「テスラ モデルX」の検索結果(24件)

記事

大の大人のクルマ事情

クルマへの憧れとともに人生を過ごしてきた40代、50代。皆が特別だと口を揃えるあのクルマは今なら買えるのだろうか。なぜ若かった自分はあんなにもそのクルマに惹かれたのだろうか。その昔、誰もが“素晴らしい”と信じて疑わなかったクルマたちの現状はどうなのだろうか。過去を振り返りつつ今を...

  
88

おすすめ7人乗りSUV 〜輸入車編〜

ミニバンにとって代わる存在として、人気急上昇中の7人乗りSUV。スタイリングよし、走りよしが、その魅力となっているようです。前回の国産車編に続き、今回はおすすめ7人乗りSUVの輸入車編をお送りします。文・山崎賢一

  
6098

各メーカーのフロントグリルの特徴は?

BMWのキドニーグリル、ボルボのアタッチメントバーなど、プレミアムメーカーでは当たり前になったクルマのフロント部の意匠合わせ。さらに最近では、レクサスのスピンドルグリルやアウディのシングルフレームグリルなど、同じコンセプトのグリルを装着するようになっています。今回は、特徴的なグリ...

  
16030

【2018年版】航続距離が長いEV車ランキング TOP10

2017年末、パナソニックとバッテリー事業の協業を発表したトヨタは、2030年ごろに世界販売台数の約半数をEVやハイブリッド車にする方針であることを表明。またフランスでは、2040年までに内燃機関を搭載した車両の販売を停止するなど、EVをとりまく環境は目まぐるしく変化しています。...

  
8225

小沢コージのものくろメッセ その23 テスラ・モデルSは本当に走るiPhoneなのか?

最近なにかと話題のカリフォルニアのEV(電気自動車)ベンチャー、テスラ・モーターズ。やれ去年はセダンのモデルSが、日産リーフを抜いて世界最多販売EVになったとか、今年は新型SUVのモデルXが日本に上陸しそうだとかネタは尽きず、せっかくなので小沢も新年自腹でサンフランシスコのテスラ...

  
195

テスラモーターズ モデルX…自動運転など本気で使いやすい装備満点だった!

新型スポーツEV「ロードスター」やEVトラックの発表など、何かとトピックスの多いテスラモターズ。そのラインナップのコアになっているのが、モデルXです。今回はモデルXの魅力のファクターである、驚くべき装備にスポットを当ててみました。文・山崎友貴

  
7295

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.91 テスラの行動力

カリスマ経営者であるイーロン・マスク率いるテスラ。「未来のために世の中のクルマを電動化する」という明確なビジョンを掲げ、一充電あたりの航続距離594km、0-100km/h加速2.7秒、無料充電サービス、通信を使った機能のアップデート、オートパイロットなど、次々とサプライズを提供...

  
1718

イルミネーションの季節!クリスマスに乗りたい車5選

もう11月も半ば。街はイルミネーションに溢れ、クリスマスムード一色です。イルミネーションを楽しむなら、どんなクルマで行きますか?23区在住の筆者の独断と偏見によるオススメ5選を紹介します。

  
8766

全てが別次元!! 試乗してわかる、テスラ・モデルXの『性能は?安全性は?』に迫る

世界で唯一無比の完全電気SUV「テスラ モデルX」。2012年のジュネーブモーターショーで発表され、2015年から北米でデリバリーが開始されました。日本でも2016年に発売が開始されましたが、試乗して感じたその魅力に触れたいと思います。文・山崎友貴 写真・S.Kamimura

  
2740

近未来のクルマの形!? イーロン・マスクが率いるテスラモーターズとはどんなメーカーなのか?

2040年までに欧州で内燃機関のクルマを全廃するという報道がされてから、EVの未来はより明確なものになつつあります。現状では航続距離や充電インフラなどまだまだ課題が残されていますが、あるメーカーはEVの楽しさを追求し、先鋭化してモデルをここ数年矢継ぎ早にリリースしてきました。その...

  
7030

EVだけが走れる道路が増えているって本当?

近年、性能も向上し、なおかつ価格も現実的になってきた電気自動車=EV。その最大のメリットは環境性能ですが、これは燃費がいいというような概念ではなく、温室効果ガスをクルマ自体がほぼ発生させないという点にあります。今後、そんなメリットを享受できる状況が、どうやら加速しつつあるようなの...

  
7188

テスラ モデルXの維持費っていくらかかるの?

SUVなのにガルウィングドアを採用するテスラ モデルX。バッテリー容量も100kWhと大容量で、約560kmもの航続距離を実現しています。気になるのはその維持費ですが、はたしていくらぐらいかかるのでしょうか?

  
47090

テスラ モデルSの維持費っていくらかかるの?

電気自動車の概念を覆し、2017年現在では定番モデルとして定着、さらには進化を続けているテスラ モデルS。そんなモデルSを購入した場合、維持費はどれほどかかるのでしょうか?

  
51215

ガルウィングは、なぜ普及しないのか?あんなにカッコイイのに…

スーパーカー世代にとって憧れだった「ガルウィングドア」。スーパーカーの非現実的なスタイルに加え、ドアが上に開くだなんて…そう感激したものです。しかしこのガルウィング式(跳ね上げ式)ドア、ごくわずかのモデルにしか採用されていません。その理由は一体何でしょう?

  
99065

モデルXとモデルS…あなたならどちらを選びますか?

航続距離性能も向上し、いよいよ現実的な選択肢となってきたEV。そのなかでも独創性、クオリティ、存在感…。さまざまなポイントで他メーカーをリードしているのが、テスラ・モーターズ。その代表作がモデルSです。そして待望の新作がモデルX。それぞれ異なる個性を持っているようですが、どちらを...

  
12994

航続距離が長いEV車ランキング TOP7

2017年に入り、手頃な価格と実用に耐える航続距離を持つEVモデルが発表されてきています。そろそろEVが現実的な選択肢…となってきたのは紛れもない事実ではないでしょうか。今回はEVの弱点でもあった「航続距離」そのTOP7を紹介します。(2017年4月時点)

  
43695

電気自動車の自動車税って普通車と何が違うの?

2017年、各メーカーは高性能かつ廉価な電気自動車・EVモデルを発表しようとしています。いわば、真のEV元年ともいえそうな勢いなのです。電気自動車のメリットは、燃料代が安い電気代におきかえられることや環境性能に優れていることですが、購入の際の優遇措置も手厚くなっているのです。

  
38923

いまさらですが、注目しておくべき電気自動車6選

2000年代に入り環境問題が大きく取り沙汰されるようになったことは、記憶に新しいところです。それを受けた各社はソリューションに注力し、その回答としてさまざまなメーカーから、電気自動車が市販されるようになりました。さて、今回は注目すべき電気自動車を挙げてみましょう。

  
22596

もしも3,000万円使えるなら…ベンテイガ、G5504x4など、どれが欲しい?

現在人気のSUVマーケット。コンパクトモデルからクーペなど、個性あるモデルを各メーカーが投入しています。そんな中、1千万円を優に超える「超高級SUVモデル」も増えてきました。もしも3,000万円が手元にあるとしたら、あなたはどんなSUVを選びますか?

  
13716

今後交通事故がゼロに!? テスラはやはり時代の先を行く…

2003年に設立されたテスラモーターズは、シリコンバレーに本社を置く電気自動車専門メーカーです。圧倒的な速さと高い安全性で、何もかも革新的な車です。テスラは、現在セダンタイプのモデルSとSUVモデルのモデルXを生産販売中で、もうすぐ日本円で400万円以下となるであろうモデル3の発...

  
12918
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives