「デメリット」の検索結果(343件)

記事

VWのMQBモジュールとは?

どこの国に資本があっても、メーカーであれば良いクルマを安価に作ることを目指しています。昨今では、異なる車種間で共通の部品を使用することを前提として開発し、開発効率を上げる工夫がなされています。フォルクス ワーゲンのMQBも、そのひとつです。このMQBには、どんな効果があるのでしょ...

  
5069

FCVといえばトヨタMIRAI?他にどんな燃料電池車がある?

メルセデスやBMWをはじめ、多くのメーカーが研究開発を続けている燃料電池車(FCV)。しかし、その多くはまだ研究段階で、市販化にこぎつけているメーカーは、ごくわずか。なかでも有名なのはトヨタ MIRAIですが、他にはどんな車があるのでしょう?

  
1143

トヨタ MIRAI…水素自動車の仕組み

エンジン車はガソリンや軽油といった燃料を使った内燃機関(エンジン)で車を動かし、EVはバッテリーに蓄えた電気でモーターを動かしていることは、なんとなくでも理解していると思います。では、次世代車として期待されている水素自動車は、どんな仕組みで動いているのでしょうか?今回は、トヨタ ...

  
4633

新型スープラがBMW(Z4)と共同開発をする理由

スポーツカーファンの心を鷲掴みしてきたスープラの新型が、2019年初めに復活するという情報が出ました。2018年3月6日、スイスで開幕したジュネーブ国際モーターショーで、トヨタはレーシングカータイプながら新型スープラのコンセプトモデルを発表。この新型スープラは、BMW 新型Z4と...

  
10960

春は天窓を開けてドライブしたい!サンルーフの種類

寒い季節が終わると絶好の行楽、そしてドライブ日和となるわけです。そこで活用したいのが「サンルーフ」。そんなサンルーフには様々な種類があります。

  
17618

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.45 インフラが整ってきた

EVに強力な追い風が吹き始めた。国がEV普及に向け1005億円もの巨額な予算を投じ、急速充電器の普及に乗り出したのだ。急速充電器の数は今年2月末の時点で全国に1672基。世界的に見ればトップレベルのEVインフラ充実度だが、国はこれを来年3月までに3万5700基へと大幅に増やす。t...

  
496

車のホイールの最大インチ、最小インチっていくつ?

年々、大径化が進む車のホイール。確かに大きいほうが足回りが引き立って見え、車の印象が変わりますよね。また、カスタムのなかでも手を出しやすく、見た目にもわかりやすいというメリットがあります。ところで、現在販売されている車のホイールには最大で何インチが用意されているのでしょうか?乗用...

  
20845

4駆に比べて2駆の走破力が低いとは限らない!?

今シーズンは豪雪となり、福井などでは多くの車が立ち往生しました。この様子を見て「やっぱり雪は4駆だな」と思った方もいらっしゃるでしょう。ですが、必ずしも2駆が4駆に比べて走破性が低いとは限らないのです。

  
15492

車のオンライン査定って実際とどのくらいずれるもの?

ネット環境があれば、簡単にできるオンライン査定。そもそもどういったサービスで、どういうメリット・デメリットがあるのでしょうか。気軽に査定をしてみたいと考えているユーザーの方、必見です!

  
2498

埋もれちゃいけない名車たち VOL.29 名前を受け継ぐ誇りのハンドリング「アルファ ロメオ・アルフ...

僕達ファンは好きなメーカーに対してそれぞれの理由から〝誇り〟を感じ、それを様々なカタチで表明することができる。関連するステッカーを自分の持ち物に貼ったりすることも、もちろんそのひとつ。ならばメーカー自身が自分達の〝誇り〟を強く意識するとき、それはどんなカタチになって表れるのだろう...

  
1051

未使用車、新古車、未登録、ナンバー落ち…それぞれどういう意味?

中古車選びの時によく目にするのが未使用車、新古車、未登録、ナンバー落ちなどの用語。それぞれ車両のナンバー登録状況や使用状況を意味する業界用語です。これらには、どのような違いがあるのでしょうか?

  
6373

ランドクルーザーとジムニー、似て非なる2台の本格4WD

日本を代表するクロスカントリー4WDと言えば、ランドクルーザーとジムニーです。2台には共通点がありますが、同時にまったく異なるキャラクターを持っています。今回は、この2台の魅力に迫ります。

  
42952

カムリ、ハイラックス、シビックなど…逆輸入車のメリット・デメリットとは?

トヨタのカムリやハイラックス、スズキのバレーノ、ホンダのシビックなど、国産メーカーなのに海外で生産されたモデルが増えている印象です。いわゆる逆輸入車と呼ばれる、それらにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょう?

  
16474

雪国で見かける道路の融雪、これってどういう仕組み?

2018年の冬は、日本列島が最強寒波に覆われ、九州南部でも積雪が観測され、関東地方も約20cmの積雪を記録。さらに雪の多い北陸や上越地方では、ひと晩で約1mもの積雪があったといいます。それでもほぼ通常通り日常生活が行われていた雪国の道路の融雪は、どういう仕組みになっているのでしょ...

  
8416

冬の高速道路に撒かれている白い粉の正体とは?どんな役割があるの?

冬の時期、高速道路を走っていると、いつより路面が白っぽくなっていることに気付きませんか?あの正体とはなんでしょうか?またどうして冬場にしか見られないのでしょう。

  
6043

小沢コージのものくろメッセ その7 正直当分期待できない超小型モビリティ

ここ数年、日本でも時々話題になっている超小型モビリティ。東京モーターショーでは必ず陳列されるので知っている人もいると思うが、簡単に言うと「自動車」と「バイク」の間の乗り物で、見た目的には屋根付き4輪バイクと言ったところだ。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.1...

  
302

間もなくセレナにも登場!あらためて日産 e-POWERとは?

昨年秋の東京モーターショー2017で公開された日産 セレナ e-POWERが、間もなく市場に投入されることになります。e-POWERは、日産が開発したハイブリッドモデルの名称で、昨年の販売台数ランキングではノートの躍進に大きく貢献しました。それが間もなくミニバンのセレナにも搭載さ...

  
7551

ひこうき雲を追いかけて vol.45 インチダウン

昨年の11月にユーザー車検でDS3の継続検査を通した。その際、ディーラーでブレーキパットとフルードを交換し、ついでにクルマ全体のチェックもしてもらった。特に不具合もなかったが、「タイヤはよくてあと半年ですね」とのことだった。text/photo:若林葉子 [aheadアーカイブス...

  
240

小沢コージのものくろメッセ その22 自動運転と原子力の不思議な類似性

今号の特集でも語ることになってしまったが昨年、なにが印象に残ったかって自動運転だ。新型プリウスやロードスターでも燃料電池車のトヨタMIRAIでもない。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.158 2016年1月号]

  
176

ブレーキをいじってたら本物!? デキるヤツと思われるチューニング箇所3選

車のカスタムは無数にありますが、改造したことがあからさまにわかるほうが、周囲へのアピール度は高いと言えます。一方でブレーキやエンジンチューンなど、見た目にはっきりわからない改造は、見てくれよりも、性能を追求する通なカスタムとも言えます。今回は、見た目だけではない、機能性重視のデキ...

  
19888
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives