「ディーラー」の検索結果(417件)

記事

名車スカイラインの生みの親は誰か

1957年4月、国内トップクラスのエンジン性能と、頑丈なボディに凝った足まわりを纏った「プリンス・スカイライン」が発表されました。このクルマに大きく携わり、初代から続く長い歴史をもつスカイラインの生みの親とされる人物が「桜井眞一郎」です。今回は、戦後日本の大衆車文化の中で、スカイ...

  
6606

富裕層の象徴!自動車電話が搭載されていたクルマ3選

お笑い芸人、平野ノラさんのネタに欠かせないショルダーホン。バブル時代、ナウなリッチマンのステータスだったショルダーホンは、自動車電話を外して車外でも使えるようにしたもの。当時は、自動車電話がなくてもアンテナだけ装着するドレスアップも流行するほど、あこがれのアイテムでした。そんな自...

  
3497

ドアミラーがあるのに、フェンダーミラーをつけてもいいの?

1980年代まで、自動車のサイドミラーはフェンダーミラーが主流でした。それが現在では、ドアミラーのほうが主流となっています。なぜフェンダーミラーはドアミラーに取って代わられてしまったのでしょうか?今回は、フェンダーミラーとドアミラーのメリットとデメリット、両方つけることの可否につ...

  
2275

飛び石で車に傷がついた!飛ばしてきた相手に損害賠償を請求できる?

自動車事故には大別して2種類あります。相手が存在する対人・対物事故と、相手が存在しない自損事故です。道路交通法によれば、運転者はいかなる事故も警察に連絡する義務があります。では、飛び石事故の場合はどうなのでしょう。---------------------------------...

  
28941

売れ行きは微妙だけど、ここがイイ! ツウが選ぶ現行ミニバン5選

広い室内空間と多彩なシートアレンジ、さらに充実した装備が魅力のミニバン。日本で人気のこのカテゴリーには、当然多くの自動車メーカーがさまざまなクルマを投入しています。そのなかには、良いクルマなのになんらかの理由で販売に苦戦する不遇なモデルがあります。今回は、そんなミニバンに注目して...

  
5500

「キュッキュッ」アンサーバックの音って変えられるの?

すでに標準的な装備になりつつあるアンサーバック機能付きキーレスエントリーシステム。とても便利な機能ですが、ときにはわずらしく感じる場面がないでもありません。アンサーバックを不要と感じた場合、その機能を無効化することはできるのでしょうか?また、機能はそのままで音を変えることはできる...

  
3022

ブレーキダストまみれの輸入車を原因から根こそぎ改善! これで心置きなくちょい古ベンツが買える!?

クルマ好きの人からしてみれば、一度は所有してみたい! と思っている人も少なくないであろう、ドイツ製の高級車。さすがに新車では無理だとしても、型落ちだったら、同クラスの国産中古車とそれほど変わらない出費で狙えてしまったりするので、気になっている人もいらっしゃることでしょう。しかし、...

  
4957

ボディに傷がある、注文と違う!? 納車された新車の受け取りは拒否してもいいの?

新車売買契約書に署名してから数ヶ月後、いよいよ納車です。クルマ好きにはワクワクものの一大イベントですが、同時に正しい商品が届いているか仔細に点検を行わないと、不本意な車に乗ることになりそうです。

  
4840

これはマスト!? 新車購入時につけておきたいメーカーオプション8選

新車を購入するとき、上位グレードでは標準装着となる装備が、下位グレードになるとオプションとなっていることも少なくありません。その際に、オプションを選択するのか、後日、アフターマーケットで販売されているものを付けるのか、悩むところです。そこで今回は、新車購入時に付けておきたいオプシ...

  
14232

昔の車では頻繁だった「窓落ち」の原因と対処法

自動車のサイドウインドウは、上下に開閉するものですが、ときにはストンと落ちてしまいっぱなしになったり、閉じたままになることがあります。こうなると、どんな操作をしてもサイドウインドウは動きません。この現象は「窓落ち」と呼ばれますが、原因は何でしょうか。

  
4460

今夜W杯決勝!フランスとクロアチアの車たち

2018年ロシアワールドカップもいよいよ今夜、決勝を迎えます。優勝の栄冠に輝くのは、1998年フランス大会以来20年ぶり2度目のフランスか、初タイトルのクロアチアか。サッカーファンならずとも、楽しみです。そこでW杯決勝を前に、フランスとクロアチアの自動車メーカーを紹介します。クロ...

  
4439

自動車メーカー創業者は、中間子が多いのか?調べてみた

上下に兄弟姉妹がいる中間子は、独立心旺盛かつ人付き合いのエキスパートで、一流企業の創業者や政治家に多いと言われます。ソフトバンクの孫正義社長や、ユニクロの柳井正会長兼社長、政治家では田中角栄、小泉純一郎、現首相の安倍晋三も中間子です。この傾向は、自動車メーカー創業者にも当てはまる...

  
2471

イタリアとアメリカが生んだスーパーカー「デ トマソ パンテーラ」とは?

ランボルギーニが産声を上げる少し前の1959年、イタリアでレーシングコンストラクターが誕生しました。フェラーリと同じモデナに拠点を構えたその会社が、De Tomaso Modena SpA。アルゼンチン出身のレーサー、アレハンドロ・デ・トマソがスタートさせたそのブランドが、のちに...

  
3248

スマートキーの電池が外出先で切れた!どうすればいいの?

ドアの施錠・解錠が、クルマに近づいたり、ドアに触れるだけでできるスマートキー。なにかと便利な機能なので、標準で装備するクルマが続々と増えています。しかし、無線機能をつかって施錠・解錠を行うため、電池が切れると機能しなくなってしまいます。外出先で替えの電池が無い場合、どうすればよい...

  
4392

GT-R NISMO、アヴェンタドールなど…パトカーに採用されたスポーツカーたち

2018年6月中旬、栃木県警は日産 GT-Rのなかでもっともハイスペックな「GT-R NISMO(2018年式)」の導入を発表し、話題となりました。しかし、世界的に見れば、こうしたスポーツカーがパトカーとして採用されることは、それほど珍しいことではなく、各国にはもっとすごいパトカ...

  
23236

じつは今が狙い目!? おすすめアメリカ車5選

輸入車というとヨーロッパにばかり目が行きがちですが、現代のアメリカ車もおすすめです。かつては燃費が悪い、日本では扱いにくいと言われたアメ車ですが、近年はかなり洗練されて性能や使い勝手も大幅に向上しています。今回は、そんなアメ車の魅力を5台のモデルと合わせて紹介します。文・西山昭智

  
17054

新型ジムニー、ついに情報解禁!どう進化した?

2018年6月18日、正式な発表を前に新型ジムニーのティザーサイトが公開されました。20年ぶりのモデルチェンジに、ジムニーファンのみならず多くのクルマ好きから注目されている4代目ジムニーは、どのように進化したのか?予想を含めて検証していきます。文・山崎友貴

  
12741

特集 「岡崎五朗の」クルマ購入論

クルマを買うというのは、よほど余裕のある人でもない限り、大きな決断を要すること。欲しいクルマがあるとしても、現実的な予算があるし、家族の意見も無視できない。それに駐車場の広さや燃費、購入後の維持費など、考えなければならないことがたくさんある。本誌の新車情報コーナー「クルマでいきた...

  
240

特集 脱ステレオタイプ宣言

「スポーツカーに乗ると近所から遊び人だと思われて白い目で見られるし…」「ヘッドライトを点けると電気が減るから少し燃費が悪くなるらしいよ」「高級車ってエンブレムにお金を払っているようなものなんでしょ」などといった、まことしやかな“噂”に翻弄されていませんか。2013年の始まりは、a...

  
170

特集 渡辺 真理

現在、BS朝日で放送されているドライブトーク番組『EyeSight presents恋するドライブ』。この番組のドライバー兼パーソナリティを務める渡辺真理さんはご自身も大のクルマ好き。そんな渡辺さんに、クルマのこと、ドライブのこと、番組のこと、うかがいました。聞き手:若林葉子 p...

  
292
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives