「トヨタ 自動運転」の検索結果(41件)

記事

トヨタのTNGA導入による効果とは

トヨタの新型車発表のときによく目にする「TNGA」という文字。2015年末、4代目プリウスに初めて導入されたものですが、これはいったいなんのことで、導入によってどんな効果が期待できるのでしょうか。改めて振り返ってみましょう。文・吉川賢一

  
5781

TBSアナウンサー 安東弘樹が語る「なぜ日本にはクルマ好きがいなくなったのか」

2016年1月15日に起きた軽井沢でのスキーバス転落事故のあと、TBSアナウンサー安東弘樹さんが書いたGAZOOでのコラム「クルマ離れ」が大きな反響を呼んだ。AT車の比率が90%以上という日本では、ニュートラルやエンジンブレーキなどの言葉さえ知らない人がほとんど。クルマ離れを通り...

  
652

オリンピックと「i-ROAD」が風景を変える

今年3月、トヨタ自動車が2024年までの10年間、国際オリンピック委員会(IOC)との間でTOPパートナー契約を結んだと発表した。ここでのTOPは頂点という意味ではなく、ジ・オリンピック・パートナーの頭文字なのだが、最高レベルのグローバルスポンサーシッププログラムであることは間違...

  
190

モーターショーをはじめる前に

大小合わせて年間50はあると言われるモーターショー。そのうちデトロイト、ジュネーブ、パリ、フランクフルト、東京の5つが世界5大モーターショーと呼ばれている。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.149 2015年4月号]

  
105

ゴードン・マーレイの創ったYAMAHA製の4輪車

モーターショーにはサプライズがつきもの。昨年の第43回東京モーターショーでも、予告なしのコンセプトカーが何台も現れて、僕たちクルマ好きにとっては、うれしい驚きの連続だった。text:森口将之 [aheadアーカイブス vol.134 2014年1月号]

  
840

Cセグメントの世界戦略車 〜マツダ アクセラ SKYACTIV〜

スカイアクティブテクノロジーと『魂動』デザインのタッグが、ついに本丸に攻め込んできた。新型アクセラはいままで同様、競争の激しいCセグメントのど真ん中に投入される。その販売台数はマツダの3割以上を占めるという。そこまで重要なモデルに革新を持ち込んだのだ。text/photo:森口将...

  
194

21世紀少年はドライブにいく夢を見るか? vol.5 実用化されている自動運転技術

目的地を設定してボタンを押したら、あとはクルマが状況を判断し、すべての運転操作を行ってくれる。それが自動運転の究極の姿だ。それまでドライバーが主体的に動かしていたクルマが突如として完全自動になる様子をイメージするかもしれないが、そうではない。完全自動運転を実現する技術は少しずつ進...

  
265

小沢コージのものくろメッセ その20 モーターショーに本当のビックリはあるのか

相変わらず業界的には大盛り上がりの東京モーターショー。トヨタホンダ日産マツダ他の国産車勢に、今回は久々に英・仏・伊勢まで復活して、アジアの盟主たる雰囲気が多少戻って来た。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.156 2015年11月号]

  
123

小沢コージのものくろメッセ その22 自動運転と原子力の不思議な類似性

今号の特集でも語ることになってしまったが昨年、なにが印象に残ったかって自動運転だ。新型プリウスやロードスターでも燃料電池車のトヨタMIRAIでもない。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.158 2016年1月号]

  
122

小沢コージのものくろメッセ その23 テスラ・モデルSは本当に走るiPhoneなのか?

最近なにかと話題のカリフォルニアのEV(電気自動車)ベンチャー、テスラ・モーターズ。やれ去年はセダンのモデルSが、日産リーフを抜いて世界最多販売EVになったとか、今年は新型SUVのモデルXが日本に上陸しそうだとかネタは尽きず、せっかくなので小沢も新年自腹でサンフランシスコのテスラ...

  
165

小沢コージのものくろメッセ その27 スマホと自動運転の共通性

最近ケータイショップ、いやスマホショップでイラ付いたり怒鳴ったりする年配が多いという。しかし、今回はその批判ではなく逆だ。その気持ちもよく分かる。最近のスマホを見て、買って、使って腹が立ったり、無力感を感じることは多いからだ。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol...

  
116

テスラモーターズ モデルX…自動運転など本気で使いやすい装備満点だった!

新型スポーツEV「ロードスター」やEVトラックの発表など、何かとトピックスの多いテスラモターズ。そのラインナップのコアになっているのが、モデルXです。今回はモデルXの魅力のファクターである、驚くべき装備にスポットを当ててみました。文・山崎友貴

  
6677

なぜ日本ではクルーズコントロールがあまり使われていないの?

速度を設定すれば、ブレーキを掛けるなどの操作を行わない限り、ずっと定速で走り続けるクルーズコントロール機能(オートクルーズ)は、1958年にクライスラー社が初めて実用化した機能です。採用車種は多いものの、日本ではあまり使われていないオートクルーズとは、どんな機能なのでしょうか?

  
35433

Rolling 40's VOL.109 モーターショー裏読み

東京モーターショーが毎年ではなく2年ごとに開催されるというところに私は注目している。クルマやバイクの進化は微々たるもので、毎年だと分かりにくいが、2年というスパンになると見えてくるものがある。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.179 2017年10月号]

  
190

日本のSUV史に残る名車(迷車?)5選

日本で自動車産業が勃興し、80年が経ちました。数多くの車種が生まれては消えていきました。数多ある国産車のなかで、SUVにフォーカスして世界に誇る名車(迷車?)を、5台厳選してみました。------------------------------------------------...

  
41371

【全文書き起こし】トヨタ、新型センチュリーなど発表!ルロワ副社長が語った「東京オリンピックまでの取り...

2017年10月25日、東京モーターショー2017が開催となりました。トヨタのルロワ副社長は、新車発表と合わせて、2020年東京オリンピックまでの取り組みについて語りました。

  
3132

SAVとSUVって、なにが違うの?

2017年10月19日、BMWジャパンは、新型X3の日本販売開始を発表しました。ドイツ本国では、すでに6月から販売されているモデルで、SUVのDセグメントに投入されます。ところが、BMWではこのXシリーズをSAVと呼んでいます。SAVとSUV、はたしてどこが違うのでしょうか。

  
10287

比べるものではないけれど…ハイラックスとFJクルーザー、買うならどっち?

2017年9月12日、トヨタはランドクルーザー プラドのマイナーチェンジ、FJクルーザーの特別仕様車とともに、新型ハイラックスの日本導入を発表しました。比較する方は少ないと思いますが、FJクルーザーと新型ハイラックス、あなたはどちらを選びますか?

  
14453

ジムニーやセレナなど…中古車価格が安い、OEM車5選

OEMとは、他車で製造したモノを自社製品として販売することです。本家であってもOEMであっても、新車価格はさほど変わりありませんが、買取査定はネームバリューで勝っている本家のほうが高く査定される場合があります。この見方を変えれば、買取価格が安いOEM車は、中古販売価格も安いという...

  
12128

なぜ上方から車の周囲を確認できるのか?

最近の車は便利なもので、バックモニターで自車の後ろを確認できるだけではなく、高いところからの映像で自車と障害物(他の車など)の位置関係を把握することができます。まさに「神の目」とも言えるこの技術は、どういった仕組みで成り立っているのでしょうか。

  
14960
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives