「トヨタ ランドクルーザープラド」の検索結果(39件)

記事

国産車で3列シートが用意されている車種20

今やファミリーカーの定番となっている3列シート車。普段は2列目までしか使わなくても、お友達やおじいちゃんおばあちゃんと一緒に出かけるときに3列目メートがあるのは便利なもの。では、2019年3月現在、日本にはどんな3列シート車がラインナップされているのでしょうか?国産3列シート車を...

  
3253

1990年代を代表するクロカンSUV5選

1997年に登場したトヨタ「ハリアー」によってクロスオーバーSUVというジャンルが確立され、2002年のポルシェ「カイエン」をきっかけに世の中はSUVブームへ。しかし、ハリアー登場以前の1980年代後半から1990年代中頃にかけて、日本ではクロスカントリー4WD(通称:クロカン四...

  
9291

日本で生産されているのに、日本で売っていないクルマ6選

現在クルマの生産は基本的に「需要が多いところで行う」という流れになっており、日本車でも海外で生産されているというケースは多い。その中には「日本で生産されているのに、日本では売っていない」というクルマも少なくない。いくつか挙げてみよう。文・永田恵一

  
6900

高速道路パトロールカーは警察?普通のパトカーとどう違うの?

パトカー=警察車両、と思っているかもしれませんが、パトカーは「パトロールカー」の略称です。警察以外でもパトロールに用いているクルマであればパトカーと呼んでも構わないのかもしれません。それはさておき、高速道路でよく見かける黄色いボディに赤白バンパーのパトロールカー、あの正体を知って...

  
4687

燃費が大違い!? ランクルとプラド、維持費はどれほど違うのか?

トヨタのフラッグシップSUVのランドクルーザーと、弟分のランドクルーザープラドは、車格は違えど、同じランドクルーザーの名を冠するクルマです。本格クロスカントリーから、シティユースまで幅広くこなせる人気の2台を、維持費から比較してみました。文・赤井福

  
7432

左右に「ぱかっ」と開く!観音開きドアの国産車5選

2枚のドアが左右両側に「ぱかっ」と開く形式を、観音開きと呼びます。国産では初代クラウンが初めて採用した古くからある形式ですが、最近では少なくなっています。とはいえ、独特の開き方がクルマの個性を引き立てることも事実。今回は、そんな観音開きドアの国産車を紹介しましょう。文・立花義人

  
6171

トランクのリアガラスが開く!? ガラスハッチ搭載車5選

たまに見かける「ガラスハッチ」を搭載したクルマ。テールゲートとは別に、リアガラスだけが開閉できる仕組みになっています。以前は、多くのワゴンやSUVで見られた機構でしたが、現在は希少な装備になっています。そんなガラスハッチを採用している新旧モデルを紹介しましょう。文・立花義人

  
29908

おすすめ7人乗りSUV5選〜国産車編〜

日本でのミニバン人気は相変わらずですが、昨今ミニバンに取って変わろうとしているカテゴリーがあります。それが7人乗りSUVです。国産車の中では意外と少ない7人乗りSUVですが、今回はその中から筆者が選ぶベスト5をご紹介したいと思います。文・山崎友貴

  
34172

世界最高峰のSUV、ランドローバーが愛され続ける理由

オフロード4WDやSUVのファンにとって、「ランドローバー」のブランドは垂涎の的。大戦直後に生まれた同ブランドは、四輪駆動車専門メーカーとして、常に世界に君臨してきました。今回は、その魅力を探ります。

  
6025

カンガルーのマッドガードで90年代を一世風靡したJAOSをあなたはご存知?

みなさんは「JAOS(ジャオス)」というパーツメーカーをご存知でしょうか? もしかしたら名前は知らなくても、90年代に大流行した「RVブーム」のときに、カンガルーのマークの入ったマッドガード(泥除け)やスペアタイヤカバーをリリースしていたメーカーと言えばお分かりになる方もいらっし...

  
16853

【東京オートサロン2018】CLIMATE発「SUW」の独自デザイン

富山県富山市に本拠地を置く株式会社CLIMATEが手がけるSUWブランドから、2018年新作のホイールとボディキットが東京オートサロン2018に登場。トヨタ C-HR用ボディキットに注目です。

  
3666

【東京オートサロン2018】ローダウンもリフトアップも!オーナーのテイストに合わせたJAOSのモディ...

流行のSUVモデルのカスタマイズを手掛けるJAOS。SUVの持つクロスオーバーな魅力を様々提案しています。

  
9046

日本のオフロード車

空前のSUVブームが到来したこの数年、世界中の自動車メーカーがこぞってSUVを発売し続けている。text:まるも亜希子、伊丹孝裕、河村 大 [aheadアーカイブス vol.179 2017年10月号]

  
2163

国内で50車種以上販売されているクリーンディーゼル。あのブランドも!?

マツダの貢献もあって、日本でもクリーンディーゼルが注目されるようになっています。ガソリンよりも燃料代が安く、トルクフルなエンジン特性に気づいた人が乗り換えをはじめています。そんな市場動向に呼応するように、新車で購入できるクリーンディーゼルモデルが増えています。

  
6778

どの国産SUVが気になる?タイプ別オススメ4車種をご紹介!

いま自動車業界で、もっともホットなカテゴリーが、SUVです。幅の広い走行性能と使い方が人気の要因ですが、とにかく車種が多くて迷う…という方も多いのでは?そこで、今回はいくつかのタイプにわけて、そのなかでおすすめのSUVを紹介しようと思います。

  
28077

FJクルーザーからついにファイナルエディション登場!本当に最後になってしまうの?

2017年9月12日、新型ハイラックス、新型ランドクルーザープラドとともに、FJクルーザー"ファイナルエディション"が発表されました。以前より生産終了の噂が囁かれているFJクルーザーですが、本当に最終型になるのでしょうか?

  
12596

ランクルプラド、2度目のマイチェン!次期型はいつになる?

2017年9月12日より開幕したフランクフルトモーターショーで、欧州トヨタは新型ランドクルーザー(日本ではランドクルーザープラド)を発表。それに合わせて日本でもプラドのマイナーチェンジを発表、販売が開始されました。

  
25185

アイポイントが高いクルマのメリットとデメリット

2017年現在人気のSUV、各社こぞってニューモデルを投入している最も刺激のあるカテゴリーといえるでしょう。また、安定した人気のミニバン。こうしたモデルのメリットとして、「アイポイントの高さ」による運転のしやすさが挙げられます。しかし、本当にメリットだけなのでしょうか?

  
39508

ランクルプラドの維持費っていくらかかるの?

SUV人気が高まっている昨今、その原点であり頂点に位置するモデルが、トヨタ ランドクルーザーです。その一方で、国内で扱いやすいボディサイズや、国内のランクルには無いディーゼルエンジンなどで人気を集めているのが、ランドクルーザープラドです。国内では数少ない3列シートもプラドの魅力の...

  
125332

かつてパジェロやデリカに装着されていた、フロントのごついパイプはいま…

1980年代から1990年代前半のバブル時代にブームとなったのは、輸入車やスポーツカーだけではありません。現在のクロスオーバーSUVへの過渡期、本格4WDであるクロスカントリー4WDに豪華装備を施した車種もブームでした。一方で、そのゴテゴテしたフロントガードが「どこを走るつもりな...

  
63184
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives