「ドイツ」の検索結果(660件)

記事

7世代目ゴルフの限定車「マイスター」シリーズ、3モデル5グレードで登場

7代目フォルクスワーゲン(以下 VW) ゴルフの限定車である「マイスター」シリーズから、「ゴルフ マイスター」「ゴルフ ヴァリアント マイスター」「ゴルフ オールトラック マイスター」の3モデル5グレードが登場。

  
878

アウディが特別仕様車Audi A4 マイスターシュトュックを発表

ドイツ語でマイスターシュトュックは英語で言うマスターピース。日本語では「傑作」の意味です。

  
876

3列シート高級SUV、キャデラックエスカレード 魅力を吉田由美と鈴木ケンイチが改めて考えてみる【対談...

SUVブームが続く中、2017年12月に登場したマツダCX-8によって脚光を浴びた3列シートSUV。国産車でも以前からトヨタランドクルーザーや三菱パジェロにも設定されていましたが、それほど注目度は高いとは言えず。それは大きなボディサイズが必要となる3列シートSUVは輸入車の人気が...

  
1780

ダウンサイジングターボ化進む、ターボでどれだけパワーアップできるのか?

ドイツ車からはじまった「ダウンサイジングターボ」トレンド。いまや多くのメーカーが採用するテクノロジーとなっています。単純に、排気量を小さくすることで省燃費を実現させているのではありません。小排気量・少気筒数で必要なパワーを得ることが、ダウンサイジングターボを環境指向のエンジンとし...

  
59774

最新!車両盗難防止装置6選

最近の車両盗難で話題を集めているのが、ニュースなどでもたびたび報道された「リレーアタック」と呼ばれる手法だろう。以前から一部で知られていてが、ドイツにおいてインターネットで拡散し、日本でもこの方式で車両盗難を試みた防犯カメラ映像が報道されたことで、よく知られるようになった。文・塚...

  
30189

トヨタ、Supra is back to Japan Fesを開催

開催に先立ち記者発表会が行われ、GRスープラの発売などが発表されました。

  
622

ルノー・日産自動車・三菱自動車がスタートアップ支援組織とパートナーシップを締結

アライアンス・ベンチャーズは、年2回のアクセラレータ・プログラムを通じて、Plug and Playのグローバルイノベーションエコシステムへアクセスします。

  
1835

トヨタが一部稼働を開始したテストコースは、日本のニュル⁉️

トヨタ自動車は、愛知県豊田市と岡崎市にまたがる自社のテストコースの一部運用を、4月25日から開始しました。

  
6715

【車の防犯大丈夫?】カーセキュリティグッズランキングをもとにおすすめ人気商品を調査します!

現在でも車の盗難被害は存在します!最近ではリレーアタックと呼ばれるスマートキーの機能を悪用した手口も…。防犯アラームやハンドルロックなどの防犯対策グッズを上手く活用して、大切な愛車を守りたいですよね。そこで今回は、 Amazon売れ筋ランキング(2019年4月24日時点)や楽天ラ...

  
521

50台近くのBMWコレクションが大阪の堺市に!世界に1台の名車も保管?一体なぜ?

第二次世界大戦前の1920年代後半から1980年代前半までの歴史的・希少的価値の高いBMWを中心としたクルマが大阪の堺市で個人がコレクションとして所有していました。そのコレクションの中には世界で最も美しいロードスターといわれたBMW507ロードスターをはじめ、BMWの最高峰スポー...

  
22164

新型 BMW 3シリーズ 登場!3シリーズが示す”ベンチマーク”とは?

BMWの新型「3シリーズ」の販売が2019年3月9日よりスタートした。正直、今のブームの中心はSUVとなるが、それでも「3シリーズ」は、BMWの看板モデルとして非常に高い注目を集めてきた存在だ。ここでは、その新型モデルの内容を紹介しよう。文・写真:鈴木ケンイチ

  
3686

セダン、サルーン、リムジンの違いとは?

同じ3ボックス、4ドア、2列シート車にも関わらず、国やメーカー、車種によって「セダン」や「サルーン」、「リムジン」、などと呼称が変わるのを不思議に思ったことがあるはずだ。呼び方によって定義や違いはあるだろうか。文・塚田勝弘

  
14267

なぜ輸入車は国産車に比べてステアリング操作が重いのか?

「欧州車はステアリングなどの操作系が重く、日本車は軽い」と指摘する声は昔からある。そして、欧州車のほうが安心して運転できると評価することがマニアには多い。ステアリングが重くなっているのは何故なのだろう。いや、そもそも本当に重いのだろうか?文・山本晋也

  
5225

セダンの美しさを訴求する新型プジョー508が日本上陸!!

2018年のパリモーターショーでワールドプレミアされた新型プジョー508が2019年3月20日、日本でも発表された。プジョーブランドのCEOを務めるジャン=フィリップ・アンパラト(Jean-Philippe Imparato)氏が来日し、プレゼンテーションを行う注力ぶり。今夏には...

  
2438

泡に見えるから!? 超小型車の愛称"バブルカー"4選

「バブルカー」そう聞くとバブル時代に流行ったハイソカーなどをイメージする方もいるかもしれません。しかし今回紹介するのは超小型車のバブルカー、キャノピーなどを取り付けた超小型車が泡に見えるから付けられた愛称で、なんともキュートな車種ばかり!現在でも世界中にファンが多いジャンルのクル...

  
34882

ドイツ車に多い「形鋼ヒンジ」と国産車に多い「プレス製ヒンジ」、その違いとは?

日本車と欧州車の違いについては多くの自動車ファンが指摘するところ。どちらが良いかというのではなく、同じ量産自動車なのに思想の違いがそこかしこに見えていて、なおかつそれぞれがグローバルでは同様に売れているのも興味深い。そうした違いの中で、マニアが指摘するのがドアを支えるヒンジの製法...

  
4712

人気の輸入SUV、リーセルバリューの高いクルマ5選

新車と異なり中古車は、“人気”という不確定要素が価格に影響を与えます。例えば、新車時価格が同じでも、ブランドの人気に差があると人気のブランド車の買取価格すなわちリセールバリューは高くなり、一方あまり人気のないブランドだと買取価格が安くなるのです。 文・萩原文博

  
3790

今新車で買いたいハッチバックの国産車3選

現在新車で普通の乗用車を買う際にリアにバックドアがあるハッチバックは大きな柱となるボディタイプの1つである。その中から今新車で買いたいハッチバックのクルマを何台か挙げてみる。文・永田恵一

  
5375

“R”の称号を受け継ぐ、新型シビック TYPE-Rの走りは!?

クルマ好きなら一度は耳にしたことがあると思われる”TYPE-R”という名称。ホンダのクルマの高性能バージョンに与えられるこの名前は、ホンダ特有の高回転NAエンジンと、赤いエンブレムの代名詞として知られています。そのTYPE-Rの新型は、ついにVTECエンジンにターボを追加したエン...

  
2552

埋もれちゃいけない名車たち vol.53 航空機軍需から庶民の足へ「BMW・イセッタ」

決まりごとも指示も何もないのだけど、ここで御紹介する車種を考えるとき、僕はなるべく巻頭特集のテーマに沿っていたり関連していたりするものを選ぶように心掛けている。その方が心に残りやすいかも、みたいに考えているからだ。今回は〝飛行機、自動車、オートバイ〟。それを聞いた瞬間、考えるまで...

  
1087
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives