「トヨタ セラ」の検索結果(81件)

記事

新車100万円台から買えるSUVのコンパクトカー5選

クロスオーバーSUVが注目を集める昨今ですが、いずれも高めな車両価格がユーザーには悩ましいところ。でも、コンパクトなSUVであれば、100万円台の予算で手に入れることができます。今回は、そんなリーナブルなクロスオーバーSUVにスポットを当ててみましょう。文・山崎友貴

  
6742

2017年に消えていったクルマたち

新型車がデビューするとなれば、メーカーはプロモーションに力を入れますし、各メディアも注目して取り上げます。しかし販売を終了するときは、ひっそりと…。今回は、2017年に粛々と生産終了してしまった車を紹介します。文・吉川賢一

  
25169

デロリアン、初代ゴルフなど…ジウジアーロデザインのクルマたち

イタリアを代表するカーデザインの巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ。直線を基調としながらも洗練された美しさ、気品を漂わせる造形美は、時代を超えてあらゆる人に愛されてきました。今回は、そのジウジアーロデザインのクルマをいくつか紹介しましょう。文・吉川賢一

  
9075

お手頃価格で購入できるキャンピングカー5選

山が新緑に色づき、旅に出るのが楽しくなる季節です。自然のなかにキャンピングカーで出かけて、ゆったりと過ごしたらきっと至福の時間を過ごせるはず。今回はお手頃な値段で買えて、装備充実、価値満載のキャンピングカーを厳選してみました。文・山崎友貴

  
4961

レパードにセフィーロ、GT-R…「あぶない刑事」に登場した車5選

横浜・港警察署のタカとユージが繰り広げるアクション&コメディー刑事ドラマといえば、ご存知『あぶない刑事』です。じつに30年に渡るシリーズで、2016年1月公開の映画『さらばあぶない刑事』で完結しました。石原プロ製作、西部警察の後に製作されたドラマだけに、登場する警察車両も個性派揃...

  
11853

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.79 TNGAの第一号車

TNGAとは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの略。トヨタが推進する「もっといいクルマづくり」の中核を担う技術であり、その第1号車が新型プリウスとなる。プリウスを皮切りに、今後TNGA適用モデルが次々とデビューし、2020年には生産されるトヨタ車の半数、約500万台が...

  
711

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.37 ドライバー視点が欠けている

ネットサーフィンをしていたら「海外道路調査団派遣」なるちょっと気になる海外ツアーを発見した。募集元は高速道路調査会という公益財団法人。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号]

  
94

日本で売られていないけど、世界で大ヒットしている車5選

日本で大ヒットしている車といえば、トヨタの「プリウス」や「アクア」といった車種がすぐに思い浮かぶかもしれません。日本の道路事情、経済性の高さや利便性がまさにヒットの要因と言えるでしょう。でも所変われば品変わると言うように、他の国ではよく売れる日本未発売の車がたくさんあります。今回...

  
5763

春は天窓を開けてドライブしたい!サンルーフの種類

寒い季節が終わると絶好の行楽、そしてドライブ日和となるわけです。そこで活用したいのが「サンルーフ」。そんなサンルーフには様々な種類があります。

  
16677

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.47 人間研究と切り離せない次世代安全システム

最近、にわかに注目を集めているのがハイテクを使った次世代安全システムだ。高速道路でも使えるタイプ、一般道のみのタイプ、歩行者を補足できるもの、できないものなど、メーカーや車種によって機能にはバラツキがあるが、クルマが自動的にブレーキをかけて衝突を回避、あるいは衝突による被害を軽減...

  
470

欧米で販売台数を伸ばしている韓国メーカー。2017年に韓国内で一番売れた車は?

開催前には、いろいろ心配されていた平昌オリンピックも無事閉幕。日本人選手の活躍が目覚しい大会となりました。そんな韓国で売れている自動車はなんでしょう?

  
7336

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.55 いいものを評価する世に

同じ事柄でも、立場が違うと見え方が180度違うことがある。最近よく思うのが、クルマ作りをする際のコストに対する考え方だ。現場のエンジニアと話していると、1円にも満たない〝銭〟単位でのコストコントロールを要求される辛さが痛いほど伝わってくる。彼らにとって1円は大金だ。text:岡崎...

  
546

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.53 COTYの役割

11月23日は、日本カーオブザイヤー(COTY)にとって歴史的な日になった。VWゴルフが、日本車を退け輸入車として初のイヤーカーに輝いたのだ。ホンダ・フィットとの激戦が予想されていたが、ふたを開けてみればゴルフの圧勝。僕もゴルフに最高点を投じた一人だが、正直、ここまで大差が付くと...

  
469

Cセグメントの世界戦略車 〜マツダ アクセラ SKYACTIV〜

スカイアクティブテクノロジーと『魂動』デザインのタッグが、ついに本丸に攻め込んできた。新型アクセラはいままで同様、競争の激しいCセグメントのど真ん中に投入される。その販売台数はマツダの3割以上を占めるという。そこまで重要なモデルに革新を持ち込んだのだ。text/photo:森口将...

  
194

小沢コージのものくろメッセ その9 最近のマツダはなぜ凄いのか?

最近、ヤケに進捗著しいマツダ。セダンのアテンザ、ハッチバックのアクセラ、コンパクトカーのデミオ。いわゆる「スカイアクティブ技術」が導入されてからの一連の新車は、デザインの質、インパクト、一貫性、走りの良さ、燃費の良さ、ディーゼル技術の投入と明らかに勢いを感じる。text : 小沢...

  
376

小沢コージのものくろメッセ その25 “クルマ昔話”はカッコ悪いのか

不肖小沢、突如〝究極の業界問題〟にブチ当たってしまった。それはクルマ昔話はカッコいいのか? 悪いのか? だ。きっかけは去年からネット界ほかを騒がせている、タレント高田純次さんの名言。「歳とってやっちゃいけないことは、説教と昔話と自慢話。だから俺はエロ話しかできないんだよ」text...

  
175

“自動ブレーキ”ってどれも同じ?

「自動ブレーキ」っていう言葉がすっかり浸透し始めちゃっているのは、少々イヤな感じがするけれど、このわかりやすいネーミングのおかげもあって、ユーザー側のニーズも高まりましたね。text:竹岡 圭 [aheadアーカイブス vol.170 2017年1月号]

  
1036

なぜ、キャラバンではなくハイエースがカスタムベースの王座となったのか?

トヨタ、日産のワンボックスカーである、ハイエースとキャラバン。一見すると、非常によく似た両者であり、どちらもカスタムベースとしてよく使われますが、キャラバンよりもハイエースのほうが多いようです。その理由は、どんなところにあるのでしょうか?両車を比較しながら探っていきたいと思います...

  
22252

使い方いろいろ、新型ハイラックスを選ぶ理由

2017年9月、日本で13年ぶりにハイラックスが復活しました。ピックアップトラックという日本では希有な存在のハイラックス。どんなクルマで、どんな使い方ができるのでしょうか。

  
10172

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.91 テスラの行動力

カリスマ経営者であるイーロン・マスク率いるテスラ。「未来のために世の中のクルマを電動化する」という明確なビジョンを掲げ、一充電あたりの航続距離594km、0-100km/h加速2.7秒、無料充電サービス、通信を使った機能のアップデート、オートパイロットなど、次々とサプライズを提供...

  
1612
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives