人々に求められたのか?

世の中がバブル景気であったとはいえ、年間4万台を売り上げ、ランキングトップ10に顔を出すことも1度や2度ではなかったトヨタの高級車2代目ソアラ。そういった高級パーソナルカーがもてはやされ、売れたことは、今の感覚では少し理解できないところがあります。あの時代はいったい何が内在し、ソ...

  
19579

現在のSUVブームのように、過去にはセダンやクーペのブームもあったのか?

2017年現在、自動車業界は、これまでスポーツイメージで売ってきたメーカーがSUVをリリースするなど、ちょっとしたSUVブームです。過去には、ミニバンブームなんてものもありましたが、車の基本形となるセダンやクーペにもブームはあったのでしょうか?

  
6148

"ブタケツ"と呼ばれたC130型ローレルのチューニングが流行した理由とは?

ライトバンなどの商用車を一切設定しない日本初の”ハイオーナーカー”として、日産が1968年から2002年まで製造・販売していたミドルクラスの乗用車が「ローレル」です。2代目にあたるC130型ローレルの人気はどこにあったのでしょうか?

  
17471

昔は国産車も多かった!ドイツ車は今でもエンジンバリエーションが多いのか?

BMWやメルセデス・ベンツなど、ドイツ車は1車種で何種類ものエンジンを使い、さまざまな需要に応えているというイメージがあります。はたして現在でもそうでしょうか?

  
5512

月5万円から!? マークXはいくらから買える?

プレミアムミドルセダンとして根強い人気のあるトヨタ マークX。上質で上品なオトナのセダンとして、特に男性ユーザーに圧倒的な指示を得ています。マークXは、月々どれくらいの支払いで手にすることができるのでしょうか?

  
2978

Vol.10 40代女性元COTY選考委員、自動車業界に導いた車

1980年代、大学生だった私は、当初クルマに全く興味がなかった。もちろん免許を取得する予定もなかったが、実家の母が「免許取りなさい。お金出してあげるから」と何度も言うので、大学2年の夏休みに免許を取得し、自分の車を所有することとなった。これをきっかけに私の人生が今後大きく左右され...

  
1175

バブル当時、若者を虜にしたトヨタ クレスタの魅力・中古相場は?

日本では、80~90年代にかけて、スポーツカーやクーペが圧倒的な人気を占めていました。時代もバブルに差し掛かっていたことから、コストダウンよりも、高級路線を狙ったスペシャリティカーが多かったのです。今回は、その時代の代表車種でもあるトヨタ クレスタの魅力や中古車市場をご紹介しまし...

  
5294

「VIPカー」に選ばれる車の共通点とは?

俗にいう「VIPカー」というジャンルについての定義は曖昧ではありますが、暴走族の車両改造スタイルとする見方が一般的です。そんな「VIPカー」に改造される車に共通点はあるのでしょうか?

  
34679

輸入車に4ドアクーペが急増。これは日本で流行したカリーナEDの影響なのか!?

ドイツメーカーが続々と4ドアクーペをラインナップ。これを受けて想起させるのは80年代後半の日本で流行した、カリーナEDなどの4ドアピラーレスハードドップ車です。このカテゴリーは日本メーカーに先見の明があったのでしょうか?

  
16375

100万円台でソアラが買える!?中古のソアラがかなりお買い得!

トヨタ ソアラは、バブル時代の「ハイソカー」の元祖とも言える車であり、その後の日本車にも大きな影響を与えました。クラウン サイズの大柄なボディながらスマートなクーペスタイル、そして3000ccクラスの大排気量エンジン…。ソアラがデビューしたときのセンセーショナルな感動は今も忘れな...

  
13517

マークⅡの海外仕様車「クレシーダ」とはどんな車だったのか?

クレシーダをご存知でしょうか。その名前からしてクレスタ同様マークⅡの姉妹車であることは想像しやすいかもしれませんが、あまり耳慣れない車名かもしれませんね。なじみの薄いクレシーダ、それもそのはずマークⅡの海外仕様車そのものでした。

  
27112

かつて存在したR30スカイラインの5ドアセダン…現代にも続く5扉スカイラインとは?

R30型スカイラインは特にFJ20型4気筒DOHCエンジンを搭載した「RS」シリーズの人気が高く、知名度もこのRSを中心に広がっていっているようなところがありますよね。しかしその反面、当時、バリエーションとしては思いのほか幅広く設定されていたR30スカイライン。ほとんど人気は出ま...

  
29273

使い勝手、走行性…ステーションワゴンのメリット・デメリットとは?

ステーションワゴンというスタイルが市民権を得るようになったのは、1990年代。世の中は生活も豊かになり、価値観も多様化していきました。その流れの中で、自動車の新たなカタチ、自動車がもたらす新たな生活感や価値観を求める声に応ずるようにステーションワゴンは台頭しました。もともと欧米で...

  
77861

キャバレー?スナック?...バブル期を駆け抜けた高級車たちのインテリアはちょっと浮世離れ?

お金に余裕ができ、その象徴として80年代のクルマはどんどん高級化をエスカレートさせました。しかしその中でもインテリアセンスに対する考え方は、まだ「何をもって贅沢か」という基準も曖昧。「センスの良さ」よりも派手でとにかく「わかりやすい」贅沢のカタチをただただ追い求めていました。これ...

  
56938

R32スカイラインに負けた!・・・トヨタが90系マークⅡで採った戦略、ツアラー誕生の経緯とは?

1980年代後半から1990年代前半にかけての日産自動車の勢いは素晴らしいものがありました。生み出される製品のデザイン、性能ともに高い評価を得て多くのユーザーの共感を得ていた時代です。とくにローレル、セフィーロ、スカイラインの三台はその中心的な存在で、LクラスFR車として走りの良...

  
40320

なぜマークⅡはマークXへ変遷した?マークXのスペック・燃費・中古価格まとめ

かつて、トヨタにはマークⅡという上級ファミリーカーが存在し、バブル景気に沸いた頃には「ハイソカー」と呼ばれ、中流層のハートを掴み、販売ランキングの上位を争うような売れ行きを示しました。しかし時代とともにマークⅡは勢力を弱め、2005年、新たにマークXに改名しリニューアルを図ること...

  
73285

スカイラインGT-Rのライバル車、トヨタ チェイサーはなぜ未だに人気なのか?

日産 スカイラインはスポーツサルーンとして不動の地位を築き上げました。中でもGT-RはR32型を中心に熱烈な支持を得ています。しかしトヨタも黙ってはいませんでした。同じクラスのトヨタ チェイサーはもともと俊足サルーンという位置付けでしたが、ターボエンジンの搭載やキャラクターの明確...

  
51574

ミラエボにチェイクⅡ?こんなにあります顔面スワップ車

以前紹介した日産シルエイティ。日産180SXの車体にシルビアのフロントを接合した顔面スワップ車です。しかし顔面スワップ車はこの他にもまだまだあります!今回はシルエイティ以外の顔面スワップ車を見ていきましょう!

  
53070

続々と登場している小型SUV。なぜ小型SUVが流行しているのか?

今や1.5L~2Lの小型SUVが時代の寵児?4躯の走行性能に使いやすい内装、魅力的なカラーリングなど確かに流行る理由がたくさんありそうです。なぜ今小型SUVが”きてる”のでしょうか。

  
61047

GT-Rの名前を受け継がなかった唯一の”R”の魅力

GT-Rの名前を受け継がなかった唯一の”R”、スカイライン GTS-R。R31の中でも特別な一台と位置づけられるクルマです。今回はスカイライン GTS-Rの特集です。

  
148013