「トンネル」の検索結果(90件)

記事

見たことある? 高速道路で働くクルマたち5選

お盆休み、多くの方が高速道路を利用したことと思います。長い渋滞で辟易したかもしれませんね。しかし、私たちがこうしたインフラを日々活用できるのは、多くの「働くクルマ」あってのことなのです。今回は、そんな高速道路で働くクルマを紹介しましょう。

  
4045

日本で一番長い橋はどーこだ?

国内には数多くの橋がありますが、そのなかでもっとも長い橋、つまり日本国内で一番長い橋はどこにあるのでしょうか。その橋は、日本一長いだけでなく通行料金にも注目の橋だったのです。

  
4599

ETC2.0は取り付けるべき?ETCとの違いとは?

コンピューターのソフトウェアでは、バージョンを小数点で区切った数字で表記します。それになぞらえたのが、新しいETCで、新バージョンは「ETC2.0」と呼ばれます。旧バージョンとどこが違うのでしょうか。

  
17707

入り口が斜め、照明がところどころ切れている理由など…トンネルにまつわる雑学

トンネルは、山間部はもちろん、ときには都市部でも見ることができます。国土に山地の多い日本では、トンネル建設という技術は、道路設計においてとても重要な役割をはたしているのです。それだけに、ドライバーの日常風景に溶け込んでいるトンネルですが、よく見るとさまざまな工夫が施されています。...

  
10238

最後の水平対向6気筒MRポルシェ、981型とはどんな車?

誰もが知っている自動車メーカー「ポルシェ」。ただ、そのポルシェが作るクルマ、1台1台について詳しく知る人は、意外と少ないかもしれません。ポルシェはよく、981とか996とか、正式なモデル名とは異なる3桁の数字で呼ばれることが多いのですが、今回はその中から、今では中古車でしか手に入...

  
4140

BEYOND THE LIMIT 新たなステージへ

日本の自動車文化を新たな段階へ引き上げるためには、日本にもヘリテージが必要だと「オートモービル カウンシル」を開催したカーグラフィック代表の加藤哲也氏。バイクに乗ることは、趣味という枠を超えてライフスタイルにまで昇華できるとバイクの持つ親和性を信じて、テレビ番組「Ride&Lif...

  
311

オンとオフ、日常と冒険 ジムニーで行く1,850㎞の旅2 四国編

林道とは、林業のための道であり、地元の人の生活道路でもあり、静かに歴史を刻む道でもある林道に入ってみたい。——そう思ったら、どんな準備をし、何に気を付ければいいのだろう。今回は4×4マガジンの河村さんと一緒に、APIOのジムニーで四国へ向かった。text:河村 大 photo:山...

  
304

耳抜きが必要!? 標高が一番高いところを走っている高速道路は?

日本国内に設けられた高速道路のなかで、標高が一番高いところを通っているのは、どこなのでしょう?今回は、日本一標高が高い場所を通っているインターチェンジ区間とそこにあるパーキングエリアを紹介しましょう。

  
12805

女性に寄り添ってきたSUZUKIを知る スズキ歴史館を訪ねて

普段はほとんど意識することも無いけれど、クルマメーカーの歴史を遡ってみると、そこから見えてくるものがある。「なるほど、だからこのメーカーはこういうクルマを造るのが得意なんだな」と、気付くこともある。今回は、本誌でおなじみのモータージャーナリスト、まるも亜希子さんとともに、機織り機...

  
1329

夜ドラ

夜は昼とはまったく違う時間が流れる。どこかで聞いた話だけれど、夜を見方につければ、人は人生をより豊かに彩ることができるという。夜を見方につけるには、クルマに乗るのが一番いい。終電も終わりに近づき、人影もまばらになったころ、もう一つの物語りが始まる。好きな人と、好きな場所へ。夜のド...

  
759

クルマとバイクに関する本

30年以上前に当時の若者の心をとらえた片岡義男の小説を現代の若者が読むと、どう感じるのか。かつて雑誌「NAVI」で松本 葉の連載を担当した編集者は彼女のデビュー作をどのように紹介してくれるのか。また、五大陸をオートバイで走破した戸井十月のドキュメンタリーは、旅人でもある山下 剛に...

  
820

光る個性があるのに…1代限りで販売終了したホンダの名車3選

いいクルマなのにあまり売れなかった、光る個性があるのに世間の評判はイマイチだった…。今回は、市場に投入されたのに、開発が継続されることなく、”1代限り”で終わってしまった、ホンダの名車たちを紹介します。

  
32968

高速道路でトラブル発生、SOSは携帯と非常電話どっちを使うべき?

自動車のトラブルは、突然発生するものです。もしもあなたが高速道路でトラブルに巻き込まれたり目撃したとき、緊急連絡には携帯電話と非常電話のどちらを使うべきでしょうか。それぞれのメリットとデメリットを考えます。

  
8766

ロールス・ロイスが企てる史上最強SUV「カリナン」はどんな車になる?

ロールス・ロイスはつい先頃、新型SUV「カリナン」のティザー画像を発表しました。同社初のSUVとなるカリナンは、はたしてどんな車になるのか、検証していきたいと思います。文・山崎友貴

  
3101

横風に負けない!クルマが横に流されにくくなる対処法

高速道路を走っているとき、突然の強い横風によってクルマが流されることがあります。特にミニバンや背の高い軽自動車は、この横風の影響を受けやすくなっています。今回は、横風を受けた時の対処法についてみていきます。文・吉川賢一

  
13969

2つの岬を巡る一日旅 東京湾フェリーで海を渡る

いつも当たり前のように見ている地図が、ある日ふと訴えてくることがある東京湾を囲む2つの半島が自分を呼んでいるような気がして冬晴れのその日フェリーに乗って小さな1日旅に出かけてみたtext:若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.134 2014年1月号]

  
85

クルマと橋と道

橋はあらゆるものの境界だ。町と町、国と国を結ぶ物理的な境界でもあり、生と死、聖と俗を隔てる境界でもあって、だから、橋はこの世ならぬものが現れる場所としても描かれる。text:山下敦史、松本 葉、山下 剛 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.158 2016年1...

  
317

東名綾瀬バス停付近や中国道宝塚トンネル付近など…渋滞になりやすい区間はどんな対策がされている?

ようやく春が訪れ、行楽シーズン開幕。GWのドライブが待ち遠しいという方も多数ではないでしょうか。しかし、行楽ドライブには渋滞がつきもの。「あの渋滞さえ無ければ、もっと遠くへ」なんて考えている方も、少なからずいると思います。行楽や帰省シーズンの風物詩ともなりつつある渋滞は、国や高速...

  
23434

F1ジャーナリスト 世良耕太の知られざるF1 vol.25 “空気”の力で曲がる

F1はスピードを出せば出すほど、コーナーを速く通過することができる。こんな説明をしたら「はぁ?」と思うに違いない。原理的には、という注釈は必要だが、事実だ。普通に考えれば、コーナー進入時は十分にスピードを落とすものである。オーバースピードでコーナーに進入すると、車線上にクルマをと...

  
160

日本一長い山手トンネルの安全・防災は?

3月7日に首都高中央環状品川線が開通した。これは大井ジャンクションで高速湾岸線と、大橋ジャンクションで高速3号渋谷線と接続する路線で、約9.4㎞のほぼ全線が地下トンネルとなっている。既に開通している山手トンネル(3号渋谷線〜5号池袋線)と接続されたことで、総延長約18.2㎞、日本...

  
4526
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives