「トヨタ セリカXX」の検索結果(22件)

記事

やっぱりかっこいい…リトラクタブルヘッドライトと言えばこの車たち

フロントノーズを低くして空気抵抗を減少させつつ、ヘッドライトの高さを確保するために生まれたリトラクタブルヘッドライト。1970年代~1990年代のスポーツカーに多く採用されました。そんなリトラクタブルヘッドライトを採用した車種はフロントノーズが低くカッコいいクルマ達ばかり、今回は...

  
33230

バブル期の車で今でも人気といったらこの5台

1980年代後半のバブル期、クルマは憧れでありステータスであり、ときにはモテるためのアイテムでもありました。そんな時代ですから、生まれたクルマもユニークなものが多く、今も根強い人気を誇るモデルが数多くあります。今回はそんなバブルの一翼を担い、今も人気の高いクルマたちをピックアップ...

  
45326

埋もれちゃいけない名車たち vol.64 ハイソカーのさきがけ「日産・初代レパード」

1980年代の半ば近くになって、日本のクルマ好きの間に〝ハイソカー・ブーム〟というのが巻き起こった。ハイソカーというのは〝ハイソサエティ・カー〟を略した自動車メディア発信の造語であり、言ってみれば〝上流社会っぽいクルマ=趣味のよさげなオヤジくさくない高級車〟ぐらいの、わりと曖昧な...

  
12597

公開まであと一ヶ月!! 新型スープラはどんなスペックで復活するのか?

まもなくトヨタからスープラが復活する。すでに公表されているように、ワールドプレミアの場には2019年1月に開催されるデトロイトショーが選ばれた。もともとスープラという名前が北米市場向け(日本では「セリカXX」という車名だった)であり、彼の地では伝統の名前が復活するということで期待...

  
6355

Rolling 40's VOL.111 水物

最近、今となっては旧車の部類に入るトヨタ・レビン・AE86の改造車に触れる機会があった。久しぶりに見たノスタルジー全開の車種であるが、一番驚いたのはその車体の大きさである。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.181 2017年12月号]

  
1029

昭和50年代にヒットした懐かしのクルマ5選

昭和50年代の日本は、オイルショックの影響を受け、それまでの高度成長期から、経済的に大きな減速をした時代でした。政府は公害対策に乗り出し、人々は暮らしに経済性を求めるようになり、生活のなかにおけるクルマのあり方にも大きな変化が見られました。今回は、そんな昭和50年代に登場して話題...

  
28049

16年ぶりに復活!トヨタスープラの歴史を振り返る

1978年から2002年までの24年間、トヨタのフラッグシップスポーツモデルとして君臨したスープラは、多くの人が憧れるクルマでした。2018年3月に開催されたジュネーブモーターショーでは、「GR スープラ・レーシング・コンセプト」が公開され、16年ぶりにいよいよ復活します。今回は...

  
12670

黄色いビートルを見ると幸せになれる!? クルマに関わる都市伝説4選

クルマに関する都市伝説は、1980年代から盛んに語られるようになりました。ここでは、雑学的な都市伝説をご紹介します。

  
10694

セリカXXやアコードに搭載。GPSが使えなかった時代のカーナビはどんなシステムだったの?

今では新車に当たり前のように装備されているカーナビ。その始まりは1980年初頭にさかのぼります。GPSが使えなかった時代、カーナビはどのような仕組みで動いていたのでしょう?

  
25310

アルシオーネやプレリュード等…日本国内で発売されたスペシャリティカー5選

かつて多くのクルマ好きの人気を集めたカテゴリーに、スペシャリティカーがあります。これは汎用モデルなどをベースに、スポーツカーのような流麗なフォルムと、そこそこに高性能な足回りをあわせ持つ2ドアハードトップや3ハッチバッククーペボディを架装したモデルで、1980年代にはデートカーと...

  
22513

マフラーを直管仕様にすると遅くなるって本当?

排気効率をよくするとパワーが出やすくなるとはよく言いますね。直管のマフラーは排気を妨げるものがないので、エンジンレスポンスが良くなるとも言われています。しかし、マフラーを直管にすると抜けが良くなるが、逆に遅くなるとも聞きます。矛盾しているようですが、直管マフラーの排気効率は本当に...

  
262439

日本初のスペシャリティカー!トヨタ セリカの特徴や燃費、中古車価格は?

良い意味でトヨタらしからぬ格好良さのあるトヨタ セリカ。日本初のスペシャリティカーとして1970年に登場し、一世を風靡しました。2006年に販売終了となりましたが、一部ではまだまだ高い人気を集めているセリカ。その詳細と中古車市場を合わせてチェックしてみましょう。

  
12843

マークⅡの海外仕様車「クレシーダ」とはどんな車だったのか?

クレシーダをご存知でしょうか。その名前からしてクレスタ同様マークⅡの姉妹車であることは想像しやすいかもしれませんが、あまり耳慣れない車名かもしれませんね。なじみの薄いクレシーダ、それもそのはずマークⅡの海外仕様車そのものでした。

  
39553

かつて存在したR30スカイラインの5ドアセダン…現代にも続く5扉スカイラインとは?

R30型スカイラインは特にFJ20型4気筒DOHCエンジンを搭載した「RS」シリーズの人気が高く、知名度もこのRSを中心に広がっていっているようなところがありますよね。しかしその反面、当時、バリエーションとしては思いのほか幅広く設定されていたR30スカイライン。ほとんど人気は出ま...

  
41805

セリカ・セリカXXの中古価格と歴史|よろしくメカドックの登場車種もご紹介!

「よろしくメカドック」というワードに反応する80年代の少年たちは沢山いると思います。中にはこの漫画やアニメでクルマに関心を持った方も多くいる事でしょう。そんな「よろしくメカドック」に登場するマシンを今回取り上げてみました。

  
63157

80年代の象徴、リトラクタブルヘッドライトの国産名車5選

今ではすっかり下火になってしまったリトラクタブルヘッドライト。しかし、これが一大ブームとなっていた1980年代には数々の車種に採用されて、羨望の眼差しを集めていました。今回は忘れられないリトラクタブルヘッドライトの日本の名車5車をご紹介しましよう。

  
112179

70系スープラと80系スープラ、違いはどこにある?

日本国内では1986年に発売されたトヨタスープラ。現在、TOYOTA FT-1 ConceptやBMWとの共同開発のスポーツカーが次期モデルだと言われているスープラですが、過去に販売された70系と80系がどんな車だったか、振り返ってみたいと思います。

  
56496

トヨタ至高のスポーツカー、80スープラを今買うと維持費は年間約50万円!? その内訳とは?

国内だけでなく海外で現在も人気のトヨタ80スープラ。その美しいスタイリングはもちろん、数少ない2Jターボエンジン搭載のスポーツカーとして未だ絶大な人気を誇っています。ですが、2002年の新排ガス基準をクリアできず、RX-7やR34スカイライン等と共にその歴史に幕を閉じました。現在...

  
187283

フェアレディZ、スープラ、シルビア!FRの6MT車6選!

スポーツカーや高級車の代名詞とも言えるFR(フロントエンジン・リアドライブ)。FRだからこそ得られる前後の安定感やスピード感により、運転する楽しさを味わえる駆動形式です。今回はそんなFRかつ6MTの、絶対に楽しい車を6車ご紹介します!

  
41345

なぜスープラRZは未だに中古市場で200万円以上するのか?

1993年に米国デトロイトモーターショーにて発表され、2002年に販売が終了した80トヨタ スープラは販売終了から13年経った現在も、中古車市場において大変人気のある車となっています。特に人気なのはターボモデルの「RZ」。程度の良いものだと300万円に迫る車両価格となっています。

  
256715
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives