「トヨタ 86」の検索結果(312件)

記事

スバル水平対向エンジンといえばEJ型!? 初期のEA型からどれだけ変わったのか?

スバル水平対向エンジンといえば、多くのスバリストがEJ型を挙げます。しかしEJ型は、WRXのような一部のハイパフォーマンス車向けにしか残っておらず、最近スバル乗りになった人のほとんどは、水平対向エンジンと言えばFA型やFB型でしょう。今回は、そのルーツとなったEA52型からスバル...

  
9

独身貴族だったら、スポーツカーとSUVどっちを選ぶ?

バブルの時代にさかのぼると、スポーツカーとRV(当時はSUVなんて言葉はなかった)の若者人気は二分されていました。しかし、現在ではクロスオーバーSUVが一人勝ち。昭和生まれのクルマ好きにはやや寂しい状況とも言えます。そんな時代にあって、もしもあなたが独身貴族だったら、どんなクルマ...

  
3011

直5、V12、水平対向…少数派だけど、熱烈なファンが多いエンジンレイアウト4選

少数派だけど、ファンが多いエンジンレイアウトがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、あなたはどのエンジンレイアウトがお好きですか?

  
6615

大きさや地域で差が出る、希望ナンバーの人気の数字とは?

平成9年8月に施行された「希望ナンバー制度」。これにより、ナンバープレートの4桁の数字部分を選択できるようになりました。そんな希望ナンバー制度ですが、実際にどんな数字が人気なのでしょうか?

  
2785

ブリヂストン、ミシュラン…タイヤメーカーのビッグ3は?

自動車の影の主役とも言える、タイヤ。タイヤがしっかりしていなければ、満足できる走りは実現しません。世界のタイヤ業界は、どのような構図になっているのでしょうか?タイヤ界のビッグ3(スリー)と、それを追従するメーカーを紹介しましょう。

  
14156

ソアラ→レクサスSCなど…名前が変わったクルマたち

2018年6月に登場したトヨタのカローラスポーツ。もともと日本ではオーリスという名前で販売されていたハッチバックモデルの後継車種であることをご存知でしょうか。このオーリス→カローラスポーツのように、車名が変更されたクルマはほかにも多く存在します。今回は、名前が変わった車についてみ...

  
3682

お隣の国、韓国でいま一番売れている車はなに?

日本ではほとんど見かけないけれど、欧米では知名度が高い、韓国の自動車メーカー。ヒュンダイ、キア、韓国GM、サンヨン、ルノーサムスンなどの乗用車メーカーがあります。欧米への販売台数も着々と伸ばしている韓国メーカーですが、韓国国内では、いったいどんな車種が売れているのでしょうか。文・...

  
2607

トヨタ センチュリーには後席用取扱書がある!その内容は?

2018年6月22日に21年ぶりのフルモデルチェンジをはたしたトヨタ センチュリーには、なんと後席用取扱書が存在します。いったいどのような内容を含んだ取扱説明書になっているのでしょうか。高級車のなかの高級車を、トリセツから読み解きます。

  
8272

若者の車離れにSTOPか!? 漫画『MFゴースト』の魅力とは?

2017年9月、自動車漫画『MFゴースト』の連載が開始されました。コミックス累計4,700万部以上を発行した「頭文字D(イニシャルD)」のコンセプトを引き継いだ内容のMFゴーストは、昨今の若者のクルマ離れに一石を投じる作品として注目されています。そんなMFゴーストの魅力について、...

  
6770

富裕層の象徴!自動車電話が搭載されていたクルマ3選

お笑い芸人、平野ノラさんのネタに欠かせないショルダーホン。バブル時代、ナウなリッチマンのステータスだったショルダーホンは、自動車電話を外して車外でも使えるようにしたもの。当時は、自動車電話がなくてもアンテナだけ装着するドレスアップも流行するほど、あこがれのアイテムでした。そんな自...

  
5237

え、同じ名前!? インド・タタから誕生した新型ハリアーとは?

2018年7月31日、インドのタタ・モーターズは2019年初頭より販売を開始する、新型SUVを発表しました。その名称は、「ハリアー」。トヨタ車で聞いたような名前ですが、はたしてどのような車になっているのでしょうか。

  
22017

ついにお披露目。新型スープラ市販モデルが走った!

2018年7月、イギリスのウェスト・サセックスにあるグッドウッドで毎年開催されている「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に、現在開発中の市販型スープラが初めて公衆の前で走行しました。はたして、どんなクルマになっているのでしょうか?

  
15232

高額になってもガソリン車ではなくハイブリッド車を選ぶ理由

時代はエコカー全盛です。なかでも日本国内では、ハイブリッド車が多く認知されています。しかし、どうしても高額になる車両価格を考えると、ハイブリッド車を選ぶ理由はないとも言われます。それは本当なのでしょうか?ガソリン車に対するハイブリッド車のセールスポイントを、あらためて探ってみまし...

  
10171

しげの秀一氏の新作漫画『MFゴースト』に登場する注目の5台

かつて絶大な人気を誇り、走り屋のバイブルとまでいわれた大ヒット漫画『頭文字D』。その著者である、しげの秀一氏による新作が『MFゴースト』です。2017年9月に連載が開始された『MFゴースト』は、市販車による公道を使ったレースを舞台にした作品。登場するハイパーカーを含めクルマ好きの...

  
20527

第1回もてぎチャレンジグランプリ開催!どんな人が参加しているの?

2018年6月16日、栃木県にあるツインリンクもてぎで、第1回もてぎチャレンジグランプリが開催されました。もてぎチャレンジグランプリとは、どのようなイベントなのでしょうか?参加者の感想は?CarMe[カーミー]編集部はインタビューしてきました。

  
1028

16年ぶりに復活!トヨタスープラの歴史を振り返る

1978年から2002年までの24年間、トヨタのフラッグシップスポーツモデルとして君臨したスープラは、多くの人が憧れるクルマでした。2018年3月に開催されたジュネーブモーターショーでは、「GR スープラ・レーシング・コンセプト」が公開され、16年ぶりにいよいよ復活します。今回は...

  
8281

ソアラ乗りは女子大生にモテた!? なぜソアラブームは起きたのか?

1981年、「未体験ゾーンへ。」のキャッチコピーで、瞬く間にハイソカーブームを巻き起こしたトヨタ ソアラ。そして2代目ソアラは、女子大生が乗りたい車1位に輝き、”ソアラ乗りはモテる”と信じられていました。そんなソアラブームは、なぜ起きたのでしょうか?

  
8337

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.39 望まれたトラックへの装着

エアバッグ、ABS、ESC(横滑り防止装置)に次ぐ第4の安全装置として注目を集めているのが衝突被害軽減ブレーキシステムだ。センサーで前方の障害物を探知し、衝突の危険性が生じたときは自動的にブレーキをかけて衝突を回避する。回避できないときでも、衝突時の速度を下げることで被害の低減を...

  
313

特集 U-2.0のタイトなスポーツカーで決める

テンロクやテンハチと呼ばれた1600ccや1800ccのスポーツカーが元気だった時代は、2000ccのクルマがフラッグシップだった。時代が潤い、クルマが肥大化していく中でタイトなスポーツカーよりもラグジュアリーなスポーツモデルのほうが注目を集める時代に変わってしまった。しかしもう...

  
298

名車になる条件

時代を越えて愛されるクルマもあれば、時代の移り変わりと共に消え去ってしまうクルマもある。名車になるべくして誕生してきたクルマもあれば、多くの人に愛されて名車と呼ばれるようになったクルマもある。また、誰もが認める名車もあれば、意見が分れる名車もある。text:森口将之、宮崎敬一郎、...

  
1393
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives