「トヨタ スープラ」の検索結果(80件)

記事

NSX、スカイラインGT-R、シルビア...90年代は日本車の時代。なぜあれほど盛り上がっていたのか...

90年代といえば、バブルを引き擦りながらまだスポーツカーも元気だった時代。そんな時代に生産されていた国産スポーツカーに、注目が集まっていると言います。その魅力とは、どんなものだったのでしょうか?

  
5804

1990年前後に日本に誕生した、3ナンバー専用モデル5選

1990年前後といえば、日本中が好景気に沸いたバブル期でした。現在40~50歳代の方々は、当時の様子を鮮烈に覚えていらっしゃるのではないでしょうか?そんな時代の真っ只中、1989年に税制が見直され、それまでボディサイズによって高額だった3ナンバー車の税金が大幅に下がることを見越し...

  
9440

クルマ好きの仲間入りに!若者にオススメしたいカーアクション映画5選

昨今、購入はおろか自動車そのものに興味を持たない若者が増加中とのこと。自動車はたとえ乗らなくとも、ショールームで眺めたり、写真に撮るだけでも楽しいと思うのですが…。そこで今回は、若者に少しでも自動車に興味を持ってもらいたく、自動車が格好よく描かれている映画を紹介しましょう。

  
9614

ランエボやスターレットなど…リメイクが望まれる絶版車たち

これまでの長い歴史のなかには、後継車やコンセプトを受け継ぐ車が無かった、メーカーの都合でモデル整理の憂き目にあってしまったなど、さまざまな理由によって姿を消した車が存在しています。今回はそうしたなかから、スポーツカーを紹介しましょう。-----------------------...

  
20103

かつて国産最速セダンと言われた車!トヨタ アリストって?

1991年に登場したトヨタ アリストは、クラウンが弱かった若者層に向けたモデルで、日本国外では、レクサスブランドからGSとして販売されたモデルです。当時、スープラと同じトヨタ最強の直6 3.0Lツインターボエンジンを搭載したアリストとは、どのようなモデルだったのでしょうか?

  
46696

時速358㎞!!センチュリーのV12エンジンを搭載したスープラって?

センチュリーに搭載されている国産唯一のV12エンジンに換装し、パワー&トルクは943ps/102.3kgmを発生。そこから導き出される最高速度は、なんと358km/h!!まさにモンスターと呼ぶにふさわしいスープラを紹介しましょう。

  
16743

Z4と共同開発の噂…次期スープラはZ4のように肥大化するのか?

BMWの新型Z4デザインコンセプトが発表されました。予想通りロー&ワイド、そして色気を感じさせるエクステリアデザインに仕上がっています。となると、気になるのは兄弟車と目されるトヨタ スープラ。次期スープラは、Z4と同様にボディサイズは大きくなるのでしょうか?

  
6119

1990年代の日本の名車が勢ぞろい!初代『ワイルド・スピード』の登場車種は?

2017年公開のICE BREAKで8作目まで公開された大人気シリーズ『ワイルド・スピード』。ストーリーもさることながら、登場する車に注目が集まります。今回は、その記念すべき1作目に登場した日本車を振り返ってみましょう。

  
7772

純正なのに車高が変化する!? ボタンひとつで車高が変わる車たち

最低地上高の低い車は、スーパーカーからカスタムカーまで数多く存在します。なかには、どう考えても公道を走れるのか怪しい車もありますね。車高が低い車には苦労がつきものですが、それらを解決する工夫もたくさんあるのです。

  
7949

紛らわしい?ツインターボとツインスクロールターボはどう違う?

若い方だと、ターボという装置は耳慣れないかもしれません。しかし、アラフォー世代にとってはすでに馴染みのデバイスです。そんなターボが、ここ数年、復権をはたしているようなのですが、最近はツインターボ、ツインスクロールターボ、あるいはツインエントリーターボ、ツインパワーターボなど、メー...

  
11222

レーシングハイブリッド「THS-R」ってなに?

トヨタのハイブリッドシステムが、THSです。このTHSをレース用に転用したものが、THS-R。2005年のレース参戦当初は量産に近いシステムでしたが、年々進化し、いまやTHSの限界を引き上げる実験的な側面も持ちます。

  
3545

GTO、スープラ、Z…かつて3.0リッターエンジンを搭載していた国産スポーツカー達!

最近の国産スポーツカーは、3.7Lとか5.0Lといった大排気量だったり、価格が1,000万オーバーだったり、庶民にはとても手が届かないところに行ってしまいましたが、かつては3.0Lで400万円台というスポーツカーが多くありました。そこで、3.0Lの国産スポーツカーという観点から、...

  
20066

スタリオン後継モデル「GTO」が復活するって本当!?

三菱のフラッグシップスポーツといえば、「GTO」と即答する方は、ある程度の世代かもしれません。バブル期に先端技術とともに颯爽と現れたGTOは、じつに魅力的に映ったものです。そんなGTOが、思わぬカタチで復活する可能性があると噂されているのです。

  
12085

バブル期に生まれた車が再販されたら、あなたは買いますか?

ヒストリックカーの人気が高まっている昨今、80年代やバブル期のクルマたちもヒストリックカーの域に入ろうとしています。あの頃のクルマがもし再販されたなら、あなたは買いますか?

  
17846

BMW Z4 コンセプトモデル公開!新型Z4とスープラに共通点はあるのか?

2016年に生産が終了したBMW Z4の次期型コンセプトモデルが、2017年度のペブルビーチ・コンクールで公開されました。BMWが発表した内容とは、どのようなものだったのでしょうか?

  
5444

アルシオーネやプレリュード等…日本国内で発売されたスペシャリティカー5選

かつて多くのクルマ好きの人気を集めたカテゴリーに、スペシャリティカーがあります。これは汎用モデルなどをベースに、スポーツカーのような流麗なフォルムと、そこそこに高性能な足回りをあわせ持つ2ドアハードトップや3ハッチバッククーペボディを架装したモデルで、1980年代にはデートカーと...

  
13400

トヨタ×ヤマハによる2000GTの現代版が生産される可能性はあるのか?

トヨタ2000GTといえば、ヤマハの共同開発で生まれた高性能スポーツカーです。発売されたのは1967年と半世紀も前のことですが、ロングノーズショートデッキのフォルムは、現代の基準から見ても抜群のプロポーションを有しており、いまなお名車として語り継がれています。その一方で、2000...

  
8964

スープラ次期型、東京モーターショーで発表される可能性はあるのか?

数年前より囁かれている新型スープラの話題。出そうでなかなか出ない、もどかしい状況が続いています。2017年秋に予定されている東京モーターショーで、その姿を現すのでしょうか?

  
5833

1000周以上のアタック!? トヨタ 86、世界最長ドリフト168キロでギネス更新!

平凡で80点主義と揶揄されてきたトヨタ車が、世界では尖っています。先日のランクル世界最速SUV認定に引き続き、86がドリフト最長記録を更新する模様です。しかも破られた記録も86によって樹立されたもの。トヨタ車が平凡なんて、日本人の思い込みかもしれませんよ?

  
9711

東京モーターショー2017で発表!? 期待の国産車5選

2017年は、2年に1度開催される東京モーターショーの年です。今年はフェラーリやランボルギーニの参加が見送りで、やや寂しいショーになりそうと思っていましたが、その分?国産メーカーが張り切っています。筆者が期待している、東京モーターショー2017出展車5台を紹介します。本当に出展さ...

  
19618