「テールランプ」の検索結果(84件)

記事

名車誕生の"アタリ年"!1989年に生まれた日本車10選

2019年の春で平成が終わり元号が変わります。平成が始まった1989年、日本はバブル景気の真っ只中にあり、クルマ業界では、世界に影響を与えた名車が次々に誕生した“アタリ年”でもありました。今年30年目を迎える1989年発売の日本車には、どんなモデルがあったのでしょう。文・立花義人

  
4760

約10倍の目標受注台数を記録!レクサス UXの人気の秘密とは?

2018年11月27日に発売されたUXは、レクサスにとっては4番目となるSUVで、もっともコンパクトなモデルとなっています。トヨタの発表によれば、2018年12月25日の時点で8,800台もの受注が入るという人気ぶり。その人気の秘密とは?文・西山昭智

  
1582

丸目4灯ではないハコスカGT-R、エクサ…個性的なテールランプの国産車5選

ヘッドライトやフロントグリルはクルマが個性をアピールするのに打ってつけのエリアだが、走り去るときに印象的なのはテールランプ。明るさや高さなど様々な法規要件を満たす必要があるため、どうしても「どこかで見た感じ」になりやすい。とはいえデザイナーも工夫を凝らしている。ここでは幅広い時代...

  
3873

スカイラインの象徴!? 4灯丸型テールランプの国産車6選

かつて日産 スカイラインの特徴といえば、ボディサイドのサーフラインと4灯式の丸型テールランプで、いまでも「4灯丸型テールじゃなければスカイラインじゃない」と断言される方がいるほど、長くスカイラインの象徴とされてきました。とはいえ、スカイライン以外にも4灯丸型テールランプを採用した...

  
12022

新しいプリウスは、MIRAI顔?アクの強いフロントマスクを一新!

2018年11月28日、北米トヨタからプリウスのフェイスリフトが発表されました。2015年にデビューした4代目プリウスのマイナーチェンジ版となる新型は、フロントマスクのデザインを中心にイメージを一新しています。文・CarMe編集部

  
2339

いちばんお買い得なMINIがこれ!MINI ヴィクトリアが狙い目である理由

2018年11月末現在、発売されているMINIは、2014年にフルモデルチェンジをはたした3代目。2018年5月にマイナーチェンジを行ない、6月には特別仕様車「MINI VICTORIA(ヴィクトリア)」も用意されました。このヴィクトリアが、MINI好きのあいだで注目を集めている...

  
1810

新型デリカD:5、全面改良ではなくビッグマイナーチェンジの理由と魅力とは?

2007年1月に発売された三菱自動車のデリカD:5がビッグマイナーチェンジを受け、2018年11月21日から予約受注を開始した。発売は2018年度内(年内という表現をしていないことから2019年1月〜3月というのが想像できる)としていて、実質的には約12年ぶりの大幅改良といえる。...

  
34809

なんでもこいの万能車!ステーションワゴンまとめ(輸入車編)

国内メーカーのステーションワゴンが、ミニバン人気押されて減少する一方で、ヨーロッパではいまだ人気を保っており、各メーカーがステーションワゴンをラインナップしています。そんなスタイリッシュで実用性の高い、輸入車のステーションワゴンをメーカー別に紹介しましょう。文・立花義人

  
4476

テールランプやドアミラー付け根にある筋状の突起。あれって何?

テールランプレンズの側面や、ドアミラーの付け根などに筋状の「突起物」が付いているクルマが増えています。デザイン上の飾りではなく、立派なエアロパーツなのです。ディーラーオプションとしても選択できるこの突起物、どんな効果を生むのでしょうか?文・赤井福

  
8516

ついに991から992型へ!新型ポルシェ911は、どう変わる?

いよいよ発表間近となった新型ポルシェ911。コードネームは、991から992に進化します。”最良のポルシェとは最新のポルシェ”と言われる最新版911は、どのように生まれ変わるのでしょうか。文・西山昭智

  
3646

【樽見祐佳の“女子流”】ハンドルを握れば、ポルシェのDNAを感じ取れる…ポルシェ カイエン

外苑前、いちょう並木。やっと冷たくなった風にのって、あのツンとした銀杏の香りが匂ってきた。まだ葉っぱは青々としているのに、もうすぐそこまで秋がやってきている。文・樽見祐佳 写真・S.Kamimura

  
1140

意外と知らない?車の反射板をつけていい箇所、ダメな箇所

反射板(リフレクター)が組み込まれた自動車のリアコンビネーションランプを社外品に交換する場合、その製品に反射板が無ければ、別に反射板を取り付ける必要があります。このとき、取り付けるべき場所は厳密に決められているのをご存知でしょうか?文・立花義人

  
3659

平成の名車といえばこれだ!5選 ー輸入車編

19世紀末に内燃機関が世に登場してから100年あまり。その間にあらゆる自動車が生産されてきました。そして時代を超えて語り継がれる“名車”もまた星の数ほど生み出されてきました。そのなかから、平成生まれのエポックメイクだった輸入車をピックアップしてみました。文・西山昭智

  
13659

7年ぶりのフルモデルチェンジ!新型メルセデス・ベンツ CLSクラス、どう進化した?

2005年にデビューしたメルセデス・ベンツ CLSクラス。BMW 6シリーズ グランクーペやアウディ A7、ポルシェ パナメーラなど、欧州Eセグメントに属する4ドアクーペの嚆矢とされるCLSクラスが、2018年、満を持して3代目にフルモデルチェンジが行われました。CLSクラスの歴...

  
8791

かつての憧れを今こそ実現したい!英国紳士の気分が味わえるイギリス車5選

かつての輸入車は、いま以上に生産された場所のお国柄が反映されていました。なかでもイギリスの自動車メーカーが手掛けてきたクルマは、歴史の重みがあるぶん、どこか違った雰囲気が漂います。今回は、そんな英国車を厳選して紹介。ステアリングを握れば、英国紳士の気分が味わえるかもしれません。文...

  
4851

アストンマーティンのスーパーGT「DBS スーパーレジェーラ」が日本デビュー!

2018年6月27日、日本でも正式デビューをはたしたアストンマーティンの新しいスーパーGTモデルが「DBSスーパーレジェーラ」です。これによりフラッグシップも世代交代となります。アストンマーティン東京で開催された発表会の内容を見ていきましょう。文/写真・山里真元|日本スーパーカー...

  
2386

ネグローニ・スパイダー物語

自動車というのは道具である。それに異論はない。けれど、これほどまでに人の暮らしの中で人の心にハッキリと作用を及ぼすエモーショナルな道具は他にないと思うし、もっと言うならこれほどまでに人生というやつに密着し、人が紡いでゆく物語を豊かに彩ってくれる道具というのもそう多くはないんじゃな...

  
661

これはどっち?あなたは"アルヴェル"を見分けられますか?

アルヴェルはトヨタが販売するミニバンのアルファードとヴェルファイアを総称する言葉です。姉妹車だけに似た外観となっていますが、あなたはどっちがどっちか一目で見分けられますか?クイズ形式で確認してみましょう!

  
12597

粋 〜クルマの美学〜

粋とは何か。粋であることはカッコイイことだが、カッコイイことが粋であるとは限らない。渋い=粋でもない。人が羨むクルマに乗っていても、人より速く走れたとしてもそれが粋であるとは言えないのだ。そして粋とは、作法ではなくカタチでもない。text:吉田拓生、伊丹孝裕、小沢コージ、まるも亜...

  
2024

プジョー 308に試乗!インテリア、エクステリアに注目!

プジョー308は欧州Cセグメントに属するモデルです。現行型は、2014年11月に日本国内の販売を開始。2016年には、1.6リッターと2リッターの「BlueHDi」クリーンディーゼルを投入。それに1.2Lのガソリンターボを加えた3機種が、現在のエンジンラインナップとなっています。...

  
3697
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives